♪ヌスラット・ファテ・アリ・ハーン(Nusrat Fateh Ali Khan)法悦のカッワーリー

♪ヌスラット・ファテ・アリ・ハーン(Nusrat Fateh Ali Khan)法悦のカッワーリー

エスニック音楽
記事内に広告が含まれています。

パキスタンの宗教歌「カッワーリー」の歌い手、ヌスラット・ファテ・アリ・ハーン( ヌスラト・ファテー・アリー・ハーン)の歌唱です。

スポンサーリンク

イスラム神秘主義宗教歌「カッワーリー」の伝説、ヌスラット・ファテ・アリ・ハーン(نصرت فتح علی خان:Nusrat Fateh Ali Khan)

「カッワーリー」とは、イスラム神秘主義(スーフィズム)と深い関係にある宗教歌謡。

主にパキスタンとインドを中心に歌われる歌謡です。

正統派のイスラムでは、歌謡は禁ずる傾向がありますが、むしろそれを積極的に修行の中に取り入れようとしたのがスーフィーです。

 

カッワーリーは主にダルガー(聖者廟)の中で演奏されます。

繰り返されるリズムと神秘的なメッセージの歌によって神と合一することを目的とした音楽なのです。

けれども、現在のパキスタンではカッワーリーは大衆音楽として大きな人気を博しているようです。

このヌスラット・ファテ・アリ・ハーン(パキスタン・パンジャーブ州ファイサラーバード出身)は、1997年に既に他界していますが、20世紀を代表するカッワーリーの歌い手として、パキスタン・インドでは伝説的な存在とみなされています。

また、ヌスラットは西洋にカッワーリーを知らしめた人物としても有名です。

元ジェネシスのピーター・ガブリエルに見出された彼は、ハリウッド映画のサウンドトラックをいくつも手掛けるなど、インドのラヴィ・シャンカルなどと同様に世界を股に掛けて活躍しました。

 

カッワーリーの基本構成は、メインヴォーカルハルモニウム(小型のオルガン)太鼓です。

3人から10人ほどで演奏されます。

インド古典音楽のラーガに似ていて、基本的な旋律や音階に基づき、その場その場で即興で演奏するスタイルです。

また、カッワーリーでは、メロディーやリズムとともに神秘詩が重要な役割を果たしています。

歌詞には、ハムド(唯一神アッラーを称える賛歌)、ナート(預言者ムハンマドを称える賛歌)、マンカバト(スーフィー聖者を称える賛歌)があり、この順番で歌われるそうです。

 

ヌスラット・ファテ・アリ・ハーンは、「カッワーリー」の分野において、最も多くのアルバムをリリースした人物として知られています。

アルバムの総数は125を数えるそうです。

スポンサーリンク

♪インド音楽

♪ ジョン・マクラフリン/リメンバー・シャクティ(John McLaughlin)
天才イギリス人ギタリスト、ジョン・マクラフリンとインド人の最高のミュージシャンたちが合体したグループ、「マハヴィシュヌ・オーケストラ」の1998年のライブアルバムです。これは本当にすごい作品です。
♪ヌスラット・ファテ・アリ・ハーン(Nusrat Fateh Ali Khan)法悦のカッワーリー
イスラム神秘主義宗教歌「カッワーリー」の伝説、ヌスラット・ファテ・アリ・ハーンです。20世紀を代表するカッワーリーの歌い手として、パキスタン・インドでは伝説的な存在とみなされています。
♪サッチャル・ジャズ(Sachal Jazz)ジャズ&ボサノヴァの名曲を北インド古典音楽風に
パキスタン北部、パンジャーブ州ラホールにスタジオを持つ、北インド古典楽器&ストリングスオーケストラのグループ「サッチャル・ステューディオズ・オーケストラ」。彼らの手により、ジャズの名曲「テイク・ファイブ」やボッサの定番中の定番「イパネマの娘」は、インド音楽になってしまいました。
♪パンジャビMC(The Album)UKで生まれたバングラ&ヒップホップ
インドのパンジャブ地方の伝統音楽「バングラ」とヒップホップやダンスミュージックなどを融合させた「バングラ・ビート」。「パンジャビMC」は、ヨーロッパにおける「バングラ・ビート」ブームを牽引したアーティストのひとりです。「ムンディアン・ト・バティ・ケ」は、各国のチャートを賑わしたモンスターチューンです。
「天上のリズム」グランドフィナーレ鑑賞♪(南インド古典音楽)@西葛西
2016年4月17日(日)、江戸川区西葛西で、南インド古典音楽(カルナータカ音楽)の公演、「天上のリズム」グランドフィナーレが開催されました?南インド音楽で使われる素焼きの壷の楽器「ガタム」、その最高の奏者として世界的に知られている人物が「ヴィックゥジー」こと、「ヴィックゥ・ヴィナーヤクラーム」です。
♪インドの竹笛バーンスリーの当代最高峰奏者「ラケーシュ・チョウラシア」来日公演
インドの竹笛バーンスリーの最高の奏者でインドの人間国宝でもある「ハリプラサード・チョウラシア」。そのハリプラサードを叔父に持ち、現在、次世代北インド古典音楽の旗手として世界的に名高い「ラケーシュ・チョウラシア」の来日公演が先日行われたので鑑賞してきました♪
♪カウシキ・チャクラバルティ・デシカン/ライブ・アット・サプタクフェスティバル
「カウシキ・チャクラバルティ・デシカン」は、現在、インド古典声楽家の中では一番注目されている一人と言えます。彼女の稀有なところは、北のヒンドゥスターニ音楽と、南のカルナタカ音楽の両方をレパートリーとして持つということです。
南インド古典音楽公演「Shri Delhi R.Sridhar」♪(スペース・オルタ in 新横浜)
南インドの古典音楽のアンサンブル。インドのヴァイオリン奏者「Delhi R.Sridhar」の公演を鑑賞しましたー♪ ゆっくりとした旋律から次第にテンポを速め始めるヴァイオリン。ムリダンガムやガタム、モールシンが、ヴァイオリンの旋律に呼応したリズムを交互に叩いていきます。
インド古典音楽、若手実力派声楽家「モーシン・アリ・カーン」来日公演♪
日本ではなかなか耳にすることのないインドの声楽。若手実力派声楽家「モーシン・アリ・カーン」「Mohsin Ali Khan」の来日公演を鑑賞しましたー♪会場は、浅草のアサヒアートスクエア。今回の来日では、都内を中心に6回の公演が行われ、この浅草の公演は初日となりました。
「ソング・オブ・ラホール」&”サッチャル・ジャズ”東京JAZZ公演♪【映画】
「スウィングしなけりゃ”あと”がない!」パキスタンの伝統楽器を使ってジャズを演奏する「サッチャル・ジャズ・アンサンブル」の映画「ソング・オブ・ラホール」のレビューと、東京JAZZフェスティバルで行われた来日公演の様子をご紹介します。映画もライブも最高です!
インド古典音楽鑑賞(シタール&タブラ)【音の雫 in 西荻窪】
北インドを代表する弦楽器「シタール」と、太鼓「タブラ」。北インド古典音楽の王道の組み合わせです。久々にシタールの生演奏を聴きたいな〜と思っていたろころ、西荻窪のLIVEスペースで演奏が行われるというので、行ってみました♪

コメント