インドの炊き込みご飯「ビリヤニ」東京都内《美味しい》13皿!

ビリヤニ

「ビリヤニ」(Biryaniとは、インドやパキスタンなどで食べられている炊き込みご飯のこと。

スパイスをふんだんに使い、お米と具材を別々に調理して作る手の込んだお料理で、インドでも高級なお料理として知られています。

材料としては、お米は主に高級米のバスマティライスが使われ、スパイスは、「クミン」「コリアンダー」「ターメリック」「シナモン」「カルダモン」「クローブ」「にんにく」「しょうが」「玉ねぎ」「ナツメグ」「ローリエ」「ミント」「胡椒」「サフラン」「レーズン」「カシューナッツ」など盛りだくさん❗️

メインの具材としては、羊肉や鶏肉、そして、イスラム由来のお料理なので牛肉が使われることもあります(豚肉は使われません)。また、エビや魚などの魚介も具材としてはポピュラーであるそう。

作り方は、肉などからなるグレービーを作り、お米を半分ほど茹で、グレービーとお米を交互に層にして炊き込む「パッキ」、生肉とヨーグルトとスパイスをマリネしたものを一晩寝かせて鍋底に敷き、その上にバスマティライスを層にして重ね、炊き上げる「カッチ」、グレービーに洗ったお米を入れて炊き上げる、日本の炊き込みご飯と似た作り方の「生米」の3種類が知られています。

また、加熱時には、「ダム」と呼ばれる加熱法が行われることも特徴のひとつ。

「ダム」とは、ビリヤニ鍋に材料を入れて密封し、弱火で長時間加熱する方法です。

「ビリヤニ」は、もともと、ペルシャ(イラン)やアフガニスタンなどの中央アジアで食べられていた「ポロ」などがその源流であると言われていて、イスラムの流入とともにインドに伝来したのだそう。

そして、ムガル帝国(1526年-1858年)の時代に現在の形にまで洗練され、インド亜大陸全土に広まったのだと考えられています。

スパイスたっぷりのリッチなインド炊き込みご飯「ビリヤニ」

最近では「ビリヤニ」の名前もだんだんと知られるようになってきて、手の込んだこのお料理を食べられるお店も増えてきました。

東京都内のおいしい「ビリヤニ」を13選、ご紹介します😊

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

『カーン ケバブ ビリヤニ』@銀座

カーンケバブビリヤニ

『カーン ケバブ ビリヤニ』は、銀座、博品館の6階にある南インド&パキスタン料理のお店。

このお店、六本木の『サイーファ ケバブ ビリヤニ』や品川の『サルマ ティッカ ビリヤニ』、上野の『ハリマ ケバブ ビリヤニ』などの姉妹店で、名前の通り「ビリヤニ」が売りのお店です。

写真は、「チキン・ビリヤニ」(1,855円)

カルダモンやクローブ、コリアンダーシードやクミンシードなど、ホールスパイスがごろごろ入ったビリヤニは、お味も華やか、見た目も豪華なリッチビリヤニ🌟

銀座ならではの落ち着いた店内の雰囲気と、店員さんのサービスの素晴らしさも魅力です!

詳細はこちら→本格!インドのビリヤニが食べられる『カーン ケバブ ビリヤニ』@銀座

本格!インドのビリヤニが食べられる『カーン ケバブ ビリヤニ』@銀座
銀座博品館の6Fにある、日本の一般的なインド料理屋さんではあまりお見かけしない「ビリヤニ」が食べられるお店『カーン ケバブ ビリヤニ』に行ってきました。こちら、2014年7月にオープンしたばかりのお店で、六本木の『サイーファ ケバブ ビリヤニ』や品川の『サルマ ティッカ ビリヤニ』などの姉妹店になるそうです。

『ハリマ ケバブ ビリヤニ』@上野

上野、ハリマ・ケバブ・ビリヤニ

上野にある『ハリマ ケバブ ビリヤニ』は、『カーン ケバブ ビリヤニ』の姉妹店。

グレービーがしっかりと絡んだバスマティライスに、カルダモンやクローブ、クミンやコリアンダーを始めとしたスパイスがたっぷりと入った絶品ビリヤニがいただけます!

スタッフの方も気さくで親切で、何よりサービス満点!どんどんサービスメニューを持ってきてくれちゃいます😊

写真の「ラム・ビリヤニ」のお値段は1,440円ですが、お料理のレベルの高さと、至れり尽くせりのサービスを考えると、かなり安めな印象✨

上野で「ビリヤニ」食べるなら、ここです!

詳細はこちら→『ハリマ ケバブ ビリヤニ』どのお料理も五つ星!サービス満点のインド料理店@上野

『ハリマ ケバブ ビリヤニ』どのお料理も五つ星!サービス満点のインド料理店@上野
上野駅から歩いて10分ほど。浅草通り沿いにインド料理店『ハリマ ケバブ ビリヤニ』はあります。ビリヤニからカレーまで、どのお料理もすべて五つ星の美味しさ🌟スタッフの方も気さくで親切で、何よりサービス満点❗️お値段もお料理のレベルと比べて、かなり安めな感じです。オススメ中のオススメのお店です😊

『サヒファ ケバブ アンド ビリヤニ』@六本木

六本木、サイファ・ケバブ・ビリヤニ

六本木にある『サヒファ ケバブ アンド ビリヤニ』は、『カーン ケバブ ビリヤニ』や『ハリマ ケバブ ビリヤニ』の姉妹店。

チキン(1,855円)、ラム(1,855円)、シュリンプ(2,265円)、ベジタブル(1,750円)と揃った「ビリヤニ」は、カレーソースと米とを何層にも重ね弱火でじっくり炊き込んだ本格派。

添えられた「ライタ」も混ぜつつ、美味しい美味しいと食べ進めます✨

カーンやハリマに負けず劣らずのサービス満点で、間違いなく満足出来るお店です!

詳細はこちら→追加料理のサービス攻勢がすごい!大満足できるインド料理店『サヒファ ケバブ アンド ビリヤニ』@六本木

追加料理のサービス攻勢がすごい!大満足できるインド料理店『サヒファ ケバブ アンド ビリヤニ』@六本木
六本木にあるインド料理店『サヒファ(サイーファ) ケバブ アンド ビリヤニ』。とにもかくにも、言えること。『サヒファ(サイーファ) ケバブ アンド ビリヤニ』は、お料理が抜群に美味しく、サービスも素晴らしい、訪問したら絶対に満足できるお店だということ❗️間違いのないインド料理店です😊

『ナンディニ』@清澄白河

清澄白河、ナンディニ

清澄白河にある南インド料理店『ナンディニ』

このお店のシェフは、神谷町にある南インド料理の名店『ニルヴァナム』で働いていた南インド出身のお方。『ニルヴァナム』仕込みのレベルの高い南インド料理を味わうことができるお店です。

写真の「チキン・ビリヤニ」(1,500円)はボリュームたっぷり!

これぞ、ビリヤニ!って感じです。

バスマティライスに、中には大きな鶏モモ肉がゴロゴロと。クローブやカルダモン、クミン、コリアンダーなどを中心に様々なスパイス&ハーブの味が絡んだ本格ビリヤニ🌟

ひと口食べて、これは美味い❗️

王道のビリヤニです🌟

詳細はこちら→南インド料理店『ナンディニ』ミールス、ドーサ、ビリヤニ、どれも美味!@清澄白河

南インド料理店『ナンディニ』ミールス、ドーサ、ビリヤニ、どれも美味!@清澄白河
東京メトロ半蔵門線、清澄白河駅より徒歩10分のところにある南インド料理店『ナンディニ』。このお店のシェフは、神谷町にある南インド料理の名店『ニルヴァナム』で働いていた南インド出身のお方。『ナンディニ』は、『ニルヴァナム』仕込みのレベルの高い南インド料理を味わうことができるお店です。

『シリバラジ』@水道橋

水道橋、シリバラジ

カレーの町神保町にオープンした待望の南インド料理店『シリバラジ』

注文した「チキン・ビリヤニ」(1,300円)は、パラパラのバスマティライスの中に、でっかい骨付きのチキンがごろっと入っていて、クミン、コリアンダー、カルダモン、クローブ、シナモンなどの各種スパイスの香りと味わいがしっかりと感じられる美味しいビリヤニ。

レモンを絞り、付け合わせのライタをかけると味に変化が出てとってもGoodです😋

スタンダードなお味が満足感を与えてくれる、神保町随一の「ビリヤニ」です。

詳細はこちら→ カレーの町神保町で南インド料理を味わうならこのお店!『シリバラジ』@水道橋

カレーの町神保町で南インド料理を味わうならこのお店!『シリバラジ』@水道橋
JR総武線の水道橋駅から徒歩5分ほど。南インド料理店『シリバラジ』があります。カレーで有名な神保町ですが、南インド料理屋さんはこれまでありませんでした。そんな神保町に、初めて出店した南インド料理店、それがこの『シリバラジ』❗️美味しい南インド料理をいただくことができるお店です。

『マハラジャビリヤニ』@東北沢

マハラジャビリヤニ、東北沢

インド料理店『マハラジャビリヤニ』は、小田急線東北沢にある隠れた名店です。

パキスタン人経営のお店のようで、お料理はハラルフード対応。スタッフはウルドゥー語を話すことができるとのこと。

お店の名前にもなっている「ビリヤニ」は、「チキンビリヤニ」が、1,190円。「マトンビリヤニ」が、月末金曜のみの提供で1,290円というコストパフォーマンスの良さ!

リーズナブルなお値段ながら、お味もスパイスの味と香りを堪能できる本格派です✨

詳細はこちら→ 本格的なビリヤニをリーズナブルなお値段で味わえる『マハラジャビリヤニ』@東北沢

本格的なビリヤニをリーズナブルなお値段で味わえる『マハラジャビリヤニ』@東北沢
小田急線東北沢駅、または、代々木上原駅から徒歩5分。井の頭通りの大山交差点の角に、インド料理店『マハラジャビリヤニ』があります。お店のイチオシは店名にもなっている「ビリヤニ」。バスマティライスと豊富なスパイスを使った本格的な「ビリヤニ」をリーズナブルなお値段でいただけます🌟

『ハイデラバード』@五反田

五反田、ハイデラバード

五反田初の南インド料理店である『ハイデラバード』は、店名の通り、インド中南部の都市ハイデラバードのお料理を提供するお店です。

ハイデラバードと言えば、ビリヤニ。本場ハイデラバードのシェフの作る「ハイデラバーディ・マトン・ダム・ビリヤーニ」(1,490円)は、本格も本格!

「ビリヤニ」の付け合わせとして、「ライタ」のみならず、ターメリック、クミンシード、コリアンダーシード、ポピーシード、唐辛子、胡麻、ピーナッツ、ココナッツ、タマリンド、ショウガ、ニンニク、玉ねぎなどで作られる豪華なソース「ミルチ・カ・サラン」が付いてくるのが、さすが!という感じ🌟

そのまま食べたり、「ライタ」をかけたり、「ミルチ・カ・サラン」と混ぜたりと、様々な味のバリエーションを楽しめて飽きることがありません🌟

詳細はこちら→ 本格”ハイデラバーディ・ビリヤニ”をいただく!『ハイデラバード』@五反田

本格”ハイデラバーディ・ビリヤニ”をいただく!『ハイデラバード』@五反田
五反田駅から徒歩3分ほどのところにある南インド料理店『ハイデラバード』。ハイデラバードと言えば、ビリヤニ。現地の五つ星ホテルで働いた経験のあるインド人シェフの作る「ハイデラバーディ・マトン・ダム・ビリヤーニ」は絶品です❗️

『レカ』@西葛西

西葛西、レカ

日本の「リトル・インディア」とも呼ばれる西葛西。

そこで一番人気なお店なのがここ『レカ』です。

『レカ』のお料理は、西インド出身のママさんが作る「インドのお母さんの味」。『レカ』は、インドのお母さんが毎日家庭で作る、優しいお味の手料理をいただける、日本でただひとつのお店なのです🌟

人気メニュー「ビリヤニ付きスペシャルセット」(1,200円)には、白米とグレービーの色のついたお米が混在し、しっかりと層状に炊き込まれた手の込んだ美味しい「ビリヤニ」が付いています。

スパイシーながらも辛さはあまりなく優しいお味の「ビリヤニ」

ママさんが作る家庭の「ビリヤニ」です😊

詳細はこちら→ インドのお母さんが毎日家で作る優しいお味!印度家庭料理『レカ』@西葛西

インドのお母さんが毎日家で作る優しいお味!印度家庭料理『レカ』@西葛西
日本の「リトル・インディア」とも呼ばれる西葛西。西葛西駅から徒歩4分のところにインド家庭料理のお店『レカ』があります。このお店のお料理は、レストランで出されるようなインド料理ではありません❗️『レカ』は、インドのお母さんが毎日家庭で作る優しいお味の手料理をいただける、日本にただひとつのお店なのです🌟

『マルハバ』@池袋

池袋、マルハバ

池袋にあるパキスタン料理専門店『マルハバ』

このお店、本格パキスタン料理店としては都内でもかなりの老舗の部類で、お料理はハラルフード100%、アルコール類は宗教上の理由から一切置いていないそうです。

『マルハバ』のビリヤニは、シンプルながらもカルダモン、クミン、コリアンダー、クローブなど、各種スパイスがしっかり入った本格派ビリヤニ。辛さもかなり強烈です🔥

ゴロリとたくさん入ったマトンの臭みがスパイスで抑えられていて、グレービーの染み込んだライスのお味もなかなか。

「マトン・ビリヤニ」が950円と、かなりリーズナブルなところと、ボリュームたっぷりなところも魅力的🌟

詳細はこちら→ パキスタン料理専門店『マルハバ』で、カラヒとビリヤニを味わう@池袋

パキスタン料理専門店『マルハバ』で、カラヒとビリヤニを味わう@池袋
池袋北口から徒歩6分ほどのところにある、パキスタンレストラン『マルハバ』。このお店、20年以上前からあって、本格パキスタン料理店としては都内でもかなりの老舗の部類。イスラム教メインのパキスタンのお店ということで、お料理はハラルフード100%、アルコール類は宗教上の理由から一切置いていないそうです。

『ナスコ・フードコート』@新大久保

新大久保、ナスコ・フードコート

新大久保、ハラルフードの食材店が軒を連ねる”イスラム横丁”の一角にあるお店『ナスコ・フードコート』

このお店、界隈のハラルフード食材店の中でも一番メジャーだと思われる「ナスコ・グループ」が出しているレストランです。

「Chikin Biriyani(チッキンビリヤニ)」(800円)は、見た目はシンプルながら、クミンやコリアンダー、クローブ、カルダモン、ブラックペッパー、ベイリーフなどのホールスパイスが強烈に効いていて、チキンもいい感じの柔らかさで美味しい🌟

パキスタンやインドなどの現地そのままの雰囲気で、スパイス満点の現地そのままの「ビリヤニ」をリーズナブルな価格でいただくことができます!

詳細はこちら→ビリヤニが美味しい!現地の雰囲気満点の大衆食堂『ナスコ・フードコート』@新大久保

ビリヤニが美味しい!現地の雰囲気満点の大衆食堂『ナスコ・フードコート』@新大久保
JR新大久保駅から徒歩2分、ハラルフードの食材店が軒を連ねる「百人町」の南側。通りには、インドやパキスタン、アラブ、トルコ、東南アジアや中国、韓国、アフリカ系まで、様々な国の人々の姿が見えます。そんな多国籍なエリアの一角にある、ちょっぴり怪しげなお店、それが『ナスコ・フードコート』です。

『シャヒ・ダワット』@小川町

シャヒダワット カレー・インド料理

小川町にあるインド料理店『シャヒ・ダワット』は、壺に入れたままタンドール窯で炊き上げるという「ビリヤニ」を食べられることで知られているお店。

本格的なビリヤニを提供するお店としては、都内でも草分け的な存在です。

グレービーがしっかりと染み込み、スパイスの香り豊かな『シャヒ・ダワット』のビリヤニはやっぱり美味しい🌟

「ビリヤニランチ」(1,000円)は水曜限定ですが、ビリヤニの他に日替わりカレーと、「チュカウニ」が付いてくるのが嬉しいです。

「チュカウニ」は、じゃがいもとターメリックやフェネグリークなどが入ったヨーグルトソース。これをビリヤニにかけて食べると美味しいんです😋

『ノング・インレイ』@高田馬場

ノング・インレイ、高田馬場

日本のミャンマータウンと呼ばれる高田馬場にあるミャンマー料理『ノング・インレイ』

ミャンマーのビリヤニ「ダンパウ」をいただけるお店です。

この「ダンパウ」、でっかくて柔らかいチキン、バスマティライスにカルダモンやクミン、コリアンダーなどのスパイスがふんだんに入っていて、インドのビリヤニにそっくりな感じ。

これに、一緒に出てきた玉ねぎや「ペーポウッチョー」(乾燥納豆、ナッツ、黄ニラの根、唐辛子などで作られたシャン地方のふりかけ)を入れて混ぜ合わせて食べると絶品😋

美味しいです「ダンパウ」🌟

詳細はこちら→意外とイケる虫料理!ミャンマー・シャン料理のお店『ノング・インレイ』@高田馬場

意外とイケる虫料理!ミャンマー・シャン料理のお店『ノング・インレイ』@高田馬場
高田馬場駅前にある雑居ビル「タックイレブン」。その1階にある『ノング・インレイ』は、日本でも珍しいミャンマー・シャン料理をメインで提供しているお店です。このお店、虫料理がメニューにあることで有名です。他にも、なまずカレーやミャンマー豆腐など、珍しいお料理がたくさんメニューにあります。

『ミンガラバー』@高田馬場

高田馬場、ミンガラバー

同じく高田馬場にあるミャンマー料理店『ミンガラバー』

『ミンガラバー』の「ダンパウ」は、かなりリッチな装い。

チキンのグレービーと共に炊き込んだインディカ米にナッツやレーズン、クミンやコリアンダー、カルダモンなどのスパイスが入ったビリヤニライスの上に、でっかいチキンが載っています🍗

そして、チキンの上にミャンマー風のカレー煮込みがかかっているのが『ミンガラバー』の「ダンパウ」の特徴🌟

このカレー煮込みが濃厚でスパイシーでとっても美味しいんです😋

詳細はこちら→ミャンマー料理の老舗『ミンガラバー』でラペットウとダンパッウを賞味!@高田馬場

ミャンマー料理の老舗『ミンガラバー』でラペットウとダンパッウを賞味!@高田馬場
高田馬場には11店舗ものミャンマー料理店があるそうですが、その中でも老舗中の老舗がこのお店『ミンガラバー』。開店は1997年であるとのこと🌟場所は、高田馬場駅から早稲田通りを南東に進んで左手すぐの雑居ビルの3階。駅からは徒歩5分ほどです。美味しい「ラペットウ」と「ダンパッウ」をいただきました❗️
スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク