湯切りで食べる!インドネシア風甘辛やきそば「ミーゴレン」のヌードル

カップヌードル、ミーゴレンフード

エスニック街道大爆進中の日清食品。

先日、「プーパッポンカレー ビッグ」が店頭に並んだばかりですが、今度は、インドネシアの焼きそば料理「ミーゴレン」(Mi Goreng)のヌードルを出してきましたー♪

今回ご紹介するのは、2016年7月18日に発売された「カップヌードル ミーゴレン」(180円)です!

スポンサーリンク

インドネシアの甘辛焼きそば「ミーゴレン」のヌードル

カップヌードル、ミーゴレン「カップヌードル ミーゴレン」のパッケージ

 

「カップヌードル ミーゴレン」のパッケージです。

深みのあるグリーンのカラーリングに、美味しそうな「ミーゴレン」の写真。

”インドネシア日清開発協力”と書かれたインドネシア国旗と、焼きそばならではの”湯切りで食べる”の文字★

お料理の写真が掲載されたパッケージは、「トムヤムクンヌードル」「カップヌードル シンガポール風ラクサ」と似ていますね?

それもそのはず、この「カップヌードル ミーゴレン」は、「トムヤムクンヌードル」や「カップヌードル シンガポール風ラクサ」と共に、今回リニューアルリリースされた商品なのです!

カップヌードル、ミーゴレン「カップヌードル ミーゴレン」上から見たところ

 

「カップヌードル ミーゴレン」を上から見たところです。

他のヌードルと違うのは、”ここまではがして折り目をつける”というのと、”湯切り口”の存在。

焼きそばなので、湯切りして食べる必要があるんです。

カップヌードル、ミーゴレン湯切り口のアップ

 

湯切り口のアップです。

”やけどに注意!カップが熱くなっておりますのでご注意下さい。強く振らないで下さい。”の文字が。

やけどに注意はわかるけど、「強く振らないで下さい」って・・・。

振る人いるんでしょうか。

カップヌードル、ミーゴレンケチャップマニスの甘みとチリの辛みがクセになる!

 

お料理の写真のところには、”ケチャップマニスの甘みとチリの辛みがクセになる!”の文字が!

写真ともども食欲をそそります。

 

ところで、「ミーゴレン」ってどんなお料理なの?ってことで、ちょこっとご説明。

「ミーゴレン」は、インドネシアやマレーシア、シンガポールなどで一般的に食べられている屋台めしで、「ミー(Mi)」は麺、「ゴレン(Goreng)」は揚げるの意味。

だけど、実際は炒めて作ります。

麺は中華麺を使い、調味料はニンニク、唐辛子、魚醤、サンバル(インドネシアの辛味調味料)。そして、ケチャップマニスを使うのが特徴。

ケチャップマニスの「マニス」は”甘い”という意味なので、お味は少し甘めです。

具材は、エビや鶏肉、キャベツ、卵などが一般的。インドネシアはイスラムの国なので豚肉は使われません。

それらの具材を麺と共に調味料を加えて炒め、仕上げにキュウリと人参の酢の物や、”バワンゴレン”というフライドオニオンやチリソースなどを添えて「ミーゴレン」は完成です。

主食以外の素材は全て、インドネシア料理として有名なお米を使った焼きめし「ナシゴレン」と一緒。作り方も同じなので、「ミーゴレン」と「ナシゴレン」は兄弟料理です★

ミーゴレンの本物はこちら↓

インドネシア 料理 鉄道特急タクサカ号の車内で食べた「ミーゴレン」

 

ちなみに、この「ミーゴレン」、もともとは中国から来た華僑のお料理で、インドネシア独自のお料理というわけではないのだとのこと。

カップヌードル、ミーゴレン”ここまではがして折り目をつける”の部分までフタをはがしてみます。

 

さてさて、さっそくフタを開けて、中身を覗いてみましょう〜♪

指示どおり、”ここまではがして折り目をつける”の部分までフタをはがしてみます。

すると、中に入っていたのは・・・。

カップヌードル、ミーゴレン液体ソースとフライドエシャロット

 

液体ソースフライドエシャロット!

液体ソースは、湯切りした後に、フライドエシャロットは、お召し上がりの直前に入れるようです。

カップヌードル、ミーゴレン

それでは、そろそろ準備にかかりますかー!

お湯を注いで・・・

いつも通り3分待ちます。

↓今回はこんな感じのリズムでお箸をカチカチして待ちます? 1分、2分、3分・・・。

カップヌードル、ミーゴレン

3分経ちました〜!

さっそく、湯切り口を開けて・・・。

お湯を湯切り口から捨てていきます★

カップヌードル、ミーゴレン

お湯を全て流し終わったところで、液体ソースを投入!

混ぜ混ぜ開始〜!

白かった麺が、みるみるうちに液体ソースのケチャップマニス色に染まっていきます。

カップヌードル、ミーゴレン

混ぜ混ぜし終わったところ。

ソース焼きそばみたいな濃い色にはならなかったですが、ほんのりと色づきましたー!

カップヌードル、ミーゴレン

そして、お次はフライドエシャロット!

”バワンゴレン”の代わりでしょうか。

でも、チリっぽいのもなんか入っています。

とりあえず、再び混ぜ混ぜします。

混ぜ混ぜしていると、なんだか「ミーゴレン」っぽい甘辛い香りがふわりと漂ってきましたー♪

 

しっかりと混ぜ混ぜし終えたところで、さあ、いただきましょー★

スープはないので、麺をそのままかっ込みます。

うん、甘辛い「ミーゴレン」っぽい味がします。

フライドエシャロットの香ばしさがなかなかです★

まずまずのお味。

 

だけど、やっぱりスープがないカップヌードルはちょっと物足りないかな・・・。

焼きそばとしても、液体ソースとフライドエシャロットの量がもう少し多い方がいいかも。

でも、「ミーゴレン」感は味わえましたー★

 

ところで、この「カップヌードル ミーゴレン」、「トムヤムクンヌードル」や「カップヌードル シンガポール風ラクサ」と合わせて、ただいまキャンペーン中の様子。

その名も「ドSニックかるた」プレゼントキャンペーン!

日清のホームページによると、

カップヌードル公式Twitterアカウント「@cupnoodle_jp」をフォローしたうえで、キャンペーンサイトのお気に入りのエスメンページよりTwitter上に投稿していただくと、抽選で4名様に、4名の超豪華声優陣による読み手CD付き「ドSニックかるた (声優サイン入り)」をプレゼントするキャンペーンです。

とのこと。

兎にも角にも、この「ドSニックかるた」というのがインパクト絶大!

こちらが日清の「ドSニックかるた」の紹介ページなのですが、

超豪華!46名のエスメンが勢ぞろい❤︎
行こうぜ。スパイシーの絶頂へ
早く札をとれ!
どこにあるのかわからないのか⁉︎

といった言葉が、濃い〜顔の46名のエスメンの写真とともに語られていて、大びっくり!

46名のエスメンは、タイやインドネシア、シンガポールなどのイケメンたち。

そのイケメンたちがカルタの上で、なんかイケメン的な言葉を語っているんです。

 

これ、どういった層をターゲットにしているのでしょうか??

さすが、エスニックチャレンジャー日清食品!

想像の斜め上をいくキャンペーンです「ドSニックかるた」★