♪ ジョン・マクラフリン/リメンバー・シャクティ(John McLaughlin)

シャクティ エスニック音楽
♪ ジョン・マクラフリン/リメンバー・シャクティ(John McLaughlin)
記事内に広告が含まれています。

天才イギリス人ギタリスト、ジョン・マクラフリンとインド人の最高のミュージシャンたちが合体したグループ、「マハヴィシュヌ・オーケストラ」の1998年のライブアルバム「リメンバー・シャクティ(Remember Shakti)」です。

これは本当にすごい作品です。

スポンサーリンク

インド最高の音楽家たちとイギリス人天才ギタリストのセッション

構成はギタージョン・マクラフリン

タブラ(インドの太鼓)がザキール・フセイン

ガタム(壺)がT・H・ヴィナヤカラム

タンプーラ(インドの伴奏楽器)がウマ・メーサ

ゲストで、バンスリ(インドの笛)のハリプラサド・チョウラシアが参加しています。

 

マクラフリンはカルロス・サンタナやマイルス・デイビスなどとも共演した世界有数のギタリスト。

彼はインド音楽に相当傾倒しているようで、「マハヴィシュヌ」とは、彼のホーリーネームだそうです。

天才の名を欲しいままにしているマクラフリンですが、そのマクラフリンのスーパーテクニックに引けを取らぬほど、インド人ミュージシャンたちの演奏が凄い!

特にタブラのザキール・フセインのテクニックには圧倒されます。

ザキールは、インド最高のタブラ使いで、その超絶技巧は人間業とは思えないほどです。

タブラは高音のタブラと低音のバヤンという2つの太鼓がセットになったもので、世界で最も複雑な太鼓だといわれています。それを両手で叩くのですが、もうマシンガンのようです。

ガタムはインドにある普通の壺です。壺を叩いて楽器にしているのです。

ガタムを叩くヴィナヤカラムも天才です。ザキールに負けず劣らずの乱れ打ち。凄まじいです。

「インド音楽は数学のようだ」という話を聞いたことがあります。

インドの古典音楽は、とても精緻な理論体系を持っていて、そのルールに則って演奏が行われるそうです。

与えられたテーマ(ラーガ)に基づき、輪廻のような一定のリズム周期の繰り返し(ターラ)の中で、演奏家はそれぞれの個性やその時の気分を演奏に盛り込んでいきます。

適当に乱れ打っているように見えて、実は全て理論に則った演奏なのでしょうね。

 

インド音楽はジャズに似ているという話も聞きました。

アドリブが多いらしく、演奏はその時その時で全く違ったものになるのだそうです。

リードする楽器(シタールやギターなど)が、メロディーのさわりを弾き始める。

すると、それがどのラーガに相当するかをタブラやガタムなどが瞬時に了解し、該当するラーガに則った演奏を始める。

アドリブの自由さと緻密に計算された音の法則性。

それがインド伝統音楽の魅力なのかもしれません。

 

よくライブでシタール(インドの弦楽器)やギター、バイオリンなどのメロディーとタブラが、最初はぴったり合っているのですが、徐々に音がずれていくことがあります。

そして、そのずれが大きくなっていき、そのうちまた、元の状態にぴったりと合わさる。

そんな時、観客から大喝采が起こります。

緻密に構成されたリズムが逸脱し、また再びかっちりと戻る。

これは聴いていて本当に興奮させられます。

 

数年前、このリメンバー・シャクティが来日した時、見に行きましたが、それはそれは素晴らしいものでした。

これは世界最高峰の音楽のひとつと言っていいのではないでしょうか?

それほど凄いものです。

スポンサーリンク

♪インド音楽

♪ ジョン・マクラフリン/リメンバー・シャクティ(John McLaughlin)
天才イギリス人ギタリスト、ジョン・マクラフリンとインド人の最高のミュージシャンたちが合体したグループ、「マハヴィシュヌ・オーケストラ」の1998年のライブアルバムです。これは本当にすごい作品です。
♪ヌスラット・ファテ・アリ・ハーン(Nusrat Fateh Ali Khan)法悦のカッワーリー
イスラム神秘主義宗教歌「カッワーリー」の伝説、ヌスラット・ファテ・アリ・ハーンです。20世紀を代表するカッワーリーの歌い手として、パキスタン・インドでは伝説的な存在とみなされています。
♪サッチャル・ジャズ(Sachal Jazz)ジャズ&ボサノヴァの名曲を北インド古典音楽風に
パキスタン北部、パンジャーブ州ラホールにスタジオを持つ、北インド古典楽器&ストリングスオーケストラのグループ「サッチャル・ステューディオズ・オーケストラ」。彼らの手により、ジャズの名曲「テイク・ファイブ」やボッサの定番中の定番「イパネマの娘」は、インド音楽になってしまいました。
♪パンジャビMC(The Album)UKで生まれたバングラ&ヒップホップ
インドのパンジャブ地方の伝統音楽「バングラ」とヒップホップやダンスミュージックなどを融合させた「バングラ・ビート」。「パンジャビMC」は、ヨーロッパにおける「バングラ・ビート」ブームを牽引したアーティストのひとりです。「ムンディアン・ト・バティ・ケ」は、各国のチャートを賑わしたモンスターチューンです。
「天上のリズム」グランドフィナーレ鑑賞♪(南インド古典音楽)@西葛西
2016年4月17日(日)、江戸川区西葛西で、南インド古典音楽(カルナータカ音楽)の公演、「天上のリズム」グランドフィナーレが開催されました?南インド音楽で使われる素焼きの壷の楽器「ガタム」、その最高の奏者として世界的に知られている人物が「ヴィックゥジー」こと、「ヴィックゥ・ヴィナーヤクラーム」です。
♪インドの竹笛バーンスリーの当代最高峰奏者「ラケーシュ・チョウラシア」来日公演
インドの竹笛バーンスリーの最高の奏者でインドの人間国宝でもある「ハリプラサード・チョウラシア」。そのハリプラサードを叔父に持ち、現在、次世代北インド古典音楽の旗手として世界的に名高い「ラケーシュ・チョウラシア」の来日公演が先日行われたので鑑賞してきました♪
♪カウシキ・チャクラバルティ・デシカン/ライブ・アット・サプタクフェスティバル
「カウシキ・チャクラバルティ・デシカン」は、現在、インド古典声楽家の中では一番注目されている一人と言えます。彼女の稀有なところは、北のヒンドゥスターニ音楽と、南のカルナタカ音楽の両方をレパートリーとして持つということです。
南インド古典音楽公演「Shri Delhi R.Sridhar」♪(スペース・オルタ in 新横浜)
南インドの古典音楽のアンサンブル。インドのヴァイオリン奏者「Delhi R.Sridhar」の公演を鑑賞しましたー♪ ゆっくりとした旋律から次第にテンポを速め始めるヴァイオリン。ムリダンガムやガタム、モールシンが、ヴァイオリンの旋律に呼応したリズムを交互に叩いていきます。
インド古典音楽、若手実力派声楽家「モーシン・アリ・カーン」来日公演♪
日本ではなかなか耳にすることのないインドの声楽。若手実力派声楽家「モーシン・アリ・カーン」「Mohsin Ali Khan」の来日公演を鑑賞しましたー♪会場は、浅草のアサヒアートスクエア。今回の来日では、都内を中心に6回の公演が行われ、この浅草の公演は初日となりました。
「ソング・オブ・ラホール」&”サッチャル・ジャズ”東京JAZZ公演♪【映画】
「スウィングしなけりゃ”あと”がない!」パキスタンの伝統楽器を使ってジャズを演奏する「サッチャル・ジャズ・アンサンブル」の映画「ソング・オブ・ラホール」のレビューと、東京JAZZフェスティバルで行われた来日公演の様子をご紹介します。映画もライブも最高です!
インド古典音楽鑑賞(シタール&タブラ)【音の雫 in 西荻窪】
北インドを代表する弦楽器「シタール」と、太鼓「タブラ」。北インド古典音楽の王道の組み合わせです。久々にシタールの生演奏を聴きたいな〜と思っていたろころ、西荻窪のLIVEスペースで演奏が行われるというので、行ってみました♪

コメント