『ダオリン』★ビアラオをぐびぐびと飲みながら、美味で激辛なラオス料理に舌鼓♪@ラオス・パクセー

ワット・プー 【タイ・ラオス③】ラオスの旅

ラオス南部の町パクセー。そのメインストリートである国道13号線沿いにある、ラオス料理、タイ料理、西洋料理を提供しているレストラン『ダオリン(Daolin)』

モダンで開放的な外観は旅行者にも利用しやすく地元でも有名な、トリップアドバイザーでパクセー1位の人気レストランです。

スポンサーリンク

パクセー1番人気のお店でラープとタムマークフンをいただく!

ワット・プー 【タイ・ラオス③】『ダオリン(Daolin)』の外観

 

『ダオリン(Daolin)』の外観です。

パクセーの他の食堂とは一線を画したカフェ風のお洒落な外観。通り沿いでもかなり目立ちます。

お店は6:00から22:30分まで営業しているので、ブレックファストにもランチにもカフェにもディナーにも利用できるのが嬉しいところ。

ワット・プー 【タイ・ラオス③】『ダオリン(Daolin)』の店内

 

店内はそこそこ広々していて、座席数も結構あり。

道路に面してオープンなつくりは、明るく開放的。気軽に入りやすい雰囲気です。

訪問したのはディナータイム。お客さんは外国人旅行者率がかなり高めであるものの、地元民らしき人の姿もちらほら。

座席は7割方の埋まり具合で、食事中も外国人を中心に来店客が続々とやってきていました。

ワット・プー 【タイ・ラオス③】ビールはもちろん「ビアラオ」!

 

さて、メニューを見て注文です!

お飲み物は、もちろんラオスの国民的ビール「ビアラオ」一択です♪

サイズのバリエーションが豊富なのが嬉しい!ビアラオゴールドやダークも用意されています。

ワット・プー 【タイ・ラオス③】ラープのメニュー

ワット・プー 【タイ・ラオス③】タムマークフンやサラダのメニュー

お料理は、こちらももちろん、ラオスの代表的なお料理である、お肉と野菜のスパイス&ハーブ和え料理「ラープ」と、青パパイヤサラダ「タムマークフン」をチョイス!

主食として、「カオニャオ(もち米)」も頼みました★

ワット・プー 【タイ・ラオス③】ビアラオ(8,000K)

 

さっそく運ばれてきた「ビアラオ」!

スッキリとした飲み口ながら、しっかりとしたコクも感じさせるラガービール。アルコール度数は5.0%。

東南アジアのビールの中でも特に美味しいと評判のビールです。

暑い本場ラオスで飲むビアラオ、最高です★

ぐびぐび飲みながら待っていると、お料理が運ばれてきました!

ワット・プー 【タイ・ラオス③】ラープ・ガイ(25,000K)

ワット・プー 【タイ・ラオス③】お肉は大きめ

 

こちらは、「ラープ・ガイ」

「ラープ」は、鶏や豚、牛などの挽肉をミントやこぶみかんの葉などのハーブや野菜、煎り米粉と和え、魚醤やライム、唐辛子で味付けしたサラダ。「ガイ」は鶏肉のことです。

日本のタイ料理屋さんやラオス料理店で食べたラープは、挽肉が使われていることが多かったのですが、このお店のラープのお肉はかなり大きめ。

個人的には挽肉タイプの方が好みなのですが、大きめのお肉のラープもなかなか美味いなと思いました。

もち米のカオニャオとも、もちろんビアラオとも相性抜群です★

ワット・プー 【タイ・ラオス③】タムマークフン(20,000K)

 

こちらは、「タムマークフン」

タイ料理で有名な「ソムタム」は、このタムマークフンがタイに伝わったものであるとのこと。

ソムタムとの違いは、ソムタムが味付けにナンプラー(魚醤)を使うのに対し、タムマークフンは「パデーク」という溜り魚醤が使われているというところ。

強烈な発酵臭のある「パデーク」が、深みのある味を作り出していて旨いです★

シャキシャキした青パパイヤとピーナッツの食感も最高!

これまた、カオニャオともビアラオとも相性抜群♪

ただし、ラープもそうですが、このタムマークフン、かなり辛かったです(汗)

ワット・プー 【タイ・ラオス③】ラープ・ガイ、タムマークフン、カオニャオ

 

ラープ・ガイ、タムマークフン、カオニャオ。そして、ビアラオ。

大満足ラオス料理セットです★

本当は、ラオス風生ハム「ソム・ムー」やラオス風ソーセージ「サイウア」なんかもいただきたかったのですが、これでお腹いっぱい!

ワット・プー 【タイ・ラオス③】スムージーのメニュー

 

食後、辛いお料理をいただいたせいか、甘い飲み物が欲しくなったので、フレッシュフルーツのスムージーを注文することにしました。

ワット・プー 【タイ・ラオス③】マンゴーのスムージー

 

頼んだのはマンゴーのスムージー。

フルーティーで濃厚なマンゴー感がいい感じ。

チリの辛さで熱くなったお口を見事にクールダウンしてくれました♪

ワット・プー 【タイ・ラオス③】明るく開放的な店内

 

お会計は、合計で63,000K(773円)

満足のディナーとなりました★

 

ラオス南部の町パクセーのメインストリート沿いにある人気レストラン『ダオリン(Daolin)』

トリップアドバイザーでパクセー1位なのも納得!

お洒落で快適な雰囲気の中、美味しいラオス料理をリーズナブルにいただけるお店です。

ちなみに、『ダオリン』では、ラオス料理だけでなく、ハンバーガーやパンケーキ、パスタなどの西洋料理も豊富です(だから、欧米人客が多いのかも)。


◆『ダオリン・レストラン・カフェ(Daolin Restaurant Cafe)』

住所:13, Pakse, ラオス
営業時間:6:00~22:30