KAK SOM|カンポン・バルで青いご飯の「ナシクラブ」を賞味【マレーシア・クアラルンプール】

KL4(KAK SOM・カンポンバル・クアラルンプール) グルメ
記事内に広告が含まれています。

マレーシアの首都クアラルンプール。その下町エリアである「カンポンバル」に、マレー半島北東部ケランタン州やトレンガヌ州のソウルフード「ナシクラブ」を食べられるお店があります。

お店の名前は、『KAK SOM(カク・ソム)』

『KAK SOM(カク・ソム)』の行き方は、↓のお店と同じなのでご参照ください。

KL4(カンポンバル・クアラルンプール)カンポンバルの飲食店ストリート「Jalan Raja Muda Musa」

 

カンポンバルの飲食店ストリート「Jalan Raja Muda Musa」。通りに入ってすぐ左手に、『KAK SOM(カク・ソム)』はあります。

スポンサーリンク

ナシチャンプルをいただけるカンポンバルの人気マレー料理店

KL4(KAK SOM・カンポンバル・クアラルンプール)『KAK SOM(カク・ソム)』の外観

 

こちらが、『KAK SOM(カク・ソム)』の外観。

『KAK SOM(カク・ソム)』は、ご飯を盛ったお皿にお好みで選択したおかずを乗せるプレート「ナシチャンプル」を提供しているお店です。

KL1(カンポンバル、クアラルンプール)『KAK SOM(カク・ソム)』の店内

KL4(KAK SOM・カンポンバル・クアラルンプール)店員さんはマレー系のお姉さん

 

マレー系のお店なので、店員さんはマレー系のお姉さんやお兄さん。

もちろん、お料理は全てハラール対応です。

KL4(KAK SOM・カンポンバル・クアラルンプール)カウンターに並べられた沢山のおかず

KL4(KAK SOM・カンポンバル・クアラルンプール)ナシチャンプル方式でおかずを選べます。

 

カウンターには、たくさんのおかずが並べられています。

お客は、お皿の上にご飯を盛り、お好みのおかずを選んでお皿に乗せていき、最後に乗せたおかずに応じて料金を支払います。

これが、マレーシアやインドネシアの食堂でスタンダードな「ナシチャンプル」というお食事のスタイルです。

KL4(KAK SOM・カンポンバル・クアラルンプール)カレー煮込み系

KL4(KAK SOM・カンポンバル・クアラルンプール)魚やお肉のおかず

KL4(KAK SOM・カンポンバル・クアラルンプール)魚肉つみれ系

KL4(KAK SOM・カンポンバル・クアラルンプール)ソーセージ

KL4(KAK SOM・カンポンバル・クアラルンプール)ソース?

KL1(カンポンバル、クアラルンプール)ソムタムを作ってます。

 

おかずは、カレー煮込み系、肉や魚などの煮物、揚げ物、焼き物。ソーセージ、野菜のサラダなど、品数豊富。

ルンダンやアヤムゴレン、イカンバカール。店頭ではソムタムも作っていました。

マレー半島は、西隣にあるインドネシア・スマトラ島と類似した料理が多く、また、北東部ケランタンやトレンガヌは、タイと隣接しているので、タイ料理との共通点も多そう。

KL4(KAK SOM・カンポンバル・クアラルンプール)『KAK SOM(カク・ソム)』のメニュー

 

こちらが、お店の壁に掲げられていた『KAK SOM(カク・ソム)』のメニュー。

今回は「ナシクラブ」を食べようと決めていたので、カウンターで「ナシクラブ」を注文。

2人で行ったので、もうひと皿は別のものをということで、お好みのおかずをチョイスした、マイ「ナシチャンプル」にしました。

お会計は、「ナシクラブ」と「ナシチャンプル」、フレッシュスイカジュース×2で、RM30.2(約950円)

会計を済ませ、お料理を受け取り、空いている座席を探します。

KL4(KAK SOM・カンポンバル・クアラルンプール)お客さんはほぼマレー系

 

簡素なテーブルと椅子が並ぶ店内。座席は60〜70席くらいはあるでしょうか。

お客さんはかなり入っていて、家族連れ、男性グループ、女性グループ、おひとり様など客層は多様ですが、ほぼマレー系の人である様子。

空いている席はあったので、席に座り、さっそくお料理をいただくことにします。

スポンサーリンク

青いご飯がインパクト抜群!「ナシクラブ」をいただく♪

KL4(KAK SOM・カンポンバル・クアラルンプール)スイカのフレッシュジュース

 

席に座ってほどなくすると、「スイカのフレッシュジュース」が運ばれてきました。

スイカの果肉がどっさり入った、さっぱり&甘いスイカジュース。

間違いない美味しさ♪ 量も多くて満足!

KL4(KAK SOM・カンポンバル・クアラルンプール)「ナシクラブ」

 

そして、こちらがお料理「ナシクラブ」です。

マレー語で、”ナシ”はご飯、”クラブ”はサラダのこと。

ライスに各種生野菜を乗せ、ココナッツフレークやサンバルなどの調味料を掛けた、”サラダごはん”が「ナシクラブ」です。

「ナシクラブ」の特徴は、何と言っても、青い色のご飯。この青色は「バタフライピー(チョウマメ)」の花の色で、お米をバタフライピーの花と一緒に炊くことで、青い色のご飯になるのだそうです。

ちなみに、バタフライピー自体は味も香りもないので、単に見映えを良くするのが目的である様子。

KL4(KAK SOM・カンポンバル・クアラルンプール)バタフライピーで色付けされた青いご飯、ローストココナッツと魚のフレーク、サンバルソース、キャベツ、お魚の甘辛煮

 

今回、お姉さんに用意してもらった「ナシクラブ」は、バタフライピーで色付けされた青いご飯に、生キャベツ、ダウンケソム(ベトナムコリアンダー)、ローストココナッツと魚のフレーク、サンバルソースが添えられたもの。お魚の甘辛煮は、オプションで付けてもらいました。

お味は、そこまで「旨い!」って感じではなかったのですが、甘辛くてこってりしたお料理の多いマレー料理の中では、比較的あっさりさっぱり食べられる感じ。ヘルシーです★

「ナシクラブ」は、その名の通り、生野菜がメインのお料理なので、キャベツでなく別の野菜(もやし、インゲン、ロングビーンズ、四角豆など)が使われていたら、印象が変わったのかもしれません。

KL4(KAK SOM・カンポンバル・クアラルンプール)ナシチャンプル

 

こちらは、「ナシチャンプル」

白いご飯に、鯖のようなお魚のカレー煮、空芯菜の炒め物、インゲンとキャベツのサラダ、インゲンの煮物が乗っています。

KL4(KAK SOM・カンポンバル・クアラルンプール)白ご飯、お魚のカレー煮、インゲンの煮物、生野菜

 

ココナッツミルク味のお魚のカレー煮は甘辛いお味。マレー料理らしいスタンダードなお味でなかなかの美味しさ♪

KL4(KAK SOM・カンポンバル・クアラルンプール)ひっきりなしに来るお客さん

 

お店は大盛況で、ひっきりなしにお客さんが来店していました。

皆さん、自分好みの「マイナシチャンプル」をオーダーしているのでしょう〜。

マレー料理に慣れて、好みのおかずが見つかったら、満足度がもっと高まりそうです。

KL4(カンポンバル・クアラルンプール)カンポンバル駅から見えた「ペトロナスツインタワー」

 

クアラルンプールの下町「カンポンバル」にある、マレー料理のお店『KAK SOM(カク・ソム)』

マレー半島北東部のソウルフード、青いご飯がインパクト抜群の「ナシクラブ」や、マイチョイスのおかずでオーダーできる「ナシチャンプル」をいただけるお店。

特に「ナシクラブ」は、クアラルンプールで食べられるお店は多くないので、このお店は貴重です。

スポンサーリンク

『KAK SOM(カク・ソム)』の地図・アクセス

  • 住所:19, 13, Jalan Raja Muda Musa, Kampung Baru, 50300 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, マレーシア
  • 電話:+60176131195
  • 営業時間:7:00~0:00

スポンサーリンク

「マレーシア」現地のレストラン・カフェ

Nasi Lemak Wanjo|ナシレマが美味しいカンポンバルの人気店【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールの下町「カンポンバル」にあるマレーシアの国民食「ナシレマ」の専門店『Nasi Lemak Wanjo(ナシレマ・ワンジョー)』。間違いなく美味しい「ナシレマ」をいただけるお店。クアラルンプールに行ったら、是非とも訪問して欲しいお店のひとつです★
KAK SOM|カンポン・バルで青いご飯の「ナシクラブ」を賞味【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールの下町「カンポンバル」にある、マレー料理のお店『KAK SOM(カク・ソム)』。マレー半島北東部のソウルフード、青いご飯がインパクト抜群の「ナシクラブ」や、マイチョイスのおかずでオーダーできる「ナシチャンプル」をいただけるお店。特に「ナシクラブ」は、クアラルンプールで食べられるお店は多くないので、このお店は貴重です。
Sun Fong Bak Kut Teh (新峰肉骨茶)|マレーシアバクテーを食べるならこのお店!【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールの繁華街「ブキッビンタン」にあるマレーシアバクテーのお店『Sun Fong Bak Kut Teh (新峰肉骨茶)』。10種類の漢方が使われているという、濃い茶色をしたマレーシア風醤油バクテーは、深みのあるお味。さすが、1971年から続く老舗人気店。クアラルンプールに行ったら、是非とも訪問したいお店のひとつです★
MTR 1924|絶品のドーサとイドゥリ&ワダを賞味【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールのインド人街「ブリックフィールズ」にある、南インドの軽食ティファンのお店『MTR 1924』。1924年にバンガロールで創業した同店は、さすが老舗。ティファンメニューのバラエティの豊富さに驚かされます。本場直送のスパイスを使った「イドゥリ」や「ドーサ」は、現地南インドと変わらない本場の美味しさ♪
MY 81 Hyderabad Dum Biryani|KLでいただく本場ハイデラバードのダムビリヤニ【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールのインド人街「ブリックフィールズ」にある、ビリヤニの本場「ハイデラバード」のビリヤニを提供するお店『MY 81 Hyderabad Dum Biryani(ハイデラバードダムビリヤニ)』。さすが、クアラルンプール在住テルグ人御用達のお店。ハイデラバードに行かずとも、本場さながらの「ダムビリヤニ」をいただけるお店です。ふわふわパラパラの「チキンビリヤニ」は、本当に絶品★
Sri Nirwana Maju(スリ・ニルワナ・マジュ)|ミシュランガイド掲載の「バナナリーフライス」(ミールス)専門店【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールにある南インドミールス(バナナリーフライス)をいただけるお店『Sri Nirwana Maju(スリ・ニルワナ・マジュ)』。さすが、「ミシュランガイド」に掲載されているお店。優しいお味で食べやすく、一品一品のおかずが美味しい♪ トータルで満足できるミールスでした。
Hon Kee Porridge(漢記)|体に沁み渡るホンキーの中華粥【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールのチャイナタウンにあるお粥のお店『Hon Kee Porridge(漢記)』。ガタガタしたテーブルで、器も簡素なプラスチック製ですが、お粥のお味はシンプルながら抜群の美味しさ♪ つっけんどんな感じだけど、店員さんもよく気が利き、サービスもGood! 人気店なのも頷けるお店です。
Limapulo(リマプロ)|マラッカ出身のババが作った「ニョニャ・ラクサ」が絶品!【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールにある本格的な「ニョニャ料理」を提供しているお店『Limapulo(リマプロ)』。ニョニャ料理の本場マラッカ出身のババが作り出した「Nyonya Laksa(ニョニャ・ラクサ)」は、ココナッツミルクベースでエビ出汁の旨味が濃厚な、本当に美味しいラクサでした♪ さすが「ミシュランガイド」に評価されたラクサです★
Village Park Restaurant(ビレッジ・パーク・レストラン)|マレーシアNo.1の美味しい「ナシレマ」【クアラルンプール】
マレーシアで「ナシレマ」が一番美味しいと言われるお店『Village Park Restaurant(ビレッジ・パーク・レストラン)』。サクサクした揚げカスが塗されたフライドチキンが乗った「ナシレマ・アヤムゴレン」は、大人気なのも納得の美味しさ。マレーシアの国民食「ナシレマ」をいただくなら、まずは、このお店を訪問するのがオススメです★
Bunn Choon Restaurant(品泉茶室)|チャイナタウンにある絶品エッグタルトのお店【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールのチャイナタウンにある、エッグタルトと点心の専門店『Bunn Choon Restaurant(品泉茶室)』。1893年創業の歴史あるお店です。お店の看板メニューの「エッグタルト(蛋塔)」は、サクサクのペイストリー生地と、卵の濃厚さがありながらも、意外とさっぱりしていて甘さも控えめなカスタードのマッチングが最高♪ 何個でも食べられそうな、美味しいエッグタルトです★
マレーシア・クアラルンプールのレストラン・カフェ《おすすめ》11店舗をご紹介♪
マレー系、中華系、インド系.etc。様々な民族が暮らす多民族国家マレーシア。もちろん、お料理もマレー系、中華系、インド系それぞれの料理があり、それぞれの名物料理があります。クアラルンプールで、マレー系(3店舗)、中華系(3店舗)、インド系(3店舗)のレストランと、カフェ(2店舗)を訪問しましたのでご紹介します★
アジアで食べた現地のお料理《41品》をご紹介!
アジア各国で食べたお料理をご紹介します。ご紹介するのは、タイ、ベトナム、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、インドネシア、ラオス、台湾、韓国のお料理。日本にはアジア各国のお店がありますが、現地アジアはやっぱり本場。びっくりするような美味しいお料理や、日本では食べたことがないお料理をいただくことが出来ました★
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント