コーチン街歩き♪ ルル・モールでお買い物&グランドホテルでケララ料理のディナー

LuLu Mall(南インド・ケララ州5) 南インドの旅
記事内に広告が含まれています。

南インド、ケララ州最大の都市コーチン(コチ)」(Kochi:കൊച്ചി)

午前中、ボートに乗って内陸部の繁華街である「エルナクラム地区(Ernakulam)」を歩き、スパイスがいっぱいの「エルナクラム・マーケット」を散策し、ビリヤニが美味しいと評判のレストラン『カイーズ・ホテル(Kayees Hotel)』で、大満足のランチをいただきました。

そして、午後はお買い物タイムの予定!

市バスに乗って、インド最大のショッピングモール「ルル・モール(Lulu Mall)」へと向かいます。

エルナクラム(南インド・ケララ州4)

スポンサーリンク

①市バスに乗って「ルル・モール(Lulu Mall)」へ

バスでLuLu Mallへ(南インド・ケララ州5)「ルル・モール」行きの市バスの車内

 

まずは、海側を縦断する大通り「パーク・アベニュー(Park Avenue)」に行き、バス待ちの人々が集っている辺りへ。

引っ切り無しに到着するバスに、「ルル・モールに行く?」と聞きまくります。

すると、何台目かのバスの乗務員が、「ルル・モールに行く」と言うので、難なくルル・モール行きのバスに乗ることができました!

バスでLuLu Mallへ(南インド・ケララ州5)市バスの切符

写真は市バスの切符。

運賃は10ルピー(18円)。

車内は結構混み合っていましたが、途中から座ることができました。

インドのバスはたいてい、前の方に女性と家族連れが座り、後ろの方に男性のみの客が座ります。

バスでLuLu Mallへ(南インド・ケララ州5)バスは窓がなく、開けっ放し

 

コーチンを走る市バスは、窓ガラスがない車が多かったです。

ケララ州は雨がとても多い地域なので、窓の上には雨除けの幌がたくし上げられていました。

雨期になると、きっとバスは幌で覆われるのでしょう。

ケララ州コーチンの市バスに乗る

 

バスはオンボロでサスペンションも効いていないので、乗り心地はあまり良くないです。

でも、インドのバスはこういうものだと思っているので、別に気になりません。

バスは大通りを人を乗り降りさせながら進み、30分ほどで「ルル・モール」に到着!

スポンサーリンク

②「ルル・モール(Lulu Mall)」

LuLu Mall(南インド・ケララ州5)「ルル・モール(Lulu Mall)」の入り口

 

「ルル・モール(Lulu Mall)」は、2013年3月にオープンした、インド最大のショッピングモールです。

モールの総面積は、160,000㎡にも及び、ショッピング、レストラン、エンターテインメント、何でも揃っていて、一日中楽しめるインド人の憩いのスポットです♪

LuLu Mall(南インド・ケララ州5)「ルル・モール(Lulu Mall)」の外観

LuLu Mall(南インド・ケララ州5)「ルル・モール」のグランド・フロアー

LuLu Mall(南インド・ケララ州5)記念撮影する家族連れ

 

モールは4階建てで、真ん中が吹き抜けになっています。

モール内には、215以上の店舗があるのだとのこと。

ロビーには、年も明けた時(1月2日)だったのに、クリスマス真っ盛りなディスプレイが!

みなさん写真撮影してました。

LuLu Mall(南インド・ケララ州5)マクドナルド

 

マクドナルドもあります!

メニューには、『MAHARAJA MAC(マハラジャマック)』があります。お値段はインドの物価からするとちょっと高め。

ヒンドゥー教の国だけに、メニューには、ベジとチキンと両方あります。

LuLu Mall(南インド・ケララ州5)フォレスト・エッセンシャル

 

「ルル・モール(Lulu Mall)」には、海外のブランドも数多く入っていますが、もちろん、インドならではのブランドもたくさん!

こちらは、『FOREST ESSENTIALS(フォレストエッセンシャル)』

インドの高級アーユルヴェーダコスメブランドの一つで、五つ星ホテルのアメニティにも使用されているそうです。

LuLu Mall(南インド・ケララ州5)こちらは、「chumbak」というインドの雑貨屋さん。

LuLu Mall(南インド・ケララ州5)カタカリのイメージキャラクター

 

「カタカリ」のダンサーをイメージしたキャラクターがいました!

”Yo Yo Mani” という「chumbak」のキャラクターらしいです。

LuLu Mall(南インド・ケララ州5)とってもオシャレなスパイス屋さん「Spices India」

LuLu Mall(南インド・ケララ州5)モール内には遊園地もあります

 

4階には、なんと遊園地「SPARKYS AMUSUMENT」が!

所狭しとアトラクションがあって、ジェットコースターやバイキングもありました!

LuLu Mall(南インド・ケララ州5)なんと、スケートリンクもあります!

LuLu Mall(南インド・ケララ州5)フードコートはインド各地のお料理がいっぱい!

 

4階にはフードコートがあります。

インド各地のお料理を中心に、ネパール料理やケバブ屋さんなども。

ただし、それ以外の国のお料理はあまりなく、インドは食に対して結構保守的なのかもしれないと思いました。

LuLu Mall(南インド・ケララ州5)ゲームセンターもあります!

 

その他、ゲームセンターやボーリング場、ビリヤード場、映画館があり、大人から子供まで、一日中楽しめるような施設になっていて、インド人にとってはコーチンの観光名所のひとつにもなっているのだとか。

LuLu Mall(南インド・ケララ州5)スーパー「HYPER MARKET」。売り場面積がすごい!

 

そして、地下にはスーパー「HYPER MARKET」

インド最大規模のスーパーマーケットだそうです。

野菜や果物、肉や魚、冷凍食品や缶詰、パンやお菓子、お米や豆類、スパイス、日用雑貨、ヘルスケア・コスメ、文房具などなど、様々なものが売られています。

この「HYPER MARKET」、本部はアラブ首長国連邦のアブダビにあり、湾岸諸国に124の店舗を展開しているのだとか(マレーシアとインドネシアにも1店舗ずつあります)。

LuLu Mall(南インド・ケララ州5)COSTA COFFEEでひと休み

 

1階に降りて、入口のところにあった『COSTA COFFEE』で休憩します。

『COSTA COFFEE』は、イギリスのチェーン系カフェで、イギリスでは第一位のシェアを誇るコーヒーショップです。

LuLu Mall(南インド・ケララ州5)アメリカーノコーヒー

 

アメリカーノ(110ルピー)と紅茶(100ルピー)を注文。

お店が、入口の近くでオープンになっていたので、行き交う人たちを観察しながら、ゆっくりお茶することができました。

お客さんは、90%以上はインド人だったように思います。

LuLu Mall(南インド・ケララ州5)「ルル・モール」の夜

 

外に出ると、すっかり暗くなっていて、イルミネーションがキレイでした!

トータル4時間くらい「ルル・モール(Lulu Mall)」にいました。

コーチンの中心からはちょっと遠いですが、スーパーでお買い物もできたし、なかなか楽しめたので、来て良かったです♪

LuLu Mall(南インド・ケララ州5)派手にライトアップされています。

 

「ルル・モール」の記事はこちら↓

「ルル・モール」で買い物を楽しんだ後、夕食を食べに向かいます。

向かう先は、エルナクラムの「エルナクラム・ジャンクション・サウス駅」の近く、「MGロード」沿いにある『グランド・ホテル』です。

 

「ルル・モール」の近くでリキシャを捕まえると、200ルピー(360円)との回答。

だいたい相場だと思えたので、このリキシャで向かうことに。

けれども、この捕まえたリキシャ、かなり運転が荒っぽかったんです(汗)

道中、かなり渋滞していたのですが、車と車の間を縫うように、かなり強引に突っ込んでいっていました(滝汗)

スポンサーリンク

③グランド・ホテル(Grand Hotel)

Grand Hotel(夕食)(南インド・ケララ州5)『グランド・ホテル(Grand Hotel)』

 

コーチンの中心部である「エルナクラム地区」にある『グランド・ホテル(Grand Hotel)』のレストランは、お料理が美味しいということで地元の人にも観光客にも評判のレストラン。

ホテル自体は3つ星のホテルで、1965年創業の老舗のホテルです。

Grand Hotel(夕食)(南インド・ケララ州5)『グランド・ホテル』の店内

 

店内はかなり広く、座席は150席以上はあったと思います。

お客さんはそこそこ入っていて、日本人の観光客も数組見かけました(コーチンでは日本人をここで初めて見かけました)。

Grand Hotel(夕食)(南インド・ケララ州5)ビジュアル的に華やか!カレーリーフの香りが香ります★

Grand Hotel(夕食)(南インド・ケララ州5)「タッカリ・コディ?」

Grand Hotel(夕食)(南インド・ケララ州5)「マラバール・コディ・イラチ・カレー?」

Grand Hotel(夕食)(南インド・ケララ州5)「ミーン・ポリチャトゥ」

Grand Hotel(夕食)(南インド・ケララ州5)「ミーン・ポリチャトゥ」の中身

注文したのは、「マラバール・コディ・イラチ・カレー」「タッカリ・コディ」「ミーン・ポリチャトゥ」と、「ラッサム」「ライス」です。

どのお料理もケララ料理らしく、ココナッツミルクやマスタードシードが使われていて、カレーリーフの香りが香ばしかったです。

特に、ケララ州の名物料理である「ミーン・ポリチャトゥ」(魚のバナナの葉包みスパイス焼き)が絶品!

さすが、有名店『グランド・ホテル』のお料理。大満足です★

 

『グランド・ホテル』の記事はこちら↓

Grand Hotel(夕食)(南インド・ケララ州5)『グランド・ホテル』のドアマン

 

食後、陽気なドアマンの男性に見送られ、『グランド・ホテル』を後にします。

MGロード沿いを走っていたリキシャを捕まえ、料金交渉。

宿泊しているフォート・コーチンにあるホテル 『No.18 ホテル』まで、270ルピー(486円)とのこと。

だいたい相場だと思えたので、このリキシャで向かうことに。

Grand Hotel(夕食)(南インド・ケララ州5)安全運転してくれたリキシャの運ちゃん

 

30分ほどで『No.18 ホテル』に到着。

今回のリキシャは安全運転でした。

 

さて、翌日は、コーチンから列車に乗ってバックウォーター(水郷地帯)の入り口の町「アレッピー(アラップーザ)」へと向かいます。

列車の出発は8:17分と朝早いので、早めに就寝です。

南インド・ケララ州5マップ(①市バス乗車〜②ルル・モール〜③グランド・ホテル)

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

まさに楽園そのもの!ハウスボートでバックウォーターをクルーズ★【南インド・ケララ州】
「ハウスボート」とは、かつて米やスパイスの運搬に使われていたケララの伝統的な木造船「ケットゥーヴァラム(Kettuvalam)」を利用したクルー付きの貸切ボートのこと。「ハウスボート」は、ケララ州を案内するパンフレットやVTRには必ずと言っていいほど紹介されているケララ観光の目玉のひとつなのです!
南インド・ケララ州「コヴァラムビーチ」★ドーサとプットゥの朝食&灯台からのパノラマ
南インド・ケララ州(Kerala:കേരള)の旅。この日は、ケララ州随一のビーチリゾート「コヴァラム・ビーチ」でリゾートライフを満喫します★朝の浜辺を歩き、漁の様子を眺めた後、プットゥとドーサの朝食をいただき、ビーチの南のヴィリンジャム灯台へ。コヴァラムのパノラマを堪能。そして、アラビア海の海水浴を満喫♪
トリヴァンドラム観光 | ピンクと臙脂のレンガ造りのネイピア博物館【南インド・ケララ州】
ケララ州の州都「トリヴァンドラム(ティルヴァナンタプラム)」。この日は、トリヴァンドラムの町をぐるりと観光します。町の象徴「バドマナー・バスワミー寺院」を眺め、「チャライ・バザール」で品物を物色、「アリヤ・ニヴァス・ホテル」でミールスをいただき、「文化公園」で建物と絵画を鑑賞しました★
南インド料理の定食「ミールス」東京都内《厳選》48皿!
「ミールス」(Meals)とは、南インドの食堂やレストランで出される定食のこと。南インドでは、お昼(または夜)に食べられる食事です。最近人気の南インド料理。「ミールス」を食べることができるお店もどんどん増えてきています。東京都内のおいしい「ミールス」を48選、ご紹介します!
南インド料理の軽食「ティファン」のおすすめメニューとお店をご紹介♪
南インド料理の軽食「ティファン」についてご紹介します。ティファンは現地南インドでは、朝食(モーニング)として、また、朝食だけでなくランチタイム(ミールスが提供される時間)以外でもよく食べられているスタンダードなお料理です。ティファンのおすすめメニューとお店をご紹介します。
激甘だけど美味しい★インドのスイーツ「ミタイ(Mithai)」まとめ
インドのスイーツは、「ミタイ(Mithai)」と呼ばれ、揚げ菓子やプディング、ケーキ風のものやスープ状のものなど、様々な種類があります。インドスイーツの特徴はとにかく甘いこと!世界で最も甘いスイーツであるとの噂もあるほど。初めて食べた人はその超絶な甘さにびっくりしてしまいます!
「響け!情熱のムリダンガム」世界はリズムであふれてる!南インド古典音楽を題材とした感動作【映画】
インド・タミル映画「響け!情熱のムリダンガム」。南インド伝統音楽の打楽器ムリダンガムに魅せられた主人公が、身分の差がありながらも巨匠に弟子入りを果たし、様々な障害と立ち向かいながら、自分の音楽世界を開拓していく物語。インド映画と音楽の魅力が詰まった感動作です★
「チャーリー」”人生はこんなにも美しい” 心が洗われる南インド・ケララ映画の傑作
今回ご紹介する作品『チャーリー』は、南インド・ケララ州で話されているマラヤーラム語の映画。2015年に公開され、南インド中で大ヒットを記録。インド・ケララ州映画賞7冠に輝いた傑作です★物語の主人公「チャーリー」を探してケララを巡る主人公テッサの旅。自由と人生の美しさを描いた、心爽やかになる映画です。
現代アートで巡る南インドから宇宙まで『N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅』を観ました♪
南インド出身の現代美術家「N・S・ハルシャ」の展覧会『N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅』が、2月4日から(6月11日まで)東京六本木の森美術館で開催されています。N・S・ハルシャの日本初の大規模展覧会として注目されているこの企画展に行ってきましたのでご紹介致します。
「天上のリズム」グランドフィナーレ鑑賞♪(南インド古典音楽)@西葛西
2016年4月17日(日)、江戸川区西葛西で、南インド古典音楽(カルナータカ音楽)の公演、「天上のリズム」グランドフィナーレが開催されました?南インド音楽で使われる素焼きの壷の楽器「ガタム」、その最高の奏者として世界的に知られている人物が「ヴィックゥジー」こと、「ヴィックゥ・ヴィナーヤクラーム」です。

コメント