海外旅行の絵①(セネガル・ボリビア・インド.etc)

海外旅行の絵①(インド・ヨーロッパ・ボリビア.etc)エスニックな旅
海外旅行の絵①(インド・ヨーロッパ・ボリビア.etc)

海外旅行の絵をご紹介します。インド、中国、ラオスセネガルアイルランド、ハンガリー、トルコシリアペルー、ボリビアの絵です。スケッチブックに描いた小さな絵(161×225 or 142×185)で、水彩(一部、色鉛筆、サインペンあり)です。絵は現地でスケッチ、もしくは自分で撮った写真をスケッチして描きました。

承啓楼(中国・福建省)
承啓楼(中国・福建省)

中国福建省永定には客家の人々が住む円形の集合住宅(土楼)が4000以上も建っています。土楼が建ち並ぶ様はインパクト抜群です。

客家土楼の記事はこちら

聖アウグスチン教会(中国・マカオ)
聖アウグスチン教会(中国・マカオ

中国南部のマカオは1999年までポルトガルの領土でした。半島の随所に17世紀当時の繁栄を偲ばせる教会が建っています。

マカオの記事はこちら

ワット・シェントーン(ラオス・ルアンパバーン)
ワット・シェントーン(ラオス・ルアンパバーン

ラオスの古都ルアンパバーンは80もの寺院がひしめく信仰の町。そのシンボルとも言える寺院がワット・シェントーンです。

ルアンパバーンの記事はこちら

ゴレ島(セネガル)
ゴレ島(セネガル)

セネガルの首都ダカールの沖合いに浮かぶ島ゴレ島には悲しい歴史があります。この島は16世紀から19世紀にかけて黒人奴隷の積み出し港でした。

ゴレ島の記事はこちら

夕暮れの海岸(セネガル・ダカール)
夕暮れの海岸(セネガル・ダカール

ダカールの海岸で大西洋に沈む夕陽を眺めました。海岸では地元の黒人の若者たちが大勢、運動をしていました。

ダカールの記事はこちら

イニシュモア島の断崖(アイルランド・アラン諸島)
イニシュモア島の断崖(アイルランド・アラン諸島

アイルランドの西の果て。アラン諸島のイニシュモア島。100mもの高さのある断崖には吹き飛ばされそうなほどの強風が吹いていました。

イニシュモア島の記事はこちら

ドナウ川とくさり橋(ハンガリー・ブダペスト)
ドナウ川とくさり橋(ハンガリー・ブダペスト

ハンガリーの首都ブダペストは夜景が綺麗です。群青色に染まったドナウ川と金色にライトアップされたくさり橋のコントラストが見事。

ブダペストの記事はこちら

ガラタ橋から見た旧市街(トルコ・イスタンブール)
ガラタ橋から見た旧市街(トルコ・イスタンブール

文明の十字路イスタンブール。夕暮れ時、海峡は何百というアザーンの声に包まれます。その音楽的な美しい呼び声は、夕陽に照らされた街と海峡全体に反響していました。

イスタンブールの記事はこちら

パルミラ遺跡(シリア)
パルミラ遺跡(シリア)

シリアにあるパルミラ遺跡。繁栄を極めた隊商都市の壮大な遺跡ですが、2015年、ISの侵攻によって遺構の多くが破壊されてしまいました。

パルミラ遺跡の記事はこちら

アンデス文明(ペルー・ボリビア)
アンデス文明(ペルー・ボリビア

16世紀にスペイン人がやって来るまで他の文明との接触がほとんどなかったアンデス。旧大陸とは全く異なる独自の文化が興味深いです。

アンデス文明(ペルー)の記事はこちら

ポトシ銀山と町(ボリビア)
ポトシ銀山と町(ボリビア)

ボリビア南部、世界最高所標高4070mにあるポトシの町はスペイン植民地時代の16世紀、世界最大の銀鉱山でした。

ポトシ銀山の記事はこちら

ポトシの街並み(ボリビア)
ポトシの街並み(ボリビア)

ポトシには、植民地時代の繁栄を物語る建物がいくつも残ります。眩しい陽光と身を切るような寒さの中、それらをぶらぶらと巡り歩きました。

ポトシの記事はこちら

ウユニ塩湖(乾季・雨季・夕方・夜)(ボリビア)
ウユニ塩湖(乾季・雨季・夕方・夜)(ボリビア)

世界最大の塩の湖ウユニ塩湖は、乾季・雨季・夕方・夜とそれぞれ違った絶景を見ることができます。自分が見たのは乾季だけですが。

ウユニ塩湖の記事はこちら

ツプテン・サンガ・チョリン僧院(インド・ダージリン)
ツプテン・サンガ・チョリン僧院(インド・ダージリン

インド・ダージリンにあるツプテン・サンガ・チョリンの僧院では老僧たちがマニ車をぐるぐる回していました。

ダージリンの記事はこちら

インドの牛(インド)
インドの牛(インド)

インドの街の至る所にいる牛。日常的に様々な牛を見ていると、牛にもそれぞれ個性があることに気付かされます。

ティクセ・ゴンパ(インド・ラダック)
ティクセ・ゴンパ(インド・ラダック

ラダック地方の僧院ティクセ・ゴンパ。静寂の中聞こえるのは、風にそよぐポプラのざわめき、道端でマニ車を回す音、農家が脱穀をする音。

ティクセ・ゴンパの記事はこちら

ティクセ・ゴンパのチャンパ大仏(インド・ラダック)
ティクセ・ゴンパのチャンパ大仏(インド・ラダック)

ティクセ・ゴンパのお堂に鎮座するラダック最大のチャンパ(弥勒)大仏像。見目麗しいお姿に、惚れ惚れしました。

チェムレ・ゴンパ(インド・ラダック)
チェムレ・ゴンパ(インド・ラダック)

岩山がまるごと僧房と化したチェムレ・ゴンパ。観光客の姿などなく、内部では老僧がお経を詠んでいたり、ラッパのような楽器を吹いていたり。

チェムレ・ゴンパの記事はこちら

スタクナ・ゴンパ(インド・ラダック)
スタクナ・ゴンパ(インド・ラダック)

インダス川沿いにあるスタクナ・ゴンパ。白い外観とは打って変わって、内部は豪華絢爛の極彩色。真面目なおじさん僧が案内してくれました。

スタクナ・ゴンパの記事はこちら

ジャイサルメールのフォート(インド)
ジャイサルメールのフォート(インド)

タール砂漠の真ん中にある隊商都市ジャイサルメール。繁栄を極めたかつての栄華は夢の跡。40℃を超える砂漠の熱暑の中、街中をうろうろ。

ジャイサルメールの記事はこちら

コルヴァ・ビーチ(インド・ゴア)
コルヴァ・ビーチ(インド・ゴア

1970年代にはヒッピーの聖地として知られたゴア。現在でもトランスミュージックなどが演奏されるパーティーがよく行われるサイケな所です。

ゴアの記事はこちら

タージ・マハル(インド・アグラ)
タージ・マハル(インド・アグラ

世界で最も美しい建物のひとつ、タージ・マハル。イスラム芸術の粋が凝縮されたこの廟はたったひとりの妃のためだけに建てられた建物です。

タージ・マハルの記事はこちら

タージ・マハルの夕陽(インド・アグラ)
タージ・マハルの夕陽(インド・アグラ)

タージ・マハルの裏に流れるヤムナー川。その対岸からは、表側とは別のタージの顔を見ることができます。レンタサイクルで対岸に渡ると、ちょうど夕暮れ時で、夕陽とタージが川に映るところが見えました。