日本航空で成田からインドのデリーへ! オマーン旅行で立ち寄り♪

デリー【オマーン旅①】 エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

2018~2019の年末年始は、中東の国オマーンへ旅をしました。

旅行先の候補にも挙がりづらいオマーン。どんなところだったか、ご紹介していきたいと思います。

経由地は、インドのデリー(往復1泊ずつ滞在)。

まずは、成田からデリーまで。

スポンサーリンク

日本航空で成田→デリー

成田~デリー【オマーン旅①】

今回、成田~デリーの復路はJALのマイル(17,500マイル)を利用。

特典航空券の予約可能時期は、申し込み日から330日以内の旅程なので、330日を切った直後くらいに予約をしたら、年末年始でしたが、無事にゲットすることができました。

往路は、片道マイルを利用した場合の特別料金(65,810円 燃油サーチャージ込)の設定があったので、そちらを利用。

行き先によっては、年末年始の利用だと料金設定が高くなるそうですが、デリーは通常時期と変わらないとのこと。良かった。

 

◆スケジュールは、以下のとおり。

  • 12/29(土)日本航空(JL749)     成田(11:05)-デリー(17:55)
  • 12/30(日)オマーン航空(WY242) デリー(10:15)-マスカット(12:25)
  • 1/1(火)  オマーン航空(WY603) マスカット(08:40)-ドバイ(09:50)
  • 1/1(火)  オマーン航空(WY603) ドバイ(22:45)-マスカット(23:55)
  • 1/3(木)  オマーン航空(WY245) マスカット(09:05)-デリー(13:35)
  • 1/5(土)  日本航空(JL740)    デリー(20:20)-成田(07:10)※1/6(日)着

マスカット滞在中にドバイに日帰りするという、なかなかハードなプランです(笑)

th_成田→デリー→マスカット【オマーン旅MAP】

デリー~マスカットの往復と、マスカット~ドバイの往復は、それぞれスカイスキャナーで検索して手配しました。

成田~デリー【オマーン旅①】

12月29日 快晴です。

オマーンへ向けて、いざ出発!

まずは、インドのデリーへ飛びます。

成田~デリー【オマーン旅①】

年末の成田空港はかなり混雑していましたが、チェックインをして、コートを預けたりしているうちに、私たちの出発便の時間くらいになると、ピークの時間帯は超えたのか、若干空いてきました。

成田~デリー【オマーン旅①】

成田~デリー【オマーン旅①】

JL749 デリー行きは、スリランカ航空との共同運航便。

お天気も良くて、旅気分が上がります♪

スポンサーリンク

JALの機内食

成田~デリー【オマーン旅①】

離陸後、ドリンク&スナックのサービスです。

あられミックス美味しい。朝ごはん食べてないのでありがたい。

成田~デリー【オマーン旅①】

成田~デリー【オマーン旅①】

機内食。

現在、JALでは路線によって「若き料理人たちによる機内食」なるものを提供していて、2月まではこの2種類となっています。

成田~デリー【オマーン旅①】

冬に美味しい野菜と鶏肉のべっこう煮 by 酒井 研野

私は、こちらをチョイス。

甘辛いあんかけで、美味しかったです。

副菜やデザートも、機内食とは思えないおしゃれな感じで、特にデザートが美味しかった。

成田~デリー【オマーン旅①】

サーモンの柚子香る豆乳クリーム煮込み十五穀米添え

機内食に、十五穀米が出てくるなんて!

こちらも美味しそう~

成田~デリー【オマーン旅①】

食後に、ハーゲンダッツ「ミルク クラシック」。

機内で食べるハーゲンダッツは、特に美味しい。

カチコチのアイスを、最初はそのまま食べて、途中からはホットコーヒーをかけてアフォガードに♪ うーん、美味い!

成田~デリー【オマーン旅①】

着陸前の軽食は、ロールパンとサラダ。

サンドイッチにして食べるのがいいのだろうけど、到着後はデリーでの夕食が控えているので、ここはサラダのみで。

成田~デリー【オマーン旅①】

夕日がきれい。

成田~デリー【オマーン旅①】

インドの大地が見えてきました。

スポンサーリンク

インド入国とインドビザの取得

成田~デリー【オマーン旅①】

意外と長い10時間20分のフライトを終え、インディラ・ガンディー国際空港に到着。

インドはもちろんビザが必要です。現在の申請方法は3種類(詳細はご確認ください)。

  • 観光ビザ(オンライン申請後、大使館に提出)
  • eツーリストビザ(オンライン申請)
  • ビザオンアライバル(到着空港のイミグレで申請)

今回は、オマーンに行った後、再びオマーンからインドに入国するという、ちょっとイレギュラー?な入国になるので、スタンダードな「観光ビザ」を取得して行きました。

2年前にインドビザ申請センターで取得したときは、申請は本人が直接センターまで行って申請して、受け取りは有料ですが郵送にしてもらうことができました。

が、今回の大使館での申請は、郵送ができなくなっていて、受け取りも大使館に出向かわなければならなくなっていました。。2回も仕事を休まなくてはいけないのは、ちょっと厳しいですね。ただ、委任状(英文・フリーフォーマット)を提出すれば、代理人でも受け取りができます。

今回は、早めに申請に行ったので、1ヶ月後くらいにまた休暇を取って受け取りに行き、無事インドビザをゲットすることができました。

成田~デリー【オマーン旅①】

宿泊するホテルが、「空港からのピックアップ付き」だったので、お迎えの車でホテルへ。

が、途中からかなりの渋滞。。

クラクションうるさいし、車もゴチャゴチャ。物売りの人たちも現れて、最初っからカオスなインド(笑)

成田~デリー【オマーン旅①】

メインバザール周辺も人がたくさん。

空港からホテルまでは、結局1時間20分くらいかかりました。

The Prime Balaji Deluxe @ New Delhi Railway Station(ニューデリー)【オマーン旅11】

宿泊する「The Prime Balaji Deluxe @ New Delhi Railway Station」に到着。

ホテルの詳細はコチラ↓

 

チェックインしてお部屋に荷物を置いたら、時間も時間なので、すぐに夕食に向かいます!

行先は、デリーの老舗カレー店『カリムホテル(KARIM HOTEL)』

サイクルリキシャを捕まえて、いざ「カリムホテル」へ!!

スポンサーリンク

デリーの老舗カレー店『カリムホテル(KARIM HOTEL)』へ

成田~デリー【オマーン旅①】

さ、寒い。。

そうです。デリーはインド北部に位置しているので、日本ほどではないけど、夜は結構な寒さなんです。

年末の南インドは、夏だったのに。。インドは広いですね。

普通のリキシャにも壁はないけど、サイクルリキシャは、運転手の前にも仕切りがないので、モロに風を受けます。

成田~デリー【オマーン旅①】

牛さんに遭遇。牛も寒さ対策なのか、毛布のようなものが掛けられています。

インドといえば、街中に牛がたくさんいるイメージですが、昔に比べたらだいぶ減っているそうです。

成田~デリー【オマーン旅①】

サイクルリキシャのおじさん頑張る。

成田~デリー【オマーン旅①】

!! 電線スゴい。。

なんか修理してるけど、どの電線が原因なのか分かるのでしょうか(笑)

 

ジャマー・マスジッド前でリキシャを降り、近くにいた人に「カリムホテルはどこ?」と聞くと、すぐに教えてくれました。

カリムホテル【オマーン旅①】

インド人のお客さんでいっぱい!

行列に並んで、1食目のご飯をいただきます♪

◆カリムホテル(KARIM HOTEL)の記事はコチラで↓

食後は、再びサイクリリキシャを捕まえて、ニューデリー駅前へと戻ります。

デリー【オマーン旅①】

夜のニューデリー駅の様子。

デリー【オマーン旅①】

オートリキシャがたくさんいる駅前の通り。

デリー【オマーン旅①】

ホテルが並ぶ、ニューデリー駅北の通り。

デリー【オマーン旅①】

宿泊したホテル「The Prime Balaji Deluxe @ New Delhi Railway Station」は路地の奥。

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

オマーンのマスカットからインドのデリーへ★メインバザールを歩き、スルチでディナー
アラビア半島の南東、ペルシャ湾岸にある国「オマーン」への旅。5日間滞在したオマーンともこの日でお別れ。マスカット出発は、朝9:05分のフライト。3時間掛けてインドの首都デリーへと向かいます。デリーでは旅行者の集まるメインバザールを歩き、北インド料理の専門店『スルチ』でディナーをいただきました。
混沌としたインドが感じられるメインバザールを散策@インド・デリー
インド、ニューデリー駅の西側に位置する地区「パハールガンジ」。デリーといえば、なこの地区は、「メインバザール」とも言われ、安宿がたくさんあり、世界中からバックパッカーや旅行者がたくさん集まります。最近は、デリーでもおしゃれな場所が増えてきていますが、メインバザールを歩けば、混沌としたインドを感じることができます。
デリーのインド料理レストラン3店舗★スルチ&ナイヴェーディヤム&カリムホテル
3億の人口、29の州があり、多種多様な民族、宗教、言語を持つインドには、驚くほどバラエティに富んだ食文化があります。インド中から人が集まる首都デリーには、様々な土地や民族それぞれのお料理を提供するレストランがたくさんあります。今回は、そんな首都デリーのインド料理店を3店舗ご紹介。
インド・デリーの史跡と寺院巡り★フマユーン廟(世界遺産)、階段井戸、シク教寺院
デリー市内を観光。前日、オマーンの首都マスカットからインドのデリーに到着。まずは、ムガル帝国の第2代皇帝の墓所「フマユーン廟」と、階段井戸「アグラーセン・キ・バオリ」、デリー最大のシク教寺院「グルドワーラー・バングラ・サヒーブ」を訪れました。
インド・デリーでショッピングとランチ★カーン・マーケット、ハウズカースヴィレッジ、INAマーケット
オマーン&インド・デリー旅の最終日午後は、デリーでランチ&ショッピング♪デリーのおしゃれスポットや地元の人向けマーケットなどを散策します。ランチは、南インド料理をいただきます。

コメント