スパイスカフェ・アナンダ【長野・諏訪】★古民家でいただく滋味深いダルバート

茅野、スパイスカフェ・アナンダエスニック料理

長野県諏訪市、中央自動車道諏訪ICから500mほど、県道16号岡谷茅野線の神宮寺交差点の南西、諏訪大社上社本宮から100mの場所に、ネパール料理店『スパイスカフェ・アナンダ』はあります。

2020年11月にオープンしたこのお店、ネパール出身のご主人と地元信州出身の奥様のご夫婦で切り盛りされているお店なのだそう。

本格的なネパールの定食「ダルバート」を諏訪で食べられる!貴重なお店です★

スポンサーリンク

諏訪大社上社本宮前、築100年の古民家を改装したお店

茅野、スパイスカフェ・アナンダ築100年の古民家をリノベーションしたお店の建物

 

こちらが『スパイスカフェ・アナンダ』の外観。建物は築100年の古民家をリノベーションしたものであるとのこと。

お店の前の通りは、諏訪大社上社へと続く道で、ほんの100mくらいのところに大社の入口があります。

一方通行の道なのでお車での来店の際は注意が必要。お店の横には4台分の駐車スペースもあります。

茅野、スパイスカフェ・アナンダ『スパイスカフェ・アナンダ』ネパールカレーとチャイの店

茅野、スパイスカフェ・アナンダ『スパイスカフェ・アナンダ』の店頭メニュー

 

お店は11時半からのオープン。10分前くらいにお店に到着して、一番乗りでお店に入ることができました。

茅野、スパイスカフェ・アナンダ『スパイスカフェ・アナンダ』の店内

 

こちらが『スパイスカフェ・アナンダ』の店内。

古民家を改装した内装で、畳が敷かれた室内にそれぞれ形の違ったテーブルや椅子が置かれています。

座席数は16席。見ていませんが、2階にも席があるとのこと。

茅野、スパイスカフェ・アナンダテーブルや椅子、ランプなどが席によって色々

茅野、スパイスカフェ・アナンダソファー席もあります。

 

11時半に入店後、すぐに2組のお客さんが来店。12時過ぎにはほぼ満席になっていました。

一巡目でいただきたいなら、12時前には来店した方が良さそうです。

茅野、スパイスカフェ・アナンダシンギングボールやステッカー、マグカップなどが販売されています。

茅野、スパイスカフェ・アナンダぬいぐるみや小物なども色々販売

茅野、スパイスカフェ・アナンダ豆やパパド、ヒングなども

 

店内には、シンギングボールやステッカー、マグカップ、ぬいぐるみや小物など、色々なものが棚に並べられて販売されています。

豆やパパド、ヒングなど、ネパール料理の食材もありました!

茅野、スパイスカフェ・アナンダネワール彫刻が至る所に

 

こちらは、見事な木彫りのネワール彫刻。ネワール彫刻も色々な所に飾られています。

ご主人はネワールの方なのでしょうか?

茅野、スパイスカフェ・アナンダお水は神宮寺の石清水(セルフサービス)

 

こちらは、セルフサービスのお水のポット。お水は名水として知られる、神宮寺の石清水です。

お水をセルフてわ準備したところで、そろそろテーブルに置かれたメニューを見てお料理を選びましょうか〜♪

茅野、スパイスカフェ・アナンダダルバートの紹介

 

さて、お料理のチョイスと言っても、いただくお料理は決まっています。

ネパールの定食「ダルバート」です。

メニューには、ダルバートを知らない人のために、ビジュアル付きの丁寧な説明がありました。

ダルバートの食べ方や各おかずの解説も書かれていて、とってもわかりやすいです★

茅野、スパイスカフェ・アナンダ『スパイスカフェ・アナンダ』のダルバートメニュー

茅野、スパイスカフェ・アナンダチベッタンブレッド(14:30からオーダー可)もあります。

『スパイスカフェ・アナンダ』のダルバートには3つのセットがあります。

  • [Aセット](カレー1種類、ごはん、ダルスープ、副菜8種)
    • チキンダルバート 1,200円
    • マトン(ヤギとラムMIX)ダルバート 1,300円
    • ベジタブルダルバート 1,200円
  • [Bセット](カレー2種類、ごはん、ダルスープ、副菜8種) 1,500円
    • チキン、マトン(ヤギ肉)、ベジタブルの3種から、2種類を選択
  • [アナンダセット](カレー3種類、ごはん、ダルスープ、副菜8種)
    • A:1,600円(カレーがスモールカップになります)
    • B:1,700円(カレーの量が通常と同じです)

今回は、Bセット(チキン&ベジタブル)と、アナンダセット(A)をチョイスすることにしました。

メニューには「チベタンブレッド」があって、かなり気になったのですが、14時半からの提供とのことで、残念ながらオーダーは出来ず。

注文を済ませ、お料理を待ちます。

スポンサーリンク

ネパール出身のシェフが作る本格的なダルバート

茅野、スパイスカフェ・アナンダ「ダルバート Bセット(チキン・ベジタブル)」1,500円

 

ほどなくして、お料理が運ばれてきました!

こちらは「ダルバート Bセット(チキン・ベジタブル)」

茅野、スパイスカフェ・アナンダ「アナンダセット」1,600円

 

こちらは「アナンダセット」です。

セット内容は、

  • カレー(チキン・マトン・ベジタブル)
  • ダルスープ(豆のスープ)
  • アチャール(スパイスとゴマなどで味付けした酸味のある漬物)
  • サデコ(マリネのようなもの)
  • アチャール(トマトベースのペースト状の漬物)
  • バトマスブデコ(枝豆のガーリック炒め)
  • タルカリ(スパイスをきかせたおかず)
  • アチャール(玉ねぎの漬物)
  • アルジラ(クミン風味のジャガイモの炒め物)
  • サーク(青菜の炒め物)
  • パパドゥ(ひよこ豆のせんべい)
  • バート(ごはん)

さてさて、さっそくいただきましょう〜♪

茅野、スパイスカフェ・アナンダ副菜は8種(アチャール3種・サデコ・バトマスブデコ・タルカリ・アルジラ・サーク)

茅野、スパイスカフェ・アナンダ3種のカレー(チキン・マトン(ヤギ肉)・ベジタブル)とダルスープ

 

まず、ダルスープを啜ります。水分多めのネパールのダル。ジンブーの風味が滋味深いお味。美味しいです★

身の締まったチキンがゴロゴロ入った、シャバシャバのチキンカレー、ヤギ肉の獣感がビビッドに感じられるマトンカレー、野菜の素材の旨味がスパイスに引き立てられたベジタブルカレー。いずれも、ネパールらしいシンプルなスパイス使いが美味です♪

8種の副菜も期待に違わぬ美味しさ!

アチャール、サデコ、タルカリ、アルジラ、信州の新鮮な野菜の旨味がスパイスによって引き立てられています。

バート(ごはん)に、ダルスープやカレー、8種の副菜を掛けて、ごはんとのマッチング、それぞれのおかずのブレンドを楽しみます。

優しく体に沁み渡るような美味しさ。これぞ、ネパール料理って感じの美味なダルバートでした★

茅野、スパイスカフェ・アナンダスパイスチャイ

茅野、スパイスカフェ・アナンダ本日のスイーツ「スパイスキャロットシフォンケーキ」

 

食後は、「スパイスチャイ」と本日のスイーツ「スパイスキャロットシフォンケーキ」をいただきました♪

甘さとスパイス感がほどよいチャイと、これまた甘さ控え目のケーキ。スパイシーなダルバートの後のお口直しにぴったり!美味しかったです★

茅野、スパイスカフェ・アナンダタルチョ(チベット仏教の経文が印字された五色の旗)

 

長野県諏訪市にあるネパール料理店『スパイスカフェ・アナンダ』

諏訪・南信地域では貴重な、本格的なネパール定食「ダルバート」をいただけるお店。

信州の新鮮な素材を使った、ネパール出身のご主人が作るダルバートは、ネパール料理をはじめて食べる人も、食べ慣れている人も満足できるお味。

お店の雰囲気や店員さんの接客対応も二重丸◎です。

スポンサーリンク

◉『スパイスカフェ・アナンダ』の地図・アクセス

  • 住所:長野県諏訪市中洲神宮寺767-1
  • アクセス:JR中央本線茅野駅から3.2km
  • 営業時間:11:30〜17:00
  • 営業日:毎月第3木曜日 毎週水曜日

ネパール料理
ネパール料理のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地のネパール料理店をご紹介します。ご飯と豆スープのダル、カレー味の野菜のタルカリ、漬物のアチャールがセットになった定食「ダルバート」やネパール餃子のモモなど。美味しいネパール料理の食レポートです。
ネパール料理の定食「ダルバート」東京都内《おすすめ》14店舗ご紹介!
「ダルバート」とは、ネパールで毎日食べられている日本の定食にあたる料理です。ダルは豆、バートはお米を意味します。ダルとお米の他に、おかず「タルカリ」と漬物の「アチャール」が付きます。東京都内のネパール料理店でいただいた「ダルバート」(または、それに類するもの)を14皿、ご紹介します★
エスニック料理店マップ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★