アティトラン湖畔の町「パナハッチェル」をぶらぶら散歩【グアテマラ】

【グアテマラ③:パナハッチェル 】 エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

メキシコの南、中米にある国「グアテマラ(Guatemala)」

古都アンティグアからプライベートシャトルを利用して「チチカステナンゴ」を訪問。日曜市を見物し、その足でアティトラン湖畔の町「パナハッチェル(Panajachel)」に到着しました。

「パナハッチェル」は、アティトラン湖観光のゲートウェイシティーであり、旅行者が多く訪れる町。標高は1,597m、人口は約15,000人。

湖岸からは湖の対岸にある3つの火山を眺め見ることができ、その景観からアティトラン湖は“世界で最も美しい湖”という呼称もあるほど。

湖岸からは、アティトラン湖周辺に点在する先住民の村々へと向かうフェリーやボートが発着しており、パナハッチェルは村巡りの拠点となっています。

【グアテマラ③:パナハッチェル 】

時刻は午後2時半。ディナーの時間まで「パナハッチェル」の街とアティトラン湖畔を散策します。

スポンサーリンク

レジス・ホテル&スパ(Regis Hotel Spa)

Regis Hotel Spa【グアテマラ③:パナハッチェル 】「レジス・ホテル&スパ(Regis Hotel Spa)」のロビー

 

パナハッチェルで宿泊したホテルは、『レジス・ホテル&スパ(Regis Hotel Spa)』

パナハッチェルのメインストリートである「サンタンデール通り」沿いの便利な立地にある中級ホテルで、ホテル検索サイト経由で予約しました(4,512円)。

Regis Hotel Spa【グアテマラ③:パナハッチェル 】「レジス・ホテル&スパ(Regis Hotel Spa)」

Regis Hotel Spa【グアテマラ③:パナハッチェル 】「レジス・ホテル&スパ(Regis Hotel Spa)」の部屋

 

緑溢れる広々とした中庭が気持ちの良いホテルで、メインストリート沿いにありながら静かで落ち着いた環境が魅力。

部屋も広々としていて清潔感があり、居心地が良いです。

 

『レジス・ホテル&スパ(Regis Hotel Spa)』の記事はこちら↓

スポンサーリンク

メインストリート「サンタンデール通り」

【グアテマラ③:パナハッチェル 】サンタンデール通り

 

ホテルでチェックインを済ませ、荷を解いた後、パナハッチェルの街をぶらぶら散歩します♪

ホテルの目の前に通っているのは、パナハッチェルのメインストリートである「サンタンデール通り」

旅行者向けのレストランやカフェ、お土産やさん、ホテルやゲストハウス、旅行会社などが軒を連ねています。

 

さて、通りを南へ、アティトラン湖岸へと向かって歩き始めましょう〜♪

【グアテマラ③:パナハッチェル 】サンタンデール通りの土産物屋さん

【グアテマラ③:パナハッチェル 】チチカステナンゴにも売られていた祭り用の仮面がたくさん!

【グアテマラ③:パナハッチェル 】いかにも美味しそうな焼きトウモロコシ屋台

【グアテマラ③:パナハッチェル 】屋台の焼きトウモロコシを食べる人々

【グアテマラ③:パナハッチェル 】トルティーヤの焼き台が!サンダル屋さんなど旅行者向けのお店も並びます。

【グアテマラ③:パナハッチェル 】パナハッチェルには赤い色のトゥクトゥクが多く走っています。

【グアテマラ③:パナハッチェル 】大人気のアイスクリーム屋さん

【グアテマラ③:パナハッチェル 】ずらりと軒を連ねる布や洋服のお店

【グアテマラ③:パナハッチェル 】サンタンデール通りを抜け湖の湖畔へ

 

サンタンデール通り沿いには、布やお面、バッグなど民芸品を売るお店や、焼きトウモロコシやチキンなどの屋台、旅行者向けのレストランやカフェ、地元の人にも人気だというアイスクリーム屋さんなどがあります。

通りはそれほど広くないですが、交通量は意外と多く、特に赤い色をしたトゥクトゥクがたくさん走っていました。

そんなのを眺めながら歩いて行くと、前方に湖の姿が見えてきました★

スポンサーリンク

アティトラン湖岸をぶらぶら歩き

【グアテマラ③:パナハッチェル 】アティトラン湖(曇り空)

 

アティトラン湖岸に着きました!

この日はあいにくの曇り空。

晴れた日には、湖の対岸に3つの火山のなだらかな稜線が見え、その景観がとても見事だということなのですが、雲に隠れてしまって全く見ることができません(涙)

【グアテマラ③:パナハッチェル 】曇り空のアティトラン湖を行き交うフェリーボート

【グアテマラ③:パナハッチェル 】アティトラン湖岸の風景

【グアテマラ③:パナハッチェル 】アティトラン湖岸の飲食屋台

【グアテマラ③:パナハッチェル 】湖岸沿いの公園の遊具で遊ぶ子供たち

 

曇り空ではありましたが、アティトラン湖を眺めながら湖岸に沿って歩いていきます。

湖岸をしばらく東へと歩いて行くと、小さな公園が現れました。

公園には遊具が並び、子供たちが遊んでおり、公園の周りには飲食店の屋台がいくつか並んでいます。

【グアテマラ③:パナハッチェル 】アティトラン湖岸に停泊するボートたち

【グアテマラ③:パナハッチェル 】アティトラン湖夕暮れの桟橋

 

そして、公園の向こうには、アティトラン湖周辺の村々へと向かうフェリーやボートの桟橋があります。

明日、この桟橋からボートに乗って対岸の村へとワンデイトリップする予定。

【グアテマラ③:パナハッチェル 】フェリー乗り場を抜けると移動遊園地がありました♪

 

フェリー乗り場を抜けるとレイクビューレストランが並ぶ一帯があり、そこを抜けると広々とした浜辺が出現。

浜辺には移動遊園地が出ていて、小さな観覧車やトゥクトゥクを使ったメリーゴーランドが設置されていました★

【グアテマラ③:パナハッチェル 】トゥクトゥクのメリーゴーランド

トゥクトゥクのメリーゴーランド

 

ぐるぐると回る4台のトゥクトゥクのメリーゴーランド。

なんともシュールな感じです★

【グアテマラ③:パナハッチェル 】湖岸沿いにはレストランがたくさん!

【グアテマラ③:パナハッチェル 】地元の人向けの衣料品店。先住民族風のカラフルなネクタイがナイス!

【グアテマラ③:パナハッチェル 】帽子、サンダル、メガネ、カバンのお店

【グアテマラ③:パナハッチェル 】グアテマラらしいカラフルなカラーリングのサンダル

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】カラフルサンダルを購入

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】料金は100ケツァール(1,500円)

湖岸をぶらぶらと歩きながらメインストリートのサンタンデール通りへと戻ります。

途中、サンダル屋さんでグアテマラらしい民族風のカラフルサンダルを購入。

料金は、値段交渉で少し負けさせて、100ケツァール(1,500円)でした。

 

さて、日が暮れて辺りの風景も夜の帳が降りて真っ暗に。

そろそろディナーでもいただきましょうか〜。

スポンサーリンク

ホセ・ピングイーノス(Jose Pinguino’s)

Jose Pinguino’s【グアテマラ③:パナハッチェル 】「ホセ・ピングイーノス(Jose Pinguino’s)」

 

ディナーで訪問したのは、「ホセ・ピングイーノス(Jose Pinguino’s)」

トリップアドバイザーでパナハッチェル2位のレストランで、地球の歩き方にも掲載されているお店。

トリップアドバイザーや歩き方の地図とは場所が違っており、見つけるのに少し手間取りましたが無事発見!

Jose Pinguino’s【グアテマラ③:パナハッチェル 】「ホセ・ピングイーノス(Jose Pinguino’s)」の店内

Jose Pinguino’s【グアテマラ③:パナハッチェル 】各テーブルのそれぞれの椅子にウィピル(グアテマラの民族ブラウス)が掛けられています。

 

店内は、黄色い壁の温かい雰囲気で、テーブルクロスには民族柄のカラフルな布が使われていて、それぞれの椅子にはグアテマラの民族ブラウス「ウィピル」が掛けられているなど、グアテマラテイスト満点★

店内の一角にはステージが設けられていて、毎週木曜〜土曜の18:30からはグアテマラの民族楽器「マリンバ」の演奏も行われるとのこと。

けれども、残念ながらこの日は日曜だったので演奏は無し(涙)

そのせいなのか、18:30頃入店したものの、お客さんは他に誰もおりませんでした(そのうち3組くらい来店しました)。

Jose Pinguino’s【グアテマラ③:パナハッチェル 】コロナビール

Jose Pinguino’s【グアテマラ③:パナハッチェル 】ガジョビール

まずはビール!

グアテマラの国民的ビール「ガジョ」と、メキシコの世界的ブランド「コロナ」

お味は、やっぱり「コロナ」の方が洗練されていて美味しい!

Jose Pinguino’s【グアテマラ③:パナハッチェル 】本日のスープ

Jose Pinguino’s【グアテマラ③:パナハッチェル 】フライドフィッシュ

Jose Pinguino’s【グアテマラ③:パナハッチェル 】セビーチェ

Jose Pinguino’s【グアテマラ③:パナハッチェル 】パン

 

お料理は、「フィッシュフライ」(本日のスープ、サラダ、ワカモレ、ライス、パンorトルティーヤ付き)と「セビーチェ」を頼みました。

パナハッチェルは、アティトラン湖で獲れる「モハラ」という白身魚を使ったお料理が有名。

あっさり淡白で臭みのない「モハラ」をカラリと揚げた「フィッシュフライ」は、食べやすくて美味しいです。

グリーンチリソースを付けたり、ワカモレと一緒に食べるのもなかなかGood!

ペルーやメキシコを始め、ラテンアメリカの太平洋岸で食べられている魚のマリネ「セビーチェ」は、新鮮な魚介とトマトやタマネギなどの生野菜、レモンの酸味のマッチングが爽やかで美味しい★

酸味が結構強めでしたが、なかなかのお味でした。

料金は、ビールとお料理全て合計で、225ケツァール(3,375円)

【グアテマラ③:パナハッチェル 】サンタンデール通り沿いの帽子屋さん

【グアテマラ③:パナハッチェル 】巨大なテンガロンハットが!

【グアテマラ③:パナハッチェル 】サンタンデール通りに出ていた屋台食堂

【グアテマラ③:パナハッチェル 】美味しそうな屋台のチキン

 

食後、サンタンデール通りをぶらぶらと歩きます。

しばらく歩くと通り沿いにお洒落な雰囲気のカフェがあったので入ってみることに。

スポンサーリンク

カフェ「Cafe Asawa-ko」

Cafe Asawa-ko【グアテマラ③:パナハッチェル 】「Cafe Asawa-ko」の外観

 

カフェの名前は「Cafe Asawa-ko」

建物の2階はゲストハウスになっているようでした。

Cafe Asawa-ko【グアテマラ③:パナハッチェル 】「Cafe Asawa-ko」の店内

 

カウンターと簡素なテーブル席が数席並ぶ「Cafe Asawa-ko」の店内。

カウンターの棚にはお酒のボトルがいくつも並べられていて、夜はバーメインである様子。

Cafe Asawa-ko【グアテマラ③:パナハッチェル 】重量感ありそうなケーキがずらり!

 

グアテマラコーヒーを飲みたいねってことで、コーヒーとそして、ケーキを頼むことにしました。

お店のショーケースの中には、重量感ありそうなケーキがずらり!

Cafe Asawa-ko【グアテマラ③:パナハッチェル 】カフェラテとチーズケーキ

Cafe Asawa-ko【グアテマラ③:パナハッチェル 】ブラックコーヒー

 

お飲み物はブラックコーヒーとカフェラテ、ケーキはブラウニーとチーズケーキのミックスケーキをチョイス!

料金は合計で、45ケツァール(675円)でした。

さすが、世界的なコーヒーの産地であるグアテマラ。どんなお店でもハイレベルで美味しいコーヒーを飲むことができます♪

th_パナハッチェル_マップパナハッチェルMAP

パナハッチェル【グアテマラ④:アティトラン湖1】パナハッチェルから眺めたアティトラン湖の風景

 

さて、グアテマラの旅2日目も終了。

翌日は、パナハッチェルの町を拠点にアティトラン湖周遊!

ボートに乗って対岸へと向かい、アティトラン湖周辺に点在する先住民の村々を巡ります。

 

ちなみに、上の写真は、翌朝のパナハッチェルから見たアティトラン湖の風景です。

翌朝の天気は晴れ!晴れると、こんな美しい景観が広がっていました★

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

グアテマラの織物★現地で購入したカラフルな布6点をご紹介!
中米の国、グアテマラ。この国は手織物の宝庫。 古代マヤの時代に生まれた染織の技術は現在でも人々に受け継がれており、グアテマラの街には「ウィピル」と呼ばれるカラフルなブラウスを着た女性たちでいっぱいです★ 今回は、そんなグアテマラの織物についてご紹介します。
グアテマラの古都「アンティグア」で訪問したレストラン《6店舗》ご紹介♪
中米グアテマラのアンティグアで訪問したレストラン6店(含ファーストフード店)をご紹介します。グアテマラ料理はもちろんですが、現地料理が飽きてしまったときに行きたい、カレー屋さんやマクドナルドなどもあります!
本場グアテマラのコーヒーが飲める現地カフェ【7店舗】ご紹介♪
中米グアテマラで訪問したカフェ7店をご紹介します。コーヒー豆の名産地グアテマラの美味しいコーヒーが、どこでも大体150~300円でいただけます。しかも、なかなかオシャレなカフェも多いので、カフェ好きなら楽しめること間違いなしです!
グアテマラ名物「チキンバス」★派手なデコレーションがインパクト大!
グアテマラの乗り物と言えば、「チキンバス」!グアテマラの道には写真のようなカラフルでゴテゴテした「チキンバス」がたくさん走っています。グアテマラの都市間を結ぶ公共路線バスは、ほとんどがこのバスが使われています。派手にデコレートされたチキンバスの車体は、グアテマラの風物詩のひとつです★
世界遺産の古都「アンティグア」★十字架の丘・市場・コロニアルな史跡を巡る【グアテマラ】
メキシコの南、中米にある国「グアテマラ」。世界遺産の古都「アンティグア」を見て回ります。植民地時代のコロニアルな街並みと3つの火山を望む美しい風景が「アンティグア」の見どころ★ 「十字架の丘」から街並みのパノラマを俯瞰したあと、市場やチキンバスターミナル、古都の史跡をのんびりと巡りました。
密林の中に佇むマヤ文明最大の都市「ティカル遺跡」(世界遺産)を訪れる【グアテマラ】
グアテマラ北部、ペテン低地のジャングル地帯の中に、マヤ文明の都市遺跡として最大規模の遺跡「ティカル(Tikal)」はあります。ユネスコの世界遺産のひとつであり、グアテマラ最大の見どころである「ティカル遺跡」。密林の中に佇む巨大な石造ピラミッドは見応えがありました★
タバコと酒を嗜む神様「マシモン」に会う! 【グアテマラ:サンティアゴ・アティトラン】
メキシコの南、中米にある国「グアテマラ」。アティトラン湖の南岸にある町「サンティアゴ・アティトラン」。この町で目的がひとつありました。それは、“マシモン”に会うこと。“マシモン”とは、アティトラン湖周辺のマヤ先住民の間で信仰されている神様のこと。その御姿はかなりインパクトあるとの噂です!
カラフルな雑貨がてんこ盛り☆チチカステナンゴ日曜市【グアテマラ】
毎週木曜と日曜に露店市が開催されるチチカステナンゴ。サント・トマス教会を中心にたくさんの露店が立ち並び、カラフルな織物や雑貨がひしめき合っていて、雑貨好きな人にはたまらない市です。観光客や地元の人でとても賑わっていて、グアテマラに行ったら必ず行くべきところの一つです。
「火の山のマリア」”火の山”に暮らすマヤ人女性の過酷な現実と力強い”母性”【映画】
「火の山のマリア」は、グアテマラの先住民族マヤ人の一家のドラマを通して、先住民族の過酷な現実と、そのリアルの中で”火の山”のように熱く闘う女性たちの「母性」を描いた作品。2015年ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞、2016年アカデミー賞外国映画賞グアテマラ代表に選ばれた作品です。

コメント