海外旅行の絵⑤(グアテマラ・インド・ラトビア.etc)

海外旅行の絵⑤(インド・キューバ・中国.etc)エスニックな旅
海外旅行の絵⑤(インド・キューバ・中国.etc)

海外旅行の絵をご紹介します。グアテマラインドラトビアクロアチアパキスタンイエメンザンジバルウズベキスタンネパールキューバトルコメキシコギリシャ、中国、ペルースリランカミャンマーリトアニア、アイルランドの絵です。スケッチブックに描いた小さな絵(161×225 or 142×185)で、水彩(一部、色鉛筆、サインペンあり)です。絵は現地でスケッチ、もしくは自分で撮った写真をスケッチして描きました。

チチカステナンゴの市場(グアテマラ)
チチカステナンゴの市場(グアテマラ)

チチカステナンゴにあるムニシパル市場は町随一の青果市場です。野菜や果物、売り子や買い物客のウィピルの色で場内はとってもカラフル♪

チチカステナンゴの市場の記事はこちら

カライクディのリキシャ(インド)
カライクディのリキシャ(インド)

チェッティナード地方の中心都市カライクディ。町中にはかつての邸宅に残された雑貨や食器を扱うアンティークショップがいくつもあります。

カライクディの記事はこちら

リガ中央駅(ラトビア)
リガ中央駅(ラトビア)

ラトビアのリガの駅にある郵便局は朝からオープン。この町にある工房で購入したクリッパンのブランケットを郵送しました。

リガの記事はこちら

インディアン・コーヒー・ハウス(インド・トリヴァンドラム)
インディアン・コーヒー・ハウス(インド・トリヴァンドラム

トリヴァンドラムの駅前にある、貝のような螺旋の建物が有名な軽食堂「インディアン・コーヒーハウス」。マサラ・ドーサをいただきました。

トリヴァンドラムの記事はこちら

ザグレブ中央駅(クロアチア)
ザグレブ中央駅(クロアチア)

スロベニアのリュブリャナから列車でクロアチアのザグレブへ向かいました。新古典主義様式で造られたザグレブ駅舎の外観はなかなかの立派さ。

リュブリャナ〜ザグレブの記事はこちら

フンザ(パキスタン)
フンザ(パキスタン)

パキスタン北部、カラコルムハイウェイ沿いにあるフンザの村カリマバード。遠くの白峰は7,788mのラカポシ。真ん中を流れるのはインダス川。

フンザの記事はこちら

シバーム(イエメン)
シバーム(イエメン)

ワディ・ハドラマウトの中心都市サユーンから車で西へ進むと、砂漠の中に忽然と巨大なビル群が姿を現します。砂漠の摩天楼都市シバームです。

シバームの記事はこちら

ストーンタウンの海岸(タンザニア・ザンジバル島)
ストーンタウンの海岸(タンザニア・ザンジバル島)

タンザニアの沖合いにある島ザンジバルの海岸です。小さな砂浜と船着場があり、漁船や近海の島々へとアクセスする小舟が並んでいました。

ストーンタウンの記事はこちら

タージ・マハルの夕陽(インド・アグラ)
タージ・マハルの夕陽(インド・アグラ

夕暮れ時、自転車でヤムナー川畔へ行きました。そこで見た光景。言葉を失いました。夕焼け空に浮かび上がるタージマハルのシルエットです。

タージマハルの記事はこちら

ラダックのバス(インド)
ラダックのバス(インド)

デリーから2日半。バスでラダックへと向かいました。延々と続くつづら折りの道。最高所5,317mの峠を越えたり、バスのタイヤがパンクしたり。

ラダックのバス旅の記事はこちら

カラーン・ミナレット(ウズベキスタン・ブハラ)
カラーン・ミナレット(ウズベキスタン・ブハラ

古都ブハラのシンボル、高さ46mのカラーン・ミナレット。街を壊滅したチンギス・ハーンですが、この塔だけは壊さずに残したそうです。

ブハラの記事はこちら

デリーのリキシャ(インド)
デリーのリキシャ(インド)

インドの首都デリーではオートリキシャを使って観光。毎回の値段交渉が面倒くさいですが、どこに居ても捕まえられます。

デリーの記事はこちら

パタン(ネパール)
パタン(ネパール)

首都カトマンズからバスで20分ほどの所にある古都パタン。町の中心、ダルバール広場は東アジア風の木造建築が建ち並ぶ美しい広場です。

パタンの記事はこちら

ゲバラの肖像(キューバ・ハバナ)
ゲバラの肖像(キューバ・ハバナ

ハバナの革命広場にある内務省の建物にはチェ・ゲバラの肖像が描かれています。国民のカリスマ、ゲバラの肖像は国じゅうで見掛けました。

ハバナの記事はこちら

ヴァレンス水道橋(トルコ・イスタンブール)
ヴァレンス水道橋(トルコ・イスタンブール

イスタンブールは4世紀末から15世紀半ばまで東ローマ帝国の首都でした。ヴァレンス水道橋は378年ヴァレンス帝時代に完成した水道橋です。

イスタンブールの記事はこちら

ティオティワカン遺跡(メキシコ)
テオティワカン遺跡(メキシコ)

テオティワカンの太陽のピラミッドの上から眺めた月のピラミッドです。建造されたのは紀元1世紀。メキシコ盆地で最大のピラミッドです。

テオティワカンの記事はこちら

イアの夕陽(ギリシャ・サントリーニ島)
イアの夕陽(ギリシャ・サントリーニ島

夕暮れ時、サントリーニ島のイアで見た夕陽。夕陽が沈むにつれ、教会の青ドームも、街中を埋め尽くす白壁も、その色合いを濃くしていきます。

サントリーニ島の記事はこちら

サンティアゴ・デ・クーバ(キューバ)
サンティアゴ・デ・クーバ(キューバ)

キューバ革命発祥の地、坂の多いサンティアゴ・デ・クーバの街をぶらぶら歩き。この町はキューバの伝統音楽「ソン」発祥の地でもあります。

サンティアゴ・デ・クーバの記事はこちら

豫園商城の夜(中国・上海)
豫園商城の夜(中国・上海

かつて上海城の城下町だったところにある豫園商城は、上海屈指の観光名所。金色にライトアップされた建物と無数の赤い提灯が煌びやか。

豫園の記事はこちら

チチカカ湖とトトラ船(ペルー・ウロス島)
チチカカ湖とトトラ船(ペルー・ウロス島)

アンデス高地にあるチチカカ湖にはトトラという葦で出来た島(ウロス島)がいくつも浮かんでいます。大きな島には学校や教会もあるとのこと。

チチカカ湖の記事はこちら

ゴールのリキシャ(スリランカ)
ゴールのリキシャ(スリランカ)

スリランカの市内の主要交通手段はトゥクトゥク。インドのリキシャと違って、赤、緑、青、黄、白などカラフルです。

ゴールの記事はこちら

ポッパ山(ミャンマー)
ポッパ山(ミャンマー)

バガン南東のポッパ山の斜面にある岩峰タウン・カラッは、ミャンマーの土着信仰である「精霊ナッ信仰」の総本山。多くの参拝者が訪れます。

ポッパ山の記事はこちら

ビリニュス大聖堂(リトアニア)
ビリニュス大聖堂(リトアニア)

夜のビリニュスの大聖堂。この大聖堂の鐘塔の近くに、200万人の人が手を繋いだ「バルトの道」と呼ばれるデモ運動の起点の礎石があります。

ビリニュスの記事はこちら

ゴールウェイの海岸(アイルランド)
ゴールウェイの海岸(アイルランド

ゴールウェイの海岸のコリヴ川の河口には無数の白鳥がいました。港からは最果ての島「アラン諸島」への連絡船が出ています。

ゴールウェイの記事はこちら