オールド・マーケット(シェムリアップ・カンボジア)【市場・バザール】

オールド・マーケット(シェムリアップ・カンボジア)【市場・バザール】

シェムリアップの市場 世界の市場
記事内に広告が含まれています。

その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!

市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。

今回の市場は、カンボジアシェムリアップにある「オールド・マーケット

スポンサーリンク

アンコール・ワットに来たら立ち寄りたい、街の中心にある賑やかなマーケット

シェムリアップの町

アンコール遺跡群の拠点の町「シェムリアップ」

この町の中心の一番賑やかな場所に位置するのが「オールド・マーケット」です。

他のアジアの市場と同じく、この「オールド・マーケット」も本当に賑やか!

人々の活気に満ち溢れていましたー。

シェムリアップの市場

市場でよく売られているのが魚。

特に、干し魚や干しエビ、発酵した魚のペースト「プラホック(ប្រហុក)」、発酵させたエビやアミのペースト「カピ(កាពិ)」「トゥック・トレイ(ទឹកត្រី)」というカンボジアの魚醤などのニオイが強烈!

シェムリアップの市場

トンレサップ湖で獲れた川魚でしょうか。

魚の干物がたくさん売られています。本当に強烈なニオイです。

シェムリアップの市場たくさんのナマズ

シェムリアップの市場鶏肉など肉類も豊富

シェムリアップの市場ズラリと並べられた鳥の足

シェムリアップの市場活きの良い川魚を売るお姉さん

 

写真は撮っていないですが、魚や肉だけでなく、野菜や果物、穀物類やスパイス、生活雑貨などもたくさん売られていました。

ちょっとフルーツを食べたいなと思った時は、この市場に来て、バナナとかドラゴンフルーツなどを少し買って、宿で切って食べたりしていました♪

シェムリアップの市場魚を捌く男性

シェムリアップの市場ココナッツブレッド売り

シェムリアップの「オールド・マーケット」の周囲には外国人観光客が宿泊するホテルや、よく利用するレストランなどが並んでいるため、この市場には多くのツーリストが訪れます。

そのため、市場には外国人向けの土産物屋もたくさん。

購入するときは、お店の人との値段交渉が必要ですが、そのやり取りもなかなか楽しいひとときです。

訪問したのは2003年のことですが、現在では土産物屋の数が次第に多くなってきていて、地元の人は郊外にある「プサー・ルー」というマーケットをメインに利用するようになっているのだとか。

スポンサーリンク

オールド・マーケットMAP

スポンサーリンク

関連記事

ニャウンウー・マーケット(ニャウンウー・ミャンマー)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ミャンマー、ニャウンウーの「ニャウンウー・マーケット」
ボーヂョーアウンサン・マーケット(ミャンマー・ヤンゴン)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ミャンマー、ヤンゴンにある「ボーヂョーアウンサン・マーケット」
ガ・モン・プイン(GMP)ショッピングモール(ヤンゴン・ミャンマー)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ミャンマー、ヤンゴンの「ガ・モン・プイン(GMP)ショッピングモール」
パサール・ブリンハルジョ(ジョグジャカルタ・インドネシア)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、インドネシア、ジョグジャカルタの「パサール・ブリンハルジョ」
パサール・イカン(ジャカルタ・インドネシア)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、インドネシア、ジャカルタの「パサール・イカン」
オールド・マーケット(シェムリアップ・カンボジア)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、カンボジア、シェムリアップにある「オールド・マーケット」
セントラル・マーケット(プノンペン・カンボジア)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、カンボジア、プノンペンにある「セントラル・マーケット」
バックハーのサンデーマーケットへ【ベトナム】
サパ2日目は日曜日。今日は、バックハーのサンデーマーケットに行くツアーに参加します。ツアーは7時半出発なので、今日も早起き。朝食付きだったので、ホテルのレストランで朝食をとります。
ペニンシュラ・プラザ(リトル・ヤンゴン)シンガポール【市場・バザール】
シンガポールで働く外国人労働者の数は約130万人程度。そのうちの約1割弱、約15万人がミャンマー人だと言われています。シンガポール在住のミャンマー人のたまり場として、よく知られているのが「ペニンシュラ・プラザ」、通称「リトル・ヤンゴン」です。
ゴールデンマイル・コンプレックス(リトル・バンコク)シンガポール【市場・バザール】
シンガポールで働く外国人労働者の数は約130万人程度。タイ人労働者は約1万5,000人程度だと言われています。シンガポール在住のタイ人のたまり場として、よく知られているのが「ゴールデンマイル・コンプレックス」、通称「リトル・バンコク」です。
ラッキー・プラザ(リトル・マニラ)シンガポール【市場・バザール】
シンガポールに在住するフィリピン人は約12万人。その多くが出稼ぎ労働者で、特にメイドの数が多く、約8万人のフィリピン人メイドが働いているのだとのこと。シンガポール在住のフィリピン人のたまり場として、よく知られているのがオーチャードにある「ラッキー・プラザ」、通称「リトル・マニラ」です。
何でも揃うスーパーマーケット「ムスタファ・センター」@リトル・インディア【シンガポール】
シンガポール、リトル・インディアにある「ムスタファ・センター(Mustafa Centre)」。ここは、24時間営業のショッピングセンターで、生活雑貨や食品、衣類、おみやげなど、なんでも揃う巨大スーパーです。特にインド製品が充実していて、スパイスやインドのコスメなど、興味深い商品がたくさんあります♪
ごちゃごちゃ感が楽しい!「ワロロット市場」【タイ・チェンマイ】
ワロロット市場は、100年以上続いているチェンマイ最大の市場です。食品、衣料品、生活雑貨など、たくさんの物が溢れていて、地元民や観光客で賑わっています。ワロロット市場の通りを挟んで向かいには、ホーロー食器のキッチン用品などが売られているトンラムヤイ市場もあるので、ワロロット市場とセットで楽しむことができます。
ウィークエンドマーケット「チャトチャック市場」でタイの青白陶器を購入!【タイ・バンコク】
毎週土日に開催される、バンコクの巨大ウィークエンドマーケット『チャトチャック市場』。狭い通路の両脇には、お店が所狭しとたくさん並んでいて、ゆっくり見ようと思ったら一日では足りないほどです。今回の目的は、タイの青白陶器(パイナップル柄)の食器を買うことです!

コメント