スポンサーリンク
韓国・東アジア料理

韓国の滋養食ソルロンタン『赤坂一龍』@赤坂

韓国の滋養食ソルロンタン『赤坂一龍』。ソルロンタンとは、韓国の代表的な料理のひとつで、牛の肉・骨を長時間(10時間以上)煮込んで作る、乳白色のシンプルなスープ料理です。韓国では、老舗やチェーン店などの専門店が、早朝から、あるいは24時間で営業していて、朝食・昼食として広く食べられています。
エスニックな旅

アメリカを旅する★ニューヨーク・ワシントンD.C.・マイアミ・ロサンゼルス【アメリカ】

2003年6月、アメリカに訪問しました。フランクフルトからシンガポール航空を利用してニューヨークに到着。ニューヨークからグレイハウンドバスに乗ってワシントンD.C.、マイアミへと移動しました。今回は、アメリカで訪れた、ニューヨーク、ワシントンD.C.、マイアミ、ロサンゼルスを紹介します。
エスニックな旅

世界一の“都会”ニューヨーク・マンハッタンの街散歩★(メジャーリーグ観戦も♪)【アメリカ】

アメリカ最大の都市であり、全世界で最も影響力がある都市と言っても過言ではない町「ニューヨーク(New York)」。ブロードウェイを歩き、ハーレムを散策。ヤンキースタジアムでメジャーリーグを観戦し、ブロードウェイミュージカルを観賞。マンハッタンの夜景を眺め、グリニッジビレッジでジャズを堪能しました♪
ヨーロッパの旅

ガウディの建物めぐり(グエル公園、サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、カサ・バトリョ) in バルセロナ【スペイン】

19世紀末、スペインにはモデルニスモと呼ばれる芸術運動が起こります。この新しい運動に触発された芸術家たちは、多くの装飾的建築物をこのバルセロナに建てました。「アントニオ・ガウディ」は、その代表的な存在です。私はこの街にいくつかあるガウディの建物を巡ることにしました。
ヨーロッパの旅

バルセロナを観光しアンドラへ★ゴシック地区・カンプノウスタジアム・闘牛【スペイン】

スペイン第二の都市、カタルーニャ地方の中心都市であるバルセロナの街歩き。旧市街のゴシック地区を歩き、サン・ジュセップ市場を物色。カンプノウスタジアムでFCバルセロナの試合を観戦し、モヌメンタル闘牛場で闘牛を鑑賞。バルセロナを発った後は、アンドラを経由してフランスへと向かいました。
東ヨーロッパの旅

東欧を巡る旅★フランクフルトからプラハ、クラクフ、ブダペストへ

ドイツの「フランクフルト(Frankfurt am Main)」から、チェコの「プラハ(Praha)」、ポーランドの「クラクフ(Kraków)」を通ってハンガリーの「ブダペスト(Budapest)」まで行きました。フランクフルト、プラハ、クラクフ、ブダペストの街とアウシュヴィッツ強制収用所をご紹介致します★
ヨーロッパの旅

イタリア縦断★古代ローマとルネサンスに触れる旅 in 1996【イタリア】

「イタリア」を旅しました。中世の港湾都市ジェノヴァ、世界最大のゴシック建築のあるミラノを経由し、水の都ヴェネツィア。ルネサンスの花の都フィレンツェやパリオ祭で賑わうシエナを抜け、永遠の都ローマとカトリックの総本山バチカン。ヴェスビオス火山を望むナポリと噴火により消失したポンペイの遺跡を巡って、ギリシャへ。
ヨーロッパの旅

中世ゴシック建築の傑作「シャルトル大聖堂」を見る(世界遺産)【フランス・シャルトル】

フランス中部ロワール県。パリ、モンパルナス駅から急行に乗り、50分ほど南西へ進んだ、黄緑色の麦畑が広がるボース平原のただ中に、ひときわ目立つ大聖堂が立っています。中世ゴシック建築の傑作といわれる聖堂「シャルトル大聖堂」です。
ヨーロッパの旅

パリの街歩き★凱旋門、エッフェル塔、ルーブル美術館、ノートルダム大聖堂まで【フランス】

花の都、芸術の都「パリ(Paris)」。映画、文学、演劇、音楽など、様々な作品の舞台となってきた、世界中の人々の憧れの街「パリ」。いつ訪れても華やいだ気分になれる魅力的な町です♪ 今回は、パリの観光名所と街並みを写真でご紹介します。
ヨーロッパの旅

ロンドンの見どころを巡り、海峡の町ドーバーへ in 1996【イギリス】

ロンドンへは、アエロフロート航空を利用しモスクワ経由で訪問しました(1996)。ロンドンで5日間ほど滞在した後、列車を使って海峡の町ドーバーへと向かいます。ロンドンで巡り歩いた見どころ、ドーバーの町について、簡単にご紹介。
ウズベキスタンの旅

ブハラの交差点バザール「タキ」でお買い物【ウズベキスタン】

ブハラの旧市街には、「タキ」と呼ばれるバザールがあります。「タキ」とは、大通りの交差点を丸屋根で覆ったバザールのこと。「タキ」は、丸屋根という意味です。タキは、エスニックな雑貨や工芸品の宝庫。絨毯や皿、陶器や帽子など様々なものが売られています。
布と雑貨

マリのボゴランフィニ(泥染)とブルキナファソの藍の絞り染

マリのボゴランフィニ(泥染)とブルキナファソの藍の絞り染です。温かみを感じさせる幾何学文様と布の風合いがナイス!プリミティブな素材と柄なのに何だか洗練された印象を受けるアフリカのデザイン。とっても魅力を感じます。
エスニック集めました!

タイムリー!!「一般社団法人 日本エスニック協会」設立

2014年10月29日、「一般社団法人 日本エスニック協会」が設立されたそうです。活動内容としては、”エスニック伝道師”と呼ばれる協会認定のアンバサダーが中心となって、専用のWEBサイトを通じ、最旬のエスニック文化に関する情報発信をしていく・・・。
ウズベキスタンの旅

2500年の都ブハラ。夕暮れのメドレセに流れる悠久の旋律【ウズベキスタン】

ブハラの旧市街には、長い歴史を持つ数々のモスクやメドレセが建ち並んでいます。アブドゥールアジス・ハン・メドレセの中庭では、楽器屋のおじさんがギジャクと呼ばれる弦鳴楽器で美しい音色を奏でてくれました。
ウズベキスタンの旅

ヒヴァからブハラへの移動(タクシーで所要9時間)【ウズベキスタン】

ヒヴァからブハラへの移動 見渡す限り何にもないウズベキスタンの砂漠をタクシーで9時間ぶっ飛ばす。 ヒヴァからブハラへの移動。それは、永遠に続くかのような不毛を眺めながらの旅でした。
フード

うまいと評判のトムヤムクンヌードル食べてみた!

トムヤムクンヌードル レモングラスの爽やかな香り、スープを飲めばもうタイ気分! 前から気になっていた、日清の「トムヤムクンヌードル」 コンビニにたくさん並んでいたのを発見し、思わず購入。食べてみましたー♪
カレーライス

【閉店】スパイス効いてます!こだわりのカレー『世田谷クミン』@経堂

『世田谷クミン』...スパイスの「クミン」と「区民」をかけてるのでしょうか。なんともいいネーミングですよね。 土曜日の18時半に予約をして、カレーを食べに伺いました。 カフェ風のオシャレなお店。素敵です☆
エスニック映画館

「めぐり逢わせのお弁当」大都市ムンバイの偶然が生んだささやかな恋【映画】

600万分の1の確率の誤配達から生まれた、男と女のささやかなやり取り。ムンバイという大都会を舞台に、ひとつの偶然が、出会うことのない男女をめぐり逢わせ、そして、その人生を変えてゆく。
ウズベキスタンの旅

ヒヴァ、イチャン・カラの町と人々をご紹介【ウズベキスタン】

この町の魅力は、建物や風景だけではありません。そこに住む人々と、売られている珍しい商品の数々、街角の何気ない風情。そんなものを見て回るのが、この街のもう一つの楽しみなんです。
コスメ

<スワデシSWADESHI石鹸>コホンバKhomba

スリランカのお土産に、石鹸をいただきました!SWADESHI(スワデシ)というメーカーの『khomba(コホンバ) clear』というもの。スリランカでは一般的に使われていて、スーパーなどで売っているそうです。
スポンサーリンク