スリ・クリシュナ・カフェ(南インド・コーチン)|満足度◎現地食堂のミールス(80円)

Sri Krishna Cafe(ランチ) マッタンチェリー(南インド・ケララ州3) グルメ
記事内に広告が含まれています。

南インド、ケララ州の町コーチン

その歴史地区のひとつである「マッタンチェリー地区」に、ミールスやドーサ、イドゥリーなどを提供するお店『スリ・クリシュナ・カフェ(Sri Krishna Cafe)』があります。

このお店は、地元のインド人が普段着で通う、コーチンに無数にある大衆食堂のうちのひとつ。

本場南インドの、日常的に食べられている「ミールス」をいただくことができるお店です。

Sri Krishna Cafe(ランチ) マッタンチェリー(南インド・ケララ州3)

スポンサーリンク

お代わり自由の絶品ミールス★お値段はなんと81円!

Sri Krishna Cafe(ランチ) マッタンチェリー(南インド・ケララ州3)『スリ・クリシュナ・カフェ(Sri Krishna Cafe)』

 

お店にはランチタイムに訪問しました。

こちらは、チェックカウンター。

後ろにヒンドゥー教の神様の祭壇らしきものがあります。

店名に”クリシュナ”がある通り、ヒンドゥー教の方のお店なのでしょう。

だいたい、ヒンドゥーのレストランは、ベジオンリーのお店が多いです。

Sri Krishna Cafe(ランチ) マッタンチェリー(南インド・ケララ州3)『スリ・クリシュナ・カフェ(Sri Krishna Cafe)』の店内

 

『スリ・クリシュナ・カフェ(Sri Krishna Cafe)』の店内です。

簡素な内装ながら、インテリアは白とブラウンで統一されていて清潔な印象。

店内は、エアコン有りの席と無しの席がありましたが、エアコン席は薄暗く、お客も誰もいなかったので、エアコン無しの席に着席。

写真はエアコン無しの席です。

Sri Krishna Cafe(ランチ) マッタンチェリー(南インド・ケララ州3)店内ほぼ満席

 

この『スリ・クリシュナ・カフェ(Sri Krishna Cafe)』、おじさんがふらりとやって来てサッと食べて帰ったり、家族連れや友人同士でランチしていたりと、お客さんの多くは地元のインドの方なのですが、外国人のお客の姿もちらほら。

欧米人の旅行者には有名なお店なのかもしれません。

Sri Krishna Cafe(ランチ) マッタンチェリー(南インド・ケララ州3)『スリ・クリシュナ・カフェ(Sri Krishna Cafe)』のメニュー

 

欧米人のお客がよく来るせいか、英語のメニューも置かれていました。

メニューは、軽食(ティファン)の、「ドーサ」や「イドゥリー」「ワダ」「ウプマ」などに、定食の「ミールス」

ドリンクは、チャイやコーヒー、コーラなどのコールドドリンク、そして、アイスクリームと、かなりシンプルなメニューです。
選んだのは、「Meals Ordinary(45ルピー:81円)」「Meals Rawrice(48ルピー:86円)」

めちゃくちゃ安いです!!

ウェイターのおじさんに注文します。

スポンサーリンク

これなら毎日でも食べられそう!シンプル・イズ・ベストのあっさりミールス

Sri Krishna Cafe(ランチ) マッタンチェリー(南インド・ケララ州3)「ミールス」が運ばれて来ました!

 

銀の丸いプレートの上に、ライスとパパド。

小皿に、ダルとラッサムと2種(インゲンと瓜?)のおかず(ポリヤル)

そして、最後のご飯の上にサンバルをかけてくれます。

Sri Krishna Cafe(ランチ) マッタンチェリー(南インド・ケララ州3)「Meals Ordinary」

 

こちらが、「Meals Ordinary」

ご飯が普通の長粒のインディカ米です。

日本の炊き方とは違う「湯取り法」という炊き方で炊いているので、お米はパラパラな感じになっています。

 

シンプルで、これぞ定食って感じのミールスですが、ほんと美味しそう★

Sri Krishna Cafe(ランチ) マッタンチェリー(南インド・ケララ州3)「Meals Rawrice」

 

そして、こちらが「Meals Rawrice」

“Rawrice”が赤米の意味なのかはわからないですが、ご飯に粒が大きな赤米が使われています。

南インドではミールスのお米にこの赤米が使われていることが多いです。

日本では、赤米を調達するのはかなり難しいようで、ほとんど見たことがありません。

 

さあ、さっそくいただきましょう〜♪

まずは、ラッサムをすすり、サンバル、ダル、2種のポリヤル、アチャールをひと口ずついただき、パパドをかじります。

お味はどれも薄めですが、どのお料理もスパイスが適度に効いていて、素材とマッチしていて美味しい★

そして、それぞれをご飯の上にかけて、ご飯と一緒にお口へ。

うん、ほんと美味しい♪

マスタードシードの辛みとカレーリーフの香りが食欲をそそり、植物性のココナッツオイルが使われていることであっさりしたお味の現地食堂ミールス。

優しいお味で、これなら毎日でも食べられそうな感じです。

Sri Krishna Cafe(ランチ) マッタンチェリー(南インド・ケララ州3)混ぜ混ぜしていただきます!

 

最後は、混ぜ混ぜ!

食べ応えのある赤米に、ラッサムやアチャールの酸味、サンバルやダルの旨味、ポリヤルのお野菜のお味、パパドのパリパリ食感がミックスされて、たまらない美味しさ!

Sri Krishna Cafe(ランチ) マッタンチェリー(南インド・ケララ州3)お代わりも無料!

Sri Krishna Cafe(ランチ) マッタンチェリー(南インド・ケララ州3)油断していると際限なくお代わりを盛られます(汗)

 

さらにさらに、ウェイターのおじさんが、ライスやサンバル、ラッサム。そして、2種のポリヤルに至るまで、どんどんお代わりを盛ってくれます!

これは嬉しい!!

日本の南インド料理店だと、お代わり出来てもライスかサンバルくらいですからね〜。

だけど、油断していると際限なくお代わりを盛られてしまうので、そこそこお腹いっぱいになったらストップしてもらいましょう〜!

Sri Krishna Cafe(ランチ) マッタンチェリー(南インド・ケララ州3)『スリ・クリシュナ・カフェ(Sri Krishna Cafe)』の外観

 

シンプルながら、ラッサムもサンバルも2種のポリヤルも本当に美味しかった『スリ・クリシュナ・カフェ(Sri Krishna Cafe)』のミールス。

お代わりもいくらでもいただけるし、約80円ほどという破格のお値段★

満足度かなり高いお店です♪

スポンサーリンク

◉『スリ・クリシュナ・カフェ(Sri Krishna Cafe)』の地図・アクセス

  • 住所:Palace Rd, South Cherlai, Mattancherry, Kochi, Kerala 682002
  • 電話:+52 7341726
  • 営業時間:8時00分~14時30分、17時30分~21時30分

スポンサーリンク

「インド」現地のレストラン・カフェ

本場インドで食べたインド料理《絶品》25店舗をご紹介!
インドで食べたインド料理をご紹介します。訪問したお店は、デリー、コーチン、バックウォーター、コヴァーラム、トリヴァンドラム。チェンナイ、マドゥライ、カライクディ、ラーメシュワラム、ハイデラバード、マンガロールにある25店舗。インド以外の国で食べたインド料理もご紹介します。
インド・ハイデラバードのレストラン・カフェ《おすすめ》6店舗をご紹介♪
テランガーナ州・アーンドラ・プラデーシュ州の州都「ハイデラバード」。華やかなイスラム宮廷文化が花開いたこの町では、南インドの他の町には見られない、イスラム色の濃いお料理をいただくことができます。もちろん、ベジミールスやティファンのお店もたくさん! ハイデラバードで訪問した《おすすめ》6店舗をご紹介します★
インド・マンガロールのレストラン・カフェ《おすすめ》4店舗をご紹介♪
インド、カルナータカ州南部にある港町「マンガロール」。古くから国際貿易都市として栄え、多様な文化が混じり合ったこの町は、お料理のバラエティも多種多様。インドの中でも「美食の町」として知られています。今回、そんなマンガロールのレストラン・カフェを4店舗訪問したので、ご紹介します♪
オマーンの首都マスカットの南インド料理レストラン2店鋪★ケララ料理店&タミル料理店
アラビア半島の南東にある国オマーン。この国には多くのインド系出稼ぎ労働者が暮らしていて、首都マスカットには、南インド料理のレストランもいくつかあります。そのうちの2店舗、ルイ地区にある『アナサプリ・レストラン』と『サラバナバワン』に行ってきましたのでご紹介します。
デリーのインド料理レストラン3店舗★スルチ&ナイヴェーディヤム&カリムホテル
3億の人口、29の州があり、多種多様な民族、宗教、言語を持つインドには、驚くほどバラエティに富んだ食文化があります。インド中から人が集まる首都デリーには、様々な土地や民族それぞれのお料理を提供するレストランがたくさんあります。今回は、そんな首都デリーのインド料理店を3店舗ご紹介。
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント