SPHINX (水道橋)|黄金の棺が並ぶ、ド派手な内装のエジプト料理店

都内エスニック巡り『SPHINX (スフィンクス)』 グルメ
記事内に広告が含まれています。

JR中央・総武線水道橋駅西口から徒歩4分、飯田橋駅東口から徒歩10分。飯田橋と水道橋の間にある、飯田橋アイガーデンテラスにエジプト料理のお店『SPHINX (スフィンクス)』は、あります。

2023年11月17日にオープンしたこのお店、秋津にあるエジプト料理店『スフィンクス』の2号店であるとのこと。

オープンしたばかりのためか、ビルの入り口には案内板などがなかったのですが、事前情報で3階にお店があるという話だったので、エスカレーターに乗って3階へ。

スポンサーリンク

黄金の棺やヒエログリフのレリーフが飾られた、まるでエジプトな店内

都内エスニック巡り『SPHINX (スフィンクス)』エジプト料理『SPHINX (スフィンクス)』の入り口

都内エスニック巡りパッと見でわかるお店の入り口

 

こちらが、エジプト料理『SPHINX (スフィンクス)』の入り口です。

パッと見で、ここがお店だとわかります。

入り口から、かなり気合いの入ったエジプト感!

さっそく、中に入って行きましょう〜♪

都内エスニック巡り店内はまさにエジプト

 

店内に入ってびっくり!

黄金の王の棺があったり、古代エジプトの神殿を模した柱やヒエログリフが描かれた壁画があったりと、店内はエジプトの装飾や置き物が満載!

都内エスニック巡り黄金の棺桶

都内エスニック巡り至る所に古代エジプトのものが!

都内エスニック巡りエジプトの絵や楽器なども飾られています。

 

まるで、カイロの考古学博物館にいるような感じ。日本でもここまでのエジプト空間は、古代エジプト文明の展覧会以外では見たことがありません!

都内エスニック巡り座席とバーカウンター

 

店内空間はかなり広く、カウンター8席、テーブル席62席。テラス席も70席あります。合計140席です。

ビルの入り口に案内板も無いのに、店内にはかなりの数のお客さんが!

日本人のグループや欧米人、普通の若いカップルや年配の夫婦など、客層もバラエティに富んでいます。

みんなアラブ料理マニアってわけでも無さそうだし、どこで、このお店の情報を知ったのでしょうか? 自分たちと同じようにネットで見つけて、ネットで事前予約して訪問したのかな?

兎にも角にも、案内された座席に座り、メニューを見てお料理を選びましょう〜♪

スポンサーリンク

『SPHINX (スフィンクス)』のメニュー

都内エスニック巡り『SPHINX (スフィンクス)』前菜・スープメニュー(右)

都内エスニック巡り『SPHINX (スフィンクス)』サンドイッチ、タジン、サイドメニュー

都内エスニック巡り『SPHINX (スフィンクス)』メイン料理

都内エスニック巡り『SPHINX (スフィンクス)』特別料理、特別な注文、グリルメインメニュー

 

こちらが、『SPHINX (スフィンクス)』のメニュー(の一部)です。

メニューは、フムスやババガヌーシュなどのペースト、ファラフェルやシュワルマサンドイッチ。モロヘイヤのスープやコシャリ。6種類もあるタジン。ライスに具材を乗せたカブサや、パンとご飯に具材を乗せたファッタ。ミックスグリルや牛肉入り焼き飯のロズマーマルなどもあり、

エジプト料理がひと通りいただける感じです♪

色々考えた挙句、選んだお料理は↓です。

  • フムス 750円
  • ババガヌーシュ 850円
  • パン 250円
  • ファラフェルサラダ 850円
  • モロヘイヤのスープ 800円
  • コシャリ 1,290円
  • コフタ 1,900円

定番の前菜の「フムス」と「ババガヌーシュ」「ファラフェル」。前菜と一緒に食べる「パン」。エジプトならではの「モロヘイヤスープ」と「コシャリ」。メインとして「コフタ」を注文。

注文を済ませ、お料理が運ばれてくるのを待ちます。

スポンサーリンク

エジプト名物の「モロヘイヤのスープ」に「コシャリ」、デザートは「バクラヴァ」

都内エスニック巡り「ボジョレーヌーボ」

 

まずは、お飲み物。

「ボジョレーヌーボ」があるというので、頼むことに♪

都内エスニック巡りエジプト空間でいただくボジョレー

 

2023年の「ボジョレーヌーボ」です。

美味しい! エジプト空間でいただくボジョレーも、なかなか乙なもの♪

ちびちび、ボジョレーを味わいながら待っていると、ほどなくしてお料理が運ばれてきました。

都内エスニック巡り「フムス」「ババガヌーシュ」「パン」

 

前菜のペースト「フムス」「ババガヌーシュ」、そして、エジプトの「パン」です。

ひよこ豆のディップ「フムス」、茄子のディップ「ババガヌーシュ」は、どちらも上品で優しいお味。オリーブオイルとスマックがアクセント。だけど、もうちょっと味付けが濃い方が好みかな。

「パン」は素朴なお味。フムスやババガヌーシュを付けて食べると美味しいです♪

都内エスニック巡り「ファラフェルサラダ」

 

こちらは、「ファラフェルサラダ」

エジプトでは、ひよこ豆ではなくそら豆を使うことが多く「ターメイヤ」と呼ばれています。

サクサクの皮とすり潰したそら豆の香ばしさがなかなかGood!

都内エスニック巡り「モロヘイヤのスープ」

 

エジプトと言えば、これ! 「モロヘイヤのスープ」です。

『SPHINX (スフィンクス)』の「モロヘイヤのスープ」、美味でした♪

モロヘイヤはエジプトでよく食べられている野菜で、刻んだモロヘイヤに、にんにくや玉ねぎ、バターなどを入れて煮込んだモロヘイヤスープは、エジプトの国民食とも言われています。

モロヘイヤのトロリとした粘り気のある食感、適度に効いた塩気、たっぷり入ったにんにくの旨みがGood! 量もたっぷりだし、かなり美味しいです★

都内エスニック巡り「コシャリ」

 

こちらも、エジプト料理の定番「コシャリ」

「コシャリ」は、エジプトの国民食と言われる食べ物。カイロの街角にはコシャリを提供するスタンドが至る所にあります。

お米と、マカロニやスパゲッティなどのパスタ。ヒヨコ豆やレンズ豆などの豆をミックスし、フライドオニオンとトマトソースをかけたシンプルなお料理で、「カル」と呼ばれる酢と、「シャッタ」と呼ばれる辛味ソースをかけて食べるのがスタンダードな食べ方。お店によって様々なバリエーションが存在し、現地では同じ味はないと言われているのだそう。

『SPHINX (スフィンクス)』の「コシャリ」、なかなかの美味しさでした♪

たっぷりのフライドオニオンと、辛味控えめなトマトソースの酸味が、お米やマカロニと合います★

都内エスニック巡り「コフタ」

 

メインのお料理は、「コフタ」

牛肉をミンチしたエジプト風ハンバーグです。

味付けは控えめでお肉の旨みを味わえます。付け合わせのサワークリームっぽいソースやフライドポテト、生野菜と一緒にいただくと美味しい!

都内エスニック巡り「バクラヴァ」

 

食後のデザートは、「バクラヴァ」

「バクラヴァ(バクラバ)」とは、薄いフィロ生地を何層も重ね、ピスタチオやクルミ、ヘーゼルナッツ、アーモンドなどを挟んで焼き上げ、濃厚なシロップに浸して作るお菓子。近年日本でも人気が高まっている、中東スイーツの代表選手です。

パイ生地に蜂蜜がたっぷり染み込んだ「バクラヴァ」『SPHINX (スフィンクス)』の。繊細なフィロ生地と蜂蜜の甘味が美味♪

都内エスニック巡り「プリン」

 

デザートをもう一品。「プリン」です。

ソフトな食感のスタンダードなお味のプリン。満足できるお味♪

都内エスニック巡り「チャイ」

 

デザートと一緒にいただいたお飲み物は「チャイ」「コーヒー」

お砂糖を入れずストレートで、甘いエジプトスイーツと一緒にいただきました。

良いお口直しとなりました〜♪

『SPHINX (スフィンクス)』は、ネット予約出来ます!
『SPHINX (スフィンクス)』のネット予約はこちら(ホットペッパーグルメ)

飯田橋と水道橋の間にあるエジプト料理のお店『SPHINX (スフィンクス)』

まるで、古代エジプトにタイムスリップしてしまったかのような、凝りに凝った店内の内装は見応えあります♪

お料理は、全体的に薄めで優しい味付け。この日がたまたまそうだったのかもしれませんが、個人的にはもう少し味の輪郭がはっきりした方が好みかな。

「モロヘイヤのスープ」と「バクラヴァ」は、ドンピシャ好みでした♪

スポンサーリンク

◉『SPHINX (スフィンクス)』の地図・アクセス

スポンサーリンク

アラブ・中東料理店

中東料理(アラブ・トルコ・イラン料理)のおすすめメニューとお店をご紹介♪
アラビア半島や北アフリカ、トルコ、イランなどの地域は、共通した料理が多く見られます。ひよこ豆など豆を多用し、オリーブオイルを使い、羊肉が主に食べられ、スパイスやハーブを使いながらも辛くなくヘルシーな中東や北アフリカのお料理は、近年日本でも人気が高まっています。
トルコの絶品スイーツ「バクラヴァ」&中東・アラブのスイーツまとめ
近年注目を集めつつある中東のスイーツ。中でも今最も話題となっているのがトルコ生まれの伝統菓子「バクラヴァ」です。「バクラヴァ」とはどんなお菓子なのか、松屋銀座に出店したナーディル・ギュルのバクラヴァや、都内近郊のレストランのバクラヴァ、バクラヴァ以外の中東スイーツについてもご紹介します★
アラブ・中東料理店
中東料理(アラブ・トルコ・イラン料理)のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地の中東料理店のほか、本場アラブのレストランもご紹介しています。実際に訪問したお店の様子やメニュー、食べたお料理を掲載。お店は下記リンク先の地図からも探せます。
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント