♪サリフ・ケイタ/モフー Moffou(Salif Keita)

サリフ・ケイタ、モフー【音楽】エスニック音楽
♪サリフ・ケイタ/モフー Moffou(Salif Keita)

西アフリカ、マリ出身のミュージシャン「サリフ・ケイタ」(Salif Keita)

1980年代後半、アフリカの伝統的音楽と現代的なポップ・ミュージックを融合させた「アフリカン・ポップス」がヨーロッパやアメリカでブームとなりました。

その旗手のひとりが、この「サリフ・ケイタ」です。

 

このアルバム「モフー」(Moffou )は、インターナショナル向けとしては、サリフの6作目の作品。

2002年に各国のワールドミュージックの賞を総ナメにし、彼のアルバムの中でも最高傑作の呼び声も高い、名作中の名作です。

スポンサーリンク

サリフ・ケイタの傑作アルバム「モフー」(Moffou )

Salif Keita & Cesaria Evora – Yamore

 

上の曲は、アルバムの1曲目「ヤモレ」(Yamore)

カボヴェルデの人気歌手「セザリア・エヴォラ」とデュエットする印象的なナンバーです。

ハイトーンの強烈なサリフの歌声と、落ち着いた雰囲気のセザリアの歌声の絡み。心地いいです★

切ない感じのアコーディオンのメロディーとバックヴォーカルのコーラスも素晴らしい♪

この1曲目からぐいぐいと引き込まれていきます!

スポンサーリンク

古代マリ帝国王家直系の子孫、アルビノとして生まれた「サリフ・ケイタ」

「サリフ・ケイタ」の出自はちょっと変わっています。

1949年、「サリフ・ケイタ」は、マリのジョリバで生まれました。

彼の父親は、13世紀に西アフリカ一帯を支配した古代マリ帝国の始祖「スンジャータ・ケイタ」の直系の血筋。名門の息子です。

しかし、王家の血筋として生まれたものの、彼は生まれつき肌の色の白い”アルビノ”でした。

西アフリカのある地域では、アルビノの子供は不吉な前兆であるという迷信が残っています。

そのため、サリフがアルビノであると知った父親は、彼と彼の母親を家から追い出してしまったのだそうです。

一族から追放同然の扱いを受け、その白い肌により社会からも迫害とも呼べる差別を受けたサリフの少年時代は貧しかったそうです。

王族の出身ながら学生時代はギターの弾き語りで日銭を稼ぐなどして生活していたのだとのこと。

 

そんな彼ですが、素晴らしい音楽の才能を持っていました。

1967年にミュージシャンを志して首都バマコに移り住むと、数々のバンドでフロント歌手として活躍し、次第に人気を獲得していきます。

1973年には「アンバサデュール」というバンドに移籍、「マンジュー」という曲を西アフリカ全体にヒットさせました。

1984年には、活動の拠点をフランスのパリに移し、1987年にインターナショナルデビュー作「ソロ」を発表。

カンヌ映画祭で審査員特別賞を受賞したマリ映画「ひかり」の主題歌を歌ったこともあり、一躍「アフリカン・ポップ」の旗手として世界的に注目されるようになります。

 

その後も現在に至るまで、クオリティーの高い作品をコンスタントに発表し続けている「サリフ・ケイタ」

「アフリカン・ポップ」の大スターとして、世界にアフリカ音楽を広めた功労者として、セネガルの「ユッスー・ンドゥール」らと並び、その人気は揺るぎないものとなっているのです。

Salif Keita – Madan (Original)

 

アルバムのハイライトの曲のひとつ、「マダン」(Madan)です。

「サリフ・ケイタ」は、これまでアフリカ伝統のポリリズムと欧米で生まれたエレクトリックサウンドを融合させた音楽を発表し続けてきたのですが、この「モフー」は、彼の初めてのアコースティックサウンドメインのアルバム。

これまでの作品以上に、彼の声と彼の生み出す哀愁を帯びた美しいメロディーラインが鮮明になった感じで、世界中で絶賛の嵐の評価を受けました。

 

この曲「マダン」も、アコースティック楽器を中心に演奏される曲なのですが、エレクトリックサウンドに負けないくらいのグルーブ感と疾走感!

マリの渇いた大地をイメージさせるような素晴らしい曲です。

Salif Keita – Iniagige

 

美しいギターの弾き語りが心地いいセルフカバー曲「イニァジジェ」(Iniagige)

テンポの良いエレクトリックバージョンも良いのですが、西アフリカっぽい乾いた哀愁を感じさせるこのアコースティックバージョンもかなり魅力的★

Salif Keita – Moussoolou

 

ダイナミックなグルーブ感と女性コーラスの歌声が見事な「ムソル」(Moussoolou)

ギターの奏でるメロディーラインが味わい深いです。

 

そして、この声!

「サリフ・ケイタ」の声はやっぱりすごいです★

一度聴いたら忘れられない、他のどの歌手とも違う、強烈でインパクトのある声です。

 

サリフ・ケイタの最高傑作「モフー」

西アフリカの大地と風を感じることのできる、お気に入り中のお気に入りの一枚です★

スポンサーリンク

♪アフリカ音楽

♪フェラ・クティ/ベスト・オブ・フェラ・クティ(Fela Anikulapo Kuti)
ナイジェリアのブラック・プレジデント、闘うアフロビート、「フェラ・アニクラポ・クティ」! 彼は音楽によって黒人の解放、アフリカの統一を訴え、腐敗したナイジェリア政府と戦い続けた闘士です。
♪オーケストラ・バオバブ/スペシャリスト・イン・オール・スタイルズ(Orchestra Baobab)
70年代のセネガルをリードしたアフロ・キューバンバンドが2001年に復活。オーケストラ・バオバブ/スペシャリスト・イン・オール・スタイルズ。オーケストラ・バオバブは、70年代から80年代にかけて西アフリカのセネガルで活躍したアフロ・キューバン・サウンドのバンドです。
♪コノノNo.1/墜落時体勢を取れ!!(Konono No.1)
キンシャサのストリート発!電気親指ピアノによる人力テクノ。コノノNo.1のアルバム「墜落時体勢を取れ!!」です。コノノNo.1は、アフリカ中央部の国、コンゴの首都キンシャサのストリートで生まれた、電気リケンベ(親指ピアノ)をメインとしたグループです。
♪トーマス・マプフーモ/ザ・シングル・コレクション(Thomas Mapfumo)
ジンバブエを代表するミュージシャン、トーマス・マプフーモのベスト盤「ザ・シングル・コレクション」。トーマス・マプフーモの音楽は「チムレンガ・ミュージック」といわれます。「チムレンガ」とはショナ語で「闘争」という意味です。
♪シェイク・ロー/バルバロウ Balbalou(Cheikh Lo)
遅咲きのすごい歌手、シェイク・ロー。「シェイク・ロー」は、1955年、セネガルの隣国ブルキナファソ第二の都市「ボボ・ディウラッソ」に生まれました。両親はセネガル人です。シェイク・ローの音楽は、ハイブリッドでバラエティーに富んでいるのが特徴です。
♪ランゴ/ザールの花嫁(rango/Bride of the Zar)
スーダン・コミュニティーの伝統楽器「ランゴ」が現代に復活!「ランゴ」は、エジプトの首都カイロで活動するスーダン伝統音楽のグループ。グループ名の「ランゴ」とは、スーダンの伝統鍵盤打楽器「ランゴ」からとられています。
♪サリフ・ケイタ/モフー Moffou(Salif Keita)
西アフリカ、マリ出身のミュージシャン「サリフ・ケイタ」のアルバム「モフー」(Moffou )。インターナショナル向けとしては、サリフの6作目の作品。2002年に各国のワールドミュージックの賞を総ナメにし、彼のアルバムの中でも最高傑作の呼び声も高い、名作中の名作です。
♪密林のポリフォニー/イトゥリの森ピグミーの音楽
アフリカ大陸の最深部「イトゥリの森」に住むピグミー族。ピグミー族は即興による複雑なポリフォニーによる高度な声楽で知られています。この「密林のポリフォニー」は、現地の「イトゥリの森」で彼らのリアルなチャントを録音したアルバム。人類学的に見ても貴重なレコードです。
♪現代のグリオ、ユッスー・ンドゥールの傑作「ナッシングス・イン・ヴェイン」
「ユッスー・ンドゥール」(Youssou N'Dour)は、西アフリカ、セネガルの国民的歌手であり、現代アフリカのポップミュージックを代表するミュージシャンです。2002年にリリースされたアルバム「ナッシングス・イン・ヴェイン」は、アフリカン楽器を前面に出した原点回帰とも言える作品となっています。
♪ショナ族のムビラ2(500年の伝統を持つジンバブエのミニマル・ミュージック)
アフリカ南東部の国ジンバブエに住む民族「ショナ族」の伝統民族楽器「ムビラ(Mbira)」の演奏を録音したアルバム「ショナ族のムビラ2 アフリカン・ミュージックの真髄2」。500年もの長い伝統を持ちながら、現代音楽的なモダンさを感じさせる「ムビラ」の音楽。とても魅力的です★
♪ジャン・ジャン(Djan Djan)【コラ、タブラ、スライドギター】
西アフリカのコラとインドのタブラ、そして、スライドギターの融合!西アフリカとインド、オーストラリア。異なるルーツを持った3人のミュージシャンによるコラボレート。アルバムのコピーに「美しきワールド・ミュージックの桃源郷」とありますが、本当に美しい音楽です。
ユッスー・ンドゥール!ダカールのクラブ・チョサンで観た白熱のライブ♪【セネガル】
ダカールでユッスー・ンドゥール(Youssou N'Dour)のライブを観ました!セネガルが生んだ世界的なミュージシャン「ユッスー・ンドゥール」。ユッスーは、世界で最も知られたアフリカのミュージシャンのひとりです。
セネガルの才人、「シェイク・ロー」来日公演♪(in 渋谷WWW)
西アフリカ、セネガルの才人「シェイク・ロー」。セネガル生まれのポップス「ンバラ」をベースとしつつ、独自の音楽世界を作り続けてきたワールドミュージック界のカリスマのひとりです。そんな彼が初来日!渋谷WWWで行われた「シェイク・ロー」来日公演の模様をお伝えします♪
♪ザンジバル音楽を堪能する in ダウ・カントリーズ・ミュージック・アカデミー【ザンジバル】
タンザニアの沖合に浮かぶザンジバル島でライブコンサートを鑑賞しました♪コンサートが行われたのは、旧市街「ストーンタウン」にある音楽学校「ダウ・カントリーズ・ミュージック・アカデミー」。鑑賞したのは、アフリカンドラム「ンゴマ」のグループと、アラブ音楽の影響を感じさせる「タアラブ」のグループの2つです★
♪現代アフロビート最高峰!シェウン・クティ&エジプト80公演を鑑賞 in ブルーノート東京
アフロビートの創始者であり、ナイジェリアの伝説的なカリスマ「フェラ・クティ」。その息子で現代アフロビートの最高峰と言われる存在が「シェウン・クティ」です。先日、ブルーノート東京でシェウン・クティとそのバックバンドであるエジプト80の公演が行われたので観てきました♪