ボーヂョーアウンサン・マーケット(ミャンマー・ヤンゴン)【市場・バザール】

ボーヂョーアウンサン・マーケット(ミャンマー・ヤンゴン)【市場・バザール】

ボーヂョーアウンサンマーケット 【ヤンゴン】 世界の市場
記事内に広告が含まれています。

その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!

市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。

今回の市場は、ミャンマーヤンゴンにある「ボーヂョーアウンサン・マーケット

スポンサーリンク

お土産物がたくさん!植民地時代から続くヤンゴン最大のマーケット

ボーヂョーアウンサンマーケット 【ヤンゴン】

ヤンゴンのダウンタウンの目抜き通り、ボーヂョーアウンサン通り沿い、サクラタワーを西に進んだ右手にあるピンク色の大きな建物が「ボーヂョーアウンサン・マーケット」

ヤンゴンで最も大きく、賑わいを見せるマーケットです。

ボーヂョーアウンサンマーケット 【ヤンゴン】

ボーヂョーアウンサン通りの陸橋から左手に見える「ボーヂョーアウンサン・マーケット」。

右手の向こうには、トレーダーズホテルと、その奥にサクラタワーが見えます。

ボーヂョーアウンサンマーケット 【ヤンゴン】

「ボーヂョーアウンサン・マーケット」は、イギリス植民地時代の1926年に建てられました。

この市場には生鮮食料品は売られておらず、雑貨、宝石、衣類、日常品、ヒスイ、漆器、籐製品、ロンヂー、シャンバックなどが売られています。

値段は他の市場よりは若干高いですが、品質の良いものが揃っているとのことで、外国人の観光客も多く訪れます。

ボーヂョーアウンサンマーケット 【ヤンゴン】

ボーヂョーアウンサンマーケット 【ヤンゴン】

布地やさんです。

ロンヂーをはじめとしたミャンマーの服や布を売るお店も多いです。

彩り鮮やかです!

 

「ボーヂョーアウンサン・マーケット」の営業時間は朝10時から夕方5時まで。月曜、祝日はお休みです。

「ボーヂョーアウンサン・マーケット」の通りを挟んだ向かい側には、生鮮食料品を扱う「ニュー・ボーヂョー・マーケット」があります。

雨期のヤンゴン、ダウンタウン界隈 【ヤンゴン】

雨期のヤンゴン、ダウンタウン界隈 【ヤンゴン】

雨期のヤンゴン、ダウンタウン界隈 【ヤンゴン】

こちらは、「ボーヂョーアウンサン・マーケット」の前の歩道に展開されていた野菜や果物の露店。

パパイヤやりんご、ドラゴンフルーツやライチなど、ミャンマーの豊富な食材が並んでいます。

ダウンタウン界隈の風景 【ヤンゴン】

ダウンタウン界隈の風景 【ヤンゴン】

こちらは、ダウンタウンの別の場所の路上屋台。

大きな市場ではなくても、こういった小規模な露店の並びは無数にあります。

スポンサーリンク

「ボーヂョーアウンサン・マーケット」で買ったお土産

ミャンマー、カチン族のハンドバッグ

ミャンマー、カチン族のハンドバッグ

「ボーヂョーアウンサン・マーケット」では、お土産を買いました。

ミャンマーの山岳民族「カチン族」のハンドバッグ。紫色をベースとしたものと、茶色系のものの2つです。

色とりどりのボンボンが可愛いですね♪

上のバッグの渦巻き模様は、水の流れを表しているのだそうですよ。

 

「カチン族」は、ミャンマーと中国雲南省に居住する少数民族

ミャンマーには約90万人おり、北東部のカチン州やシャン州に暮らしています。

祖先崇拝や精霊信仰などアニミズムを信仰しています。

マーケットで買った土産物屋の女の子たち 【ヤンゴン】

カチン族ハンドバッグを購入した「ボーヂョーアウンサン・マーケット」の土産物屋の女の子たち。

このハンドバッグを買うため、お店に2、3回訪問し、値引き交渉しました!

結局、2つで40000K(4000円)くらいしたのを20000K(2000円)くらいにまで負けさせました。でも、それでも相場より高いのかもしれません。

スポンサーリンク

ボーヂョーアウンサン・マーケットMAP

スポンサーリンク

関連記事

ニャウンウー・マーケット(ニャウンウー・ミャンマー)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ミャンマー、ニャウンウーの「ニャウンウー・マーケット」
ボーヂョーアウンサン・マーケット(ミャンマー・ヤンゴン)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ミャンマー、ヤンゴンにある「ボーヂョーアウンサン・マーケット」
ガ・モン・プイン(GMP)ショッピングモール(ヤンゴン・ミャンマー)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ミャンマー、ヤンゴンの「ガ・モン・プイン(GMP)ショッピングモール」
パサール・ブリンハルジョ(ジョグジャカルタ・インドネシア)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、インドネシア、ジョグジャカルタの「パサール・ブリンハルジョ」
パサール・イカン(ジャカルタ・インドネシア)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、インドネシア、ジャカルタの「パサール・イカン」
オールド・マーケット(シェムリアップ・カンボジア)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、カンボジア、シェムリアップにある「オールド・マーケット」
セントラル・マーケット(プノンペン・カンボジア)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、カンボジア、プノンペンにある「セントラル・マーケット」
バックハーのサンデーマーケットへ【ベトナム】
サパ2日目は日曜日。今日は、バックハーのサンデーマーケットに行くツアーに参加します。ツアーは7時半出発なので、今日も早起き。朝食付きだったので、ホテルのレストランで朝食をとります。
ペニンシュラ・プラザ(リトル・ヤンゴン)シンガポール【市場・バザール】
シンガポールで働く外国人労働者の数は約130万人程度。そのうちの約1割弱、約15万人がミャンマー人だと言われています。シンガポール在住のミャンマー人のたまり場として、よく知られているのが「ペニンシュラ・プラザ」、通称「リトル・ヤンゴン」です。
ゴールデンマイル・コンプレックス(リトル・バンコク)シンガポール【市場・バザール】
シンガポールで働く外国人労働者の数は約130万人程度。タイ人労働者は約1万5,000人程度だと言われています。シンガポール在住のタイ人のたまり場として、よく知られているのが「ゴールデンマイル・コンプレックス」、通称「リトル・バンコク」です。
ラッキー・プラザ(リトル・マニラ)シンガポール【市場・バザール】
シンガポールに在住するフィリピン人は約12万人。その多くが出稼ぎ労働者で、特にメイドの数が多く、約8万人のフィリピン人メイドが働いているのだとのこと。シンガポール在住のフィリピン人のたまり場として、よく知られているのがオーチャードにある「ラッキー・プラザ」、通称「リトル・マニラ」です。
何でも揃うスーパーマーケット「ムスタファ・センター」@リトル・インディア【シンガポール】
シンガポール、リトル・インディアにある「ムスタファ・センター(Mustafa Centre)」。ここは、24時間営業のショッピングセンターで、生活雑貨や食品、衣類、おみやげなど、なんでも揃う巨大スーパーです。特にインド製品が充実していて、スパイスやインドのコスメなど、興味深い商品がたくさんあります♪
ごちゃごちゃ感が楽しい!「ワロロット市場」【タイ・チェンマイ】
ワロロット市場は、100年以上続いているチェンマイ最大の市場です。食品、衣料品、生活雑貨など、たくさんの物が溢れていて、地元民や観光客で賑わっています。ワロロット市場の通りを挟んで向かいには、ホーロー食器のキッチン用品などが売られているトンラムヤイ市場もあるので、ワロロット市場とセットで楽しむことができます。
ウィークエンドマーケット「チャトチャック市場」でタイの青白陶器を購入!【タイ・バンコク】
毎週土日に開催される、バンコクの巨大ウィークエンドマーケット『チャトチャック市場』。狭い通路の両脇には、お店が所狭しとたくさん並んでいて、ゆっくり見ようと思ったら一日では足りないほどです。今回の目的は、タイの青白陶器(パイナップル柄)の食器を買うことです!

コメント