タンジャイミールス(幡ヶ谷)|名店出身のシャンカーさんが作る南インド料理ミールス♪

幡ヶ谷、タンジャイミールス 南インド料理
記事内に広告が含まれています。

京王新線幡ヶ谷駅北口から徒歩2分。国道4号から幡ヶ谷六号通り商店街に入ってすぐの左手の建物の2階に、南インド料理のお店『タンジャイミールス』は、あります。

2023年1月にオープンしたこのお店、オーナーシェフであるカルナニディ・シャンカーさんは、経堂にあった(現在は祖師ヶ谷大蔵)南インド料理の有名店『スリマンガラム』でシェフを務めていた方であるとのこと。

元スリマンガラムのシェフのお店ということもあって、オープン後間もないにもかかわらず、既に多くのお客さんを集めている人気店です♪

スポンサーリンク

元スリマンガラムのシェフ、シャンカーさんのお店

幡ヶ谷、タンジャイミールス建物の2階にある『タンジャイミールス』の外観

幡ヶ谷、タンジャイミールス土日限定のビリヤニの看板

幡ヶ谷、タンジャイミールス店頭の看板メニュー

幡ヶ谷、タンジャイミールス『タンジャイミールス』の入り口

幡ヶ谷、タンジャイミールスToday’s Curry Chicken Biryani

こちらが、『タンジャイミールス』の入り口です。

新宿から二駅で、駅からもすぐ近くという便利な立地。商店街のメインストリート沿いにあり、目立つ看板も立っているので、入りやすい雰囲気です。

幡ヶ谷、タンジャイミールス『タンジャイミールス』の店内

 

『タンジャイミールス』の店内です。

店内空間は、結構広々していて、レジカウンターの向こうに見えるキッチンもかなり広い感じ。

座席は、テーブル席のみで合計40席。席間の余裕があるので、ゆったりと座れます。

幡ヶ谷、タンジャイミールス座席はゆったりとした配置

幡ヶ谷、タンジャイミールスマリーゴールドの花が飾られています。

 

内装は、臙脂やオレンジ、イエローやペパーミントグリーンなどカラフルな色使いながら落ち着いた雰囲気。

マリーゴールドの花が飾られていたり、可愛らしい神様の置き物が置かれていたり、インドらしさはありつつも、ケバケバしくないのが、今風のインド料理店って感じ。

さてさて、さっそくテーブルの上に置かれているメニューを見て、お料理を選びましょうか〜♪

スポンサーリンク

『タンジャイミールス』のメニュー

幡ヶ谷、タンジャイミールスメニューの『タンジャイミールス』の紹介

 

こちらは、メニューの最初に書かれていたお店の紹介です。

お店の名前「タンジャイ」は、タミルナードゥ州の古都「タンジャーヴール」の呼称。「タンジャーヴール」は、シェフのカルナニディ・シャンカーさんの故郷で、「サンバル」が誕生したのも「タンジャーヴール」なのだとか。初めて知りました!

上の写真のお寺は、タンジャーヴールの町の象徴「ブリハディーシュワラ寺院」。南インド最高の寺院建築と言われるヒンドゥー教寺院で、世界遺産にも登録されています。

幡ヶ谷、タンジャイミールスミールスメニュー

幡ヶ谷、タンジャイミールススープメニュー

幡ヶ谷、タンジャイミールスビリヤニメニュー

 

さてさて、『タンジャイミールス』のメニューですが、かなり品数が豊富です♪

ティファンが充実!ドーサも「ラワドーサ」を始め7種類。カレーやおかずも他には無いようなお料理がたくさんありました! その一部(気になったお料理)をご紹介。

ティファンメニュー↓

  • 「ポディミニイドゥリ」(挽いたスパイスと豆の粉をまぶした豆と米の小さな発酵蒸しパン)1,000円
  • 「サンバルミニイドゥリ」(豆と野菜のスープに浸して特製薬味をあしらった、米と豆の小さな発酵蒸しパン)1,000円
  • 「オニオンポディウタパム」(玉ねぎを乗せたドーサ生地にスパイス粉をまぶして焼いた軽食)1,300円

スープ↓

  • 「ムーリガイサール」(香草をふんだんに使った南インドのスープ)600円
  • 「レンティルブロットスープ」(インド豆の煮汁を使ったさらさらスープ)500円
  • 「ナンドゥレモンラッサム」(レモンの酸味を効かせた蟹のスープ)700円
  • 「ナットゥコーリラッサム」(地鶏の旨みが効いたスープ)700円
  • 「アットゥカルスープ」(黒胡椒を効かせた羊すね肉スープ)700円

サラダやスターターは、こちら↓

  • 「テンガイ・マンガイ・パッタニスンダル」(生ココナッツと青マンゴー入り白エンドウマメ炒め)550円
  • 「ムッタイカラッキ」(南インドの半熟オムレツ。ポロッタや酒のお供に)550円
  • 「スーラプットゥ」(モウカザメのほぐし身炒め)1,100円
  • 「エラールペッパーフライ」(黒胡椒を効かせた海老の炒め煮)1,200円
  • 「コングチキンチュッカ」(コングナードゥ地方の生ココナッツ入り鶏肉炒め)1,100円
  • 「マトンピラタル」(羊肉を揚げてからスパイスと炒める料理)1,300円

カレーで気になったお料理↓

  • 「クンバコーナム・カダッパ」(豆とココナッツでジャガイモを煮込んだタンジャーヴール名物)1,000円
  • 「テンナットゥエラール」(ココナッツと黒胡椒が効いた海老の煮込み)1,350円
  • 「ミーンカイカリマサラ」(魚とオクラと茄子の濃厚煮込み)1,450円

ご飯もの↓

  • 「サッティソール(マトン・チキン・フィッシュ)」(米とカレーを層にして蒸しあげる土鍋ご飯に5種類の肉や野菜の副菜を乗せて。マトン・チキン・フィッシュからひとつお選びください)2,800円
  • 「サンバルサーダム」(特製薬味をトッピングしたサンバルおじや)900円

かなり惹かれるアラカルト料理の数々ですが、今回は初訪問ということで、お店の名前に使われている「ミールス」をいただくことにしました。

幡ヶ谷、タンジャイミールスミールスの説明

 

ミールスは、ベジとノンベジがあり、パンはチャパティとプーリから、ノンベジはお肉をチキンとマトンから、選べるようになっています。

それでもって、今回注文したのは下記。

  • ノンベジミールス(南インドの肉と野菜の定食)
  • ベジミールス(南インドの定番定食:ベジタリアン)
  • ナンドゥレモンラッサム(レモンの酸味を効かせた蟹のスープ)

パンはチャパティとプーリをそれぞれ。ノンベジのお肉は、チキンにしました。

ミールスに追加して、「ナンドゥレモンラッサム」も頼みました★

スポンサーリンク

『タンジャイミールス』の「ノンベジミールス」と「ベジミールス」

幡ヶ谷、タンジャイミールス「ビラ91」750円

 

まずは、お飲み物から。

「ビラ91」です。

「ビラ」は、インドで人気を集めているクラフトビールで、ニューデリーに本社を置く新興企業のB9ビバレッジズが2015年に販売を開始したビール。お猿のロゴマークが特徴です。

「ビラ91」は、アルコール度数4.7%の白ビールで、オレンジピールとコリアンダーが使われていて、爽やかで個性的なお味。

ビールをちびちび飲んでいると、程なくしてお料理が運ばれてきました〜♪

幡ヶ谷、タンジャイミールス「ノンベジミールス」2,500円

 

こちらが、「ノンベジミールス」(南インドの肉と野菜の定食)

プレートの上に乗っているのは、サンバル、ラッサム、クートゥ、チキンドライ、チキンカレー、ポンニライス、チャパティ、アッパラム、ピックル、スイーツ、ライス。

幡ヶ谷、タンジャイミールス「ベジミールス」2,300円

 

こちらが、「ベジミールス」(南インドの定番定食:ベジタリアン)

プレートの上に乗っているのは、サンバル、ラッサム、カーラコロンブ、クートゥ、ポリヤル、ポンニライス、プーリ、アッパラム、ピックル、スイーツ、ライス。

品数多くて豪華なビジュアル! さっそくいただきましょうか〜♪

幡ヶ谷、タンジャイミールスチキンドライ、チキンカレー

幡ヶ谷、タンジャイミールスサンバル、ラッサム、チャパティ

幡ヶ谷、タンジャイミールスクートゥ、スイーツ(パヤサム)

幡ヶ谷、タンジャイミールスポリヤル、アッパラム

幡ヶ谷、タンジャイミールスカーラコロンブ、タイル

 

ブラックペッパーとニンニク、タマリンドの酸味が効いたスキッと辛いラッサム。ドラムスティックが入ったサンバルは、お豆の旨みが美味しいスタンダードなお味。

まろやかなココナッツ風味のチキンカレーとスパイシーで濃い目の味付けのチキンドライ。シャープな酸味がたまらない、カーラコロンブ。

ポンニライスと一緒にいただくカレーやおかずは、どれも美味★

幡ヶ谷、タンジャイミールス「ノンベジミールス」と「ベジミールス」

幡ヶ谷、タンジャイミールス「ナンドゥレモンラッサム」700円

 

続いて、サーブされたのが、「ナンドゥレモンラッサム」(レモンの酸味を効かせた蟹のスープ)

レモンの酸味と蟹の旨みがスープに溶けて、さっぱりしているのに奥深いお味。

スイスイ飲めちゃいます♪

幡ヶ谷、タンジャイミールス混ぜ混ぜしていただきます!

 

最後はお決まりの、全てのおかずやカレーを混ぜ混ぜして、素材とスパイスの味と香りのブレンドを楽しみました★

サンバルとラッサムとポンニライスがお代わり可能でしたが、サンバルだけお代わりいただきました!

幡ヶ谷、タンジャイミールスシャンカーさんが南インドコーヒーの攪拌してくれました!

 

食後は、オーナーシェフのシャンカーさんが、南インドコーヒーの攪拌してくれました!

流れるような手捌き! あっという間に泡立つコーヒー♪

幡ヶ谷、タンジャイミールス「サウスインディアンフィルターコーヒー」500円

 

こちらが、シャンカーさんが泡立ててくれた「サウスインディアンフィルターコーヒー」(インド製コーヒーフィルター器で淹れる泡立ちミルクコーヒー)

ミールスのプレートに乗っていたデザート「パヤサム」と一緒にいただきました♪

ほど良い甘さとコーヒーの香り。柔らかいミルクの風味。南インドを思い出す、泡立ったフィルターコーヒーのお味。

デザートのパヤサムも甘くて美味しい♪

幡ヶ谷、タンジャイミールスカウンターの前に置かれていたディヤ

 

幡ヶ谷にある南インド料理のお店『タンジャイミールス』

元スリマンガラムのシェフ、シャンカーさんの「ミールス」は、サンバルもラッサムも、カーラコロンブもポリヤルも、ノンベジのチキンのカレーやおかずも、タミルの風を感じさせる期待通りの美味しさ♪ 再訪必至です!

今度訪れた時は、是非とも、アラカルトのカレーやおかず、そして、バラエティに富んだティファンをいただいてみたいです★

スポンサーリンク

タンジャイミールス Pongal&1周年 のスペシャルミールス

タンジャイミールス Pongal&1周年 のスペシャルミールスをいただきました。

Pongal(ポンガル)は、南インドで4日間に渡って行われる収穫祭です。

営業時間は11:00からですが、10:30からポンガルの儀式を見られるということで、仲間と一緒に行ってきました!

幡ヶ谷、タンジャイミールス

お店の階段の下には、素敵なコーラムが描かれていました。

”コーラム”は、南インドで毎朝女性が家の前に描く絵のことで、お祝いごとの時は、より大きく複雑な模様になるとのこと。

玄関前に描くものなので人に踏まれてだんだん消えていってしまいますが、それはお客様が来たということで縁起の良いことなのだそうです。

幡ヶ谷、タンジャイミールス

Pongal & 1周年 のミールスのセット内容です。

メニューの「サッカライポンガル」は、収穫祭の時に食べる甘いミルク粥のこと。
”サッカライ”が「甘い」、”ポンガル”が「お粥」という意味だそうです。

それにしても、この品数で2,000円というのはありがたい。

ワダもついてるし、バナナの幹とか珍しい食材もいただけて嬉しい~

幡ヶ谷、タンジャイミールス

階段を上がったところには、可愛らしい飾り付けが。

右側の長い葉っぱの飾りは何でしょう。。

もしやサトウキビ?という話になったのですが、調べてみると、ポンガルの時には、日本の門松のような意味合いでサトウキビを家の前に飾るそうです。へぇ~

スポンサーリンク

お祈りの儀式(プージャー)

幡ヶ谷、タンジャイミールス

店内は満席!

時間になると、店主のシャンカーさんがお香?に火を灯し、お祈りの儀式(プージャー)が始まりました。

間近でプージャーを見られるなんて貴重な機会です。

手前にあるお鍋でポンガルを炊きます。

ポンガルという言葉には『吹きこぼす』という意味があり、お粥もポンガルと呼ばれています。炊いている時にわざと吹きこぼさせることで、あふれ出る富に対する祈願を表しているそうです。

吹きこぼれたら「ポンガロ・ポンガル」と言って、 食器などを叩いて賑やかします。

タンジャイミールスのポンガルの時も、急にキッチンのスタッフがお鍋をガンガン叩き出したので何事かと思ったのですが、賑やかしだったのですね!

幡ヶ谷、タンジャイミールス

オイルランプの炎を、手で自分の頭の方に仰ぎます。

そして、スタッフの方が灰をおでこにすりつけてくれました。

スポンサーリンク

タミルで食べた食堂のミールスを思い出す美味し過ぎるミールス♪

幡ヶ谷、タンジャイミールス

プージャーが終わると、お楽しみミールスの時間です♪

まず大きくて立派なバナナの葉っぱがテーブルに並べられました。このバナナリーフは、インドから送られてきたものだそう。

気分が高まります!

幡ヶ谷、タンジャイミールス

最初に盛られたのは、ポンガル(甘いお粥)メドゥワダ

お粥と言っても、水分は少なくおはぎのような感じです。

幡ヶ谷、タンジャイミールス

大きなボールにワダがいっぱい♪

このワダがサックサクで絶品だったので、この写真を見ただけでヨダレ・・・な感じです(笑)

幡ヶ谷、タンジャイミールス

そして、奥にレモンピックルバナナの幹のポリヤル

バナナってすごい!

バナナそのものはもちろん、バナナの花、バナナの葉っぱ、バナナの幹まで使えちゃうなんて!

幡ヶ谷、タンジャイミールス

バナナの幹ポリヤルの右隣から、色々野菜のクートゥー、ビーツのポリヤル、ポテトとグリーンピースのクルマ

お野菜たくさんで嬉しい!

幡ヶ谷、タンジャイミールス

その隣がワッタルコランブ。そして、ポンニライス

タミルのミースルはポンニライスで食べられています。とても食べやすくて好きです。

幡ヶ谷、タンジャイミールス

右端のカトリに入っているのがラッサム

ライスにサンバルがかけられ、アッパラムが添えられて、ミールスの完成です!!

豪華~★ 美味しそう~

幡ヶ谷、タンジャイミールス

バナナリーフが大きいので、テーブルはぎゅうぎゅう!

さてさて、いただきまーす!

まずはラッサムを啜り、サンバルとライス、おかずを一口ずつ味わいます。

・・・うまーい♪♪ 美味し過ぎます。。

やさしいお味で、タミルで食べた食堂のミールスを思い出します。食堂というと失礼なような気がしますが、食堂のミールスこそ毎日食べられる美味しいミールスなのです。

ひとつひとつ感想を書きたいところですが、とにかく美味しくて夢中でいただきました。

甘いポンガルも、どうだろう、、と思っていたのですが、甘さがほんのりなので、甘いお粥が食事に混ざっていても違和感なく美味しく食べられました。

特に感動したのが、メドゥワダです。本当にサックサクで、こんなに歯切れのいいサクサクのワダは初めて食べました。美味し過ぎる。。

最初はスプーンで食べていましたが、手食で食べている人も結構いたので、私たちのテーブルもいつの間にか全員手食でいただいていました。

手食はまだあまり慣れておらず、今まで何度かチャレンジしましたが、手で食べるという行為に集中してしまって、食事がちゃんと味わえなかったのです。

でも、今回はあまりの美味しさに、手で食べていることもあまり気にならず、美味しく味わうことができました。克服できたかも!

サンバルやライスのお代わりも回ってきていただけ、サンバルのお代わりをもらいました。

ドラムスティックと茄子が入っていたのですが、私のサンバルにはドラムスティックが入っていなかったので、お友達に分けていただきました(笑)

このドラムスティックが、可食部分が多くて美味しかった。インド人がドラムスティックのサンバルが好きなのが分かります。

お腹いっぱい。大満足です♪

幡ヶ谷、タンジャイミールス

食後には、やっぱりチャイが飲みたくなり、別注文でいただきました。

お決まりのシャンカーさんのチャイパフォーマンス!

タンジャイミールス訪問は3回目でしたが、毎回写真は撮っちゃいますね!

幡ヶ谷、タンジャイミールス

フワフワな泡立ちで美味しい~

ゆっくりしたいところですが、次のお客さんがお待ちなので。。

タンジャイミールスさん、大繁盛です!

幡ヶ谷、タンジャイミールス

帰り際に見た、ポンガルのお鍋。

いただいたのは、左の茶色っぽいポンガルですね。

お鍋にくくりつけられているのは、ショウガかと思ったら、ターメリックとのこと。

幡ヶ谷、タンジャイミールス

ミールスのおかずもお供えされていました。

ワダが4つもある!(笑)

幡ヶ谷、タンジャイミールス

お土産にお菓子があると案内されていたのですが、なんとタンジャイミールスのオリジナルエコバッグに入っていました! 嬉しい!

しかも、生地もしっかりしていて、小さめサイズで使い勝手が良さそう!

お菓子も美味しくいただきました♪

 

プージャーから参加し、絶品ミールスをいただき、お土産までいただいて、大満足なひとときとなりました。

改めて、タンジャイミールスさん、1周年おめでとうございます!

スポンサーリンク

◉『タンジャイミールス』の地図・アクセス

  • 住所:東京都渋谷区幡ケ谷2-7-10 松本ビル 2F
  • アクセス:京王新線幡ヶ谷駅北口から徒歩2分
  • 営業時間:11:00~15:00 18:00~22:00
  • 定休日:無休

南インド料理の定食「ミールス」東京都内《厳選》48皿!
「ミールス」(Meals)とは、南インドの食堂やレストランで出される定食のこと。南インドでは、お昼(または夜)に食べられる食事です。最近人気の南インド料理。「ミールス」を食べることができるお店もどんどん増えてきています。東京都内のおいしい「ミールス」を48選、ご紹介します!
南インド料理
南インド料理のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地の南インド料理店のほか、本場インドのレストランもご紹介。サンバルやラッサムが美味しいミールス、マサラドーサなど。美味しい南インド料理の食レポートです。
南インド料理の軽食「ティファン」のおすすめメニューとお店をご紹介♪
南インド料理の軽食「ティファン」についてご紹介します。ティファンは現地南インドでは、朝食(モーニング)として、また、朝食だけでなくランチタイム(ミールスが提供される時間)以外でもよく食べられているスタンダードなお料理です。ティファンのおすすめメニューとお店をご紹介します。
南インドの旅
南インドの旅レポートです。(トリヴァンドラム・コーチン・コヴァーラムビーチ・カニャークマリなど)。南インドへのアクセスや世界遺産や遺跡などの観光名所、穴場スポットの情報。宿泊したホテルやおすすめのレストランなどをご紹介。現地で鑑賞した音楽ライブや舞踊、購入したお土産もご紹介します。

コメント