♪メキシコ・ロック界の大御所「マナー(Maná)」の名曲「Mariposa traicionera」

マナー【音楽】 エスニック音楽
♪メキシコ・ロック界の大御所「マナー(Maná)」の名曲「Mariposa traicionera」
記事内に広告が含まれています。

メキシコのU2と言われることもあるメキシコ・ロック界の大御所「マナー(Maná)」

日本ではあまり知られていませんが、メキシコを始めラテン・アメリカでは有名なバンドで、これまでのアルバムの総販売枚数は全世界で4000万枚以上!

世界で最も成功したラテン・アメリカのバンドと言われています。

 

「マナー(Maná)」は、マリアッチの故郷でもあるハリスコ州グアダラハラ出身。

メンバーは、ヴォーカルの「Fher Olvera(フェル・オルベラ)」、ギターの「Sergio Vallín(セルヒオ・バジン)」、ドラムの「Alex González(アレックス・ゴンサレス)」、ベースの「Juan Diego(フアン・ディエゴ)」の四人です。

1987年、1stアルバム「Maná」でメジャーデビューを果たした彼らは、2ndアルバム「Falta Amor」(1990年)に収録されたファーストシングル「Rayando El Sol」が大ヒット!

一躍スターダムにのし上がります。

1992年にリリースした3rdアルバム「Donde Jugaran Los Ninos」は、「Vivir Sin Aire」「Oye Mi Amor」「Como Te Deseo」などヒット曲を連発し、アルバムは全世界で300万枚の売り上げ、スペイン語のロック・アルバムとしては世界最高のヒット作となりました。

1999年には、アルバム「Sueños Líquidos」で、グラミー賞のベスト・ラテン・ロック・オルタナティブ・パフォーマンスを受賞。

名実ともに、メキシコが世界に誇るロック・バンドとなりました♪

スポンサーリンク

ラテン・アメリカ中で歌い続けられる「マナー(Maná)」の楽曲

このアルバム「Revolución de Amor」(愛の革命)は、2002年にリリースされたアルバム。

日本盤がリリースされていないどころか、英語盤、スペイン語盤も日本では探すのが困難なほど日本では知られていませんが、このアルバムは、2003年のグラミー賞ベスト・ラテン・ロック・オルタナティブ・アルバムを受賞した傑作アルバム。

アメリカのビルボードのチャートで22位まで上昇し、ビルボードのトップ・ラテン・アルバム、ラテン・ポップ・アルバムのチャートではそれぞれ1位を獲得。

メキシコ、アメリカでそれぞれ50万枚、アルゼンチンでも28万枚の売り上げを記録したヒット作です。

Maná – Mariposa traicionera

 

上の動画は、「Revolución de Amor」(愛の革命)収録のマナーの代表曲のひとつ「Mariposa traicionera」(裏切りの蝶)です。

歌詞の内容は、ひらひらと花から花へと舞移る蝶のような女性について歌った歌であるよう。

メロディーがとても美しく、大好きな曲です。

 

この曲、2003年頃、ペルーやボリビアを旅行していた時、街の方々で流されていました。

誰の曲なのかな?と思い、ラパスのCD屋で曲を口ずさみつつ聞いたところ、メキシコの「マナー」というバンドの曲であるとのこと。

 

その後、しばらくしてキューバに行った時、再びこの曲に出会いました。

キューバの伝統音楽「ソン」発祥の地「サンティアゴ・デ・クーバ」にある伝説的なライブハウス「カサ・デ・ラ・トローバ」で、バンドがこの曲を演奏していたのです(その時の動画は↓)。

ラテン・アメリカの国々で歌い続けられるこの曲「Mariposa traicionera」(裏切りの蝶)

ラテン・アメリカの人々の感性にピッタリとマッチした曲なのでしょうね。

 

「カサ・デ・ラ・トローバ」についてはこちら→キューバ音楽「ソン」のふるさと「サンティアゴ・デ・クーバ」へ【キューバ】

Mana – Angel de amor

 

こちらは、アルバム「Revolución de Amor」(愛の革命)に収められたヒット曲のひとつ「Angel de amor」(愛の天使)

メキシコの音楽的要素の強い「Mariposa traicionera」(裏切りの蝶)とは違って、この「Angel de amor」(愛の天使)は、欧米のロック的な曲です。

Maná – Eres mi religión

 

こちらもシングル・ヒット曲「Eres mi religión」

この曲もポップ&ロックな曲。ヴォーカルの「Fher Olvera(フェル・オルベラ)」の味のある独特な歌声がなかなか良いです。

Santana – Corazon Espinado ft. Mana

 

これは、カルロス・サンタナの1999年のアルバム「SUPERNATURAL」に収録されている楽曲「Corazon Espinado」

この曲は、マナーがフィーチャリングされた楽曲で、マナーのヴォーカリストである「Fher Olvera(フェル・オルベラ)」が作曲とヴォーカルを担当しています。

サルサな感じのリズムに、フェル・オリベラの歌声、そして、さすが!という感じのサンタナのギターが素晴らしい曲。

 

メキシコでは、ランチェラやコリード、ノルテーニョ、グルペーラなどの伝統音楽を始め、プエルトリコのサルサやレゲトン、コロンビアのクンビア、キューバのソン、ボレロなど様々な音楽が聴かれていますが、ポップスやロックもなかなかのもの。

メキシコ・ロック界の大御所「マナー(Maná)」の楽曲、なかなか聴き応えのある音楽です♪

スポンサーリンク

♪ラテンアメリカ音楽

♪セルジオ・メンデス(タイムレス)ブラジル音楽のメロディーとHipHopのリズムが融合
ブラジル音楽の巨匠「セルジオ・メンデス」が、2006年にリリースしたアルバム「タイムレス(Timeless)」 アメリカのヒップホップグループ「ブラック・アイド・ピーズ」の「ウィル・アイ・アム」を共同プロデューサーに迎え、ボサ・ノヴァとヒップホップの融合を図った意欲作です。
♪カルリーニョス・ブラウン(オムレツマン)サルヴァドール生まれのカリスマ
ブラジル黒人文化の中心地、バイーア州サルヴァドール。サンバやカーニバル発祥の地とも言われている町です。この町からはブラジルを代表する数多くのミュージシャンが生まれました。そんな「サルヴァドール」が生んだ現代の最高の才能のひとりが、この「カルリーニョス・ブラウン(Carlinhos Brown)」です。
♪ピットブル(ダーレ)ラテンなヒップホップスターのスパニッシュアルバム
アメリカ、フロリダ州マイアミ出身のラッパー「Pitbull(ピットブル)」。アルバム「DALE(ダーレ)」は、全曲スペイン語で歌う通算2作目のスパニッシュ・アルバム。中南米カリブのアーティストが勢ぞろいした、ラテンな雰囲気満点の、真夏にぴったりのノリノリのアルバムです。
♪システマ・ソラール(コロンビア音楽「クンビア」のデジタル&カラフルな進化形)
コロンビアで、今最高にアツいのがミュージックシーン。特にアンダーグラウンドの音楽シーンでは、コロンビアの伝統音楽「クンビア」をテクノ化した「デジタル・クンビア」が世界のフロアシーンを賑わすようになってきています。「システマ・ソラール」は、そんな中でも最も注目されているグループのひとつです。
♪システマ・ボム/エレクトロ・ハローチョ(メキシコの伝統音楽をハイブリッド化)
メキシコ東海岸、ベラクルス州発祥の音楽「ソン・ハローチョ」。スペインとアフロ・カリビアンの音楽がミックスされた伝統のアコースティック音楽です。この「ソン・ハローチョ」を現代的なエレクトリックを使ってハイブリッド化したのが、「システマ・ボム」のアルバム「エレクトロ・ハローチョ」です。
♪マーク・アンソニー(3.0)サルサの帝王、ラテン・アメリカのカリスマの最新アルバム
現在のサルサ界を代表する歌手、”サルサの帝王”こと「マーク・アンソニー」。全世界でのアルバム総セールス数は1,200万枚以上、グラミー賞を2度、ラテングラミー賞を5度も受賞しており、名実ともにラテン・ミュージック・シーンのトップに君臨するアーティストです。
♪ボブ・マーリー(レジェンド)/レゲエを世界に広めた”レゲエの神様”のベスト
ジャマイカ出身のレゲエミュージシャン「ボブ・マーリー」(Bob Marley)。”レゲエの神様”と呼ばれ、ミュージシャンのみならず世界中の数多くの人々に影響を与え、死後30年以上経った現在でも世界中でその楽曲が聴かれ続けているミュージシャン「ボブ・マーリー」の聴き応え満点のベスト盤♪
♪メキシコ・ロック界の大御所「マナー(Maná)」の名曲「Mariposa traicionera」
メキシコのU2と言われることもあるメキシコ・ロック界の大御所「マナー(Maná)」。日本ではあまり知られていませんが、メキシコを始めラテン・アメリカでは有名なバンドで、これまでのアルバムの総販売枚数は全世界で4000万枚以上。世界で最も成功したラテン・アメリカのバンドと言われています。
♪リリアナ・エレーロ(風の告白)アルゼンチンの大地を感じさせるハスキーヴォイス
「リリアナ・エレーロ」は、生まれ故郷であるアルゼンチンの伝統音楽「フォルクローレ」の名曲を、独自のアプローチによってモダンにアレンジして歌う女性シンガー。独特の歌い回しと深みのあるハスキー・ヴォイスが魅力的。アルゼンチンの大地の空気を感じさせてくれる音楽です。
♪ザ・ルーツ・オヴ・チーチャ〜ペルーのサイケデリック・クンビア(ユルさがたまらない!)
コロンビアのクンビアとアンデス先住民族の音楽、サーフ・ロックなどを融合してできたペルーの音楽「チーチャ」。このアルバムは、60~70年代にかけてペルーで大流行した知られざる音楽「チーチャ」を聴くことができる貴重なアルバムです。
♪ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(Buena Vista Social Club)
1996年、アメリカ人ギタリスト「ライ・クーダー」は、キューバを訪れます。そこで出会ったのが、1940、50年代に活躍していたキューバ音楽の老ミュージシャンたち。彼らの音楽に惚れ込んだクーダーは、彼らとともにバンドを結成、アルバムを世界に発表しました。それが、この「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」です。
♪ラ・グラン・レウニオン:ロス・グアルディアネス・デ・ラ・ムシカ・クリオーヤ/レナシミエント
ペルーの首都リマ、その下町「バリオ」で世に知れず受け継がれてきた「クリオーヤ音楽」。このアルバム「ラ・グラン・レウニオン:ロス・グアルディアネス・デ・ラ・ムシカ・クリオーヤ」は、その担い手であった古老たちを集めて2007〜8年に録音したプロジェクトの第1作目です。
ボゴタの壮大な夜景とコロンビア音楽「バジェナート」のライブ鑑賞♪
南アメリカ大陸北西部に位置する国「コロンビア」。夜は、ボゴタの街のパノラマを屋上から360度一望できるという「トーレ・コルパトリアビル」で夜景を眺め、コロンビアを代表するミュージシャン「カルロス・ビベス」の弟がオーナーのライブ・レストラン「ガイラ・カフェ」でライブを鑑賞します。

コメント