中東料理(アラブ・トルコ・イラン料理)のおすすめメニューとお店をご紹介♪

広尾、ゼノビアエスニック料理
スポンサーリンク

中東料理のおすすめメニューをご紹介♪

アラビア半島や北アフリカトルコ、イランなどの地域は、かつてイスラム帝国やオスマントルコが支配したこともあり、共通した料理が多く見られます。

ひよこ豆など豆を多用し、オリーブオイルを使い、羊肉が主に食べられ、スパイスやハーブを使いながらも辛くなくヘルシーな中東や北アフリカのお料理は、近年日本でも人気が高まっています。

今回は、そんな中東や北アフリカのおすすめお料理をご紹介します★

スポンサーリンク

中東料理の特徴

三軒茶屋、ダール・ロワゾー『ダール・ロワゾー』の前菜

 

アラビア半島、イスラエルやレバノンなどの地中海東岸北アフリカ(マグリブ諸国)、そして、トルコイランまでの幅広い地域は、使われる食材や調味料、調理法など、お料理に共通のものが多くあります。

オスマン帝国の支配を受けたトルコから地中海沿岸のお料理、オスマン帝国の支配を受けず、ベルベル人の伝統が残るモロッコ料理、ザクロやドライレモンを使い、中央アジアの影響も感じさせるイラン料理など、地域による違いももちろんあり。

それでは、中東や北アフリカのおすすめのお料理をご紹介しましょう〜♪

スポンサーリンク

メゼ(前菜)【トルコ・東地中海】

練馬、ドルジャマフセン『ドルジャマフセン』のメゼ

 

中東のお料理は、前菜(メゼ)を抜きにしては語れません。

”メゼ”とは、食事のスタートと共に提供される野菜中心の小皿料理のこと。東地中海全域で食べられており、そのお料理は、温かいものから冷たいものまで多種多様。

特にトルコでは、「ラク」(アニス風味の食前酒)と共にメイハネと呼ばれる料理店で提供されることが多いのだそう。

ちなみに、トルコのメゼのお料理は、冷たいメゼとしては、ホムスや、トマトやキュウリ、たまねぎを角切りにしたシンプルなサラダ「チョバン・サラタス」、温かいメゼとしては、白チーズを包んだ春巻き「シガラ・ボレイ」や、白チーズ入り炒り卵「メネメン」が代表選手です。

スポンサーリンク

中東のサラダ【トルコ・東地中海・アラビア半島・マグリブ・イラン】

モロッカ 関内『モロッカ』のモロッコサラダ

下北沢、クスクスルージール『クスクス ルージール』のサラダ モロッカン

西荻窪、タムタム『タムタム』のタコのモロッカンサラダ

中野、カルタゴツナの入った『カルタゴ』のチュニジアン・サラダ

ラジュール、大久保ツナの入った『ラジュール』のチュニジア風サラダ

タイーム、恵比寿『タイーム』のイスラエルサラダ

阿佐ヶ谷、イズミル白チーズ入りの『イズミル』のアクデニズ・サラタス

六本木、アラジン『アラジン』のシラーズサラダ

神田、アルミーナ『アルミーナ』のタブーリ・サラダ

広尾、ゼノビア『ゼノビア』のタッブーラ

ドバイ②(アブドゥル・ワッハーブ)【オマーン旅⑥】『アブドゥル・ワッハーブ』のファットゥーシュ

中東のサラダ(アラブ風サラダ)は、賽の目切りのトマト、きゅうり、玉ねぎに搾りたてのレモン果汁とオリーブオイルを混ぜるのが基本です。

地域によって、ツナが入ったり、白チーズが入ったり、オリーブやゆで卵が入ったり、バリエーションも名前も様々。トルコでは「チョバン・サラタス」と呼ばれ、イランでは「サラド・シーラージー」と呼ばれるそうです。

細かく刻んだパセリをメインに、トマト、ミント、玉ねぎ、ブルグル(小麦の挽き割り)、レモン汁、オリーブオイルなどを混ぜて作るパセリのサラダ「タッブーラ」や、サラダに焼いたり揚げたりしたピタパンやホブスを混ぜた「ファットゥーシュ」も人気のあるサラダのひとつです。

スポンサーリンク

フムス【東地中海・アラビア・トルコ・マグリブ・イラン】

ドバイ②(アブドゥル・ワッハーブ)【オマーン旅⑥】『アブドゥル・ワッハーブ』のフムス

阿佐ヶ谷、イズミル『イズミル』のフムス

中野、カルタゴ『カルタゴ』のフムス

広尾、ゼノビア『ゼノビア』のフムス

六本木、アラジン『アラジン』のフムス

中東料理の定番、ひよこ豆のディップ「フムス」です。

トルコやイスラエル、レバノン、シリアヨルダン、パレスチナ、エジプトなど東地中海一帯を中心に広く食べられており、最近では日本や欧米でも人気が高まっています。

作り方は、茹でたひよこ豆に、ニンニク、練りゴマ、レモン汁を加え、ペースト状にし、仕上げの飾りとして、オリーブオイルやパセリ、カイエンペッパー、クミンなどを載せて出来上がり。

この「フムス」をホブスやピタパンなどのアラブやトルコのパンに付けて食べるのが定番の食べ方です。

どこでいただいても美味しい。中東料理を食べるなら外せない一品のひとつです★

スポンサーリンク

ファラフェル・ターメイヤ【東地中海・アラビア】

シャマイム『シャマイム』のファラフェル

タイーム、恵比寿『タイーム』のファラフェル

銀座、ミシュミシュ『ミシュミシュ』のファラフェル

広尾、ゼノビア『ゼノビア』のファラフェル

中野、カルタゴ『カルタゴ』のターメイヤ

 

「ファラフェル」は、中東一帯で食べられている食べ物で、すり潰したひよこ豆やそら豆に、パセリやコリアンダーなどを混ぜ、丸めて揚げたコロッケに近いお料理です。

そら豆のみで作るものは「ターメイヤ」と呼ばれることが多いそうです。

エジプトではそら豆のみ、シリア、レバノン、イラクではそら豆とひよこ豆半分ずつ、イスラエル、パレスチナ、イエメンではひよこ豆のみで作ることが多いのだそう。

外側はサクサク、中身はお豆の旨味たっぷりで、「タヒーニ」(ゴマペーストのソース)を付けてそのまま食べても、ピタパンの中にフムスやサラダと一緒に挟んで食べても美味しい★

スポンサーリンク

シガラ・ボレイ【トルコ】

阿佐ヶ谷、イズミル『イズミル』のシガラ・ボレイ

 

「シガラ・ボレイ」は、トルコでよく食べられている春巻き風の軽食です。

“シガラ”が葉巻の意味、“ボレイ”はボレッキというトルコのパンのこと。春巻きの中には白チーズやハーブ(イタリアンパセリやディルなど)が入っています。朝食や前菜として人気があるお料理です。

お酒のつまみにもぴったり♪

スポンサーリンク

ブリック【チュニジア】

大久保、ハンニバル『ハンニバル』のブリック

 

「ブリック」は、チュニジアで食べられている包み揚げ料理。

チュニジアでは国民食と言っても過言ではないほどよく食べられているお料理なのだとか。

春巻きの皮に似た薄い皮に、ツナやジャガイモ、玉ねぎなどの具材を入れ、卵を落とし、胡椒やクミン、パプリカなどのスパイスで味付けし、皮を三角形の形に閉じて、揚げ焼きにして出来上がり。

トロッとした半熟卵とツナのお味、パリパリの皮の食感が本当に旨い!

唐辛子ベースのチュニジアの調味料「ハリッサ」を付けて食べるのもイケます★

スポンサーリンク

ピタパン・ホブス・アラビアンナン【東地中海・アラビア・トルコ】

ドバイ②(アブドゥル・ワッハーブ)【オマーン旅⑥】『アブドゥル・ワッハーブ』のホブス

神田、アルミーナ『アルミーナ』のピタパン

シャマイム『シャマイム』のピタパン

広尾、ゼノビア『ゼノビア』のジャバティ

広尾、ゼノビア『ゼノビア』のアラビアンナン

 

フムスを付けて食べる中東料理の主食が「ピタ」と呼ばれるパンです。

直径20センチくらいの平たく円形のパンで、小麦粉に水、塩、砂糖、イーストを加えて発酵させ、高温のオーブンで一気に焼上げて作ります。中が空洞のポケット状になっているのが特徴です。

ちなみに、「ホブス」とはアラビアでのパンの総称で、薄く大きなパン、円形の厚めのパン、バゲットのようなパンなど色々な種類があり、ピタもその中に含まれるようです。

フムスを付けて食べるほか、ケバブやファラフェルなどを包んでサンドイッチにして食べるのも一般的です。焼きたてのピタは本当に美味しい★

スポンサーリンク

ハリラスープ【マグリブ】

大久保、ハンニバル『ハンニバル』のハリラスープ

モロッカ 関内『モロッカ』のハリラスープ

三軒茶屋、ダール・ロワゾー『ダール・ロワゾー』のハリラスープ

ラジュール、大久保『ラジュール』の日替わりスープ

西荻窪、タムタム『タムタム』のハリラスープ

再びワルザザート【モロッコの旅】ワルザザートの食堂のハリラスープ

マラケシュ【モロッコの旅】マラケシュ、フナ広場のハリラスープ

 

モロッコのソウルフード「ハリラスープ」

モロッコでは日本の味噌汁並みに飲まれているモロッコを代表するスープで、栄養満点のため、ラマダン(断食)の日没後の夕食の時に必ず飲まれるスープであるとのこと。

お店や家庭ごとにレシピは異なるそうですが、トマトをベースに、ひよこ豆やレンズ豆、たまねぎやにんにく、しょうが、唐辛子、ブラックペッパーやコリアンダーなどのスパイスで味付けしていて、牛肉やラム肉などを入れたりすることもあるそうです。

トマトの酸味と豆の旨味がとっても美味しく、にんにくやしょうがが効いていて、ほんとあったまる感じ。モロッコパンにつけて食べても美味しい♪

スポンサーリンク

ハリッサ【チュニジア】

ラジュール、大久保『ラジュール』のハリッサ

大久保、ハンニバル『ハンニバル』のハリッサ

 

「ハリッサ」とは、唐辛子をベースに、オリーブオイル、クミン、キャラウェイ、コリアンダーを混ぜて作られるペースト状の調味料のこと。

チュニジア料理と言えば「ハリッサ」。日本の醤油や味噌のように、チュニジア料理は「ハリッサ」なしでは語れないくらい、必ず食卓に出てくる調味料です。

この「ハリッサ」を「アラビア・パン」(ホブスとかピタと呼ばれるパン)に付けて食べます。

素朴な味わいの「アラビア・パン」とピリ辛で深みのある「ハリッサ」のマッチングは絶妙です!

スポンサーリンク

コシャリ【エジプト】

アラビアンフェスティバルアラビアンフェスティバルのコシャリ

 

「コシャリ」は、エジプトでよく食べられている混ぜご飯。エジプトでは国民食的な存在で、エジプトの街ではコシャリを出すお店が至る所にあります。

作り方は、お米、マカロニ、スパゲティ、ひよこ豆、レンズ豆をミックスし、フライドオニオンとトマトソースを掛け、にんにくやクミン、レモン汁が入った「カル」と呼ばれる酢と、唐辛子とコリアンダーが入った「シャッタ」と呼ばれる辛味ソースを掛けて出来上がり。

簡単に作れて気軽に食べられる庶民の味。エジプトに行った時は、これを毎日のように食べていました。

シンプルだけど奥深い、エジプトのB級グルメです★

スポンサーリンク

ケバブ【東地中海・アラビア・トルコ・マグリブ・イラン】

広尾、ゼノビア『ゼノビア』のシシカバブ

シャマイム『シャマイム』のラムシシカバブ(ラムの串焼き)とチキンシシリック(チキンの串焼き)

練馬、ドルジャマフセン『ドルジャマフセン』のアダナケバブ

タイーム、恵比寿『タイーム』のシナモンカバブ

阿佐ヶ谷、イズミル『イズミル』のドネル・ケバブ

新井薬師前、おつかれさん『おつかれさん』のクビデとジュジェキャバブ

神田、アルミーナ『アルミーナ』のミックス・ケバブ

銀座、ミシュミシュ『ミシュミシュ』のチキンケバブ

六本木、アラジン『アラジン』のクビデカバブ

高円寺、ボルボル『ボルボル』のケバブクビデ

 

「ケバブ」は、中東全域で食べられている肉や魚、野菜をローストして調理するお料理の総称です。

チキンやマトンのぶつ切り肉を串に刺して焼いた「シシカバブ」や、味付けした塊肉を焼いたものを削ぎ落として食べる「ドネルケバブ」、炙り焼きにしたカット肉にヨーグルトを添えて食べる「イスケンデルケバブ」、ミンチした肉を串に刺して焼くものや、スパイスに漬け込んだ肉を焼くものなど、様々なバリエーションがあります。

中東以外でも、インドではシークカバブ、中央アジアではシャシリク、バルカン半島ではチェバプチチなど、同様の料理が世界中に広がっています。

日本でもケバブサンドは一般的になってきましたが、ケバブはどこで食べても大抵美味しい♪

スポンサーリンク

タジン【マグリブ】

モロッカ 関内『モロッカ』の鶏肉とジャガイモのタジン

三軒茶屋、ダール・ロワゾー『ダール・ロワゾー』のエビのクネルと9種野菜のタジン

ラジュール、大久保『ラジュール』のシュリンプアラビアータタジン

東北沢、エンリケマルエコス『エンリケマルエコス』の鶏肉とじゃがいものタジン

東北沢、エンリケマルエコス『エンリケマルエコス』の鶏肉とじゃがいものタジン

西荻窪、タムタム『タムタム』のチキンのタジン

メルズーガ砂漠【モロッコの旅】サハラ砂漠のテントでいただいたタジン

ワルザザートからサハラへ【モロッコの旅】モロッコのチキンとアーモンドのタジン

 

「タジン」は、マグリブ地域(モロッコ・アルジェリア・チュニジア)で食べられる、タジン鍋(円錐形の陶器製の土鍋)を使って作られた料理のこと。

作り方は、香辛料で香りを付けたジャガイモやニンジン、玉ねぎ、かぶ、ズッキーニなどの野菜を鶏肉や羊肉などの肉と一緒に低温でじっくりと蒸し煮して作ります。使われるスパイスはシナモン、サフラン、生姜、ターメリック、クミン、パプリカ、コリアンダーなど。ミントやディル、オレガノやタイム、パセリなどのハーブも多用します。

タジンの種類はバラエティに富んでいて、チキンとシトロンコンフィ(塩レモン)のタジン、ミートボールをトマトソースで煮込んで卵を載せたタジン、魚のタジン、シュリンプのタジン、羊肉とプルーンやアーモンドが入ったタジンなど様々。

じっくりと蒸し煮されたお野菜はホクホク、お肉もホロホロで味が沁みていて美味しい★

これ一品で充実感を感じられるお料理です。

スポンサーリンク

クスクス【マグリブ】

下北沢、クスクスルージール『クスクス ルージール』の大山ひな鶏コンフィのクスクス

三軒茶屋、ダール・ロワゾー『ダール・ロワゾー』のメルゲス:ラム肉と牛肉の自家製アラブ・ソーセージ

ラジュール、大久保『ラジュール』のチキンと野菜のクスクス

中野、カルタゴ『カルタゴ』の若鶏のクスクス

カスバ街道とトドラ渓谷をゆく【モロッコの旅】モロッコのカスバ街道のレストランのクスクス

東北沢、エンリケマルエコス『エンリケマルエコス』の魚介のクスクス

 

「クスクス」は、デュラム小麦の粗挽粉から作る粒のことを言い、また、これを使った料理のことも指します。

クスクスは、スープやシチューなどの汁気のあるものと一緒に食べるのがスタンダードで、二層式の専用の鍋(下の鍋でスープやシチューを煮込み、上の鍋でクスクスを蒸す)で作られることが多いそう。

クスクスと一緒に食べられるスープやシチューの素材や味付けはタジンと似たような感じ。

クスクスのポロポロとした食感、なかなか美味しくてやみつきになります★

スポンサーリンク

ゴルメサブジ【イラン】

新井薬師前、おつかれさん『おつかれさん』のゴルメサブジ

六本木、アラジン『アラジン』のゴルメサブジ

 

「ゴルメサブジ」は、ドライハーブ(コリアンダーリーフ、フェネグリークリーフ、西洋ねぎ、パセリをミックスして乾燥させたハーブ)とラム肉、ほうれん草、玉ねぎ、豆、ドライレモンなどで作ったイランの定番のシチュー料理。

ドライハーブの香りとドライレモンの爽やかな酸味が独特のお味。バスマティライスとの相性が良く、ヨーグルトソースを入れると味の変化も楽しめます。

スポンサーリンク

中東料理(アラブ・トルコ・イラン料理)のおすすめのお店

中東料理(アラブ・トルコ・イラン料理)のおすすめのお店をご紹介します(東京近郊のお店)

美味しい中東料理をぜひ、味わってみてください。

東地中海地域(イスラエル料理・シリア料理・レバノン料理.etc)のお店

ゼノビア【広尾】★マッザ(メゼ)が絶品!都内では希少なシリア料理のレストラン
広尾にあるシリアを中心とした本格的アラビア料理のレストラン『ゼノビア』。アラビアンな雰囲気の中、「フムス」や「ファラフェル」、「タッブーラサラダ」や「シシカバブ」など、美味しいシリアのお料理を堪能できるお店です。
まるでアラブな店内空間!本格的なパレスチナ・中東料理のお店『アルミーナ』@神田
JR神田駅北口から徒歩5分の場所にあるアラブ地中海料理のお店『アルミーナ』。このお店は、伝統的なパレスチナ料理をモダンなスタイルで提供する東京唯一のお店であるとのこと。オープンは2010年。お料理は全てイスラムの作法に則った「ハラル・フード」を使っているそうです。
フムスやファラフェルが美味しい!イスラエル料理店『タイーム』@恵比寿
恵比寿から広尾方面に9分ほど歩いたところにある『タイーム』。このお店、都内にも数店しかないイスラエル料理専門店です。フムスやファラフェルを始めとした、今注目のイスラエル料理をリーズナブルな価格で味わえる、オススメのお店です。
日本人の口にも合います!イスラエル料理『シャマイム』@江古田
西武池袋線の江古田駅から徒歩1分のところにある、イスラエル料理のお店『シャマイム』。イスラエル料理がどんなものか想像もつかず、ちょっと警戒してましたが(笑)、事前に食べログなんかを見ていると、馴染みのあるメニューが並んでいたので一安心。
中東・アラブ・地中海料理をリーズナブルにいただける『ミシュミシュ』@銀座
銀座にある『ミシュミシュ(MishMish)』は、中東・アラブ・地中海料理をリーズナブルなお値段でいただけるお店。日本人シェフが提供しているレストランです。フムスやケバブ、タジンなどのお料理を中東産のワインと一緒に堪能できます★

トルコ料理のお店

ドルジャマフセン【練馬】★本格的なトルコ料理を堪能できる”練馬のトルコ”
練馬にある正統派トルコ料理店『ドルジャマフセン』。本場トルコのお味を忠実に再現したトルコ料理をトルコの雰囲気たっぷりの店内でいただけるお店。前菜のメゼからドルマ、アダナケバブまで、どのお料理も絶品♪ 本格的なトルコ料理を堪能したいなら、この『ドルジャマフセン』を選べば間違いありません★
エキゾチックな空間でトルコの宮廷料理に舌鼓『ブルガズ・アダ』@麻布十番
トルコの宮廷料理がいただけるレストランが、麻布十番にあります。門外不出の料理のレシピを継承するレストランは、世界にたった3軒のみ。イスタンブールに2軒と、もう1軒はここ『ブルガズ・アダ(BURGAZ ADA)』です。
お洒落なトルコ空間で味わう本格トルコ料理『イズミル』@阿佐ヶ谷
JR中央線阿佐ケ谷駅北口から徒歩2分、 パサージュ阿佐谷の2階の一角にトルコ料理店『イズミル』はあります。2004年3月にオープンしたというこの『イズミル』、お洒落なトルコ空間で日本風のアレンジのない本格的なトルコ料理を味わえるお店として、評価の高いトルコ料理店です。

マグリブ地域(モロッコ料理・チュニジア料理)のお店

【閉店】ハンニバル【大久保】★チュニジア風春巻き「ブリック」が絶品!
JR大久保駅から徒歩1分のところにあるチュニジア料理を提供するお店『ハンニバル』。チュニジアンブルーが爽やかな店内で、チュニジア料理や地中海料理をいただくことができます。オススメのチュニジア風春巻きの「ブリック」は、また食べたくなる病みつきな一品でした!
全部美味しい!お味も雰囲気も抜群★『モロッコ料理の台所 エンリケマルエコス』@東北沢
小田急線東北沢駅から1分の住宅街の中に、ひっそりと佇む1軒のお店『モロッコ料理の台所 エンリケマルエコス』。モロッコで5年ほどモロッコ料理を学ばれたという女性店主の方が、一人で切り盛りをしています。お店の雰囲気もお料理のお味も抜群のセンスで、一気に引き込まれました♪
アラブ・トルコ地中海のお料理とチュニジアン・ワインを堪能!『カルタゴ』@中野
JR中央線中野駅南口から徒歩3分のところにあるアラブ・トルコ地中海料理のお店『カルタゴ』。『カルタゴ』は、チュニジアの古代都市「カルタゴ」を店名としていますが、トルコ、レバノン、エジプト、チュニジア、モロッコと、地中海のお料理を幅広く味わうことができます。
「孤独のグルメ」で紹介された人気のモロッコ料理店『タムタム』@西荻窪
JR中央線の西荻窪駅から徒歩10分ほどのところに、モロッコ料理のお店『タムタム』はあります。こちらは、テレビ東京で放送されていた「孤独のグルメ」で紹介され、ゴローさんも訪れたお店。モロッコの雰囲気いっぱいの店内で、美味しいモロッコ料理に舌鼓ゴローさんも飲んだハリラスープで温まります♪
ランプの灯る店内で楽しむモロッコ料理『ダール・ロワゾー』@三軒茶屋
三軒茶屋駅世田谷通り口より徒歩1分。昭和の香り漂うレトロなアーケード「エコー仲見世商店街」のただ中に、モロッコ料理店『ダール・ロワゾー』はあります。店頭には、モロッコタイルのテーブルが置かれ、モロッコランプが吊り下げられていて、レトロアーケードの中で、ここだけモロッコ空間です★
クスクスって美味しい♪『クスクス ルージール』@下北沢
下北沢駅北口から徒歩約8分。ビストロ(モロッコ料理)『クスクス ルージール』は、下北沢の賑やかなエリアから少し離れた静かなエリアにありました。落ち着いた大人な雰囲気のお店だけれども、カジュアルな感じで、居心地の良いお店でした。そして、お料理がどれもとっても美味しく満足できます!
【閉店】モロッコに興味が湧きます!モロッコ料理のお店『モロッカ』@横浜
アフリカンフェスに行った帰り、フェスではアフリカ料理のお店は2つしか出店しておらず、食べなかったので、アフリカモードを引きずりつつ、ネットで調べたモロッコ料理のお店へ。関内駅から徒歩5分ほどの路地を入ったところに、モロッコ料理のお店『モロッカ』はありました。

イラン料理のお店

ボルボル【高円寺】★ペルシャ絨毯の敷かれたエキゾチックなイラン料理店
高円寺にあるペルシャ料理店『ボルボル』。イラン出身のシェフの作る、本場さながらのイラン料理をいただけるお店。ペルシャ絨毯の敷かれた店内はイランの雰囲気満点!イランの風情を味わえるお店です。お店では水タバコ(ガリユン)が吸えたり、週末にはベリーダンスのショーも行われます。
【移転】イラン料理店『アラジン』でゴルメサブジとクビデカバブを賞味@六本木
東京メトロ日比谷線、都営大江戸線六本木駅C1出口から徒歩4分ほど。 六本木ヒルズの西側の通り沿いにあるビルの2階に、イラン・アラブ料理のお店『アラジン』があります。 お店のオーナーは、アスガー・ケメスタリィさんというイラン人の方。日本で初めてイラン料理店をオープンさせた方だそうです。
【閉店】なぜか!イラン料理が食べられる居酒屋『おつかれさん』@新井薬師前
西武新宿線の新井薬師前駅から徒歩2分のところに居酒屋風の店舗があります。店名は『おつかれさん』。けれども、よく見ると普通の居酒屋とは違うところがちらほら。お店の窓にイランの国旗が貼られていたり、居酒屋メニューに紛れて見慣れない一品があったり。このお店、イランの方が経営する「イラン居酒屋」なんです。