牛魔王(上野)|羊骨白濁スープの 河南省名物「ラム肉チャングオ麺」

上野、牛魔王 グルメ
記事内に広告が含まれています。

JR上野駅不忍口より徒歩3分。アメ横センタービルから西に進んだ通りの左手。雑居ビルの地下1階に、中国料理のお店『牛魔王』はあります。

2022年12月にオープンしたこのお店、中国中央部にある河南省出身の店主が営む、河南料理を提供している中国料理店(”ガチ中華”)。オーダーを受けてから手打ちする自家製麺が自慢のお店です。

スポンサーリンク

アメ横繁華街にある“ガチ中華” 河南省出身の店主が提供する河南料理

上野、牛魔王『牛魔王』のある雑居ビル

 

お店は、この商業ビルの地下1階にあります。

アメ横界隈の繁華街のど真ん中です。

上野、牛魔王手打ち牛肉麺『牛魔王』

上野、牛魔王店頭看板のメニュー

路面に案内看板が出ているのでわかりやすいです。

真っ赤な牛肉ラーメンのところに、手書きで「辛くないよ!」と書いてあるのがGood!

さて、階段を降りて地下へと向かいましょう〜♪

上野、牛魔王『牛魔王』の入り口

 

こちらが、『牛魔王』の入り口。

階段を降りた先の奥まったところにあります。

上野、牛魔王『牛魔王』の厨房とカウンター

 

『牛魔王』の厨房とカウンターです。

店内は居酒屋風の空間で、座席はカウンター10席、テーブル4名席×3卓、半個室10名の合計32席。

訪問したのは平日の19時頃でしたが、半個室の部屋に中国人グループが8名ほど。テーブル席におひとり様中国人男性がひとり来店していました。

店員さんは、厨房に男性3名、ホールに女性1名。いずれも中国の方で、中国語でマシンガンのように会話しておりました。

完全に中国な空間です!

上野、牛魔王『牛魔王』のテーブル席

 

さて、案内されたカウンター席に座ったところで、そろそろメニューを見てお料理を選びましょうか〜♪

スポンサーリンク

『牛魔王』のメニュー

上野、牛魔王『牛魔王』の麺類メニュー

 

こちらが、『牛魔王』の麺類メニューです。

メニューは、お店イチ押しの「牛魔王牛肉ラーメン」や、河南料理の定番「河南ラム肉チャングオ麺」のほか、「ラム肉麺」「チャンポン麺」「ジャージャン麺」「坦々麺」「ビャンビャン麺」など麺類が豊富。

また、河南のスープ「酸味スーロウ」、新疆の煮込み料理「ダーパンジー」。四川の「麻婆豆腐」や広東の「酢豚」、北京の「水餃子」など、中国各地の料理が揃っています。

上野、牛魔王店長のお勧め

上野、牛魔王牛魔王ダーパンジー、酸味スー・ロウ

 

「牛魔王牛肉ラーメン」や「酸味スーロウ」にもかなり惹かれたのですが、今回は河南料理らしいお料理ということで、名物の「河南ラム肉チャングオ麺」を注文してみることにしました。

スポンサーリンク

見応えあり! 熟練の麺職人による、迫力ある麺の手打ち

上野、牛魔王注文を受けてから麺を手打ち

 

注文を済ませると、さっそく厨房に居た恰幅の良い男性(店主さん?)が、小麦粉を捏ね、まな板にバンバンと大きな音を立てて打ち付け始めました!

上野、牛魔王麺を打つ音が響き渡ります。

上野、牛魔王熟練の麺職人

血管の浮き出た二の腕で、汗だくになって生地を捏ね、伸ばし、空中で振り回し、まな板にバンバン叩きつけるその姿。

まさに熟練の職人! 見応えあります!

スポンサーリンク

河南省名物「河南ラム肉チャングオ麺」。羊の骨を煮込んだ濃厚な白濁スープと、コシの強い手打ち麺

上野、牛魔王「青島ビール」600円

 

麺打ちの様子を見ていると、お飲み物が登場!

「青島ビール」です!

「青島ビール」は、1903年に生まれた中国で最も歴史のあるビール。中国国内でのシェアは第2位(1位は華潤雪花ビール)。マイルドでスッキリとした味わいのビールです。

ぐびぐび飲みながら待っていると、ほどなくしてお料理が運ばれてきました!

上野、牛魔王「河南ラム肉チャングオ麺」1,100円

 

「河南ラム肉チャングオ麺」です。

中国では「烩面(燴麺)」(フイミェン)と呼ばれるこの麺料理。河南省名物の麺料理で、「中国十大麺」の中の1つにあげられているとのこと。

河南省の省都、鄭州には「烩面」の看板が至る所にあり、当地では最もポピュラーな麺のひとつなのだそう。

ちなみに、“烩(フイ)”という言葉は、複数の食材を合わせて煮込むという意味があり、“チャングオ”という言葉は、材料と調味料を炒めて水で煮立て、そこに麺を入れるという調理法のことだそう。

上野、牛魔王ラム肉の入った白湯スープ

 

「烩面」は、スープと麺、それぞれに特徴があります。

スープは、羊の肉や骨を煮込んで作られた濃厚な白濁スープ。麺は、先ほど手打ちして作られた刀削麺やビャンビャン麺にも似た、かなりコシの強い幅広麺です。

羊骨のエキスが沁み込んだスープは、まろやかで濃厚なお味。そして、スープに麺を入れて煮込む作り方のせいか、麺の小麦粉感がスープに溶けて、少しとろみがあるのが特徴です。

『牛魔王』の「河南ラム肉チャングオ麺」の具材は、ラム肉、チンゲンサイ、パクチー、干豆腐、ネギ、昆布など。

コシが強くて食べ応えのある麺と、濃厚な羊骨のスープ、アクセントとなる爽やかなパクチーの香り。初めて食べるお味でしたが、美味でした♪

上野、牛魔王「鎮江香醋」

上野、牛魔王激辛の自家製ラー油

 

こちらは、中国定番の黒酢「鎮江香醋」と「自家製ラー油」

店員さんが、黒酢とラー油を入れると美味しいと勧めてくれました。現地の鄭州でも「烩面」に黒酢やラー油を入れて食べる人が多いのだとか。

さっそく、黒酢「鎮江香醋」を入れていただいてみると、なるほど、黒酢の深みのある酸味が濃厚な羊骨スープとマッチして美味しい♪

お次は、ラー油。このラー油が超激辛でした! 激辛だけど、パンチのあるこの辛さはちょっとクセになる感じ。中国料理らしい味変を存分に楽しませていただきました〜★

上野にある中国・河南料理を提供しているお店『牛魔王』

お店の売りは、オーダーを受けてから手打ちする自家製麺。熟練の麺職人による手打ちの様子は一見の価値あります!

河南省名物の「河南ラム肉チャングオ麺」は、羊の骨を煮込んだ濃厚な白濁スープと、コシの強い手打ち麺のコンビネーションが見事な一品。黒酢や激辛ラー油で味変するも良し。

そのうち再訪して、お店のもうひとつの名物「牛魔王牛肉ラーメン」や、河南で朝食として飲まれているという滋味溢れるスープ「酸味スーロウ」などもいただいてみたいです。

スポンサーリンク

◉『牛魔王』の地図・アクセス

スポンサーリンク

中国料理(ガチ中華)・韓国・東アジア料理店

東京都内の「ガチ中華」23店舗&中華フードコート4ヵ所をご紹介★
ここ数年、都内の池袋や高田馬場、上野、新宿や埼玉の西川口などに、現地中国そのままのお料理を提供するお店が激増しています。人呼んで「ガチ中華」!中国人留学生をターゲットにしたお店なので、お料理も店内の雰囲気も、メニューも本場仕様なのが特徴。そんな都内の「ガチ中華」のお店23店舗と、西川口の1店舗。中華フードコート4カ所をご紹介します★
本場ソウルの食堂・屋台で食べた韓国料理《美味な》5品をご紹介!
ソウルで食べた美味しいものをご紹介します!韓国の旅の最大の楽しみ、それは「食」です!韓国は、食べるためだけに訪問してもいいと思わせる国です。現地の食堂・屋台でいただいた「ソルロンタン」「チョッパル」「サムゲタン」「冷麺」「サムギョプサル」の5品をご紹介します。
中国料理店
中国料理(ガチ中華・台湾料理.etc)のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地の中国料理のほか、本場中国料理のレストランもご紹介しています。実際に訪問したお店の様子やメニュー、食べたお料理を掲載。お店は下記リンク先の地図からも探せます。
韓国・東アジア料理店
韓国・東アジア料理(モンゴル・ブータン.etc)のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地の韓国・東アジア料理店のほか、本場韓国・東アジアのレストランもご紹介しています。実際に訪問したお店の様子やメニュー、食べたお料理を掲載。お店は下記リンク先の地図からも探せます。
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント