東京都内の「バングラデシュ料理店」《ガチな》12店舗をご紹介!

バングラデシュ料理店 グルメ
記事内に広告が含まれています。

川の国「バングラデシュ」の料理は、お米と川魚が中心。

近年、日本で働くバングラデシュ人が増加し、東京都北区には“リトル・ダッカ”と呼ばれるコミュニティも形成され、バングラデシュ料理を提供するレストランも増えてきました。

今回は、東京都内にある「バングラデシュ料理店」《ガチな》12店舗をご紹介します。※西ベンガル料理のお店1店舗、東京以外のお店1店舗も掲載。

スポンサーリンク

バングラデシュ料理とは?

バングラデシュ料理は、下記のような特徴があります。

  • お米が主食で、炊き上げたお米とカレー風味の副菜を一緒に食べるのが一般的
  • 魚介類のお料理が多い。バングラデシュ人は動物性たんぱく質の約60%を魚類から摂取。
  • 香辛料はニンニク、ショウガ、タマネギ、トウガラシ、ウコン、コリアンダー、クミンシードが基本。インド料理に比べて素朴な味付け
  • お料理にマスタードオイルが多用される。バングラデシュ人はマスタードオイルに強いこだわりあり。
  • 人口の90%以上をイスラム教徒が占めるため、ハラールを遵守した食材が使われる。

※参考:バングラデシュ料理『ウィキペディア(Wikipedia)』

「米と魚の国」と呼ばれるバングラデシュ。

ベンガル湾に面した大デルタ地帯の川の恵みは、豊富な川魚や米をもたらし、人々の食生活はお米と魚で溢れています。

なお、バングラデシュの西側、インドの西ベンガル州は同じベンガル人が住む地域であり料理も似ていますが、西ベンガルの料理は、東ベンガル(バングラデシュ)の料理に比べて、砂糖を多用するため甘味があり、辛さも控えめ。また、マスタードオイルをより多く使う傾向があるそう。

スポンサーリンク

『サルシーナハラルフーズ』@新大久保

新大久保、サルシーナ・ハラールフーズ

新大久保にあるバングラデシュ料理のお店『 サルシーナハラルフーズ』

在日バングラデシュ人向けのガチなバングラデシュ料理を、日替わりメニューで提供しているお店。アジア料理好き界隈で大人気のお店です★

お料理は、ドライなカレー「ブナ」と、水分多めのカレー「ジョル」をメインに、マッシュしたおかず「ボルタ」や炒め物「バジ」の付いたプレートが基本。

メインは魚や海老、チキン、マトンなど、常に5〜7種類のラインナップがあり、何度訪れても新しい味を発見できる貴重なお店です。

もちろん、お料理は、どれも抜群の美味しさ♪

スポンサーリンク

『トルカリ』@神保町

神保町、トルカリ

地下鉄神保町駅A2出口から徒歩2分。専大通りから東に少し入った路地の一角に、バングラデシュ料理のお店『トルカリ』はあります。

お店のオーナーはバングラデシュ南東部にあるクミッラ地方出身の方。当店のお料理もクミッラの料理がベースになっています。

お店で提供されるバングラデシュ南東部クミッラ地方のお料理は、スパイス少なめでさっぱりとしたお味。日本人のお口にも合います♪

ボルタ、バジ、カレーやダールスープ。それぞれ個性のあるお料理を混ぜずにご飯と一緒に堪能♪ バングラデシュらしい、本場のバングラデシュ料理を味わえるお店です★

『トルカリ』は、ネット予約出来ます!
『トルカリ』のネット予約はこちら(食べログ)
スポンサーリンク

『アジアカレーハウス』@錦糸町

錦糸町、アジアカレーハウス

JR総武線錦糸町駅南口から徒歩4分の場所にある『アジアカレーハウス』は、知る人ぞ知るバングラデシュカレーのお店。

錦糸町界隈は在住バングラデシュ人が多く、バングラ人御用達のお店がここ『アジアカレーハウス』です。

バングラ感満点の狭い店内でいただく「日替わり定食」は、チニグラ米を使った「マトンビリヤニ」もどろっとしたソースが絡んだ骨付きの「チキンカレー」も絶品♪

リアル・バングラデシュの雰囲気の中、バングラデシュらしい定食をいただける珠玉のお店です★

スポンサーリンク

『プリンスフードコーナー』@東十条

東十条、プリンスフードコーナー

東京都北区東十条。この街は、都内で最も多くのバングラデシュ人が暮らす町。”リトルダッカ”とも呼ばれ、メディアでも度々紹介されています。

その東十条にある、在住バングラ人御用達の食堂のひとつが『プリンスフードコーナー』です。

バングラ人しかいない、バングラデシュの雰囲気満点の狭い店内でいただいたのが「コルマ入りビーフカロブナ」

水分を飛ばして煮詰めた「ビーフカロブナ」は、お肉の旨味が凝縮された感じ。

スパイシーだけど辛さはそれほどなく、甘味と塩気が強く、マイルドな「コルマ」と、ゆで卵、シンプルなサラダ、ホールのカルダモンが入ったパラパラな「プラオ」も、それぞれ美味で、ビーフカロブナと合わせて、混ぜていただくと、たまらない旨さ★

スポンサーリンク

『インド&バングラレストランタイガー』@東十条

東十条、インド&バングラレストラン タイガー

東京の”リトルダッカ”東十条にあるバングラデシュ料理店『インド&バングラレストラン タイガー』

東十条におけるバングラデシュ料理店の先駆け的な存在のお店であるとのこと。

事前情報によると、お店のメニューには無いものの、頼めばバングラデシュ料理を作ってくれるということでしたので、前日に電話でお料理をリクエスト。快くOKしてくれました♪

いただいたお料理は、じゃがいもボルタトマトボルタダールスープチキンのブナルイのカレーベグンバジシュキボルタ。そして、ライス。

いずれも美味しい♪ バングラデシュ人シェフの作る本場バングラデシュのお味です★

スポンサーリンク

『ブーゲンビリア』@川口

川口、ブーゲンビリア

川口にあるバングラデシュ家庭料理のお店『ブーゲンビリア』

普段はインネパなナンカレーがメインですが、土日限定で提供される「ベンガルプレート」は、川魚を使ったジョルや水分多めのダルスープが乗ったバングラデシュらしいプレート。

ほど良い酸味が効いた「魚とじゃがいものジョル」、深みのあるお味のジョルタイプの「マトンカレー」、しっとりとしたクレープ状のデザート「パティシャプタ」も美味★

マスタードオイル香る、バングラデシュのお料理を堪能できる貴重なお店です♪

『ブーゲンビリア』は、ネット予約出来ます!
『ブーゲンビリア』のネット予約はこちら(食べログ)
スポンサーリンク

『ライリ』@池袋

池袋、ライリ

池袋駅西口1b出口から徒歩1分。東京芸術劇場の目の前のビルの2階に、バングラデシュ料理のお店『ライリ』はあります。

2023年12月にオープンしたこのお店、埼玉県志木市にある『アジアンバル ロイの食堂』というお店の店主、バングラデシュ人のロイさんがオープンさせた新店舗なのだそう。

いただいた「フィッシュプレート」は、鯉のカレーにボルタ、ピアジ、ダールスープの付いた満足感の高いプレートでした。

ランチタイムにバングラデシュ感満点のプレートを気軽にいただけるのは嬉しい♪

スポンサーリンク

『Tokyo Halal Restaurant』@十条

十条、Tokyo Halal Restaurant

”リトルダッカ” 東京都北区十条にある在住バングラ人御用達の食堂のひとつ『Tokyo Halal Restaurant』

バングラデシュ人しか居ない、リアル・バングラデシュな雰囲気の中、在住バングラデシュ人向けのガチのバングラデシュ料理をいただけるお店。

「デシチキン」、初めていただきましたが、今まで食べたことのない味のチキンカレーでした!

「イリシュコルマ」や「レザラ」などのバングラデシュ料理。在住バングラデシュ人向けのハラルラーメンも、どんなお味なのか興味津々★

にこやかで親切なバングラデシュ人スタッフの接客対応も二重丸です◉

スポンサーリンク

『サディアカレー&ビリヤニハウス』@十条

十条、サディアカレー&ビリヤニハウス

”リトルダッカ” 十条にある在住バングラ人御用達の食堂のひとつ『サディアカレー&ビリヤニハウス』

レザラ、ニハリ、ハリーム、ビリヤニなど、十条ならではのガチなバングラデシュ料理をいただけるお店です。

いただいた「鴨カレー(鴨レザラ)」、めちゃ旨!

グレイビーのお味が最高でした♪

少しとろみのあるグレイビーは、そこそこの辛さで濃いめの味付け。クセがなくリッチな深みがありながら、食べやすいお味。絶品でした★

スポンサーリンク

『サビハハラルレストラン』@大久保

大久保、サビハハラルレストラン

大久保にあるバングラデシュ料理のお店『サビハハラルレストラン』

いただいた「スペシャルボルタセット」は、バングラデシュ定番のお料理「ボルタ」の味を楽しめるセット。4種のボルタとダールスープ、ライス、ベンガルサラダ、ドリンクのセットで1,000円!

お料理のお味は、ガチなバングラデシュ仕様。それぞれのボルタをライスと混ぜ、ダールスープを掛けていただくとイケます!

アジア料理4店舗が入居する、カオスな建物の風情も魅力的♪

スポンサーリンク

『too much india』@名古屋・浅間町

名古屋・浅間町、too much india (トゥー マッチ インディア)

月替わりでメニューが変わるスタイルの名古屋のインド料理店『too much india(トゥー マッチ インディア)』

訪問した5月は、西ベンガル州コルカタの料理を中心にした「ベンガルプレート(Egg Thali エッグターリー)」

シャバシャバのグレービーにゆで卵がゴロンと入った「Dimer Jhol(卵のジョル)」。5種の野菜をパンチフォロンを使って炒めた「Panch Mashari Tarkari (5種の野菜のタルカリ)」。チーズとマスタードの香りがフワっと漂う「Chanar Paturi(チーズとマスタードのバナナリーフ蒸し)」。ベンガル地方の伝統的なスイーツのミシュティ・ドイをフローズンヨーグルトにした「Frozen Mishti Doi ice cream(フローズン・ミシュティ・ドイ)」など、どれも絶品♪

スポンサーリンク

『プージャ』@町屋

町屋 Puja カレー・インド料理

東京・町屋にあるベンガル料理専門店『Puja (プージャー)』

このお店、全国でも珍しい本格的なインド・西ベンガル州の料理が食べられるお店。

いただいた定食「ターラ(Thala)」は、マスタードがガッツリ効いた、まさにベンガルのお味♪ 豆の旨みが凝縮した優しいお味の「ダル」。素朴で安心する味わいのジャガイモやかぼちゃの煮付け「ニラミシュ」。そして、タマリンドの酸味とマスタードオイルの辛味が魚の味を引き立てていて、個性的な味わいの「魚のマスタードカレー」

他では味わえない、西ベンガルの味覚を堪能できます★

スポンサーリンク

【閉店】『トルカリ高円寺店』@高円寺

高円寺、トルカリ

高円寺にあったバングラデシュ家庭料理のお店『トルカリ 高円寺店』

バングラデシュ東部「クミッラ地方」の料理を提供するお店でしたが、現在は閉店し、神保町にある本店に統合されてしまいました。

いただいた「バシャ・ディボッシュ・ディナーセット」は、豆の旨味があるスパイスが適度に効いたお粥って感じの「パトラーキチュリ」やサラッとしたタイプのチキンカレー「ムルガ トルカリ」が美味♪

そして、特に絶品だったのが、「マス(魚)バジ」。身の締まったマスと玉ねぎが、マスタードオイルとスパイスで味付けされていて、とっても香ばしい! お酒がないのが残念に思えるほど。

スポンサーリンク

【閉店】『アジア・バングラ・カレーハウス』@錦糸町

錦糸町、アジアン・バングラ・カレーハウス&バー

錦糸町にあったバングラデシュ料理のお店『アジアン・バングラ・ カレーハウス&バー』。残念ながら現在は閉店してしまいました。

いただいた「バングラセット」は、ライスと、ダルスープ、海老のカレー、ジャガイモのマサラ炒め、チキンカレー、サラダの6皿が乗ったセット。1,000円でこれは、なかなか豪華!

ほろほろの鶏肉とみじん切りされた玉ねぎに、シナモンとカルダモンの風味が効いたチキンカレー。クミンの香りがほど良いアクセントになっているジャガイモのマサラ炒め

そして、大きめの食べ応えのある川エビ2匹に、玉ねぎたっぷりの甘めのソースが絡んだ海老のカレーが絶品★

スポンサーリンク

関連記事

東京のリトルダッカ! 東十条と十条のバングラデシュ料理店・ハラール食材店巡り
東京都北区東十条。この街は、都内で最も多くのバングラデシュ人が暮らす町。バングラデシュ料理店7店舗、ハラール食材店11店舗、モスク1箇所を巡り歩き。都内に居ながらにして、バングラデシュの異国情緒を味わえる「リトルダッカ」東十条と十条。休日のお散歩にいかがでしょうか?
混沌と喧騒のバングラデシュの首都「ダッカ」★まさにカオス! 道は人とリキシャで大渋滞! 港は船で大混雑!
人口密度世界一と言われるバングラデシュの首都「ダッカ」。 メインストリートであるノースサウス通りは、サイクルリキシャやバス、大八車、人で大渋滞! ダッカ最大の港「ショドル・ガット」は、小舟やフェリーで大渋滞! まさにカオス! 人と乗り物で埋め尽くされたダッカの街の風景をご紹介します。
ダッカ旧市街「オールドダッカ」をぶらぶら街歩き【バングラデシュ】
バングラデシュの首都ダッカの旧市街「オールドダッカ」。この細かい路地の続く迷路状の界隈には様々な店がひしめき合っています。この辺りにはヒンドゥー教徒が多いらしく、ヒンドゥー寺院があったり、シヴァ神など神様の絵を売る店、腕輪や金細工などを売る店がいくつもありました。
世界唯一の定期外輪船「ロケット・スチーマー」の船旅 - 外観と内部をご紹介【バングラデシュ】
バングラデシュのダッカからクルナを結ぶ、世界唯一の定期外輪船「ロケット・スチーマー」の船旅。ロケット・スチーマーは、1935年に建造された船で、1990年代までは蒸気機関で動いていたそうですが、現在の動力源はディーゼル機関です。美しいベンガルの川の風景を眺めながら28時間の船旅を楽しみました★
バングラデシュ第3の町「クルナ」★雨上がりのクルナの街と、綺麗にディスプレイされた市場
「クルナ」(Khulna:খুলনা)は、バングラデシュ第三の町。バングラデシュ南西部にあり、南東25kmには、世界遺産の「バゲルハットのモスク群」があって観光の拠点となっています。クルナの町をぶらぶら散歩♪ 突然スコールが降ってきて雨宿りしたり、野菜や魚が綺麗にディスプレイされた市場をうろついたり。
【世界遺産】「バゲルハットのモスク都市」- 雨に濡れた赤レンガのモスク【バングラデシュ】
バゲルハットは、バングラデシュ第3の町「クルナ」から南東へ約20kmのところにあります。のどかな道をのんびりと歩いていくと、緑の芝生の中にレンガ色の建物が現れました。「バゲルハットのモスク都市」です。ここには15世紀に建立されたモスクがいくつも残っていて、それらは世界遺産にも登録されています。
人々のエネルギーに溢れた街そのものが面白い!「コルカタ」の街【インド】
東インド、西ベンガル州にある大都会「コルカタ」。エネルギーに満ち溢れた「コルカタ」の界隈を汗だくになってほっつき歩きました。そして、都会の雑踏の中、真っ黒になりながら働く人々の姿に見入り、そして、圧倒されました。

コメント