タイ・チェンマイのホテル「ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ」@シンプルで清潔、便利なロケーション

ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ【タイ・チェンマイ①】 旅ホテル
記事内に広告が含まれています。

チェンマイで宿泊したホテルは、旧市街の外側、ターペー門から5分ほどのところにある『ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ(Kate and Hasu Boutique Chiangmai)』

こぢんまりとしたブティックホテルで、シンプルで清潔なホテルです。

スポンサーリンク

ターペー門から5分。静かで落ち着いた立地

チェンマイ空港からタクシーで、旧市街の外側を通り、裏道に入ってホテルに到着。

空港からは15分ほど。とても近いです。

ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ【タイ・チェンマイ①】

表通りから入った裏通りにあるので、とても静かで落ち着いた雰囲気。

南国のお花とトゥクトゥクが絵になります。

ホテルの外観は、変わったデザインですが、ウッディーでとても素敵です。

ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ【タイ・チェンマイ①】

ケイト & ハス の ”ハス” は、”蓮”のことですが(イラストが蓮なので)、なんで日本語読みなのでしょう。。タイでも ”ハス” というのでしょうか。

ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ【タイ・チェンマイ①】

ホテルの前には、仏教の祭壇が。

今回の宿泊は、ホテル検索サイト経由で予約しました。1人1泊 約3,500円! お安いです。

ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ【タイ・チェンマイ①】

ガラス張りの入口周りが、何だか素敵なんです。入口の前の階段と、その脇に蓮のオブジェがあって、水が流れています。

こぢんまりとしているのですが、雰囲気がいい感じです。

ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ【タイ・チェンマイ①】

入口を入ったロビーは、白やベージュを基調として、シンプルでとても清潔な感じです。

ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ【タイ・チェンマイ①】

ウェルカムドリンクは、何のドリンクか忘れてしまいましたが、タイのお茶とのこと。

ホテルのスタッフは「とても美味しい!」と言っていましたが、独特のお味で、「うーん、ちょっと苦手かな。。」という感じ(汗)

奥に”水”が写ってますが、そうなんです!このホテル、ロビーの脇にプールがあるんです。

小さなプールで、滞在中泳いでいる人は見ませんでしたが、雰囲気はとてもいいです。

ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ【タイ・チェンマイ⑧】

プールサイドにテーブル席があって、こちらで朝食をいただくことができます。

この写真は、チェンマイ出発日の早朝まだ暗い時間に撮ったものです。

ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ【タイ・チェンマイ⑧】

滞在中、このスペースでゆっくりする時間がなかったのが心残り。

ゆっくりコーヒーを飲んだり、まったりしたかったですね。。

スポンサーリンク

ちょっと狭めだけど、シンプルで清潔感のある室内

ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ【タイ・チェンマイ①】

お部屋は、ツインルーム。

ぎりぎりスーツケース2つが広げられるくらいのコンパクトなお部屋。

もうちょっとスペースが欲しいかな。

ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ【タイ・チェンマイ①】

窓際にミニ冷蔵庫があったのですが、一度も開けませんでした。実は無料のミネラルウォーターが入っていたらしいです。。

そして謎だったのが、壁についている木製のもの。

このお部屋、不便なことにクローゼットがなかったのです。なので、これは洋服を掛けるものなのかなーと思いましたが、どうやって使うのか。。それとも、帽子とか小物を掛けるもの?

結局、最後まで用途は分からず。。

それにしても、クローゼットがなく、ハンガーすらなかったのはちょっと不便でしたね。

ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ【タイ・チェンマイ①】

シャワールームも、こぢんまり。

カーテンがあるものの、やはり床がビショビショになってしまいます。。

バスタブなしでも全く問題ありませんが、シャワーブースはガラスでちゃんと区切られているタイプがいいですね。

お湯の出や温度はバッチリでした。あとシャワー部分の床が ”すのこ” なので、水はけが良く、すぐに乾くところは良かったです。

あと、使い勝手が良くなかったのが、洗面所にものを置くスペースがほとんどないこと。

コップすらも置けない感じでした。

不便なことが何だかんだありましたが、キレイで清潔感があったので、それは良かったです。

ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ【タイ・チェンマイ①】

お部屋は4階だったのですが、4階の端にテラスがあって、そこからの眺めです。

テラスには、よく素敵なホテルのプールサイドにあるような屋根付きの大きなソファが3つくらい置いてありました。(写真撮るの失念。。)

一度座ってみましたが、座っちゃうと景色が見えないんですよね。のんびりお昼寝とかしたら気持ちよさそうだけど、そんなゆっくりする時間もなく。。

不便なところもちょいちょいあるけど、なんだかオシャレな要素も色々あるホテルでした。

ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ【タイ・チェンマイ①】

『ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ(Kate and Hasu Boutique Chiangmai)』のスタッフの方たちは、フレンドリーでいい印象でした。

朝食付きだったのに、ホテルでは一度も食べず、ロビーでゆっくりする時間もなかったので、私たちはほとんどスタッフと接する機会はありませんでしたが、欧米のお客さんは、仲良くおしゃべりをしたりしてたようです。

他のお客さんが食べてるのを見たところ、朝食は一人ずつプレートで提供されていて、美味しそうだったので、1回くらいホテルで食べたかった気もしましたが、行きたいお店があったので、ホテルの朝食は断念!

コーヒーが美味しいらしかったので、コーヒーだけでも飲めば良かったと、心残りです。。

ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ【タイ・チェンマイ①】ホテルの向かいにあったシーサーのような狛犬のような像

チェンマイの街歩きの起点の「ターペー門」まで徒歩5分。毎日賑わっている「ナイトバザール」まで徒歩10分以内と、観光にお買い物にも便利!

『ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ(Kate and Hasu Boutique Chiangmai)』。1人1泊 約3,500円と、とても安いけれど、キレイで清潔(不便ポイントもありますが)、ロケーションも便利な場所で、なかなかお得なホテルでした♪

スポンサーリンク

ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ(Kate and Hasu Boutique Chiangmai)の地図

『ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ(Kate and Hasu Boutique Chiangmai)』

  • 住所:15/2, Kotchasarn Rd, Changklan, Muang, Chang Wat Chiang Mai 50100 タイ
  • TEL:+66 63 706 0737

スポンサーリンク

「東南アジア」のホテル

アクセス便利!ペニンシュラ エクセルシオール ホテル Peninsula Excelsior Hotel【シンガポール】
シンガポールの宿泊は、City Hall(シティホール)駅から徒歩3分ほどのところに位置する、『ペニンシュラ エクセルシオール ホテル Peninsula Excelsior Hotel』です。マーライオンパークもあるマリーナ・ベイ エリアにも徒歩で行けちゃう便利な場所でした!
タイ・チェンマイのホテル「ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ」@シンプルで清潔、便利なロケーション
チェンマイで宿泊したホテルは、旧市街の外側、ターペー門から5分ほどのところにある『ケイト アンド ハス ブティック チェンマイ(Kate and Hasu Boutique Chiangmai)』。こぢんまりとしたブティックホテルで、シンプルで清潔なホテルです。
タイ・バンコクのホテル「サリル ホテル スクンビット ソイ11」@内装がかわいくてコスパの良いホテル
バンコクで宿泊したホテルは、バンコクの中心部 ”スクンビット” エリアの soi11 にあるブティックホテル「サリル ホテル スクンビット ソイ11」です。ロケーションが良く、お部屋も清潔でかわいらしい内装で、快適に過ごせるホテルでした。お値段お手頃で、コスパ良いです!
羽田からJALに乗って名古屋経由でバンコクへ!カオサン近くの食堂で海老味噌トムヤムクンをいただく!
ラオス南部への旅。まずは、羽田からJALに乗って名古屋経由でバンコクへ。バンコクに到着後、BTSスカイトレインとチャオプラヤー・エクスプレスを乗り継いで、バンランプーにある食堂「トムヤムクン・バンランプー」に訪問。濃厚な海老味噌トムヤムクンをいただきました!
【タイ・ラオス国境越え】バンコクからウボンラチャタニー経由でパクセーへ
ラオス旅2日目。朝7:15分発のタイ・スマイル航空にて、バンコクからウボンラチャタニーへ。ウボンラチャタニーから国際バスに乗り、国境を越えてラオス南部の中心都市「パクセー」へと向かいます。
パクセーからバスとボートを乗り継いでシーパンドンの「コーン島」へ【ラオス】
パクセーからラオス最南部、カンボジア国境付近のメコン川中流域に広がる「シーパンドン(Siphan Don)」と呼ばれる地域へと向かいます。“シーパン”は4,000、“ドン”は島の意味。メコン川に点在する数千もの島と無数の滝がダイナミックな景観を作り出しているラオスの隠れた名所です。
スポンサーリンク

関連記事

コメント