おいしいアジアの麺料理。エスニック・ヌードル《おすすめ》14品♪

ベトナムちゃんエスニック料理

アジアのファストフードと言ったら断然、麺料理ですよね!

日本人が蕎麦、うどん、ラーメンをよく食べるように、アジアの人々も毎日のように麺料理を食べています。

東アジアから東南アジア、中央アジアにかけて、麺料理は最もスタンダードなお食事のひとつ。

気軽に食べられるし、あったまるし、お腹にもたまるといいことづくめの麺料理。

そんな、エスニック・ヌードルのおすすめをアジア各国(ベトナムタイシンガポールカンボジアミャンマーインドネシアウズベキスタン韓国台湾中国)から14品、ご紹介します!

スポンサーリンク

フォー(phở)【ベトナム料理】

ベトナムちゃんベトナムちゃんのフォー

ベトナム4 ハノイ フォーの店 マイアンマイアンのフォー

 

ベトナムの国民食「フォー」(phở)

鶏肉や牛肉から出汁をとった透明なあっさりスープに、平たい米麺を入れ、鶏や牛の薄切り肉、ハーブや野菜を入れたシンプルな麺料理です。

日本でも最近は「フォー」を食べられるお店が増えてきて、かなり一般的になってきましたよね。

 

この「フォー」、本場はハノイで、本来は牛肉を入れる「フォー・ボー」がメイン。

鶏肉入りの「フォー・ガー」が生まれたのは1950年代のことだそうです。

もともとは、朝食として食べられていましたが、現在では昼や夜も食べる人もおおいそう。

外食で食べるのが一般的で、家庭では「フォー」はあまり作られないようです。

 

様々な調味料を使って自分好みの味にできるのも「フォー」の魅力のひとつ。

ライムやヌクマム、ヌクチャム(唐辛子や刻みニンニクを漬けたヌクマム)、生唐辛子などが「フォー」と一緒に出てくるので好きなように味付けできます。

付け合わせとしては、揚げパンみたいな「クワイ」(油条)が一般的。

「クワイ」を汁に浸して食べるのもなかなかの美味です。

「フォー」が美味しいお店

路地裏に佇む人気店『ベトナムちゃん』@大久保
カワイイお店と美味しいベトナム料理で、目もお腹も満足!以前行こうとして予約が取れなかったので、絶対行きたいと思っていたお店、ベトナム料理の『ベトナムちゃん』!!大久保駅北口の路地裏に入ったところに、突如として現れます。入口には、カワイイ看板が。どんなお店なんだろうと期待が膨らみます♪
オーセンティック【浅草】★浅草地下街にある本場以上のお味のベトナム料理店
浅草にある日本最古の地下街「浅草地下街」の一角にあるベトナム料理店『オーセンティック』。まるで、現地ベトナムの屋台のような風情の中、ベトナム人顔負けの本場ベトナムの味を味わえるお店。海鮮のダシがたまらない「フォー・ハイサン」、激辛だけど止まらない美味しさの「コム・ヘン」は絶品でした★
フォーティントーキョー新宿店【新宿】★旨い!ベトナム・ハノイの名店直伝の絶品フォー
2021年3月にオープンした、「フォーティントーキョー」の2号店『フォーティントーキョー新宿店』。ベトナム・ハノイで絶大な人気を誇るという名店「フォーティン(Pho Thin)」のオーナー直伝の「牛肉のフォー」は、噂に違わず絶品中の絶品でした★都内でフォーを食べたくなったら、ここを選んでおけば、間違いありません!
ベトナムといえばフォー!!『マイアン』(Mai Anh)@ベトナム・ハノイ
ベトナムに来たら、やっぱりフォーは食べたいですよね!日本では、フォーといえば鶏肉のフォー(フォー・ガー)が身近ですが、ハノイでは牛肉のフォー(フォー・ボー)が一般的だそうです。なので、こちらのお店『マイアン』のような鶏肉のフォーのお店は珍しいみたいですね。
スポンサーリンク

ブン・チャー(Bún Chả)【ベトナム料理】

ベトナム4 ハノイ マダム・ヒエンマダムヒエンのブン・チャー

ニャーベトナムニャー・ベトナムのブン・チャー

 

「ブン・チャー」(Bún Chả)は、ベトナムのハノイ発祥の麺料理。

「ブン」と呼ばれる細い米麺、それを「チャー」(混ぜ)て食べるということからこの名前が付いています。

「ブン」と各種香菜が入った野菜やお肉、揚げ春巻きなどを混ぜ、それにタレを付けて食べます。

タレは、ベトナムの調味料「ヌクマム」に唐辛子やレモン、砂糖などを調合して作ったタレ。

お肉は、スパイスに漬け込んだものとか、ミンチになっているものとか、揚げ春巻きの具もお店によって色々。

 

そうめんのようなあっさりした麺と、お肉とフレッシュハーブ、甘辛いタレの組み合わせが抜群!

日本では「フォー」ほど知られてはいませんが、現地ベトナムのストリートフードの中でもかなり人気の麺料理。

日本人の口にも合うおすすめの一品です。

「ブン・チャー」が美味しいお店

スポンサーリンク

カオソイ(ข้าวซอย)【タイ料理】

新宿、スクンビットソイ55スクンビット ソイ 55のカオソイ

カオソイニマン【タイ・チェンマイ⑤】『カオソーイ・ニマン』のカオソイ

 

「カオソイ」(ข้าวซอย)は、タイ北部やラオスでよく食べられている麺料理。

起源はミャンマーで、その後、ラオスに伝わりタイ北部に広まったそうです。

タイの「カオソイ」はココナッツミルクをたくさん使ったカレーを中華麺にかけ、その上に揚げた卵麺をちらして薬味と一緒に食べます。

薬味には「ナムプリックパオ」 と呼ばれる唐辛子、干しエビなどのペースト、酢漬けのキャベツ、エシャロット、ライム汁などが使われ、具としては牛肉や鶏肉、紫玉ねぎなどが入っています。

 

この「カオソイ」、ココナッツミルク風味のカレーソースがとにかく濃厚!

それと、他の麺料理にはない、茹で麺と揚げ麺の組み合わせがなかなかGood。

バリエーション豊かな食感を楽しめます。

「パッタイ」などと比べると、日本ではまだまだ知られてませんが、タイの麺料理の中でも一二を争う美味しさだと思います。

「カオソイ」が美味しいお店

スポンサーリンク

ラクサ(Laksa)【シンガポール料理】

恵比寿、新東記新東記ラクサ

328カトンラクサ【シンガポール】『328カトンラクサ』のラクサ

 

「ラクサ」(Laksa)は、シンガポール、マレーシア、インドネシアで食べられている国民的麺料理。

シンガポールやマレーシアの屋台麺と言ったら「ラクサ」を置いて他はありません。

ココナッツミルクをベースに、唐辛子やシナモン、八角、コショウ、ターメリック、ニンニク、レモングラス、ガランガル、ライム、紫玉ねぎなどのスパイスやハーブを加えたカレー麺で、味はクリーミーでスパイシー!

中華系の子孫である「ババ・ニョニャ」の料理を起源としていて、出汁は肉ではなく魚やエビなどの海鮮から取られます。

豚肉が使われておらず、ムスリムでも安心して食べられる料理のため、ムスリムの多いマレーシア全土で食べられるようになりました。

麺は地域によって違いがありますが、米粉を使った押し出し麺がメジャーです。

 

とにかく、エビや魚介のダシの旨みとココナッツミルクのクリーミーな甘み、そして、各種香辛料とハーブのスパイシーさのマッチングが絶妙でくせになる美味しさ。

アジア屈指のエスニックスープです。

「ラクサ」が美味しいお店

マカンマカン【大和】★ラクサとバクテーが本当に美味♪シンガポール・ニョニャ料理の専門店
神奈川県大和にあるシンガポール料理・ニョニャ料理のお店『マカンマカン』。シンガポール出身のシェフが作るお料理は、どのお料理も本当に美味しい♪特に、エビの旨味が濃厚な「ラクサ」と、スパイスと漢方がたっぷり入った「肉骨茶(バクテー)」は、絶品!全国のシンガポール料理店の中でも一二を争うお味です★
【閉店】シンガポール政府認定!絶品ラクサやバクテーがいただける『新東記』@恵比寿
恵比寿駅西口から徒歩5分ほど。お洒落なレストランが点在する静かな界隈に、シンガポール料理店『新東記』はあります。このお店はシンガポール人のオーナーによる本物のシンガポール料理のお店。シンガポール政府観光局に「第一号認定シンガポール料理店」の称号を受けたという都内屈指のシンガポール料理店です!
クリーミーでスパイシーな病みつきラクサ『328カトン・ラクサ』@シンガポール
シンガポール定番料理のひとつ「ラクサ」。プラナカンが多く住んでいた街「カトン」に、ラクサの人気店『328カトン・ラクサ』はあります。ココナッツミルクとスパイスが効いて、マイルドな辛さが美味しいラクサ。こういったお店で気軽に食べることができます!
スポンサーリンク

クイティウ(គុយទាវ)【カンボジア料理】

代々木、アンコールワットアンコール・ワットのクイティウ

 

「クイティウ」(គុយទាវ)は、カンボジアの麺料理。

カンボジアの屋台では、いつもこれが食べられています。

豚骨ベースの澄んだスープが特徴で、一般的な「クイティウ」はさっぱりと薄塩味(写真のはトムヤム風にチリを効かせたもの)。

麺は平たいライスヌードルです。

この「クイティウ」、東南アジアでは一般的な麺料理で、各国でいろいろな呼び名とバリエーションがあります。

有名なのは、タイの「センヤイ」「センレック」「センミー」、ベトナムでは「フーティウ」、中国では「ホーファン」

もともとは、中国福建省の潮州出身の華僑がもたらした料理なのだとか。

アジアの屋台を思い出させる、シンプルイズベストな麺料理です!

「クイティウ」が美味しいお店

スポンサーリンク

モヒンガー(မုန့်ဟင်းခါး)【ミャンマー料理】

朝食はモヒンガー、サモサ、揚げパン、コーヒー 【ヤンゴン】ニャウンウーの食堂のモヒンガー

ヤンゴンの朝食、モヒンガーを食べるヤンゴンの食堂のモヒンガー

ニャウンウーのローカル食堂でモヒンガーを食べるヤンゴンのカフェのモヒンガー

高田馬場、スィウミャンマー『スィウミャンマー(SWE MYANMAR)』のモヒンガー

 

「モヒンガー」(မုန့်ဟင်းခါး)は、ミャンマーの国民食的存在の麺料理です。

麺は米麺。茹でておいた麺にナマズなどの魚ベースのスープをかけて作ります。

ナマズを使うというところが独特ですよね!

お店によって使う素材は様々で、玉ねぎや豆、卵、鶏肉、ネギとかバナナの茎とか、かき揚げのようなものが入っていたり、ピーナッツが入っていたり・・・。

食べるときはライムを絞ってパクチーを入れると、ナマズの臭みが消えて食べやすくなります。

味は、結構旨味が効いていて濃厚で独特な感じ。今まで食べたことない味でした。

 

そうめんみたいな細麺と深みのある味のダシがなかなかのもの。

ちょっとクセがあるので、エスニック料理上級者向けかも。

「モヒンガー」が美味しいお店

スポンサーリンク

ミー・アヤム(Mie Ayam)【インドネシア料理】

インドネシア 料理ジョグジャカルタのレストランのミー・アヤム

 

インドネシアのソウルフード、国民的汁そばと言えば「ミー・アヤム」(Mie Ayam)です。

「ミー」とは麺のことで「アヤム」は鶏肉。鶏肉の他にはマッシュルームや青菜、にんにくなどが入っています。

麺は小麦の麺で、油や醤油で味付けがされていて、汁は写真のように別で出されるのが一般的。

汁はあっさりとした香ばしい鶏ガラのスープ。

この鶏ガラスープを麺に全部かけて食べます。

 

インドネシアの料理はサンバルソースが効いたスパイシーなお味が多いのですが、この「ミー・アヤム」はさっぱりしていて食べやすいです。

鶏ガラスープの味が日本人の味覚にもピッタリな感じで、かなり美味しいー!

「ナシゴレン」や「ミーゴレン」に飽きた時におすすめです。

スポンサーリンク

ラグマン(Lagman)【ウズベキスタン料理】

初台、シルクロードタリム『シルクロードタリム』のラグマン

ラグマンとビールで夕食【ウズベキスタン(ヒヴァ)】ヒヴァの食堂のラグマン

レギスタン広場前の食堂にて【ウズベキスタン(サマルカンド)】サマルカンドのレストランのラグマン

池袋、新疆味道『火焔山 新疆・味道』のラグマン

 

「ラグマン」(Lagman)は、中央アジア全域でよく食べられているスープうどん料理です。

言わば、中央アジア風うどんです!

スープはトマトベースのスープで、羊肉とかにんじん、じゃがいも、かぶなどが入っています。上にかかっているのは香菜(コリアンダー)。

麺は小麦粉で作った手延べ麺。

日本人の口にも合うシンプルなうどん料理で、ウズベキスタンではどのお店でも「ラグマン」があって、とりあえずどこで食べてもハズレはない感じ。

安定の美味しさです。

ウズベキスタンは油っこい料理が多いのですが、この「ラグマン」は安心して食べられるお料理のひとつでした★

「ラグマン」が美味しいお店

ラグメンが美味しい!ウイグル料理店『シルクロードタリム』@初台
京王線初台駅から徒歩4分ほどのところに、ウイグル料理レストラン『シルクロードタリム』はあります。このお店、2010年にオープンした東京で唯一のウイグル料理専門店。本場のウイグル料理を味わえる貴重なお店です★ 何より美味しい、中央アジアのあんかけ手延べ麺「ラグメン」がオススメです!
アフガニスタン料理は美味しい!遊牧民風のお店『キャラヴァンサライ包』@東中野
東中野にあるアフガニスタン料理店『キャラヴァンサライ包』。知られざる絶品料理である「アフガニスタン料理」を、遊牧民の住居「包(パオ)」のような空間で味わえる貴重なお店です。今回、初めてアフガニスタン料理を食べましたが、「こんな美味しいお料理があったのかー!」と思うほど、絶品でした。
火焔山 新疆・味道【池袋】★辛味の効いたラグマンが絶品!ウイグル&四川料理がフュージョンした“新疆中華”
池袋にある中国西北、新疆中華のお店『火焔山 新疆・味道』。新疆ウイグル自治区の土着の料理「ウイグル料理」と四川料理を始めとした中華料理をフュージョンさせた「新疆中華」の美味しさは新鮮な驚き★唐辛子の辛味の効いたラグマン「过油肉拌面」や、スパイスがガッツリ効いた「羊肉串」のお味は抜群でした♪
スポンサーリンク

冷麺(냉면)【韓国料理】

韓国料理【韓国、ソウル】ソウルのフードコートの冷麺

 

韓国の麺料理と言えば「冷麺」(냉면)

「冷麺」は、北朝鮮由来の料理だそうで、スープに入っているのが「ムルネンミョン」、スープのない混ぜ麺タイプが「ピビムネンミョン」というそうです。

「冷麺」の麺は、ジャガイモやサツマイモのでんぷんの粉が使われているため、コシが強いです。

きゅうりや茹で卵、鶏肉などの具と、コチュジャンや酢などで作られた「ヤンニョム」という辛いソースが麺の上に載っかっているので、それらを混ぜ合わせて食べます。

 

冷たくさっぱりとしていて、「ヤンニョム」の辛味もピリリとしていて美味しいです。

暑い夏にピッタリの麺料理です!

スポンサーリンク

牛肉麺【台湾料理】

平渓線、十分の食堂で食べる【台湾】十分の食堂の牛肉麺

 

「牛肉麺」は、台湾の国民的麺料理と言ってもいいくらいの一般的な麺料理。

「牛肉麺」は、日本のラーメンと同じで様々な種類がありますが、代表的なのは「紅焼牛肉麺」と「清燉牛肉麺」です。

「紅焼牛肉麺」は、醤油をベースに豆板醤などで濃い目に味付けされた牛肉麺で、漢方類や八角、生姜、にんにくなどが入っていたりします。辛い味付けがなされることもあるスパイシーな牛肉麺。

「清燉牛肉麺」は、花椒、胡椒で味付けされた薄味の牛肉麺。スープは澄んだ色をしていて、辛味も漢方もないあっさり牛肉麺。最近はトマトを入れたものも人気のようです。

どちらも美味しいです。

 

麺は小麦麺で、手打ち麺だったり刀削麺だったり、いろいろ。

牛肉も大きめのリブ肉や牛スジ肉、モツを入れることもあります。

バラエティーに富んだ台湾の「牛肉麺」

台湾に行ったら絶対に外せない、麺料理の定番中の定番です!

スポンサーリンク

担仔麺【台湾料理】

赤崁擔仔麺【台湾8(台南ぶらぶら歩き)】『赤崁擔仔麺』の担仔麺

 

擔仔麺(担仔麺)は、台湾の小吃として知られる小ぶりの汁入り麺料理のことで、台南が発祥で、台南の名物として知られています。

小麦粉の中細のストレート麺を用い、スープに豚の肉味噌と海老、香菜、ニンニクソースなどがのっています。ご飯茶碗ほどの小ぶりの容器で出されることが多く、サイズや具のそぼろ肉味噌は四川省の担々麺と似ていますが、スープの味は担々麺とは違い、辛くはありません。

スープはあっさりしているけど、ダシが効いていて美味しい♪

肉味噌を混ぜて食べると、あっさりしたスープにアクセントが効いて、さらに美味しくなります。

スポンサーリンク

蘭州ラーメン【中国料理(甘粛省)】

神保町、馬子禄 牛肉面『馬子禄 牛肉面』の蘭州ラーメン

 

「蘭州ラーメン」とは、古の都、中国の西安から西に630㎞ほど。シルクロードの途上にある甘粛省蘭州市で200年以上も前に生まれた麺料理です。

牛骨をベースとしたクリアなスープに、牛肉のスライス、大根のざく切り、パクチー、葉ニンニクが入り、ラー油がたっぷりと掛けられています。

スープには、10種類以上ものスパイスが使われているのだとのこと。

麺は、もちっとした食感ながらコシのある、ツルツルで喉越しの良い麺。この麺に、さっぱりとしていながらスパイシーなパンチの効いたスープが絡み、思わず唸ってしまうような美味しさです★

「蘭州ラーメン」が美味しいお店

スポンサーリンク

ビャンビャン麺【中国料理(陝西省)】

池袋、食府書苑『食府書苑』の油溌ビャンビャン麺

 

「ビャンビャン麺」は、このお料理の名前だけに使われるという「ビャン」という漢字が58画もあるということで有名な麺料理。

「ビャンビャン麺」の麺は、小麦粉に水と食塩を加えてこねて生地を作り、茹でる直前に両手で2,3cmくらいの幅に平たく伸ばして成形して作ります。

切って成形するのではないところがポイントで、長いものだと麺の長さが1mになることもあるのだとか。

「油溌(ヨウポー)」とは、茹でた麺の上に唐辛子や刻みネギなどをかけ、それに熱したピーナッツ油をかけて香りを出す、陝西省咸陽市周辺で主流のビャンビャン麺の食べ方であるとのこと。

コシの強いビャンビャン麺の麺の美味しさもさることながら、「油溌(ヨウポー)」の油の香ばしさがたまりません!それと、唐辛子の辛味と、黒酢でしょうか?ほどよい酸味が効いていて、シンプルながら奥深い味わい。

「ビャンビャン麺」が美味しいお店

スポンサーリンク

莜麺栲栳栳【中国料理(陝西省)】

東新宿、山西亭『山西亭』の莜麺栲栳栳

 

「莜麺栲栳栳(ヨウミェンラオカオカオ)」(莜麦:燕麦のせいろ蒸し麺)は、莜麦(燕麦の一種)の生地を一枚一枚手で筒状にした後、蒸籠に並べ蒸した麺料理。

莜麦は甘みの少ない淡白なお味。蒸籠で蒸しているのでふわふわな食感です。

莜麦自体はそれほど味がないので、名産の黒酢「山西老陳酢」や卵の入ったトマトソースを付けていただきます。

どちらのソースも美味しいですが、酸っぱさ控えめで、まろやかかつ深みのある「山西老陳酢」がかなり美味♪

ビビッドなインパクトはないですが、食べるごとに旨味がじわじわと押し寄せてくる感じ。

「莜麺栲栳栳」が美味しいお店

スポンサーリンク

おすすめ記事

あったかスパイシー!エスニック料理のおいしいスープ《厳選》18品♪
秋から冬にかけて、寒くなる季節に嬉しいのがあったかいスープ!アジアやインド、中東、アフリカ、中南米などのスープはスパイスやハーブが入っていて芯から温まる感じ。健康や滋養強壮、そして、美容にも効果満点です。そんなエスニックなスープを18品、ご紹介します!
ミャンマーの料理ってどんなの?【ミャンマーグルメをご紹介】
ミャンマーの位置は、インドとタイの中間にあります。つまり!スパイスのインド料理とハーブのタイ料理の両方の要素がある!だけど、それだけではなく、ミャンマーの料理はちょっと独特。ひとことで言うと「油っぽい」です。
インドネシアの美味しいグルメ【ジャワ島の料理】
甘辛で日本人の口にも合う!インドネシア料理。 インドネシアは約1万3000もの島々からなり、300を超す民族、700以上の地方語を話す2億4000万人の人口を抱える国なので、食文化も多種多様です。
ウズベキスタンの美味しいグルメ【ウズベク料理まとめ】
ウズベキスタン料理。どんな料理があるのか?ウズベキスタンに行ったことあるか、興味がある人以外は絶対にわからないですよね。私も行くまでは、まったく想像もつきませんでした。でも、食べてみると、結構いけるんです!ウズベキスタンの料理の数々をご紹介しますね。
食は韓国にあり!【ソウルで食べた美味しいもの。韓国の料理ご紹介】
ソウルで食べた美味しいものをご紹介します!韓国の旅の最大の楽しみ、それは「食」です!韓国は、食べるためだけに訪問してもいいと思わせる国なんです。
意外と美味しい!コロンビアのグルメ★現地でいただいたコロンビア料理をご紹介
コロンビアのお料理は、ジャガイモやとうもろこしなどを使った煮込みスープ料理から、アサドと呼ばれるビーフの焼肉、ロブスターを始めとしたシーフードなどが食べられています。他の中南米諸国と共通してスペインの影響も強いとのこと。現地コロンビアでいただいた、意外と美味しい!コロンビアのお料理をご紹介します★
タイ料理のおすすめメニューご紹介★辛味・甘味・酸味のハーモニー♪
肉や魚介、バラエティに富んだ野菜を素材とし、パクチーやレモングラス、バイマックルーやカーなど様々なハーブとナンプラーで味付けされたタイ料理。定番のトムヤムやガパオから、ちょっとマイナーなお料理まで、おすすめのタイ料理をご紹介します★
激甘だけど美味しい★インドのスイーツ「ミタイ(Mithai)」まとめ
インドのスイーツは、「ミタイ(Mithai)」と呼ばれ、揚げ菓子やプディング、ケーキ風のものやスープ状のものなど、様々な種類があります。インドスイーツの特徴はとにかく甘いこと!世界で最も甘いスイーツであるとの噂もあるほど。初めて食べた人はその超絶な甘さにびっくりしてしまいます!
本場インドで食べたインド料理《絶品》15店舗をご紹介!
インドで食べたインド料理をご紹介します。訪問したお店は、首都デリー、ケララ州のコーチン、バックウォーター地域、コヴァーラム、トリヴァンドラム。タミル・ナードゥ州のチェンナイ、マドゥライ、カライクディ、ラーメシュワラムにある15店舗。インド以外の国(タイ、オマーン、ジョージア、ラトビア、タンザニア)で食べたインド料理もご紹介します。
アジアで食べた現地のお料理《32品》をご紹介!
アジア各国で食べたお料理をご紹介します。ご紹介するのは、タイ、ベトナム、シンガポール、ミャンマー、インドネシア、ラオス、台湾、韓国のお料理。日本にはアジア各国のお店がありますが、現地アジアはやっぱり本場。びっくりするような美味しいお料理や、日本では食べたことがないお料理をいただくことが出来ました★
中東・中央アジア・アフリカで食べた現地のお料理《19品》をご紹介!
中東・中央アジア・コーカサス・アフリカ各国で食べたお料理をご紹介します。日本には中東・中央アジア・コーカサス・アフリカ各国のレストランが揃っていますが、本場は、やっぱり本場。びっくりするような美味しいお料理や、日本では食べたことがないお料理をいくつもいただくことが出来ました★
中南米・ヨーロッパで食べた現地のお料理《24品》をご紹介!
中南米・ヨーロッパ各国で食べたお料理をご紹介します。ご紹介する国・地域は、グアテマラ、メキシコ、キューバ、コロンビア、エストニア、ラトビア、リトアニア、スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ。本場は、やっぱり本場。日本では食べたことがないお料理をいくつもいただくことが出来ました★
中東料理(アラブ・トルコ・イラン料理)のおすすめメニューとお店をご紹介♪
アラビア半島や北アフリカ、トルコ、イランなどの地域は、共通した料理が多く見られます。ひよこ豆など豆を多用し、オリーブオイルを使い、羊肉が主に食べられ、スパイスやハーブを使いながらも辛くなくヘルシーな中東や北アフリカのお料理は、近年日本でも人気が高まっています。
アフリカ料理のおすすめメニューとお店をご紹介♪
アフリカ料理のおすすめのメニューとお店をご紹介します。ブラックアフリカは広大なので、地域によって料理の特徴は千差万別です。意外と美味しく、珍しいアフリカ料理。きっと新たな味覚の発見があるはず。ぜひ、味わってみてください。
ペルー料理のおすすめメニューとお店をご紹介♪
ペルー料理のおすすめのメニューとお店をご紹介します。現在、この国のお料理が世界的に注目を集めています。南米の国ペルーは「食」の宝庫。世界中で使われている食材の約20%はペルー原産なのだとか!豊富な食材を使い、多様な料理文化を融合させた「ペルー料理」のおすすめのお料理をご紹介します♪
ベトナム料理のおすすめメニューとお店をご紹介♪
ベトナム料理のおすすめメニューをご紹介します。ベトナムは国土が南北に長いため、お料理に使う食材や味付けにも地域による特色があります。薄味でさっぱりとした味付けの北部のお料理、スパイシーで辛味のある味付けの中部のお料理、甘い味付けの料理が多い南部のお料理などなど。東京近郊のおすすめのベトナム料理店もご紹介★