マスカットの夕景と夜景(マトラ・スーク、コルニーシュ、スルタン・カブース・グランドモスク)【オマーン旅③】

スルタン・カブース・グランドモスク(マスカット)【オマーン旅③】オマーン・ドバイの旅

※前回の記事→オマーンエアで3時間40分。インドのデリーからマスカットへ【オマーン旅②】

マスカット【オマーン旅②】

アラビア半島の南東、ペルシャ湾岸にある国「オマーン(Oman:عمان)」への旅。

インドのデリー経由でオマーンの首都「マスカット(Muscat:مسقط)」に到着。

マスカット東部にあるマトラ地区の海岸通り(コルニーシュ)を散策した後、マスカット最大のスーク「マトラ・スーク」、オマーン最大のモスク「スルタン・カブース・グランドモスク」を訪れます。

伝統的なアラブの雰囲気が味わえる「マトラ・スーク」

マスカット【オマーン旅②】コルニーシュの風景

マスカット【オマーン旅②】コルニーシュ沿いの土産物屋さん

マスカット【オマーン旅②】絨毯屋さんのディスプレイ

 

マトラの海岸通り(コルニーシュ)は、マスカットを訪れた旅行者が必ず立ち寄る場所。

湾に沿ってぐるりと弧を描いた通り沿いには、土産物屋さんやレストランがたくさん並んでいます。

マトラスーク【オマーン旅②】マトラ・スークの入り口

 

コルニーシュの通りの中ほどに、マスカットで最も有名なスーク「マトラ・スーク(Mutrah Souq)」があります。

アラブ世界で最古のスークのひとつとも言われるこのスークは、アラビアン・ローカルな雰囲気満点!

さっそく、中に入ってみることにしましょう〜♪

マトラスーク【オマーン旅②】マトラ・スーク入り口のステンドグラス

マトラスーク【オマーン旅②】地元のオマーン人御用達のマトラ・スーク

 

「マトラ・スーク(Mutrah Souq)」は、伝統的なアラブの雰囲気が味わえるスーク。

内部はメインのアーケードを中心に細い路地が入り組んでいて、貴金属製品、乳香などの香料を売るお店、オマーン伝統の半月刀やランプなどの工芸品、布地やオマーン帽などの衣料関係のお店が軒を連ねています。

マトラスーク【オマーン旅②】たくさんのお店が軒を連ねています。

マトラスーク【オマーン旅②】スークの天井にはこんなモザイクが!

マトラスーク【オマーン旅②】アラブ風のランプのお店

マトラスーク【オマーン旅②】ドラクエに出てくるような宝箱もありました!

 

「マトラ・スーク」の良いところは、ドバイなどのスークと比べ、ローカル感が強いところ。

主に地元の人が利用するスークなので、普段着の買い物の様子を垣間見ることができて面白いです。

また、観光客の数がそこまで多くないせいか、お店の客引きの呼び込みもそれほどしつこくなく、落ち着いて見て回ることができるのも嬉しいポイント。

マトラスーク【オマーン旅②】尖頭アーチとアバヤを纏った女性たち

マトラスーク【オマーン旅②】スークの裏手の広場で駄弁る男たち

 

スークには、真っ白なディスターシャを纏った男性と、真っ黒なアバヤを纏った女性がたくさん買い物をしておりました。

このスークで、乳香やオマーン帽子などを購入。

 

マトラ・スークの詳細はこちら→アラブの雰囲気が味わえる「マトラ・スーク」を散策【オマーン・マスカット】

アラブの雰囲気が味わえる「マトラ・スーク」を散策【オマーン・マスカット】
オマーンの首都マスカットのマトラ地区にあるマーケット「マトラ・スーク」。マトラのコルニーシュ(海岸道路)沿いにスークの入口があります。大きなスークではないけれど、伝統的なアラブのスークの雰囲気が味わえます。適度な混み具合で、押し売りもあまりなく、落ち着いて見られます。

コルニーシュ(海岸通り)の夕暮れ

マスカット【オマーン旅②】コルニーシュ(海岸通り)の夕暮れ

 

マトラ・スークからコルニーシュ(海岸通り)へと戻ると、既に夕陽がかなり傾いてきていました。

コルニーシュの夕暮れの風景、美しいです★

夕暮れの街並みと海を眺めながら、ぐるりと弧を描いた海岸線の遊歩道を西へ歩いていきます。

マスカット【オマーン旅②】夕陽を浴びる豪華クルーズ客船

マスカット【オマーン旅②】コルニーシュとマトラ・フォート

マスカット【オマーン旅②】コルニーシュの夕暮れ

マスカット【オマーン旅②】コルニーシュの夕暮れ(パノラマ)

マスカット【オマーン旅②】コルニーシュの夕暮れ

 

コルニーシュの西端には、フィッシュ・マーケット(中には入らなかったですが)があり、その前には、路線バスのバス停があります。

コルニーシュの夕暮れをしばらく眺め、写真を撮った後、そろそろ夕食をということで、再びRoute4のバスに乗ってルイへ。

伝統的オマーン料理の専門店「ビン・アティーク・レストラン」

ビン・アティーク・レストラン(マスカット)【オマーン旅②】「ビン・アティーク・レストラン」

 

ルイのバスターミナルに戻った後、そこから北東へ約1㎞ほど歩いた「マトラ商業地区」というエリアにある「ビン・アティーク・レストラン(Bin Ateeq Restaurant)」というレストランでディナーをいただくことにしました。

「ビン・アティーク・レストラン(Bin Ateeq Restaurant)」は、サラーラやニズワにも店を出している伝統的オマーン料理の専門店です。

ビン・アティーク・レストラン(マスカット)【オマーン旅②】お食事をいただいた部屋

 

お店に入ると、さっそく、店員さんにオマニ・スタイルの個室に案内されました。

個室は、床にカーペットが敷かれ、クッションがいくつか置かれているだけで、テーブルや椅子はありません。

床に座って、床に置かれたお料理をいただくのが、オマニ・スタイルです。

何となく殺風景なお部屋ですが、エアコンは完備。お部屋は全部で4,5部屋くらいあり、お客さんもそこそこ入っていました。

 

注文したのは、

  • フムス(Hammos:Chick Peas dip with Bread)
  • スペシャルグリーンサラダ(Salatha Makhzooz:Special Green Salad)
  • ビリヤニライス with フィッシュフライ(Qabooli Samakh:Biryani Rice with Fish Fly)
  • 牛肉のスープ(Vasala Laham:Fresh Boiled Cow Meat in Fresh Soup + Bread)
  • マンゴーフレッシュジュース(Aseer Fuakkah:Mango Fresh Juice)

料金は2人分で合計8.1オマーンリヤル(約2,330円)

注文してしばらく待っていると、お料理が運ばれてきました!

ビン・アティーク・レストラン(マスカット)【オマーン旅②】銀の大皿に載って出てきました!

ビン・アティーク・レストラン(マスカット)【オマーン旅②】スペシャルグリーンサラダとフムス、ホブズ、フレッシュジュース

 

銀の大皿の上に載せられて出てきたのは、「スペシャルグリーンサラダ」とひよこ豆のペースト「フムス」、フムスを付けて食べるパン「ホブズ」、マンゴーの「フレッシュジュース」

お味は、まあまあかな。洗練されていないローカルなお味です。

ビン・アティーク・レストラン(マスカット)【オマーン旅②】ビリヤニライス with フィッシュフライ、牛肉のスープ

 

続いて運ばれてきたのは、「ビリヤニライス with フィッシュフライ」と「牛肉のスープ」

牛肉のスープは、ちょっと臭みが強かったです。お魚とビリヤニはシンプルで素朴なお味。

料理のチョイスが悪かったのかもしれませんが、個人的には全体的に「う〜ん・・・」という感じ。

マスカット【オマーン旅②】ルイ・マトラ商業地区の時計台

 

兎にも角にも、ディナーを済ませ、お腹いっぱいになった後、ルイ・バスターミナルへと戻ります。

バスターミナルからバスに乗って、オマーン最大のモスク「スルタン・カブース・グランドモスク」を見にいきます!

オマーン一美しいモスク「スルタン・カブース・グランドモスク」の夜のライトアップ

マスカット【オマーン旅②】路線バスに乗って夜の「スルタン・カブース・グランドモスク」へ

 

オマーン最大のモスク「スルタン・カブース・グランドモスク」は、夜のライトアップも美しいと聞いていました。

ルイ・バスターミナルから「スルタン・カブース・グランドモスク」までは、Route1のバス(空港とルイを結ぶバス)に乗って向かいます(30分ほど。0.3リヤル:約86円)。

マスカット【オマーン旅②】左前方に「スルタン・カブース・グランドモスク」が見えます。

 

バスの運転手さんに、「スルタン・カブース・グランドモスクに行きたい!」と伝えると、モスクのかなり手前の歩道橋の前で降ろしてくれました。

モスクはハイウェイの向こう側にあり、ハイウェイには車が時速130㎞以上のスピードでビュンビュン走っているので、歩道橋で渡るのは必須です。

スルタン・カブース・グランドモスク(マスカット)【オマーン旅②】「スルタン・カブース・グランドモスク」が近づいてきました。

スルタン・カブース・グランドモスク(マスカット)【オマーン旅②】ライトアップされた「スルタン・カブース・グランドモスク」

 

歩道橋を渡り、歩いていくと、「スルタン・カブース・グランドモスク」の姿が見えてきました。

夜のモスク、美しくライトアップされています♪

スルタン・カブース・グランドモスク(マスカット)【オマーン旅②】オマーン最大の最も美しいモスク

スルタン・カブース・グランドモスク(マスカット)【オマーン旅②】イスラム文化の粋を集めた「スルタン・カブース・グランドモスク」

 

「スルタン・カブース・グランドモスク(Sultan Qaboos Grand Mosque:جَامِع ٱلسُّلْطَان قَابُوْس ٱلْأَكْبَر)」は、2001年に完成したオマーン最大のモスク。

中央ドームの高さは50m、メインミナレットは高さ約90m、4つの隣接するミナレットの高さは45.5m。敷地の総面積は416,000㎡、モスクなどの施設の総面積は40,000㎡もあるそう。

モスクの全体像は↓

スルタン・カブース・グランドモスク(マスカット)【オマーン旅②】ミナレットは91.5mの高さ

スルタン・カブース・グランドモスク(マスカット)【オマーン旅②】高さ50mの中央ドーム

 

「スルタン・カブース・グランドモスク」の敷地内に入り、モスクへと向かって歩いていきます。

ハイウェイから見えるのは、モスクの裏手。内部に入るための入り口は左手の方にあります。

 

この「スルタン・カブース・グランドモスク」は、オマーン国内で唯一、イスラム教徒以外が入ることを許されているモスクなのですが、異教徒が入場できるのは午前8時〜11時の3時間のみ(金曜を除く)。

残念ながら夜の時間帯は中に入れないので、外から眺めるだけです(内部には後日入場しました)。

スルタン・カブース・グランドモスク(マスカット)【オマーン旅②】人影のほとんどない夜の「スルタン・カブース・グランドモスク」

スルタン・カブース・グランドモスク(マスカット)【オマーン旅②】大理石の床がピカピカ

スルタン・カブース・グランドモスク(マスカット)【オマーン旅②】階段に間接照明がずらり

 

夜の「スルタン・カブース・グランドモスク」、内部の礼拝堂には参拝者がいるのかもしれませんが、外からはほとんど人影が見えず。

静寂に包まれた幾何学的なモスクの造形は神秘的です。

スルタン・カブース・グランドモスク(マスカット)【オマーン旅②】イスラムらしい尖頭アーチとモザイク、ランプ

スルタン・カブース・グランドモスク(マスカット)【オマーン旅②】美しい尖頭アーチ

スルタン・カブース・グランドモスク(マスカット)【オマーン旅②】スタイリッシュな尖頭アーチ

中には入れませんが、内部の回廊を見ることができました。

リズミカルに並ぶ尖頭アーチ、壁や床のモザイク、吊り下げられたランプと壁に投影されるランプの光と影。

現代イスラム芸術の粋がここに表されています★

スルタン・カブース・グランドモスク(マスカット)【オマーン旅②】美しい夜の「スルタン・カブース・グランドモスク」

 

日中(午前中)の「スルタン・カブース・グランドモスク」(内部に入れる)は、もちろん必見ですが、夜の「スルタン・カブース・グランドモスク」も神秘的でおすすめ。

近くから外観を見るだけでも、わざわざバスに乗って訪れる価値はあります★

ルートタクシーでルイへ戻り、カフェでお茶

マスカット【オマーン旅②】ルートタクシーに乗ってルイへ

 

夜の「スルタン・カブース・グランドモスク」を鑑賞した後は、ハイウェイ沿いでルートタクシーを捕まえて、ホテルのあるルイへと戻ります。

ルートタクシーは、ワゴンタイプの乗り合いタクシー。運転手さんに行きたい場所を伝え、その場所がルートに入っていればOKで伝えられた料金を支払います。料金はバスよりも若干高い程度ですが、普通のタクシーよりはかなり安いので使いではあり!

今回は、モスク付近からルイまでで、0.4オマーンリヤル(115円)でした。

マスカット【オマーン旅②】ルイの街並み

Golden Tulip Headington(マスカット)【オマーン旅②】夜のホテル「ゴールデン・チューリップ・ヘディントン」

マスカット【オマーン旅②】ホテルの1階には貴金属店がありました。

 

ルイに到着し、ホテルへと戻ります。

夜のルイの街は、日中と違って、かなり賑わっていました。日中は閉まっていた貴金属店が軒並みオープンしています。

Golden Tulip Headington(マスカット)【オマーン旅②】ホテル内のカフェ

 

こちらは、宿泊していたホテル「ゴールデン・チューリップ・ヘディントン(Golden Tulip Headington Ruwi)」内にあるカフェ。

ここで、コーヒーを飲んで寛いでから、部屋へと戻ることに。

Golden Tulip Headington(マスカット)【オマーン旅②】カフェの壁に描かれた「スルタン・カブース・グランドモスク」の絵

Golden Tulip Headington(マスカット)【オマーン旅②】コーヒー(1.4リヤル)クッキーはおまけ

 

注文したコーヒーは、1.4リヤル(約402円)、カフェラテは、1.6リヤル(約460円)

スタッフの男性、クッキーをおまけで付けてくれました♪

 

カフェで寛いだ後、お部屋に戻って就寝。

翌日は、マスカットの南にある城塞都市ニズワと、山岳地帯ジュベル・アフダルへの1日プライベートツアーにお出掛けです。

th_マスカット1日目【オマーン旅MAP】マスカットMAP

 

※次の記事→プライベートツアーで訪問する城塞都市ニズワ★フォートとスークを巡る【オマーン旅④】