シルクロード料理 ブドウエン【三ツ境】絶品の「スペシャルラグメン」と「シシカバブー」

三ツ境、ブドウエン グルメ
記事内に広告が含まれています。

相鉄線三ツ境駅南口から徒歩4分、メインの商店街の一本西の通りに、シルクロード料理のお店『ブドウエン』は、あります。

お店のオープンは2018年7月。店主は、中国・新疆ウイグル自治区出身の方。ラグメンやポロ、シシカバブーなど、本場のウイグル料理をいただけるお店。神奈川県唯一の中央アジア料理のお店です。

スポンサーリンク

〜食の架け橋を目指して〜シルクロード家庭料理のお店

三ツ境、ブドウエン『ブドウエン』の外観

 

こちらが、『ブドウエン』の外観です。

小ぢんまりとした可愛らしい外観。ちょうど出てきたお客さんが「ラグメン美味しいですよ!」と話してくれました!

楽しみです♪

三ツ境、ブドウエン『ブドウエン』前

三ツ境、ブドウエンシルクロード家庭の食卓

店頭には、手作り感満点のバス停風の営業時間表があったり、シルクロード家庭料理の紹介と写真付きのお料理紹介の垂れ幕が掲げられていたり。

三ツ境、ブドウエン『ブドウエン』の店内(2階)

 

こちらが、『ブドウエン』の店内(2階)です。

お店は、カウンター席のみの1階(6席)と、テーブル席の2階(15席)があり、合計21席。

土曜日の早めのディナータイム(17時頃)に予約なしで訪問しましたが、お客さんは、カウンターに男性おひとり様2名、テーブル席に地元の方らしい夫婦がひと組来店していました。

三ツ境、ブドウエンお料理の写真、馬の絵

三ツ境、ブドウエンモンゴル文字、ラクダの絵

三ツ境、ブドウエンチンギス・ハーンと馬頭琴

 

店内の壁には、お料理の写真、馬の絵、モンゴル文字、ラクダの絵などが飾られています。チンギス・ハーンの絵や馬頭琴も飾られていたので、店主さんは、内モンゴルなどにルーツを持つ方なのかもしれません。

三ツ境、ブドウエン店長は、ウイグル出身の小林アルタンさん

 

こちらは、新聞記事に掲載されたお店の紹介です。

店長は、ウイグル(中国新疆自治区)出身の女性、アルタンさん。

2006年に留学生として来日し、日本と新疆の架け橋となるため国際政治を学んでいたものの、卒業後は日本の方と結婚。その後、日本と新疆の架け橋となるという夢を実現させるため、新疆料理を提供するこのお店を開いたのだとのこと。

三ツ境、ブドウエンラグメン作りの写真

三ツ境、ブドウエンラグメン作りの写真

 

お店の壁には、ラグメン作りの写真も飾られていました。

高校の写真部が撮影したようで、アルタンさん、地域との交流も積極的に行なっている様子です。

ちなみに、写真に写っている男性は、店主アルタンさんの弟さんである様子(お顔がそっくりでした)。お料理はお二人で作られているようで、ラグメンの麺打ちは上の写真のように弟さんが担当されている模様。

後で、お店のHPを見て気づいたのですが、1階のカウンター席では麺打ちの様子を見ることができるのだそう。

2階でお料理を待っている間、ドン!ドン!という音が何度も聴こえましたが、あれが麺打ちの音だったようです。麺打ちを見るためにカウンター席にすればよかったと、ちょっと残念な気分。

スポンサーリンク

『ブドウエン』のメニュー

三ツ境、ブドウエンシシカバブー、ラグメン、ポロ

三ツ境、ブドウエンタオメン、タンファン、チュチュル、ベンシー

三ツ境、ブドウエン『ブドウエン』特製料理

三ツ境、ブドウエン『ブドウエン』特製料理

三ツ境、ブドウエンシルクロード前菜料理

三ツ境、ブドウエン炒め物(羊肉・野菜・玉子)

三ツ境、ブドウエンサムサ、ボーズ、マントゥ、ナン

三ツ境、ブドウエンモクテル

さてさて、『ブドウエン』のメニューです。

もちろん、「ラグメン」を食べたいと思ってお店に来たのですが、他に注文するのは何にするか、メニューの種類が豊富なので、ちょっと迷います。

メニューは、「ラグメン」が5種類、定番の羊肉串「シシカバブー」や、新疆風のピラフである「ポロ」、羊肉のスープ「タンファン」や「チュチュル」、羊肉入り水餃子「ベンシー」、羊肉まん「ボーズ」など、新疆らしい羊肉料理がズラリ!

また、『ブドウエン』オリジナルの、「羊肉のスペシャルハンバーグ」や「マトンごろごろ煮込みカレー」「ブドウエンの肉団子」なども、たぶん、絶対に美味しい!

考えた挙句、注文したのは↓のお料理です。

  • シシカバブー(ラム肉の串焼き) 1本260円
  • 前菜3種盛りプレート 680円
  • ブドウエン流冷やし豆腐 480円
  • ナン(シルクロード風焼きパン) 280円(1枚)
  • 野菜たっぷり スペシャルラグメン 1,280円

スペシャルラグメンをメインに、シシカバブーを2人で2本ずつ。前菜とナンを頼むことにしました。

注文を済ませ、お料理が運ばれてくるのを待ちます。

スポンサーリンク

コシの強い麺が本当に旨い「スペシャルラグメン」と、スパイスがガッツリ効いた「シシカバブー」

三ツ境、ブドウエン「生ビール」480円

 

まずは、お飲み物。

暑いので、やっぱり「生ビール」!

ぐびぐび飲みながらお料理を待ちます。

三ツ境、ブドウエン「シシカバブー(ラム肉の串焼き)」1本260円(2本以上から)

 

ビールを飲んでいると、程なくしてお料理がやってきました!

「シシカバブー(ラム肉の串焼き)」です。

辛さを「普通辛・辛口・激辛」から選べたので、辛口にしました。

この「シシカバブー」が本当に絶品でした♪

唐辛子やクミンなどのスパイスがガッツリ塗された新疆の羊肉串。焼くことで脂が落ちて程よいマトン感。スパイスがビシッと効いていて、ビールにめちゃくちゃ合います!

それほど辛くなかったので、激辛にしてもよかったかも。何本でもいただきたい気分。

三ツ境、ブドウエン「前菜3種盛りプレート」680円

 

こちらは、「前菜3種盛りプレート」

載っているお料理は、メニューを見ると「ジャオマージー(鶏肉と長ネギの山椒と唐辛子炒め)」「春雨と人参和え」「5品目の野菜ピクルス」の3種。

「ジャオマージー」は、山椒の独特の風味が鶏肉と長ネギに絡んで個性的なお味。赤唐辛子ガッツリ入っていましたが、それほど辛さはなかったです。

「春雨と人参和え」は、醤油っぽいタレが沁み込んだ中華麺みたいな春雨がなかなかの美味しさ。「5品目の野菜ピクルス」は、かなり酸味強めでしたが、羊肉串のお供にぴったりな感じ。

三ツ境、ブドウエン「ブドウエン流冷やし豆腐」480円

 

こちらは、「ブドウエン流冷やし豆腐」

中国料理で定番の豆腐の上に挽き肉を載せて辣油で和えたお料理。

マトンの挽き肉の旨味とさっぱりとした冷やし豆腐。暑い季節のおつまみとして最適♪

三ツ境、ブドウエン「ブドウエンスペシャル」480円

 

ビールが無くなったので、メニューで気になったオリジナルノンアルコールカクテルを頼んでみることに。

「ブドウエンスペシャル」です。

メニューの紹介によると、“ブドウエンオリジナル〜悠久のシルクロードに思いを馳せながら” “葡萄、ザクロの甘味とオリジナルジンジャーエキスが織り成す味わい” とのこと。

酸味と甘味がかなり強め。結構甘いので、お料理との相性はちょっとイマイチな感じ。デザート的にジュースとしていただくのはGoodです。

三ツ境、ブドウエン「ナン(シルクロード風焼きパン)」280円(1枚)

 

こちらは、「ナン(シルクロード風焼きパン)」

シルクロードと言えば、ナンが主食。新疆には行ったことがないですが、ウズベキスタンやキルギスでは、ラグメンやプロフ(ポロ)を注文しても、必ずナンが付いてきました。

ゴマが塗された素朴なお味の「ナン」。シンプルなお味だけど美味しい♪ 毎日でも食べたい!

三ツ境、ブドウエン「野菜たっぷり スペシャルラグメン」1,280円

 

そして、いよいよ、本日のメインであるラグメン(餡かけ自家製手延べ手打ち麺)が登場!

「野菜たっぷり スペシャルラグメン」です。辛さを「普通辛・辛口・激辛」から選べたので、辛口にしました。

「ラグメン」とは、手延べ麺を使った混ぜ麺料理で、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、東トルキスタン(中国・新疆ウイグル自治区)などで日常的に食べられているお料理です。

ラグメンの麺は、中力粉の小麦粉に塩水を加え十分にこね、粘りが出てから引き伸ばして作るとのこと。コシが強いのが特徴です。

この麺を茹で、牛のスープにトマトペーストを加えた汁で煮た具材(トマト、ピーマン、パプリカ、玉ねぎ、羊肉or牛肉、セロリ、人参など)を食べる直前に掛け、麺と混ぜて食べるのが一般的なラグメンのスタイル(掛けラグメン)です。

ちなみに、中央アジアではスープ麺スタイルの汁ラグメンが主流であるほか、焼うどんのような焼きラグメンもあるとのこと。

三ツ境、ブドウエン羊肉、トマト、キクラゲ、玉ねぎ、キャベツ、パプリカ、ニンニクの芽、椎茸

 

『ブドウエン』の「野菜たっぷり スペシャルラグメン」、さすが、本場新疆仕込みのお味、めちゃくちゃ美味しかったです!

兎にも角にも、コシの強い麺が本当に旨い♪ 羊肉やキクラゲ、ニンニクの芽などの具材ももちろん美味しいのですが、麺が美味すぎて、争って麺を取り合い、麺の方があっという間に無くなってくる感じ。

世界に麺料理は数あれど、ラグメンの美味しさは世界屈指だと思います。

三ツ境、ブドウエンラー油と黒酢

 

こちらは、ラグメンと一緒に提供された自家製ラー油と黒酢。

ラグメンに掛けていただくと、味変して、これもGood!

ピリ辛のラー油、深みのある酸味の黒酢、それぞれラグメンとの相性抜群です♪

『シルクロード料理 ブドウエン』は、ネット予約出来ます!
『シルクロード料理 ブドウエン』のネット予約はこちら(ホットペッパーグルメ)

神奈川県横浜市瀬谷区三ツ境にあるシルクロード料理のお店『ブドウエン』

中国・新疆ウイグル自治区出身の店主アルタンさんが提供する本場仕込みの新疆料理は、本当に美味しい♪

コシの強い麺が本当に旨い「野菜たっぷり スペシャルラグメン」も、スパイスがガッツリ効いた「シシカバブー(ラム肉の串焼き)」も絶品でした★

また、ぜひ、再訪したいお店です。

スポンサーリンク

◉『シルクロード料理 ブドウエン』の地図・アクセス

スポンサーリンク

中央アジア料理店

中央アジア料理店
中央アジア料理(ウズベキスタン・タジキスタン・アフガニスタン・キルギス・ウイグル.etc)のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地の中央アジア料理店のほか、本場中央アジアのレストランもご紹介しています。実際に訪問したお店の様子やメニュー、食べたお料理を掲載。お店は下記リンク先の地図からも探せます。
東京都内・近郊の『ラグメン(ラグマン)』を食べられるお店《おすすめ》9店舗ご紹介!
中央アジア全域で広く食べられている手延べ麺『ラグメン(ラグマン)』。コシの強い麺の食感とトマトベースの誰にでも食べやすい味付けは、日本人のお口にも合います。近年、東京や近郊にも「ラグメン」を食べられるお店が増えてきました。東京都内・近郊にある「ラグメン」を食べられるお店、おすすめ9店舗をご紹介します。
羊肉料理(マトン・ラム)各国料理レストランでいただいた美味な16品をご紹介!
最近、日本でも人気が高まり、食べる人が増えてきている「羊肉」。日本ではこれまで、あまり食べられていませんでしたが、世界では幅広い地域でメインの食材として食べられてきました。ヘルシーで慣れると病みつきになる羊肉。都内近郊の各国料理店でいただいた美味しい羊肉料理16品をご紹介します★
ウズベキスタンの美味しいグルメ【ウズベク料理まとめ】
ウズベキスタン料理。どんな料理があるのか?ウズベキスタンに行ったことあるか、興味がある人以外は絶対にわからないですよね。私も行くまでは、まったく想像もつきませんでした。でも、食べてみると、結構いけるんです!ウズベキスタンの料理の数々をご紹介しますね。
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント