パサール・ブリンハルジョ(ジョグジャカルタ・インドネシア)【市場・バザール】

パサール・ブリンハルジョ(ジョグジャカルタ・インドネシア)【市場・バザール】

ブリンハルジョ市場(ジョグジャカルタ、マリオボロ通り) 世界の市場
記事内に広告が含まれています。

その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!

市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。

今回の市場は、インドネシアジョグジャカルタ「パサール・ブリンハルジョ」

スポンサーリンク

食品から衣料品まで何でも揃う、熱気むんむんの巨大市場

ブリンハルジョ市場(ジョグジャカルタ、マリオボロ通り)

ジョグジャカルタは、ラーマーヤナ舞踊や伝統影絵芝居ワヤン・クリッ、ガムラン音楽やバティックと呼ばれるロウケツ染め布などが有名な中部ジャワの文化の中心。スルタンの王宮のある古都です。

近郊には、世界遺産の「ボロブドゥール」や「プランバナン」遺跡もあります。

文化だけでなく地域の商業の中心でもあるジョグジャカルタには、パサール・ブリンハルジョという巨大な市場がありました。

ブリンハルジョ市場(ジョグジャカルタ、マリオボロ通り)

ジョグジャカルタの目抜き通り「ジャラン・マリオボロ」に面して、パサール・ブリンハルジョはあります。

写真がその外観。緑色をベースとした瀟洒な風情ですが、内部は店と商品と人とで、本当に「ごった返し」といった印象。熱気に包まれた市場です。

ブリンハルジョ市場(ジョグジャカルタ、マリオボロ通り)

市場の入り口で売られていたお惣菜の数々。鶏肉、焼きそば、野菜・・・

様々な食べ物が並びます。

ブリンハルジョ市場(ジョグジャカルタ、マリオボロ通り)

市場の内部はかなり広いです。3階建てになっていて、一番賑わっていたのが1階の洋服・布地屋さん。

伝統的な衣装から現代風の洋服まで、ムスリム用のスカーフからバティックの布まで、あらゆる衣料品が盛りだくさん!

ブリンハルジョ市場(ジョグジャカルタ、マリオボロ通り)

ブリンハルジョ市場(ジョグジャカルタ、マリオボロ通り)

2階は食料品がメイン。豆や小麦、米、香辛料、干物、野菜、果物、スナック、肉、海産物・・・

ズラリと並ぶ豊富な食材。

日用品も勢ぞろい。靴、鞄、食器、おもちゃ、アクセサリー、土産物、携帯電話、電化製品。

歩いている人も、ムスリムなスカーフを被った人から、Tシャツロングヘアーな人まで様々。

ブリンハルジョ市場(ジョグジャカルタ、マリオボロ通り)

このパサール・ブリンハルジョ。バティックをはじめとした布地を売る店がやたらと多かったです。

そのせいか、買い物をしている人は女性が中心でした。

スポンサーリンク

巨大ショッピングセンター「マリオボロ・モール」

ジョグジャカルタ、マリオボロモール

こちらは、パサール・ブリンハルジョと同じ、ジャラン・マリオボロの通り沿いにある巨大ショッピングセンター「マリオボロ・モール」です。

中は、日本のイオンやジャスコと同じで、ファッションから日用品、レストラン、ファーストフード店、カフェまでありとあらゆる商品を扱うテナントが入っています。

ジョグジャカルタ、マリオボロモール

建物は吹き抜けになっていて、1階の特設売り場では、衣料品のバーゲンセールが行われていました。

館内は冷房が効いていて、暑い外から入ってくると生き返るような気分。暑くてバテてきたら、このマリオボロ・モールのカフェで涼んだりしていましたー。

ジョグジャカルタ、マリオボロモール

バーゲンの洋服を見る人々。ちゃあんと、試着室もありますね(6つも)。

ジョグジャカルタ、マリオボロモールのフードコート

モールの最上階は、フードコートになっていて、ナシゴレンやサテーなどのインドネシア料理から、ケンタッキーやマクドナルドなどのファーストフード、中華や韓国料理などのお店もありました。

日本食の店(ジョグジャカルタ、マリオボロモールのフードコート)

フードコートにあった日本料理のお店。鉄板焼き屋さんです。

料理は日本料理というか、ただのバーベキューな気もしましたが、雰囲気が日本です。

とんかつのお店もありましたよー。

ジョグジャカルタ、マリオボロモール

最上階にはゲームセンターがあり、子供たちで賑わっていました。

地下にはスーパーマーケットと本屋もあります。

ジョグジャカルタ、モール内にあるPC用品屋。SDカードを購入

こちらは、マリオボロ・モールではない、別のモールの中にあったPC用品屋のスタッフたちです。

このお店で、デジカメのSDカードを購入しました。

スタッフたちはニコニコ愛嬌があって、とても親切でしたー。

 

2億4000万の人口を抱えるインドネシア。近年は6%以上の経済成長率を維持し、製造業・サービス業就業者の増加に伴って所得水準が向上、すごい勢いで消費も拡大しています。

インドネシアの市場では、そんな高度成長期の人々の熱気を感じることができます。

スポンサーリンク

パサール・ブリンハルジョの地図

スポンサーリンク

関連記事

ニャウンウー・マーケット(ニャウンウー・ミャンマー)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ミャンマー、ニャウンウーの「ニャウンウー・マーケット」
ボーヂョーアウンサン・マーケット(ミャンマー・ヤンゴン)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ミャンマー、ヤンゴンにある「ボーヂョーアウンサン・マーケット」
ガ・モン・プイン(GMP)ショッピングモール(ヤンゴン・ミャンマー)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ミャンマー、ヤンゴンの「ガ・モン・プイン(GMP)ショッピングモール」
パサール・ブリンハルジョ(ジョグジャカルタ・インドネシア)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、インドネシア、ジョグジャカルタの「パサール・ブリンハルジョ」
パサール・イカン(ジャカルタ・インドネシア)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、インドネシア、ジャカルタの「パサール・イカン」
オールド・マーケット(シェムリアップ・カンボジア)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、カンボジア、シェムリアップにある「オールド・マーケット」
セントラル・マーケット(プノンペン・カンボジア)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、カンボジア、プノンペンにある「セントラル・マーケット」
バックハーのサンデーマーケットへ【ベトナム】
サパ2日目は日曜日。今日は、バックハーのサンデーマーケットに行くツアーに参加します。ツアーは7時半出発なので、今日も早起き。朝食付きだったので、ホテルのレストランで朝食をとります。
ペニンシュラ・プラザ(リトル・ヤンゴン)シンガポール【市場・バザール】
シンガポールで働く外国人労働者の数は約130万人程度。そのうちの約1割弱、約15万人がミャンマー人だと言われています。シンガポール在住のミャンマー人のたまり場として、よく知られているのが「ペニンシュラ・プラザ」、通称「リトル・ヤンゴン」です。
ゴールデンマイル・コンプレックス(リトル・バンコク)シンガポール【市場・バザール】
シンガポールで働く外国人労働者の数は約130万人程度。タイ人労働者は約1万5,000人程度だと言われています。シンガポール在住のタイ人のたまり場として、よく知られているのが「ゴールデンマイル・コンプレックス」、通称「リトル・バンコク」です。
ラッキー・プラザ(リトル・マニラ)シンガポール【市場・バザール】
シンガポールに在住するフィリピン人は約12万人。その多くが出稼ぎ労働者で、特にメイドの数が多く、約8万人のフィリピン人メイドが働いているのだとのこと。シンガポール在住のフィリピン人のたまり場として、よく知られているのがオーチャードにある「ラッキー・プラザ」、通称「リトル・マニラ」です。
何でも揃うスーパーマーケット「ムスタファ・センター」@リトル・インディア【シンガポール】
シンガポール、リトル・インディアにある「ムスタファ・センター(Mustafa Centre)」。ここは、24時間営業のショッピングセンターで、生活雑貨や食品、衣類、おみやげなど、なんでも揃う巨大スーパーです。特にインド製品が充実していて、スパイスやインドのコスメなど、興味深い商品がたくさんあります♪
ごちゃごちゃ感が楽しい!「ワロロット市場」【タイ・チェンマイ】
ワロロット市場は、100年以上続いているチェンマイ最大の市場です。食品、衣料品、生活雑貨など、たくさんの物が溢れていて、地元民や観光客で賑わっています。ワロロット市場の通りを挟んで向かいには、ホーロー食器のキッチン用品などが売られているトンラムヤイ市場もあるので、ワロロット市場とセットで楽しむことができます。
ウィークエンドマーケット「チャトチャック市場」でタイの青白陶器を購入!【タイ・バンコク】
毎週土日に開催される、バンコクの巨大ウィークエンドマーケット『チャトチャック市場』。狭い通路の両脇には、お店が所狭しとたくさん並んでいて、ゆっくり見ようと思ったら一日では足りないほどです。今回の目的は、タイの青白陶器(パイナップル柄)の食器を買うことです!

コメント