疆萊(キョウライ)池袋|ウイグルの麺料理「ラグメン」を気軽にいただけるお店

池袋、疆萊 グルメ
記事内に広告が含まれています。

池袋駅東口から徒歩3分。サンシャイン60通りのユニクロのある交差点を左に曲がってすぐの左手。ビルの地下1階に、中国新疆料理(ウイグル料理)のお店『疆萊(キョウライ)』はあります。

2023年7月にオープンしたこのお店、店長から料理長まで全員が新疆出身で、本場新疆の味だけを提供しているお店であるとのこと。

スポンサーリンク

店長から料理長まで全員が新疆出身。本場新疆の味だけを提供しているお店

池袋、疆萊『疆萊(キョウライ)』の入り口

 

こちらが『疆萊(キョウライ)』の入り口。

グレー色のシックな外観。モスクのドームをデザインしたロゴ。ハラールマークもあります。

池袋、疆萊『疆萊(キョウライ)』入り口のメニュー看板

 

入り口のメニュー看板です。

新疆料理(ウイグル料理)と言ったら、羊肉を使った炒め飯「プロ(ポロ)」と羊肉と野菜のあんかけを和えた手打ち麺「ラグメン(ラグマン)」

ポロとラグマンを都内で気軽にいただけるのは嬉しいです♪

池袋、疆萊羊肉の濃厚な香りに満ちています。

池袋、疆萊階段を降りた地下1階に『疆萊(キョウライ)』はあります。

 

お店は、階段を降りた地下1階。

階段の途中に貼られていた「我在新疆很想你」。Googleの写真翻訳で確認したところ、「新疆にいるのがとても寂しいです」と翻訳されました。

新疆が恋しいという意味合いでしょうか?

池袋、疆萊『疆萊(キョウライ)』の店内

 

『疆萊(キョウライ)』の店内です。

店内は細長い空間になっていて、小ぢんまりとした感じ。

座席数はで30席で、2人掛けのテーブル席と、4人掛けの座敷の半個室が1つあります。

池袋、疆萊店内は小ぢんまりとした雰囲気

 

「池袋チャイナタウン」として知られているように、池袋には中国出身の人がかなり多く住んでおり、彼ら在住中国人向けの“ガチ中華”のお店が近年数え切れないくらい出来ています。

このお店も、そんな“ガチ中華”のお店のひとつで、店内に居たお客さんも、ほぼ全員中国出身の方と思われる人たちでした。男性/女性おひとり様からカップル、男性グループなど、若者が5,6組いました。

なので、店内で聴こえてくる言葉は全て中国語。池袋の繁華街のど真ん中に居ながら、ウイグルの現地感満点です!

池袋、疆萊ウイグルの弦楽器「ドゥタール」が飾られています。

 

店内はシンプルな内装ですが、随所にエキゾチックなウイグルの民芸品が飾られています。

ウイグルの弦楽器「ドゥタール」とか、ウイグル伝統の帽子「ドッパ」とか。

池袋、疆萊色鮮やかな織物とランプで飾られた半個室

 

こちらは、階段を降りてすぐの場所にある、4人掛けの座敷の半個室。

壁一面に色鮮やかなウイグルの織物が貼られ、天井からはカラフルなモザイクランプがたくさん吊り下げられています。

うっとりするようなエキゾチックな空間です★

 

さてさて、座席に座ったところで、そろそろメニューを見てお料理を選びましょうか〜♪

『疆萊(キョウライ)』のお料理の注文は、座席に貼ってあるQRコードをスマホで読み取ってメニューのHPにアクセスし、そこから注文をするスタイル。

“ガチ中華”の新店舗は、タブレット端末、もしくは、このお店のようなQRコード→専用スマホWEBサイトアクセスのメニューが多いですが、このお店も例に漏れず。

一品一品の写真が表示されるので、イメージはつきやすいです。

スポンサーリンク

『疆萊(キョウライ)』のメニュー

池袋、疆萊おすすめ料理

池袋、疆萊ランチ定食メニュー

池袋、疆萊ランチ定食メニュー

池袋、疆萊麺料理メニュー

池袋、疆萊ご飯ものメニュー

池袋、疆萊米粉を使った麺料理?

こちらが、『疆萊(キョウライ)』のメニューの一部です。

メニューは結構豊富で、初めて見る料理、気になる料理がいくつかありました。

特に惹かれたのが、「椒麻鶏パンミェン(爆炒椒麻鸡拌面)」「金鶏スープパンミェン(金汤鸡捞面)」「千切り麺炒め(丁丁炒面)」「ニンニクの芽炒め麺(蒜薹炒面)」などの麺料理。

しかしながら、今回は初めてということで、スタンダードなラグメンを注文することにしました。

それでもって、注文したのは↓のお料理です。

池袋、疆萊「過油肉あんかけ麺」

池袋、疆萊「羊肉串1本」

池袋、疆萊「梅ジュース」

 

  • 過油肉あんかけ麺(过油肉拌面) 1,480円
  • 羊肉串(2本から:2串起点) 320円×2本
  • 梅ジュース(酸梅汤) 390円

ラグメンと羊肉串を2本。お飲み物は梅ジュースを注文。

注文を済ませ、お料理が運ばれてくるのを待ちます。

スポンサーリンク

ボリューム満点! ほど良い麺のコシ「過油肉あんかけ麺(过油肉拌面)」

池袋、疆萊「梅ジュース」390円

 

まずは、お飲み物から。

「梅ジュース(酸梅汤)」です。

中国で売られているペットボトルの梅ジュース(酸梅汤)をそのままグラスに入れただけのドリンク。結構酸っぱいです。

梅ジュースをちびちび飲みながら待っていると、程なくしてお料理が運ばれてきました〜!

池袋、疆萊「過油肉あんかけ麺」1,480円

 

どーん!

「過油肉あんかけ麺(过油肉拌面)」です♪

白い器の上にどっちゃりと乗ったラグメン。その上にピーマン、パプリカ、トマト、玉ねぎ、ネギ、セロリ、キャベツ、羊肉などのたくさんの具材。赤唐辛子も見えます。

結構ボリュームあります!

さっそく、いただきましょう〜♪

池袋、疆萊ピーマン、セロリ、玉ねぎ、ネギ、キャベツ、羊肉、トウガラシ

 

『疆萊(キョウライ)』のラグメン、なかなかの美味しさでした♪

たっぷりの具材、歯応えのある羊肉。ピリ辛の味付け。あんかけのとろみはあまりなく、トマト感も少なめですが、コシのある麺が美味しく、ボリュームあるのにどんどん食べ進められます。

ただ、もうちょっとお肉が柔らかいと嬉しい感じ。

池袋、疆萊「羊肉串」320円×2本

 

こちらは、「羊肉串」(2本から:2串起点)

ウイグルや中央アジア料理店に訪問したら、必ず頼むこの羊肉串。

クミンや唐辛子などのスパイスを塗した羊肉を金串に刺して焼いたシンプルな一品です。

まずまずの美味しさですが、もうちょっとスパイスが多めで、お肉がもっと柔らかい方が好みかも。

 

池袋駅東口にある中国新疆料理(ウイグル料理)のお店『疆萊(キョウライ)』

お店の雰囲気も、働いているスタッフも、店内のお客さんも、提供されるお料理も、完全にここは新疆ウイグル自治区な感じ。

いただいたラグメン「過油肉あんかけ麺」、美味しかったです♪

都心の繁華街に、ひとりで訪問して、気軽にさらっとラグメンを食べられる。こういうお店が出来てきたのは嬉しい限りです★

スポンサーリンク

◉『疆萊(キョウライ)』の地図・アクセス

  • 住所:東京都豊島区東池袋1-14-14 THE CITY池袋 B1F
  • アクセス:池袋駅まで3分
  • 営業時間:11:30~15:30 17:00~23:50
  • 定休日:無休

スポンサーリンク

中央アジア料理店

中央アジア料理店
中央アジア料理(ウズベキスタン・タジキスタン・アフガニスタン・キルギス・ウイグル.etc)のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地の中央アジア料理店のほか、本場中央アジアのレストランもご紹介しています。実際に訪問したお店の様子やメニュー、食べたお料理を掲載。お店は下記リンク先の地図からも探せます。
東京都内・近郊の『ラグメン(ラグマン)』を食べられるお店《おすすめ》10店舗ご紹介!
中央アジア全域で広く食べられている手延べ麺『ラグメン(ラグマン)』。コシの強い麺の食感とトマトベースの誰にでも食べやすい味付けは、日本人のお口にも合います。近年、東京や近郊にも「ラグメン」を食べられるお店が増えてきました。東京都内・近郊にある「ラグメン」を食べられるお店、おすすめ10店舗をご紹介します。
羊肉料理(マトン・ラム)各国料理レストランでいただいた美味な16品をご紹介!
最近、日本でも人気が高まり、食べる人が増えてきている「羊肉」。日本ではこれまで、あまり食べられていませんでしたが、世界では幅広い地域でメインの食材として食べられてきました。ヘルシーで慣れると病みつきになる羊肉。都内近郊の各国料理店でいただいた美味しい羊肉料理16品をご紹介します★
ウズベキスタンの美味しいグルメ【ウズベク料理まとめ】
ウズベキスタン料理。どんな料理があるのか?ウズベキスタンに行ったことあるか、興味がある人以外は絶対にわからないですよね。私も行くまでは、まったく想像もつきませんでした。でも、食べてみると、結構いけるんです!ウズベキスタンの料理の数々をご紹介しますね。
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント