Bunn Choon Restaurant(品泉茶室)|チャイナタウンにある絶品エッグタルトのお店【マレーシア・クアラルンプール】

Bunn Choon Restaurant 品泉茶室:クアラルンプール2日目 エスニックカフェ&バー
記事内に広告が含まれています。

クアラルンプールのチャイナタウン。その一角に、130年の歴史を持つ、エッグタルトと点心の専門店があります。

お店の名前は、『Bunn Choon Restaurant(品泉茶室)』

このお店の「エッグタルト」が美味しいと評判です♪

スポンサーリンク

創業1893年。130年の歴史を持つエッグタルトと点心の専門店

Bunn Choon Restaurant 品泉茶室:クアラルンプール2日目『Bunn Choon Restaurant(品泉茶室)』の外観

 

『Bunn Choon Restaurant(品泉茶室)』の外観です。

お店の場所は、チャイナタウンの南側。ウォールアートが描かれた観光名所「鬼仔巷(Kwai Chai Hong)」のすぐ隣。

チャイナタウンでは一番高い建物である「フォー・ポインツ・バイ・シェラトン・クアラルンプール(Four Points by Sheraton Kuala Lumpur)」の向かいの、Jalan Balai Polis通り沿いにあります。

Bunn Choon Restaurant 品泉茶室:クアラルンプール2日目2023年10月に移転オープンしたばかりの新しい店舗

 

黄色の鮮やかな外観が目を引きますが、実はこの店舗、2023年10月に移転オープンしたばかりの新しい店舗であるとのこと。

とは言っても、移転前のお店は、現在のお店のすぐ近く。「鬼仔巷」の入り口を挟んだ隣にあったそうで、ほぼ場所は変わっていません。

『Bunn Choon Restaurant(品泉茶室)』のお店自体は1893年からの歴史があります。

Bunn Choon Restaurant 品泉茶室:クアラルンプール2日目『Bunn Choon Restaurant(品泉茶室)』の入り口

Bunn Choon Restaurant 品泉茶室:クアラルンプール2日目1階はエッグタルトや中華菓子の販売コーナー

 

『Bunn Choon Restaurant(品泉茶室)』の1階の様子です。

黄色の壁と市松模様の床がお洒落な感じ。

「品泉茶室」の店舗スペースは、1階と2階があり、1階はエッグタルトや中華菓子の販売コーナー、2階が点心やお茶、1階で購入した中華菓子を食べるイートインスペースとなっています。

Bunn Choon Restaurant 品泉茶室:クアラルンプール2日目こちらが名物の「エッグタルト」

 

こちらが、「品泉茶室」の名物の「エッグタルト」

写真のオリジナルのエッグタルトと、竹炭と胡麻を使った黒いエッグタルトがあるようなのですが、訪問した時は、ショーケースにはオリジナルのものしかありませんでした(ショーケースのカードには、「竹炭芝麻」の文字が見えます)。

ショーケースの向こうに居たおばちゃんに、オリジナルのエッグタルトを2つ注文して受け取った後、2階のイートインスペースへと上がります。

お値段は、ひとつ2.90マレーシアリンギット。

Bunn Choon Restaurant 品泉茶室:クアラルンプール2日目2階の茶室部分

 

こちらが、2階の茶室部分。

それほど広くないスペースですが、上の写真のような円テーブルが5個ほど。2人掛けの小さなテーブルもあり、そこに着席しました。

お客さんは、中華系の人が多い印象。中国からの観光客も含まれているのかもしれません。

スポンサーリンク

エッグタルトは1階の売り場で注文。お茶や点心はテーブル上のQRコードから注文

Bunn Choon Restaurant 品泉茶室:クアラルンプール2日目QRコードからアクセスしたWEBサイト。エッグタルトはカウンターにて注文

Bunn Choon Restaurant 品泉茶室:クアラルンプール2日目お茶や点心の注文はWEBサイトから

お目当ての「エッグタルト」は、1階の売り場でゲットしましたが、お飲み物などは、2階の席のテーブルの上に置かれたQRコードから専用のWEBサイトにアクセスし、注文する必要があります。

専用のWEBサイトから、「プーアル茶(普洱茶)」を注文! お茶が運ばれてくるのを待ちます。

ちなみに、今回はエッグタルトとお茶しかいただきませんでしたが、『Bunn Choon Restaurant(品泉茶室)』では、点心や麺料理、粥などもメニューにあり、軽食をいただくこともできます。

スポンサーリンク

サクサクの生地と濃厚だけど甘過ぎない、名物の「エッグタルト」が絶品!

Bunn Choon Restaurant 品泉茶室:クアラルンプール2日目「プーアル茶(普洱茶)」

 

ほどなくして、「プーアル茶(普洱茶)」が運ばれてきました。

プーアル茶を飲みつつ、購入済のエッグタルトをいただきましょう〜♪

Bunn Choon Restaurant 品泉茶室:クアラルンプール2日目「エッグタルト(蛋塔)」

Bunn Choon Restaurant 品泉茶室:クアラルンプール2日目サクサク生地で中のカスタードは卵味で甘さ控えめ

 

「品泉茶室」の名物の「エッグタルト」、美味しいとの評判は聞いていましたが、想像以上に美味でした♪

タルト生地はサクサクで軽く食べやすく、中のカスタードは卵の濃厚さがありながらも、意外とさっぱりしていて甘さも控えめ。

美味しい! 何個でも食べれそうです♪

Bunn Choon Restaurant 品泉茶室:クアラルンプール2日目プーアル茶とエッグタルトで至福のひととき♪

 

プーアル茶とエッグタルトで至福のひととき♪

お店の営業時間は、7:30から15:30まで(土日は〜17:00)。店内は結構混んでいたので、席に座れない場合は、エッグタルトをテイクアウトして、ホテルでいただくのも良いかもしれません。

Bunn Choon Restaurant 品泉茶室:クアラルンプール2日目『Bunn Choon Restaurant(品泉茶室)』

 

クアラルンプールのチャイナタウンにある、エッグタルトと点心の専門店『Bunn Choon Restaurant(品泉茶室)』。1893年創業の歴史あるお店です。

お店の看板メニューの「エッグタルト(蛋塔)」は、サクサクのペイストリー生地と、卵の濃厚さがありながらも、意外とさっぱりしていて甘さも控えめなカスタードのマッチングが最高♪

何個でも食べられそうな、美味しいエッグタルトです★

スポンサーリンク

『Bunn Choon Restaurant(品泉茶室)』の地図・アクセス

  • 住所:3, Jalan Balai Polis, City Centre, 50000 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, マレーシア
  • 電話:+60162287625
  • 営業時間:7:30~15:30(土日は〜17:00)
  • 定休日:月曜日

スポンサーリンク

マレーシア・クアラルンプールのレストラン

Nasi Lemak Wanjo|ナシレマが美味しいカンポンバルの人気店【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールの下町「カンポンバル」にあるマレーシアの国民食「ナシレマ」の専門店『Nasi Lemak Wanjo(ナシレマ・ワンジョー)』。間違いなく美味しい「ナシレマ」をいただけるお店。クアラルンプールに行ったら、是非とも訪問して欲しいお店のひとつです★
MTR 1924|絶品のドーサとイドゥリ&ワダを賞味【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールのインド人街「ブリックフィールズ」にある、南インドの軽食ティファンのお店『MTR 1924』。1924年にバンガロールで創業した同店は、さすが老舗。ティファンメニューのバラエティの豊富さに驚かされます。本場直送のスパイスを使った「イドゥリ」や「ドーサ」は、現地南インドと変わらない本場の美味しさ♪
MY 81 Hyderabad Dum Biryani|KLでいただく本場ハイデラバードのダムビリヤニ【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールのインド人街「ブリックフィールズ」にある、ビリヤニの本場「ハイデラバード」のビリヤニを提供するお店『MY 81 Hyderabad Dum Biryani(ハイデラバードダムビリヤニ)』。さすが、クアラルンプール在住テルグ人御用達のお店。ハイデラバードに行かずとも、本場さながらの「ダムビリヤニ」をいただけるお店です。ふわふわパラパラの「チキンビリヤニ」は、本当に絶品★
KAK SOM|カンポン・バルで青いご飯の「ナシクラブ」を賞味【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールの下町「カンポンバル」にある、マレー料理のお店『KAK SOM(カク・ソム)』。マレー半島北東部のソウルフード、青いご飯がインパクト抜群の「ナシクラブ」や、マイチョイスのおかずでオーダーできる「ナシチャンプル」をいただけるお店。特に「ナシクラブ」は、クアラルンプールで食べられるお店は多くないので、このお店は貴重です。
Sun Fong Bak Kut Teh (新峰肉骨茶)|マレーシアバクテーを食べるならこのお店!【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールの繁華街「ブキッビンタン」にあるマレーシアバクテーのお店『Sun Fong Bak Kut Teh (新峰肉骨茶)』。10種類の漢方が使われているという、濃い茶色をしたマレーシア風醤油バクテーは、深みのあるお味。さすが、1971年から続く老舗人気店。クアラルンプールに行ったら、是非とも訪問したいお店のひとつです★
Hon Kee Porridge(漢記)|体に沁み渡るホンキーの中華粥【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールのチャイナタウンにあるお粥のお店『Hon Kee Porridge(漢記)』。ガタガタしたテーブルで、器も簡素なプラスチック製ですが、お粥のお味はシンプルながら抜群の美味しさ♪ つっけんどんな感じだけど、店員さんもよく気が利き、サービスもGood! 人気店なのも頷けるお店です。
Sri Nirwana Maju(スリ・ニルワナ・マジュ)|ミシュランガイド掲載の「バナナリーフライス」(ミールス)専門店【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールにある南インドミールス(バナナリーフライス)をいただけるお店『Sri Nirwana Maju(スリ・ニルワナ・マジュ)』。さすが、「ミシュランガイド」に掲載されているお店。優しいお味で食べやすく、一品一品のおかずが美味しい♪ トータルで満足できるミールスでした。
Limapulo(リマプロ)|マラッカ出身のババが作った「ニョニャ・ラクサ」が絶品!【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールにある本格的な「ニョニャ料理」を提供しているお店『Limapulo(リマプロ)』。ニョニャ料理の本場マラッカ出身のババが作り出した「Nyonya Laksa(ニョニャ・ラクサ)」は、ココナッツミルクベースでエビ出汁の旨味が濃厚な、本当に美味しいラクサでした♪ さすが「ミシュランガイド」に評価されたラクサです★
Village Park Restaurant(ビレッジ・パーク・レストラン)|マレーシアNo.1の美味しい「ナシレマ」【クアラルンプール】
マレーシアで「ナシレマ」が一番美味しいと言われるお店『Village Park Restaurant(ビレッジ・パーク・レストラン)』。サクサクした揚げカスが塗されたフライドチキンが乗った「ナシレマ・アヤムゴレン」は、大人気なのも納得の美味しさ。マレーシアの国民食「ナシレマ」をいただくなら、まずは、このお店を訪問するのがオススメです★
Bunn Choon Restaurant(品泉茶室)|チャイナタウンにある絶品エッグタルトのお店【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプールのチャイナタウンにある、エッグタルトと点心の専門店『Bunn Choon Restaurant(品泉茶室)』。1893年創業の歴史あるお店です。お店の看板メニューの「エッグタルト(蛋塔)」は、サクサクのペイストリー生地と、卵の濃厚さがありながらも、意外とさっぱりしていて甘さも控えめなカスタードのマッチングが最高♪ 何個でも食べられそうな、美味しいエッグタルトです★

コメント