MY 81 Hyderabad Dum Biryani|KLでいただく本場ハイデラバードのダムビリヤニ【マレーシア・クアラルンプール】

KL4(ハイデラバードダムビリヤニ・ブリックフィールズ・クアラルンプール) グルメ
記事内に広告が含まれています。

マレーシアの首都クアラルンプール。その中心駅である「KLセントラル駅」から徒歩10数分の場所に、インドのビリヤニの本場「ハイデラバード」のビリヤニを提供するお店『MY 81 Hyderabad Dum Biryani(ハイデラバードダムビリヤニ)』はあります。

スポンサーリンク

インド人街「ブリックフィールズ」の奥にある本場ハイデラバードのビリヤニ専門店

KL4(ハイデラバードダムビリヤニ・ブリックフィールズ・クアラルンプール)お店はインド人街「ブリックフィールズ」の奥の方のエリアにあります。

 

「KLセントラル駅」の南東部は、「ブリックフィールズ」と呼ばれるインド系の人が多く居住している地域。その「ブリックフィールズ」の奥の方は、テルグ系の人々が多く住んでいるエリアのようで、ハイデラバードビリヤニの専門店が数店舗まとまって存在しています。

『MY 81 Hyderabad Dum Biryani(ハイデラバードダムビリヤニ)』は、そんな、いくつかあるビリヤニ専門店のひとつ。在住テルグ人御用達のお店です。

KL4(ハイデラバードダムビリヤニ・ブリックフィールズ・クアラルンプール)『MY 81 Hyderabad Dum Biryani(ハイデラバードダムビリヤニ)』の外観

KL4(ハイデラバードダムビリヤニ・ブリックフィールズ・クアラルンプール)「MY81」のロゴ。テルグ語も書かれています。

KL4(ハイデラバードダムビリヤニ・ブリックフィールズ・クアラルンプール)下に見えているのは、テルグ映画の案内?

 

お店は、古びた団地の1階にあり、周辺には「ビリヤニ」や「ハイデラバード」を冠した、似たようなお店が数店舗あります。

この『MY 81 Hyderabad Dum Biryani(ハイデラバードダムビリヤニ)』は、その中でも一番立派な外観のお店。

ところで、このお店が提供しているお料理「ハイデラバードダムビリヤニ」とは、どんなお料理なのか、ちょこっとご説明。

スポンサーリンク

「ハイデラバードダムビリヤニ」とは?

「ビリヤニ」(Biryaniとは、インドやパキスタンなどで食べられている炊き込みご飯のこと。

スパイスをふんだんに使い、お米と具材を別々に調理して作る手の込んだお料理で、インドでも高級なお料理として知られています。

もともと、ペルシャを起源とし、ムガル帝国の時代に現在の形にまで洗練され、インド亜大陸全土に広まったと考えられているビリヤニ。

インドのみならず、パキスタン、スリランカ、バングラデシュ、マレーシアやインドネシアまで、様々なビリヤニのバリエーションがありますが、特に知られているのがインドのハイデラバードのビリヤニ。

ハイデラバードのビリヤニは、マリネされた肉と米を一緒に蒸し焼きにする「カッチ」と呼ばれる製法で作られるのが特徴です。

また、「ダム」というのは、ハンディの一種である、特殊なビリヤニ鍋に材料を入れ密封した後、長時間弱火にかけて加熱する調理法のこと。

「ハイデラバードダムビリヤニ」は、ハイデラバード伝統の「カッチ」と呼ばれる製法で、「ダム」と呼ばれる加熱法によって作られるビリヤニのことを言います。

 

さてさて、「ハイデラバードダムビリヤニ」の説明はこのくらいにして、さっそくお店の中へと入ってみることにしましょう〜♪

KL4(ハイデラバードダムビリヤニ・ブリックフィールズ・クアラルンプール)『MY 81 Hyderabad Dum Biryani(ハイデラバードダムビリヤニ)』の店内

KL4(ハイデラバードダムビリヤニ・ブリックフィールズ・クアラルンプール)店内は開放的な雰囲気

KL4(ハイデラバードダムビリヤニ・ブリックフィールズ・クアラルンプール)インドの絵が飾られています。

KL4(ハイデラバードダムビリヤニ・ブリックフィールズ・クアラルンプール)お客さんは全員インド系の方

 

店内は結構広めで、シンプルな内装。間口はオープンで、開放的な雰囲気。冷房は無く、天井にはファンが回っていました。

座席は50席くらいはあるでしょうか。テラス席もあります。

訪問したのは、17時頃の早い時間でしたが、お客さんは3,4組いました。全員インド系の男性です。

イートインだけでなく、テイクアウトやデリバリーも行っているようで、店員さん、テイクアウト or デリバリー用のビリヤニをせっせと用意していました。

店員さんにメニューを見せて欲しいと言ったところ、メニューは無いとのことだったので、口頭での注文。

スタンダードに、「チキンビリヤニ」と、お飲み物として、クーラーボックスにあったシュエップスのジンジャーエールを頼むことに。

注文を済ませ、お料理が運ばれてくるのを待ちます。

スポンサーリンク

ふわふわでパラパラ♪ 本場ハイデラバードのダムビリヤニ

KL4(ハイデラバードダムビリヤニ・ブリックフィールズ・クアラルンプール)シュエップスのジンジャーエール

 

注文を済ませると、すぐにお飲み物が運ばれてきました。

シュエップスのジンジャーエールです。定番のコーラにしようかと迷ったのですが、さっぱりとしたい気分だったので、今回はこちらをチョイス。

ごくごくと喉を潤していると、程なくしてお料理が運ばれてきました♪

KL4(ハイデラバードダムビリヤニ・ブリックフィールズ・クアラルンプール)「チキンビリヤニ」

 

「チキンビリヤニ」です。

生肉の層と米の層を重ね、蒸し焼きすることで、肉汁の沁み具合によって、お米の色が、白、黄色、オレンジ、茶色と色とりどりになっていて、カラフル♪

クミン、ブラックペッパー、クローブ、カルダモン、シナモン、コリアンダー、ミント、ショウガ、ニンニク.etc

様々なスパイスの風味が漂ってきて、めちゃくちゃ美味しそうです♪

KL4(ハイデラバードダムビリヤニ・ブリックフィールズ・クアラルンプール)「ライタ」と「ミルチ・カ・サラン」付き

 

もちろん、本場ハイデラバードのビリヤニ。ビリヤニの付け合わせとして、「ライタ」「ミルチ・カ・サラン」が付いてきました〜♪

「ライタ」は、インドのヨーグルトサラダで、コリアンダーやローストしたクミンシード、ミント、カイエンペッパーなどをみじん切りにした野菜とヨーグルトに加え、混ぜたもの。

「ミルチ・カ・サラン」は、ビリヤニのお供として添えられるカレーで、ターメリック、クミンシード、コリアンダーシード、ポピーシード、唐辛子、胡麻、ピーナッツ、ココナッツ、タマリンド、ショウガ、ニンニク、玉ねぎなどで作られる豪華なソース。

さてさて、さっそくいただきましょう〜♪

KL4(ハイデラバードダムビリヤニ・ブリックフィールズ・クアラルンプール)パラパラでふわふわのバスマティライス

 

『MY 81 Hyderabad Dum Biryani(ハイデラバードダムビリヤニ)』の「チキンビリヤニ」。まず、ひと口食べてびっくり!

うわっ、旨っ!

お米がふわふわのパラパラ♪ ほんと軽いんです!

ここまでふわパラなビリヤニは、日本ではなかなかお目にかかったことがありません!

サクサクいけちゃいます。

ふわパラのバスマティライスは、マリネ肉の風味と、各種スパイスの複雑な味と香りが沁み込んでいて、ひと口食べるごとに、新たな風味が広がる感じ。

KL4(ハイデラバードダムビリヤニ・ブリックフィールズ・クアラルンプール)ほろほろとほぐれるジューシーなチキン

 

ふわパラのバスマティライスの中には、ほろほろとほぐれるジューシーなチキンがゴロゴロと入っていて、これまた絶品の美味しさ★

スパイスの沁み込んだチキンは柔らかくて、旨味たっぷりだし、バスマティライスとのマッチングも最高!

そして、名脇役の「ライタ」と「ミルチ・カ・サラン」は、複雑な味の「チキンビリヤニ」にさらなる味変をもたらしてくれ、いくら食べても飽きさせません!

美味い美味いと言いつつ、あっという間に完食。そこそこのボリュームはあるものの、サラッといただけて、お腹に重さが残らないのがこれまたGood!

大満足です★

KL4(ハイデラバードダムビリヤニ・ブリックフィールズ・クアラルンプール)テイクアウト用の「ライタ」と「ミルチ・カ・サラン」

 

こちらは、テイクアウト用の「ライタ」と「ミルチ・カ・サラン」。たくさん用意しています。テイクアウトやデリバリーの方が主力なのかもしれません。

後ろの厨房には、ダム調理用のビリヤニ鍋が見えます。

KL4(ハイデラバードダムビリヤニ・ブリックフィールズ・クアラルンプール)お店の隣にあるヒンドゥー寺院

 

クアラルンプールのインド人街「ブリックフィールズ」にある、ビリヤニの本場「ハイデラバード」のビリヤニを提供するお店『MY 81 Hyderabad Dum Biryani(ハイデラバードダムビリヤニ)』

さすが、クアラルンプール在住テルグ人御用達のお店。ハイデラバードに行かずとも、本場さながらの「ダムビリヤニ」をいただけるお店です。

ふわふわパラパラの「チキンビリヤニ」は、本当に絶品★

ハイデラバードに行きたい欲が否応なしに高まってきてしまいました♪

 

ちなみに、今回いただいたのは、クアラルンプールのインド人街「ブリックフィールズ」のテルグエリアの「ハイデラバードダムビリヤニ」ですが、実は、クアラルンプールは、知られざるビリヤニ天国。

本場インドやパキスタンのビリヤニのみならず、マレーシア風に様々なおかずと一緒に食べる「ナシビリヤニ」や、釜飯風の「クレイポットビリヤニ」。ウズベキスタンのブハラテイストの「ブハラビリヤニ」を食べられるお店もあるそう。

次回、クアラルンプールに行った時は、是非ともそんなビリヤニも食べてみたいです。

スポンサーリンク

『MY 81 Hyderabad Dum Biryani(ハイデラバードダムビリヤニ)』の地図・アクセス

  • 住所:4, Jalan Berhala, Brickfields, 50470 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, マレーシア
  • 電話:+60122274689
  • 営業時間:7:00~22:00

スポンサーリンク

マレーシア・クアラルンプールのレストラン

Nasi Lemak Wanjo|ナシレマが美味しいカンポンバルの人気店【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールの下町「カンポンバル」にあるマレーシアの国民食「ナシレマ」の専門店『Nasi Lemak Wanjo(ナシレマ・ワンジョー)』。間違いなく美味しい「ナシレマ」をいただけるお店。クアラルンプールに行ったら、是非とも訪問して欲し...
MTR 1924|絶品のドーサとイドゥリ&ワダを賞味【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールのインド人街「ブリックフィールズ」にある、南インドの軽食ティファンのお店『MTR 1924』。1924年にバンガロールで創業した同店は、さすが老舗。ティファンメニューのバラエティの豊富さに驚かされます。本場直送のスパイスを使った「イドゥリ」や「ドーサ」は、現地南インドと変わらない本場の美味しさ♪
MY 81 Hyderabad Dum Biryani|KLでいただく本場ハイデラバードのダムビリヤニ【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールのインド人街「ブリックフィールズ」にある、ビリヤニの本場「ハイデラバード」のビリヤニを提供するお店『MY 81 Hyderabad Dum Biryani(ハイデラバードダムビリヤニ)』。さすが、クアラルンプール在住テルグ人御用達のお店。ハイデラバードに行かずとも、本場さながらの「ダムビリヤニ」をいただけるお店です。ふわふわパラパラの「チキンビリヤニ」は、本当に絶品★
KAK SOM|カンポン・バルで青いご飯の「ナシクラブ」を賞味【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールの下町「カンポンバル」にある、マレー料理のお店『KAK SOM(カク・ソム)』。マレー半島北東部のソウルフード、青いご飯がインパクト抜群の「ナシクラブ」や、マイチョイスのおかずでオーダーできる「ナシチャンプル」をいただけるお店。特に「ナシクラブ」は、クアラルンプールで食べられるお店は多くないので、このお店は貴重です。
Sun Fong Bak Kut Teh (新峰肉骨茶)|マレーシアバクテーを食べるならこのお店!【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールの繁華街「ブキッビンタン」にあるマレーシアバクテーのお店『Sun Fong Bak Kut Teh (新峰肉骨茶)』。10種類の漢方が使われているという、濃い茶色をしたマレーシア風醤油バクテーは、深みのあるお味。さすが、1971年から続く老舗人気店。クアラルンプールに行ったら、是非とも訪問したいお店のひとつです★
Hon Kee Porridge(漢記)|体に沁み渡るホンキーの中華粥【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールのチャイナタウンにあるお粥のお店『Hon Kee Porridge(漢記)』。ガタガタしたテーブルで、器も簡素なプラスチック製ですが、お粥のお味はシンプルながら抜群の美味しさ♪ つっけんどんな感じだけど、店員さんもよく気が利き、サービスもGood! 人気店なのも頷けるお店です。
Sri Nirwana Maju(スリ・ニルワナ・マジュ)|ミシュランガイド掲載の「バナナリーフライス」(ミールス)専門店【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールにある南インドミールス(バナナリーフライス)をいただけるお店『Sri Nirwana Maju(スリ・ニルワナ・マジュ)』。さすが、「ミシュランガイド」に掲載されているお店。優しいお味で食べやすく、一品一品のおかずが美味しい♪ トータルで満足できるミールスでした。
Limapulo(リマプロ)|マラッカ出身のババが作った「ニョニャ・ラクサ」が絶品!【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールにある本格的な「ニョニャ料理」を提供しているお店『Limapulo(リマプロ)』。ニョニャ料理の本場マラッカ出身のババが作り出した「Nyonya Laksa(ニョニャ・ラクサ)」は、ココナッツミルクベースでエビ出汁の旨味が濃厚な、本当に美味しいラクサでした♪ さすが「ミシュランガイド」に評価されたラクサです★
Village Park Restaurant(ビレッジ・パーク・レストラン)|マレーシアNo.1の美味しい「ナシレマ」【クアラルンプール】
マレーシアで「ナシレマ」が一番美味しいと言われるお店『Village Park Restaurant(ビレッジ・パーク・レストラン)』。サクサクした揚げカスが塗されたフライドチキンが乗った「ナシレマ・アヤムゴレン」は、大人気なのも納得の美味しさ。マレーシアの国民食「ナシレマ」をいただくなら、まずは、このお店を訪問するのがオススメです★
Bunn Choon Restaurant(品泉茶室)|チャイナタウンにある絶品エッグタルトのお店【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールのチャイナタウンにある、エッグタルトと点心の専門店『Bunn Choon Restaurant(品泉茶室)』。1893年創業の歴史あるお店です。お店の看板メニューの「エッグタルト(蛋塔)」は、サクサクのペイストリー生地と、卵の濃厚さがありながらも、意外とさっぱりしていて甘さも控えめなカスタードのマッチングが最高♪ 何個でも食べられそうな、美味しいエッグタルトです★

コメント