チェンナイからのバタバタ帰国&タミルで買ったお土産【南インド】

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】 南インドの旅
記事内に広告が含まれています。

南インド・タミル9日間の旅、帰国の日。

朝のフライトで、チェンナイからでデリーに移動し、デリーで半日楽しんでから、夜便で日本に帰るスケジュールでしたが。。

今回の旅で購入したお土産もご紹介します!

スポンサーリンク

チェンナイからデリーへ

帰国の日、チェンナイ出発のフライトは、朝8:40なので、5時に起きて6時半にホテルを出発する予定です。

万が一渋滞で遅れた場合を考えて、余裕をもっての出発。

・・・が!!

予期せぬ事態に。。

目が覚めて、時計を見ると、6:40。。。え?6時40分!?

一瞬、状況が掴めなかったけど、明らかに寝坊だと気づく。

6時半にホテルを出発する予定が、現在6:40。

ピンチです!!

慌てて相方を起こし、オタオタしながら、顔など洗ってる時間はない、とりあえず着替えて荷造り!

超特急で準備を終え、スーツケースを引いて1階のロビーへ。

タクシーを呼んでもらう。

ここまで来たら、焦っても仕方がない。

この時点で何時だったか覚えてませんが、時間に余裕をもっていたのできっと大丈夫。

タクシー(確かUberだった)が到着。

国内線なので、国内線ターミナルまで急いでもらう。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

無事、ターミナルへ。

この時点で、確か出発1時間前くらいだったような。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

エア・インディア、エア・インディア。。

・・・ない!?

ヤな予感です。

慌ててeチケットを見ると、そこには「International terminal」の文字が。

なんと、乗るフライトはチェンナイからデリー経由で、どこか海外に飛ぶ国際線扱いの便だったのです。痛恨の確認不足。。

すると、ふと見たところに、空港内を走るカート発見。

おじさんに聞いてみると、「国際線ターミナルに行くよ」とのこと。

なんとラッキー。目の前にいたカートに乗り込み、無事国際線ターミナルへ!

国際線扱いの便なのに、すでに出発1時間を切るような時間。

カウンターが閉まっていたらどうしようと思いましたが、まだ大丈夫。

急いでセキュリティチェックの列に並び、ゲートへ向かうと、意外にも余裕!?

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

なんと、ボーディングまでちょっとゆっくりする時間もありました。

寝坊&ターミナルを間違えるというダブルミスにも関わらず、余裕?で間に合ったという。何ともラッキーでした。

しかし、顔も洗わず朝から慌てたので、ヘトヘトです。

帰国した翌日からは仕事だし、残念だけど、デリーでは市内には行かず、空港のシャワールームでゆっくり身支度して、休憩して帰ろうということになりました。

そして、無事機内へ。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

約3時間のフライトです。

機内食はワダサンバル。

スポンサーリンク

デリーに到着

インディラ・ガンジー国際空港に到着。

早速シャワールームを探します。

ラウンジがあったので聞いてみると、シャワールームは予約でいっぱい。

反対側にもあるよ、ということで、そちらに向かうもやっぱり空きなし。。

他に休憩だけでもできるところはないかと、行ったり来たりウロウロしたけど何もなく、諦めておとなしく出国審査をして、お茶でもすることに。

デリーで行きたいレストランもあったのに、そこも諦め、シャワーも浴びれず顔も洗えず、ただ時間を潰すだけとなったのでした(涙)

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

1年前もここに来ました。

まさか2年連続デリーに来るとは。。(空港だけだけど)

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】太陽神「スーリヤ」の銅像

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

空港内は、広々としていて、とても綺麗。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

フードコートがあったので、ここで休憩することに。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

インドのカレーやイドゥリーのお店のほか、マクドナルドやケンタッキーなどのファーストフード店もいくつかありました。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

おしゃれな感じのインドスナックのお店。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

迷った結果、マックのポテトとコーヒーに。

コーヒーは、ブラックはなく、インドのミルクコーヒーでした。

 

フードコートでかなり時間を潰し、お土産もしっかり購入し、約8時間の乗り継ぎ時間を空港内で過ごしたのでした。

そして、20:20発のJAL便で成田へ。

帰りのフライトは、マイルで購入。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

あられミックスが嬉しい。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

夕食。ハンバーグ?だったかな。

お味噌汁がホッとするー。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

朝のお弁当は、ご飯と煮物。

疲れていたので、寝ていたかったけど、和食が食べたくて食べ始めたら、ペロっとたいらげてしまいました。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

そして、色々ありましたが、無事に成田空港に到着。

 

2019~2020年末年始の南インド・タミルの旅記事も、やっと終了です!

今年は、新型コロナウィルスの影響で、今のところ旅行に行ける気配もないので、ブログや写真を見て、旅に思いを馳せたいと思います。。

スポンサーリンク

南インド・タミルで購入したお土産

最後に、タミルの旅で購入したお土産をご紹介したいと思います!

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

カライクディのアンティークショップで買ったホーローの小皿

今は、インド料理を作るときのスパイス入れに大活躍。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

お皿の表部分は白だけど、裏はこんなに素敵な色。

この微妙な色の違いがたまらないですね。

チェコスロバキア製です。

帰国・お土産 The Bangala(ホテル)【南インド(タミル)⑭】

カライクディで宿泊した「The Bangala」で買ったカラフルなカゴ。

帰国・お土産 The Bangala(ホテル)【南インド(タミル)⑭】

かなりしっかりとした作り。

お菓子や細々したしたもの入れてます。

帰国・お土産 The Bangala(ホテル)【南インド(タミル)⑭】

こちらも、「The Bangala」で買ったペン立て?

”和” っぽい感じで、どこにでも馴染みそう。

ペン立てに使ってもいいし、飾っておくだけでもカワイイかも。

お土産に購入。

帰国・お土産 The Bangala(ホテル)【南インド(タミル)⑭】

「The Bangala」のインド料理のレシピ本。

レシピ盛りだくさんな本ですが、もちろん英語です。

まだ活用できてません。。汗

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

マドゥライの「SARASWATHI HANDLOOM TEXTILES」 のコットンタオル

サイズや柄違いで、たくさん買ってきました!

このストライプ柄は、バスタオルに使ってます。

薄いコットンなので、タオルのフワフワ感はまったくありませんが、水分をよく吸い乾くのも早いので、衛生的な感じがします。

夏に使うのが気持ちいいかも。

海やプールに持って行くのも、かさばらなくて良いと思います。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

白地にシンプルな模様がかわいくて選びましたが、ハンドタオルより大きくて、バスタオルには小さいサイズで、使い道に悩む。。

で、洗面所のタオル掛けにかけたら、ちょっとサイズが大きくて長いけど、いい感じにおさまったので、洗面所用のタオルに決定。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

色がかわいくて、端っこのラインが効いてる、ふきんサイズのタオル。

このサイズ、生地も薄くて使い道に悩んでます。

キッチンタオルとして、食器を拭くのにいいかな、とか考えてます。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

さきほどのタオルと同じサイズの白版。

こちらもさりげないラインが効いててカワイイ♪

しかし、こちらも使い道が。。

キッチンの手拭き用にしようと思って何回か使いましたが、生地が薄いのですぐにビショビショになってしまいます。

やはり食器拭きかな。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

「SARASWATHI」のタグもカワイイ★

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

購入したタオルをこのバッグに入れてくれました。

地元の人たちが、みんなこの手のバッグを普段使いしていて、密かに欲しいなーと思ってたので嬉しい。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

ラーメシュワラムの寺院で買った袋。

何のために使うのか分かりませんが、寺院の周りや中のお供えものを売る店などで売られていました。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

マドゥライのスーパーで買ったローズウォーター。

持って行った化粧水がなくなってしまったので、スーパーや化粧品屋を覗くも、シャバシャバの液体の化粧水というものがなくて、全部とろみのあるローションばかり。

暑いから、さっぱり系の化粧水がほしくて、探した結果、ローズウォーターを購入。

あまりいいものではなさそうだったけど、とりあえず。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

カライクディのスーパーで買ったスパイス。

左上の袋がインドの丸っこいチリ。

隣の2つが、タミルのスパイス「カルパシ」! 使い道が分からず、せっかく買ったのにいまだ使えていない。。

右下の2つが、インディアンベイリーフ。折りたたまれていて、かなり大きいサイズ。しかし、広げてみると、枯れ葉?という感じであまりキレイではない。。

使うのを躊躇しています。。

で、左下がカルダモン。粒がちょっと小ぶりな感じですが、カルダモンは、スパイスの中ではちょっとお高めなので、買ってみました。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

サクランボみたいなインドのチリ。

たまに使ってるけど、違いはよく分からない。。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

買って良かったもの。アーユルヴェーダ処方の歯磨き粉。

前にインドに行ったときは「Himalaya」の歯磨き粉を買いました。

上の2つは、確かカライクディのスーパーで買ったもので、ピンクが岩塩、緑がカルダモン。

日本の歯磨き粉よりもゆるいテクスチャーで、磨きやすい。かなり泡立つので少量で良い。磨いた後は、スースーする訳じゃないけど、さっぱり。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

デリーの空港で買った「BIOTIQUE」の歯磨き粉。

お土産にと思ってたけど、渡しそびれたまま、外出自粛になってしまったので、自分用にしてしまおうと思います(笑)

クローブ&トゥルシー配合で、多分スパイスに慣れてない人には、ちょっぴりクセがあると感じるかもしれませんが、慣れている人は好きであろう感じ。

歯痛のときに、クローブを歯に詰めると良い、と聞いたので、これはきっといいはず。

今度インドに行ったら、歯磨き粉を大量に買ってきたい!

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

チェンナイのショッピングモールに入っていた「fabindia」で買ったオーガニックの紅茶とトゥルシーティー。

トゥルシーは、免疫力を高めると言われているので、今この時期に積極的に摂りたいですね。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

オーガニックのスパイスや豆。

左から「fabindia」で買ったターメリック。

その隣からは、チェンナイのショッピングモールのスーパーで買ったマスタードシード、ブラックペッパー、トゥールダール。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

ここからは、帰りのデリー空港で買ったもの。

まずは、インドのお菓子にしては、普通に美味しくて、個包装されているので職場のお土産にクッキー。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

「SANCHA」の紅茶。

パッケージがかわいいので、お土産にバッチリ!

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

ナッツなどをキャラメリゼしたようなお菓子。

インドスイーツは激甘だけど、これは甘さ控えめでした。

でも、イマイチだったかな。(すごく固かったし。)

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

NISSIN カップヌードル。

海外に行くと、アジアは大概、ご当地日清カップヌードルが売ってるので、つい買ってしまいます。

インドのカップヌードルは、まぁまぁ美味しかった。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

コーヒー豆。

インドは、紅茶やチャイのイメージが強いですが、南インドでは、紅茶よりもコーヒー(ミルクの入ったマドラスコーヒー)の方が日常でよく飲まれています。

どのお店で飲むコーヒーも美味しかったので、買ってみました。

クセもなく、とても飲みやすくて美味しかったです。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

最近、海外旅行に行くと買っているマグネット。

ベタなお土産ではあるけど、冷蔵庫に貼っていて、見る度にそのときの旅を思い出すので、なかなか良いお土産

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

カラフルなガネーシャ様。

真鍮製のような置き物はよくあるけど(うちにもある)、こんなカラフルなのもいいかもと思い購入。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

結果、結構お気に入り♪

かわいい。

 

以上が、タミルで買ったお土産たちでした!

今度インドに行くときは、ステンレスの食器とか調理器具などを色々買いたいなーと思ってます。

次は、いつインドに行けるでしょう。。

スポンサーリンク

関連記事

カライクディに行くなら「ザ・バンガラ(The Bangala)」のランチミールスは必食!
マドゥライから車で約2時間。タミルナードゥ州南部に位置するチェッティナード地方の中心都市「カライクディ」にあるヘリテージホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」に宿泊しました。宿泊施設としてはもちろん、お食事が美味しいことでも有名なのです。
インド・カライクディのホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」@楽園のような素敵な場所
マドゥライから車で約2時間。タミルナードゥ州南部に位置するチェティナード地方の中心都市「カライクディ」にあるヘリテージホテル「The Bangala」に宿泊しました。そこは、流れている空気や時間が他とは違うような、とても素敵な空間で、リラックスして過ごせる楽園のような場所でした。
豪華絢爛な邸宅に圧倒!「チェティナード・マンション」を巡るツアー【南インド】
南インド、タミル・ナードゥの旅。3日目の午後。車をチャーターし、カライクディ近郊の村「アッタングディ」と「カナドゥカタン」へと向かいました。2つの村にはチェティナード地方に点在する豪華な邸宅「チェティナード・マンション」があります。訪れた邸宅は豪華絢爛のひと言でした★
海峡沿いにある聖地「ラーメシュワラム」で新年初日の出を拝む★【南インド】
南インド、タミル・ナードゥの旅。前日、チェッティナード地方の中心都市「カライクディ」から列車に乗って、スリランカとの海峡沿いにある聖地「ラーメシュワラム」に到着しました。ラーメシュワラムは、日の出を拝みながらの沐浴風景が必見の見どころです。早朝、早起きして、さっそく海沿いの沐浴場「アグニ・ティーターム」へと向かいます。
インド最古の海上橋「パンバン橋」を列車が渡る光景【南インド】
南インド、タミル・ナードゥの旅。ホテルで少し休憩し、インド本土とラーメシュワラムのあるパンバン島をつなぐ橋「パンバン橋」を見に行きます。パンバン橋は、1914年に開通したインド最初の海上橋で、長さは2,065mもあります。訪問した時、ちょうど列車が通過する様子を見ることができました★
南インドの古都マドゥライで、コットン手織り(ハンドルーム)タオル工房を見学する★
南インドの古都マドゥライは、インドコットンの手織り(ハンドルーム)タオルの生産で有名です。手織りタオルのお店「サラスワティ・ハンドルーム・テキスタイル」に訪問しタオルを購入。タオル工房も見学させてもらいました!インダス文明の時代から受け継がれた手織りの技術を目の当たりにして大感動!
南インド・チェンナイのレストラン『ラトナ・カフェ(Ratna Cafe)』@チェンナイで一番ミールスが美味しいと評判のお店
南インド、タミル・ナードゥ州の州都チェンナイに、ミールスが美味しいと評判の人気レストランがあります。お店の名前は『ラトナ・カフェ(Ratna Cafe)』。1948年創業の老舗の南インド料理専門店です。 評判通り、これまで食べた中で一番!と思えるほど美味しいミールスでした★
インド古典舞踊「バラタナティヤム」観賞♪ in チェンナイ
南インド、タミル・ナードゥ州の州都チェンナイで、インド古典舞踊「バラタナティヤム(Bharata Natyam:பரதநாட்டியம்)」を鑑賞しました★ 新進気鋭のデュオ「レンジットとヴァイナ」の演技は素晴らしく、インド古典舞踊の奥深さを垣間見ることができました♪

コメント