1950年代のアメ車がたくさん!クラシックカーの街「ハバナ」【キューバ】

1950年代のアメ車がたくさん!クラシックカーの街「ハバナ」【キューバ】

クラシック―カー、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】 キューバの旅
ハバナ旧市街(キューバ)
記事内に広告が含まれています。

キューバの街には1950年代のアメリカン・クラシックカーがたくさん走っています。

ハバナ、トリニダーで見掛けた年代物のアメ車をご紹介します♪

スポンサーリンク

ハバナのクラシックカー

クラシックカーのいるハバナ旧市街の風景 【キューバ Cuba】くすんだ赤色のクラシックカー、街並みに溶け込んでいます。

 

キューバと言えば、クラシックカー!

ハバナの街を歩いていると、1950年代のアメリカで走っていたクラシックカーがおもむろに脇を通り掛かります。

古いアメリカ映画でしか見たことのないような、丸みを帯びたあのフォルム。

絵になります。格好いいです!

 

しかも、道を歩いていると後から後からやってきます。

ハバナの街は、クラシックカーだらけ!

クラシック―カー、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】1951年製ビュイック・スーパー・リビエラ(51 Buick Super Riviera)

 

1951年製のビュイックです。

見てください!

この愛らしくも美しいフォルム。

緑と白のカラーリングもイケてます♪

 

こういう格好いい車が街角に普通に停まっていたり、何とはなしに道を走っていたりするんです。

クラシック―カー、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】1955年製シボレー・ベルエアー(55 Chevrolet Bel Air)

 

こちらは、1955年製のシボレー

ハバナを走っているクラシックカーはどれもカラフル♪

クラシックカーの多くは観光客向けのタクシーとして使われているようです。

クラシック―カー、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】1952年製シボレー・ベルエアー(52 Chevrolet Bel Air)

スポンサーリンク

ハバナの街に、なぜクラシックカーがたくさん走っているのか・・・

ハバナの街に、なぜクラシックカーがたくさん走っているのか・・・。

それは、アメリカとの関係が影響しています。

1950年代、キューバはアメリカの資本が多く入り、経済的にアメリカに支配されている状態でした。

アメリカの富裕層たちは、当時作られたシボレーやビュイックなどの車をキューバに持ち込みます。

しかし、そんなアメリカの支配から脱却するため、カストロやゲバラらは「キューバ革命」を起こしました。

それが1959年のこと。

以後、アメリカとの国交は断絶し、アメリカはキューバに経済封鎖を掛けて、アメリカ産のものはキューバには入ってこなくなったのです。

そのため、キューバにあるアメリカ車は、1959年以前のものしかありません。

クラシック―カー、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】1956年製シボレー・ベルエアー(56 Chevrolet Be Air)

 

新しい車が入ってこなくなったキューバ

キューバの人たちは、残された1950年代のアメ車をレストアし、大事に使い続けました。

けれども、修理するために必要な新しい部品も当然入ってきません。

そこで、彼らはボディはそのままアメ車のものを使い、エンジンやトランスミッションなどは、関係が深くなった旧ソ連の車のものを使って修理し、使い続けているのだそうです。

クラシック―カー、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】1950年製ビュイック・スペシャル(50 Buick Special)

 

1959年以降、新車が入ってこなくなったキューバ。

けれども、そのおかげで今は街中にクラシックカーがたくさん!

観光客を呼び込める、観光の目玉のひとつともなっています。

ちなみに、現在のキューバでは観光業は最大の外貨獲得源だそうです。

クラシック―カー、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】チェ・ゲバラの壁画をバックに

クラシック―カー、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】窓を拭き拭き!大事にされてます。

ハバナ新市街の街並み 【キューバ Cuba】マレコン通りをバックに何気なく停まっています。

クラシックカー、トリニダーの街 【キューバ Cuba】中部の街「トリニダー」に居たピンクのシボレー

クラシックカー、トリニダーの街 【キューバ Cuba】ピックアップトラックに改造された車(トリニダー)

クラシックカー、トリニダーの風景 【キューバ Cuba】渋い銀色のセドリック

カピトリオ、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】国会議事堂(カピトリオ)の前を走る水色のシボレー

ホテル・ベダードの部屋からの眺め(ハバナ) 【キューバ Cuba】駐車場に停まるうぐいす色のフォード

ハバナのカサ(民宿)からの眺め 【キューバ Cuba】通りには続々とクラシックカーが通り掛かります。

夜のガルシア・ロルカ劇場、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】夜の旧市街を走るクラシックカー、映画のワンシーンのよう。

夜のトリニダーの風景 【キューバ Cuba】夜のトリニダーの街角に佇む車、雰囲気あります♪

 

それにしても、50年代のアメ車、格好いいです!

スペイン風のキューバの街並みとのマッチングもいい感じ。

クラシックカーは、ハバナの街の風景の、なくてはならない一要素です♪

とても魅力的です。

 

けれども、そんなキューバも変わりつつあります。

ラウル・カストロ国家評議会議長が推し進める、キューバ国民に対する自由化政策の一環として、2011年、車の売買が解禁されたそうです。

そして、2015年になってからは、アメリカとの国交正常化交渉が開始。

50年代のクラシックカーが走り回るこの光景が見られるのも、あと少しかもしれません。

 

旅行時期:2013年4月〜5月

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

キューバの英雄「チェ・ゲバラ」とキューバのラム酒「ハバナ・クラブ」
キューバの英雄「チェ・ゲバラ」。現在でも、キューバではゲバラは国民のカリスマ。国じゅうの至る所にゲバラの肖像が掲げられています。ハバナでは、「ラム酒ハバナ・クラブ博物館」や「革命広場」を訪れ、夜は、新市街のベダード地区にあるジャズバーでライブを鑑賞しました。
キューバ野球観戦 in ラティーノ・アメリカーノ球場【キューバ・ハバナ】
キューバの首都ハバナの「ラティーノ・アメリカーノ球場」(Estadio Latinoamericano)でキューバ野球を観戦しましたー!この球場は、キューバ屈指の名門チーム「レオネス・デ・インダストリアレス」のホームグラウンド。「レオネス・デ・インダストリアレス」は、全国にファンを持つ人気チームです。
♪ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(Buena Vista Social Club)
1996年、アメリカ人ギタリスト「ライ・クーダー」は、キューバを訪れます。そこで出会ったのが、1940、50年代に活躍していたキューバ音楽の老ミュージシャンたち。彼らの音楽に惚れ込んだクーダーは、彼らとともにバンドを結成、アルバムを世界に発表しました。それが、この「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」です。
「チェ28歳の革命」「チェ39歳別れの手紙」世界で一番格好いい男、チェ・ゲバラを描いた2部作【映画】
「チェ28歳の革命」「チェ39歳別れの手紙」。フィデル・カストロと共に1959年のキューバ革命を成し遂げた男、チェ・ゲバラ。ジャン・ポール・サルトル曰く「20世紀で最も完璧な人間」、ジョン・レノン曰く「世界で一番格好良い男」。革命によって世界を変える。その理想に身を捧げたチェ・ゲバラを描いた2部作です。

コメント