モスタルのホテル「シャングリ ラ マンション」@ロケーションGOOD!オーナーさんもお部屋も素敵☆

モスタル①(ドゥブロヴニク〜モスタル)【バルカン⑧】 旅ホテル
記事内に広告が含まれています。

ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産の街 ”モスタル” で宿泊した「シャングリ ラ マンション(Shangri La Mansion)」

モスタルを象徴する橋「スターリ・モスト」から徒歩1分という便利な場所にあります。

オーナーさんは親切で、建物もお部屋も新しく綺麗で、とても快適に過ごすことができました。

スポンサーリンク

シャングリ ラ マンション(Shangri La Mansion)

モスタルのバスターミナルから、タクシーで旧市街のホテルへ。

1kmほどなので、5分くらいで到着です。

ホテルの目の前までは行けないとのことで降ろされたのですが、降りてビックリ!

結構な坂道が目の前に。

モスタル①(ドゥブロヴニク〜モスタル)【バルカン⑧】坂の上から

写真だとあまり分かりませんが、ちゃんと舗装されていない坂道で、結構急なんです。

暑い中、スーツケースをガラガラと引きずり、やっとの思いで(笑)坂を上りきったところに、宿泊する「シャングリ ラ マンション」はありました。

モスタル①(ドゥブロヴニク〜モスタル)【バルカン⑧】シャングリ ラ マンションの外観

息切れしながら到着したところには、パステルカラーのペンションのような可愛らしいホテルが。

わー素敵☆

テンションも上がり、疲れも吹っ飛びます!

 

ドアを入ると、奥に小さなレセプションがあって、そこでチェックインをします。

オーナーさんはご夫婦でやられているようで、アットホームな雰囲気。

地図を見ながら、周辺の案内もしてくれて、とても親切でした。

チェックアウトが翌朝早い時間なので、先に宿泊代金の精算をしました。

そこで問題が。。

なんと、カード払いができず現金のみとのこと。

予約確認書にも書いてあるとのことでしたが、見逃していました。。

わー、お金あるかな。。と、二人でかき集め、ユーロでOKとのことだったので、無事支払うことができました。

と言っても、69ユーロなので、8,500円くらいなのですが。。

予約は、ホテル検索サイトで事前予約。

スポンサーリンク

シャングリ ラ マンションのお部屋

チェックインをしたら、早速お部屋へ~。

モスタル①(ドゥブロヴニク〜モスタル)【バルカン⑧】
壁のイラストが特徴的なお部屋

お部屋は、明るくて落ち着いた印象。

ちょっとビックリしたのが、ベッドの後ろのこの壁紙!

何柄っていうのでしょう。ダイヤモンド柄!?

こちらのホテルは、まだ新しい感じがして、とても清潔感がありキレイです。

モスタル①(ドゥブロヴニク〜モスタル)【バルカン⑧】スタイリッシで落ち着いた雰囲気

カーテンなどのファブリックは、紫色で統一されていて、落ち着いた雰囲気です。

このデスクの右側がベッドで、左側の壁際にソファがあるのですが、その間のスペースがとても広くて、お部屋全体がゆったりとした感じになっています。

スーツケースも、思う存分広げられます。

モスタル①(ドゥブロヴニク〜モスタル)【バルカン⑧】紫色のソファにフワフワのカーペット

落ち着いているのですが、小さなシャンデリアや、紫色のソファにフワフワのカーペットがあったりと、ちょっぴりゴージャスな感じも醸し出しています。

ホテルの予約サイトを見ると、お部屋ごとに内装が違うようで、他のお部屋も素敵そうでした。

モスタル①(ドゥブロヴニク〜モスタル)【バルカン⑧】シャワールーム

シャワールームも機能的で、ガラスの仕切りが途中までしかないタイプですが、シャワーブースと洗面所の境に段差があって、水が洗面所の方に流れ込まないようになっています。

ここ、重要ポイントです(笑)!

シャワーヘッドは取り外し可能だし、水温・水圧ともに問題なしです。

モスタル①(ドゥブロヴニク〜モスタル)【バルカン⑧】

トイレも問題なし。

スポンサーリンク

シャングリ ラ マンションの屋上

モスタル①(ドゥブロヴニク〜モスタル)【バルカン⑧】リゾート感溢れる屋上

このホテル、こんな素敵な屋上があるのです。

リゾート感満載のこの雰囲気、素敵ですよね♪

ここで、コーヒーでも飲みながら、ゆっくり読書でもしたかった。。

モスタル①(ドゥブロヴニク〜モスタル)【バルカン⑧】目の前には山が

モスタル①(ドゥブロヴニク〜モスタル)【バルカン⑧】

周りには高い建物がなく、このホテル自体が丘の上に建っているので、遠くまで見渡すことができます。

モスタル①(ドゥブロヴニク〜モスタル)【バルカン⑧】

緑がたくさんで、その中に古い建物があって、そして青い空。

最高に癒される景色です。

・・・が、なにせ暑いのです。。

直射日光ガンガンなので、夏の昼間は、この屋上でゆっくりという訳にはいかないですね。

 

モスタルの滞在は1泊のみで、翌日の朝は、またまた早朝出発のため、ホテルの朝食もいただけず。。

朝食のお部屋も素敵で、美味しいという口コミが多かったので、利用できなかったのは残念でしたが、今回のバルカン旅の中では、一番素敵で快適なホテルだったと思います。

モスタルの街自体が、とても気に入ったということもありますが。。

そして、翌朝は6:30の列車なので、ホテルを出たのは6時前だったのですが、ホテルを出たときに、早朝にもかかわらずオーナーさんがお部屋から顔を出してくれて、「タクシーが坂の下で待ってるよ」と教えてくれたのです。

なんて親切なんだー

「シャングリ ラ マンション(Shangri La Mansion)」。最後までとても気持ちよく滞在することができ嬉しかったです☆

スポンサーリンク

シャングリ ラ マンション(Shangri La Mansion)の地図

「シャングリ ラ マンション(Shangri La Mansion)」

  • 住所:151, Maršala Tita, Mostar 88000 ボスニア・ヘルツェゴビナ

スポンサーリンク

ヨーロッパのホテル

ウィーンのホテル「MOXY ウィーン エアポート」@空港から歩いて行けるオシャレで個性的なホテル
ウィーン国際空港のターミナルから200mの場所にあるエアポートホテル「MOXY ウィーン エアポート(MOXY Vienna Airport)」。空港から歩いて行け、アートな感じでオシャレでとても綺麗なホテルです。ウィーン到着が夜遅い時や、出発が朝早い時に、オススメです!
スロベニア・リュブリャナのホテル「アパートメント アンド ルームズ メスカンカ」@立地最高、お部屋はかわいくて清潔!
スロベニアの首都リュブリャナで宿泊したのは、「アパートメント アンド ルームズ メスカンカ」。旧市街のリュブリャニツァ川沿いに位置し、周りにはレストランもたくさんあって、とても便利なロケーションです。お部屋は清潔で可愛く、スタッフも親切で、安心して宿泊できるアパートでした。
ザグレブのホテル「ホテル セントラル(Hotel Central)」@中央駅から200m!夜到着や早朝出発に便利
クロアチアの首都ザグレブの中央駅からすぐのところにある『ホテル セントラル(Hotel Central)』 夜遅くの到着や、朝早く列車に乗る際に、とても便利なロケーションです。外観は近代的な建物ですが、お部屋はどこかレトロな感じのする内装です。
ドゥブロヴニクのホテル「シティ ブレイク ドゥブロヴニク アパートメンツ」@旧市街の中心にある綺麗で快適なアパート
クロアチア観光のハイライト ”ドゥブロブニク” での宿泊は、旧市街の中心にあるアパートメント「シティ ブレイク ドゥブロヴニク アパートメンツ(City Break Dubrovnik Apartments)」。お部屋はかわいくて、とても清潔。短い滞在でも、暮らすような感覚をちょっぴり味わえます。
モスタルのホテル「シャングリ ラ マンション」@ロケーションGOOD!オーナーさんもお部屋も素敵☆
ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産の街 ”モスタル” で宿泊した「シャングリ ラ マンション」。モスタルを象徴する橋「スターリ・モスト」から徒歩1分という便利な場所にあります。オーナーさんは親切で、建物もお部屋も新しく綺麗で、とても快適に過ごすことができました。
サラエボのホテル「ホテル ホリデー(Hotel Holiday)」@ボスニア紛争時にも営業を続けた歴史あるホテル
ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボにある「ホテル ホリデー(Hotel Holiday)」。1992年~1995年のボスニア紛争時も、唯一営業を続けたホテルです。そんな歴史あるホテルに泊まってみたいと思い、今回宿泊しました。
フィンランド・ヘルシンキのホテル「クムルス シティ ハカニエミ ヘルシンキ」(スカンディック ハカニエミ)@お部屋からの眺めも良くキレイなホテル
ヘルシンキでの宿泊は、ヘルシンキ中央駅から地下鉄で3駅のところにある『クムルス シティ ハカニエミ ヘルシンキ』ホテル(現在は、スカンディック ハカニエミ:Scandic Hakaniemiに改名)。地下鉄の駅も近く、ホテルの目の前にはトラムの駅もあり、便利でキレイなホテルでした。
エストニア・タリンのホテル「ホテル インペリアル(Hotel Imperial)」@旧市街の便利な場所にあるホテル
バルト三国、エストニアのタリンで宿泊したホテル『ホテル インペリアル(Hotel Imperial)』。旧市街の西の端、城壁沿いに建っているこじんまりとしたホテルです。ラエコヤ広場やトームペアの展望台からも近く、食事や観光にも便利です。
ラトビア・リガのホテル「ウェルトン・リガ・ホテル&スパ(Wellton Riga Hotel & SPA)」@便利な立地!新しくて綺麗なホテル
バルト三国の旅、ラトビアの首都リガで宿泊したホテルは、旧市街の入口にある『ウェルトン・リガ・ホテル&スパ(Wellton Riga Hotel & SPA)』。2015年にできたばかりの、新しいホテルです。また、朝食も充実していて、とても満足のできるホテルでした。
リトアニア・ビリニュスのホテル「City Hotels Rūdninkai (シティホテルズ ルドニンカイ)」@設備の綺麗なこじんまりとしたホテル
リトアニアの首都ビリニュス、旧市街の南側に位置するホテル『City Hotels Rūdninkai (シティホテルズ ルドニンカイ)』。2014年にリニューアルしたということで、設備はとても綺麗で気持ちよく過ごるホテルです。
スポンサーリンク

関連記事

コメント