太古(TAIKOO)【台南・神農老街】古民家を改装したバー

神農老街【台湾7(台南の夜)】 エスニックカフェ&バー
記事内に広告が含まれています。

台南の海安路から西へ入る小道「神農街」は、レトロな建物が並ぶノスタルジックな雰囲気漂うストリートです。

古い建物を改装してバーやカフェ、雑貨屋などを営業していて、地元の人たちや観光客が多く訪れます。

夜はライトアップされ、なんとも風情のある雰囲気に包まれ、撮影スポットにもなっています。

スポンサーリンク

古い建物が並ぶノスタルジックなストリート

海安路の屋台(オープンテラス!)居酒屋で食事をした後は、海安路から西へ入る道「神農街」へ。

ここ数年注目されているのが、「老街」と呼ばれる古い家並みと町並みが残るエリアで、細い路地に並ぶ古い建物を改装して、バーやカフェ、雑貨屋さんなどを営業しています。

ここ「神農街」も台南の代表的な「老街」で、『神農老街』と呼ばれています。

神農老街【台湾7(台南の夜)】

海安路から神農街へ入った途端、雰囲気が急に変わり、タイムスリップしたかのようなレトロな街並みが目に入ってきました!

神農老街【台湾7(台南の夜)】

ひっそりとしていますが、とても風情があって、不思議な雰囲気。なんだかテンションが上がります♪

神農老街【台湾7(台南の夜)】

お店の前で写真撮影をしている人もチラホラ。

とても雰囲気がいいので、写真スポットがたくさんです。

神農老街【台湾7(台南の夜)】

神農老街【台湾7(台南の夜)】

神農老街【台湾7(台南の夜)】

日曜日の夜だったからか、閉まっているお店がほとんど。

でも、その分静かで、ノスタルジック度が上がるような気がしました。

神農老街【台湾7(台南の夜)】

JTBのホームぺージに、神農街について書かれていたので、ご紹介。

清の時代にはこの一帯は商業地区で、多くの貿易商が軒を連ね、1階を店舗、2階を倉庫として利用していたそうです。現在は道路となっているところは、かつては運河で、船で荷が運ばれては、2階の倉庫に吊り上げていたため、2階にも入口がありました。その建物を、手を加えつつも原型を残しているので、独特の街並みとなっています。
また建物も、清代の頃のものを改築しつつ使い続けているので、当時の面影を残すものもあれば、日本統治時代に改装された、どこか和風の建物もあるなど、それぞれとても個性的なのが魅力です。

スポンサーリンク

古民家独特の雰囲気が残るバー『TAIKOO(太古)』

バーでお酒でも一杯!と思ってたところ、良さげなお店を発見!

神農老街【台湾7(台南の夜)】

この時5月なのに、クリスマスツリー。

海外って、時期関係なくクリスマスの飾りつけしてるとこ、良くありますよね。。

こちらのお店は『TAIKOO(太古)』というバーで、古民家を改装したバーです。

TAIKOO太古【台湾7(台南の夜)】

店内は、奥にカウンターがあって、ソファ席1つとテーブル席が3つ(だったかな?)があります。

カウンターの奥にドアがありますが、そのドアにの向こうは中庭があって、その向こう側は、骨董家具がたくさん置いてある骨董家具のお店だそうです。

このバーの店内にも、骨董家具が置かれています。

運よく、ソファ席が空いていました。

TAIKOO太古【台湾7(台南の夜)】

暗くて良く分からないけど、ソファに座ってお店の外の方を見たところ。テーブルも広くて、くつろげます。

TAIKOO太古【台湾7(台南の夜)】

TAIKOO太古【台湾7(台南の夜)】

ドリンクメニュー

TAIKOO太古【台湾7(台南の夜)】

TAIKOO太古【台湾7(台南の夜)】

軽食メニュー

お値段は、日本と変わらないくらいですね。

チョイスしたドリンク?は、、、

TAIKOO太古【台湾7(台南の夜)】

モヒート 250元。

爽やかミントで美味しい♪

TAIKOO太古【台湾7(台南の夜)】

シンガポールスリング 200元。

ジンが効いていて、大人なお味。薄いピンクがカワイイです♪

TAIKOO太古【台湾7(台南の夜)】

フレンチフライ 120元。

おつまみも何か食べたかったので、好きなポテト。

フレンチフライは、太いタイプより細くてカリっとしてる方が好きなので、これは好きなタイプ♪ 普通に美味しかったです。

TAIKOO太古【台湾7(台南の夜)】

2階にも席があるようで、店内に階段があります。

この時2階には、団体のお客さんがいたのか、かなり盛り上がっているようでした。結構急な階段ですが、お店の人がドリンクや食べ物を持って、階段を行ったり来たりして大変そうでしたよ。

TAIKOO太古【台湾7(台南の夜)】

ちょっと薄暗い落ち着いた雰囲気の店内で、ゆったりとお酒を飲むことができるのは、いいものです。

今回は時間がなかったので夜しか行ってませんが、昼間の『神農街』も見てみたかったですね。

スポンサーリンク

◆TAIKOO(太古)

  • 住所:台南市中西區神農街94號
  • 電話:06-221-1053

関連記事

台南街歩き★「帆布バッグ」を買い「雙全紅茶」で紅茶を飲み「赤崁楼」を観光する
台湾の古都「台南」の街をぶらぶら歩いて、お買い物をして、美味しいご飯やかき氷を食べて、観光して。。小さい街なので、歩いて結構回れちゃいます。昭和レトロな雰囲気の街並みを歩きながら、台南を満喫しちゃいましょう☺
<台南>丈夫でかわいい帆布バッグを購入@合成帆布行・永盛帆布行【台湾】
台南というと、美味しい食べ物や南国フルーツなど、”食”のイメージが強いですが、お買い物も楽しめるんです。布製(帆布)バッグの生産が盛んで、丈夫でかわいくて、お値段もリーズナブルなバッグが買えちゃいます!自分用にもお土産用にもオススメ!台南で代表的な帆布のお店は3店舗ありますが、その内の2店舗に行ったのでご紹介します☺
<台南>レトロ感がなんとも言えない『林百貨店』【台湾】
台南にある林百貨店は、山口県出身の経営者「林 方一」により、日本統治時代に創立した百貨店です。1980年代より、空きビルになっていましたが、2014年6月にリニューアルオープンしました!台湾のお土産や、MITグッズ、林百貨店オリジナルグッズなど、素敵でかわいい雑貨などがたくさんあって、見るだけでも楽しめる百貨店です☺

コメント