成田からサンフランシスコ経由でメキシコシティへ★ユナイテッド航空で15時間!

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】 エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

タコスやトルティーヤなどのメキシコ料理、マリアッチが奏でる陽気な音楽、テキーラやマルガリータなどのお酒、マヤやアステカの遺跡、ルチャ・リブレ、テンガロンハット。

メキシコのイメージってこんな感じ?

太陽の国、メキシコ(México)に行ってまいりましたー!

スポンサーリンク

太陽の国、メキシコへ

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

今年(2016年)のお盆休みに、5泊7日でメキシコに行きました(訪問したのはメキシコシティ&グアナファト)

ユナイテッド航空利用サンフランシスコ経由でメキシコシティまで、乗り継ぎ含めて約15時間半。標高2、240mのメキシコシティに到着です!

お盆なので、チケット代金はやっぱり高~い。でも、2月に予約してたので、ピークよりは安かったと思います。

フライトスケジュールは、

  • 8/10(水) ユナイテッド838便  成田~サンフランシスコ      17:10~10:40
  • 8/10(水) ユナイテッド821便  サンフランシスコ~メキシコシティ 12:45~19:20
  • 8/13(土) アエロメヒコ130便  メキシコシティ~グアナファト   16:00~17:01
  • 8/15(月) ユナイテッド5210便  グアナファト~ロサンゼルス    07:00~08:45
  • 8/15(月) ユナイテッド032便  ロサンゼルス~成田        11:50~15:00

飛行ルートはこんな感じ↓

成田〜メキシコシティ

ところで、メキシコ、アジアやヨーロッパの国と違って、いろいろ不安要素があります。。

メキシコシティは治安があまり良くないと言われているし、標高2、240mなんて、高山病にならないか心配。。

スペイン語の国なので言葉が通じるか不安だし、久しぶりの長距離フライトなので時差ボケも心配。。

・・・などなど、いくつも不安があり、事前に色々調べたけれど、完全に不安を拭うことはできず、出発の日を迎えました。

ま、でも何とかなるでしょ、という楽観的な考えで、出発~!

スポンサーリンク

メキシコってどんなとこ?

メキシコってどんなとこ?

メキシコに行くということで、メキシコについてちょこっと説明します。

メキシコ国旗メキシコ国旗

メキシコ地図メキシコの地図

 

メキシコは、正式名称は「メキシコ合衆国」(Estados Unidos Mexicanos)と言います。

アメリカの南にあり、地域的には北米ですが、スペイン語圏で文化的にはラテンアメリカの国です。

日本の約5倍の国土を持ち、北西部の広大な乾燥地帯からメキシコシティ周辺の高地、ユカタン半島周辺のジャングル地帯など、気候や景観は多様です。

人口は1億2,000万人。メスティーソ(スペイン人とインディヘナの混血)が60%、インディヘナが25%、白人が14%。ローマ・カトリックを信仰している人が82%もいます。

GDPは世界15位で韓国と同程度の経済規模。

地下資源が豊富で、石油や銀、銅などが産出され、自動車、製鉄、家電製品など工業も盛ん。観光資源も豊かですが、対米依存度は高いです。

国民の所得格差はラテンアメリカの中では少ない方ですが、アメリカとの格差は大きく、アメリカへの不法移民が問題になっています。

政治は、大統領を国家元首とする連邦共和政で、大統領は国民投票によって選出されます。

 

古代より、マヤアステカなどの高度な文明が繁栄し、特にアステカは強大な軍事国家として中米全土を支配下に置いていました。

1519年、スペイン人のエルナン・コルテスがメキシコに上陸し、アステカ帝国を滅ぼします。

以後、300年の間、メキシコはスペインの植民地支配下に置かれました。独立したのは1821年のことです。

 

文化は、マヤやアステカなどの先住民族の文化とスペインの文化が融合した文化で、特に絵画、彫刻、建築、文学、音楽などでは、世界的に有名な作家を多数輩出しています。

また、メキシコ料理も世界的に普及しています。

スポーツは、サッカーや野球、ボクシングなどが人気。また、メキシコ大衆プロレス「ルチャ・リブレ」も高い人気を誇っています。

 

さてさて、メキシコのお国紹介はこんなところにして、そろそろ飛行機でメキシコへと向かいましょう〜♪

スポンサーリンク

成田からユナイテッド航空でサンフランシスコへ

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

当日、成田空港第一ターミナルには、余裕をもって3時間前くらいに到着。

お盆とあって、空港はかなり混雑していました。

ちょうどオリンピックが始まっていたので、ブラジルへ向かう人たちもたくさんいらっしゃったみたいです。「JAPAN」とかかれたジャージ姿の団体さまもいたので、選手とか関係者だったかも。。

 

メキシコの通貨はペソ。成田でひとまずドルに両替をして、メキシコについてからドル→ペソに両替しようと思ってたのですが、成田の銀行でもペソの取り扱いがあったので、レートは良くないかもしれませんが、ここで両替をしてしまいました!

5万円で、6,200ペソ(1ペソ=8円)

結構時間かかりました。。

出国審査を済ませて、ゲートへ向かいます。

中途半端な時間だったので、ご飯を食べるか迷ったけれど、機内食まではまだかなり時間があるので、軽く食べることに。

ゲートに入ってしまったので、飲食店はあまりなく、マクドナルドへ~

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

早めに空港に着いたはずが、あまり時間がなくなってしまいました。

お腹も満たされたところで、搭乗ゲートへ!

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

サンフランシスコ行き、お客さんたくさんいます。満席かなぁ。

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

いよいよ搭乗!

機内はほぼ満席でした。

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

離陸後まもなくのドリンク&スナックのサービス。

ユナイテッド航空とコカ・コーラの、コラボ紙ナプキンがかわいい♪

そして、最初の機内食(夕食)です。

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

チキンorパスタで、チキンをチョイス。

照り焼きチキン、普通に美味しかったです。コーンと枝豆のサラダがとても美味しかった。

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

食後には、グリコのバニラアイス 嬉しい♪

コーヒーも飲んで、ホッと一息。

 

サンフランシスコまで、約9時間半。夜なので寝ます。

寝れたけど、首が痛くなって何回も起きては寝ての繰り返し。

そして、2回目のお食事(朝食)です。

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

チーズオムレツor親子丼で、チーズオムレツをチョイス。

朝食に親子丼なんて、チョイスが不思議。

このオムレツは、うーんイマイチだったかな。。

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

オリンピック用のコカ・コーラとのコラボ紙ナプキン。これもカワイイ♪

 

機内では、ほとんど寝て過ごし、いよいよサンフランシスコに近づいてきました!

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

アメリカ大陸~! かなり久しぶりなので、なんだか感動。

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

サンフランシスコ空港に到着! 乗り継ぎなので、「Connecting Flights」へ。大きくて分かりやすい。

この後の入国審査、1時間半くらいかかりました~ なんでこんなにかかるのか。。入国審査官、のんびりし過ぎ~!!

乗り継ぎ時間2時間しかないので、ドキドキでした。

スポンサーリンク

サンフランシスコで乗り継ぎ。メキシコシティへと向かう

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

搭乗ゲート近くのお店。アメリカ~ンなお菓子やグッズが並んでいます。

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

サンフランシスコの青空 西海岸!って感じ。

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

空港で買ったお水。400円近くした 高っ!!

 

サンフランシスコからメキシコシティへの機内へ乗り込みます。

メキシコ人のお客さんが多い様子。

座席は3-3の小さめの機材です。

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

機内サービスは、ドリンクとプレッツェルのスナックのみ。

約4時間のフライトでメキシコシティに到着です。

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

早速メキシコっぽい、カラフルな壁画がお出迎え。

メキシコまで来ちゃった~と実感。

入国審査を済ませ、市内へと向かいます!

スポンサーリンク

メキシコシティ到着!タクシーで市内へ

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

市内へは、タクシーで。

「TAXI」と書かれた案内板に沿って来たら、タクシーのチケット売り場にたどり着きました。

いくつかの会社のブースが並んでますが、ネットで調べたところ、『excelencia』という会社がサービスが良くて安心とのことだったので、それを探します。

「TAXI、TAXI~」と呼び込みの声が。でも、私たちは『excelencia』です(笑)

真ん中のお姉さんのブースが『excelencia』社でした。

行き先(ホテル)を告げ、チケットを購入。空港からホテルまで215ペソ(1,720円)でした。

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

外に出ると、ズラーっとタクシー乗り場が。20時前だけど、外はまだ明るいです。

係の人にチケットを見せると「excelenciaは、一番奥だ」と。

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】ここから出て来ます。

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】イエローキャブがいっぱい!

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

ありました~! ホントに一番奥に、寂し気に『excelencia』のカウンターが。

係の人にチケットを見せると、無線で連絡。「少し待って」みたいなことを言われ、タクシーを待ちます。

ところが、なかなかタクシーは現れず、15~20分は待ったような気がします。

うーん、『excelencia』どうした!

待ってる間、最初気になりませんでしたが、ふと空気薄いかも。。と気づきました。そういえば、ここメキシコシティの標高は2,240m!!

気づいちゃうと、なんだか苦しい気がしてきた 高山病にならないように、深呼吸をします。

そして、やっとタクシーが来て、市内(セントロ)へ向かいます。

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

タクシーから撮った写真。薄暗くなってきました。

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

途中ビックリしたのが、この高速の柱に描かれた絵!

かなり本格的でカラフルな絵が、ずーっと続いています。

有名人や偉人のイラストもたくさんあり、とっても興味深かったです。

これはいったい何のために描かれたのか。。

 

そして、約30分でホテルに到着!

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

メキシコシティでのホテルは『ホテル ヒストリコ(イストリコ) セントラル(Hotel Histórico Central)』

中心のセントロ地区に位置する、立地◎なホテルです。

 

ホテルの記事はこちら↓

成田〜メキシコシティ(メキシコシティ①)【メキシコ】

ホテルの前の通り。古い建物が建ち並んでいて、雰囲気あります。

さて、チェックインをして、夕食を食べに出かけましょう~。

夕食は、コロナの生ビールが飲めるお店『サロン・コロナ』でいただきました♪

 

サロン・コロナの記事はこちら↓

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

マヤ・アステカなどの発掘品に大興奮!メキシコ古代文明を満喫できる「国立人類学博物館」
メキシコシティに行ったら必ず訪れようと思っていたのが「国立人類学博物館」。テオティワカン、マヤ、アステカなどの遺跡から発掘された壁画や石像を中心に、収蔵されている文化財は12万5,000点を超え、そのうちの6,000点ほどが展示されています。メキシコの古代文明を知るなら、絶対に訪れるべき必見の博物館です★
450年間色褪せない!「グアダルーペ寺院」で見た奇跡の聖母マリア像【メキシコ】
メキシコシティ北部にある「グアダルーペ寺院(Basilica De Guadalupe)」。この寺院は、メキシコ人だけでなくローマ・カトリック教徒全体にとっても重要な場所。ここは、バチカン公認の聖母出現の地でもあるのです。 メキシコ人の崇拝の対象になっている「グアダルーペの聖母(褐色の聖母)」は必見です★
「テオティワカン遺跡」で歴史ロマンを満喫!現地発半日ツアー(ガイド付き)【メキシコ】
「テオティワカン遺跡」へは、公共のバスを使って行くこともできますが、今回は現地旅行会社のツアーを利用。旅行会社は、日本人の方が経営している旅行会社で、ネットで予約をしました。ツアー内容は、グアダルーペ寺院とテオティワカン遺跡を訪れる半日ツアーで、ドライバーと日本人ガイド付き。
メキシコプロレス「ルチャリブレ」を聖地「アレナ・メヒコ」で観る!
メキシカンスタイルのプロレス「ルチャリブレ(Lucha Libre)」は、メキシコの国民に熱狂的に愛されている大衆芸能(格闘技)で、本国メキシコだけでなく中南米全体で高い人気を誇っています。今回、メキシコシティにあるルチャリブレの聖地「アレナ・メヒコ(Arena Mexico)」で興行を観てきたので、ご紹介します★
『フリーダ・カーロ博物館』・・近代メキシコの女流画家「フリーダ・カーロ」の生家「青い家」【メキシコ】
女流画家フリーダ・カーロの生家を、博物館として開放した「フリーダ・カーロ博物館」。夫ディエゴ・リベラとの思い出が詰まった調度品や作品などがたくさん飾られています。近年、フリーダ・カーロの伝記や作品集の刊行、映画の公開などにより、ファンが急増しているとのこと。ファンにとっては、必見の場所です!
ピピラの丘から見た昼間のグアナファトの街は白く輝いていました☆【世界遺産】
メキシコ中央高原にあるコロニアル都市「グアナファト」。ピピラの丘から見えるカラフルなグアナファトの街並みは、まさに絶景です!早朝に続き、お昼にもピピラの丘に登り、朝とは違った景色を堪能しました♪
本場の味が楽しめる「メキシコ料理店」《おすすめ》9店舗をご紹介!
本場の味が楽しめるメキシコ料理店をご紹介します。アメリカナイズされたテクス・メクス料理ではない、本場メキシコのお料理を提供しているお店は都内でも数えるほどしかありません。東京にある、本場メキシコの味が楽しめるお店を9店舗ご紹介します★
♪メキシコ・ロック界の大御所「マナー(Maná)」の名曲「Mariposa traicionera」
メキシコのU2と言われることもあるメキシコ・ロック界の大御所「マナー(Maná)」。日本ではあまり知られていませんが、メキシコを始めラテン・アメリカでは有名なバンドで、これまでのアルバムの総販売枚数は全世界で4000万枚以上。世界で最も成功したラテン・アメリカのバンドと言われています。
♪システマ・ボム/エレクトロ・ハローチョ(メキシコの伝統音楽をハイブリッド化)
メキシコ東海岸、ベラクルス州発祥の音楽「ソン・ハローチョ」。スペインとアフロ・カリビアンの音楽がミックスされた伝統のアコースティック音楽です。この「ソン・ハローチョ」を現代的なエレクトリックを使ってハイブリッド化したのが、「システマ・ボム」のアルバム「エレクトロ・ハローチョ」です。

コメント