本場の味が楽しめる「メキシコ料理店」《おすすめ》6店舗をご紹介!

フォンダ・カルメリータ(シウダデラ市場)【メキシコ】エスニック料理
スポンサーリンク

メキシコ料理とは?

メキシコ料理とは、メキシコの先住民であるアステカ属やマヤ族の料理を母体とし、16世紀にメキシコを征服したスペインの料理の影響を受けて成立した料理です。

メキシコ土着の作物であるトウモロコシやトウガラシを多用し、辛味の効いた料理が多いのが特徴的。

主食はトウモロコシをすり潰した生地(マサ)で作ったトルティーヤ。肉や野菜など様々な具をトルティーヤで挟んだ「タコス」はメキシコ料理を代表する料理です。

また、インゲン豆を使った煮込み料理やスープ、唐辛子などをベースとしたソースを使ったチキンの煮込み料理「モレ」、アボカドのティップ「ワカモレ」もメキシコ料理の代表選手。

唐辛子を使った調味料「サルサ」をお料理に付けて食べるのもメキシコ料理の特徴です。

スポンサーリンク

テクス・メクス料理

メキシコ料理とよく似た料理で、「テクス・メクス料理」という料理があります。

「テクス・メクス料理」とは、メキシコ風のアメリカ料理、または、19世紀初頭までメキシコ領だったテキサス州独自のメキシコ風料理のこと。

本場メキシコ料理との違いは、チーズが多用されるほか、ヘッドレタスやクミン・コリアンダーなどのスパイスが多用されること。

トルティーヤをパリッと揚げたタイプのタコスやナチョス、チリコンカン、タコサラダなどもテクス・メクス独自のお料理です。

実は、日本に無数にあるメキシコ料理店のほとんどか、この「テクス・メクス料理」のお店。本場メキシコのお料理を提供しているお店は都内でも数えるほどしかありません。

今回は、テクス・メクスではない、本場メキシコ伝統のお料理を提供しているお店6店舗をご紹介します★

スポンサーリンク

『ラ・ホイヤ』@広尾

広尾、ラ・ホイヤ

広尾、ラ・ホイヤ

広尾、ラ・ホイヤ

広尾にある『ラ・ホイヤ』は、創業1987年の老舗メキシコ料理店。

お店一番推しのお料理「モレ・ポブラノ」は、数種類の唐辛子にカカオ、チョコレートなどをベースにしたソースを用いたチキンの煮込み料理。メキシコを代表する伝統料理です。

チョコレートを使ってはいるものの、それほど甘さはなく、チョコレートのコクが唐辛子やトマト、ナッツや玉ねぎ、ニンニクなどの素材と合わり、複雑で深みのあるお味を作り出していて、なかなか美味しい!ほろほろとほぐれる柔らかいチキンとの相性もバッチシ♪

バラエティに富んだ具材を載せたタコスも美味!メキシコ伝統料理のお味を満喫できるお店です★

 

お店の詳細はこちら↓

ラ・ホイヤ【広尾】★メキシコ伝統の味。チョコレートの入った「モレ・ポブラノ」を賞味する
広尾にある1987年創業の老舗メキシコ料理店『ラ・ホイヤ』。素材にチョコレートを使用したメキシコ伝統料理「モレ・ポブラノ」は複雑で深みのあるメキシコならではのお味。独特な風味が意外とクセになる美味しさです♪バラエティに富んだ具材を載せたタコスも美味!メキシコ伝統料理のお味を満喫できるお店です★
スポンサーリンク

『ロス・タコス・アスーレス』@三軒茶屋

三軒茶屋、ロス・タコス・アスーレス

三軒茶屋、ロス・タコス・アスーレス

三軒茶屋、ロス・タコス・アスーレス

三軒茶屋にある『ロス・タコス・アスーレス』は、タコスをメインにしたメキシコ料理のお店。

在来種の青いトルティーヤを使い、伝統的な製法で自家製造したタコスは、日本の他のメキシコ料理店では食べられない、メキシコ数千年の伝統を継承した本物のお味。

メキシコの調理法と旬の和の素材をマッチングしたオリジナリティのあるタコスは、センス抜群!

現地メキシコのどのレストランでいただいたタコスよりも美味しかったです★

 

お店の詳細はこちら↓

ロス・タコス・アスーレス【三軒茶屋】★自家製の青いトルティーヤを使ったオリジナルタコスが絶品!
三軒茶屋駅にあるタコスをメインにしたメキシコ料理のお店『ロス・タコス・アスーレス』。在来種の青いトルティーヤを使い、伝統的な製法で自家製造したタコスは、メキシコ数千年の伝統を継承した本物のお味。メキシコの調理法と旬の和の素材をマッチングしたオリジナリティのあるタコスは、センス抜群です!
スポンサーリンク

『ラ・カシータ』@代官山

代官山、ラ・カシータ

代官山、ラ・カシータ

代官山、ラ・カシータ

東急東横線代官山駅西口から徒歩3分の所に、本格的なメキシコ料理店『ラ・カシータ』はあります。このお店、1976年にオープンした老舗中の老舗のメキシコ料理店。

焼き立ての自家製トルティーヤを使ったタコスは、本場メキシコのレストランで出てくるような、とうもろこし感満点の素朴なお味。

具材のビーフやチキン、トマトや玉ねぎとのマッチングもGoodで、レモンを絞り、サルサソースを付けて食べるともう最高です♪

 

お店の詳細はこちら↓

ラ・カシータ【代官山】★創業1976年。本場のメキシコ料理が食べられるお店
代官山にあるメキシコ料理店『ラ・カシータ』。タコスやワカモレなど、現地メキシコと同じお味の本場本物のメキシコ料理を頂くことができるお店です。お店の雰囲気もスタッフの感じも良く、さすが40年以上愛され続けているお店だなと感じました★
スポンサーリンク

『フォン・デ・ラ・マドゥルガーダ』@原宿

原宿、フォンダ・デ・ラ・マドゥルガーダ

原宿、フォンダ・デ・ラ・マドゥルガーダ

原宿、フォンダ・デ・ラ・マドゥルガーダ

原宿から10分弱の明治通り沿いにある『フォンダ・デ・ラ・マドゥルガーダ(FONDA DE LA MADRUGADA)は、メキシコ人シェフが作る本場のメキシコ料理を提供するお店です。

店内は地下2階まで広がる大空間。壁を彩るタイル、家具や調度品までメキシコから取り寄せたものだそうで、まるでメキシコの街にいるかのような雰囲気が楽しめます。

そして、メキシコの3人組楽団”マリアッチ”の演奏も聴けるのが嬉しい♪

お料理も本場メキシコのお味。とうもろこしの味と香りがしっかりしたトルティーヤはメキシコを思い出させてくれるお味でした★

 

お店の詳細はこちら↓

本場さながらのメキシコ料理とマリアッチも聴ける♪『フォンダ・デ・ラ・マドゥルガーダ』@原宿
明治通り沿いにある『フォンダ・デ・ラ・マドゥルガーダ(FONDA DE LA MADRUGADA)』は、本場メキシコの雰囲気たっぷりで、3人組楽団”マリアッチ”の演奏も聴けるメキシコ料理のお店です。お店の入口から、階段を下りてフロア出るまで、だんだんテンションが上がってきます!
スポンサーリンク

『サルシータ』@広尾

広尾、サルシータ

広尾、サルシータ

広尾、サルシータ

広尾にあるメキシコ料理店『サルシータ』は、本場スタイルのメキシコ料理をいただけるお店として評価の高いお店です。

店内は陽気なメキシコらしさを感じさせながらも落ち着いた雰囲気。

『サルシータ』自家製のトルティーヤは、トウモロコシの旨みがしっかりと出ていて、かつ上品なお味。とっても食べやすい美味しいタコスです。

ほかにも、ワカモレやナチョスなどの軽食や、チョコレートを使った「モレポブラーノ」、かぼちゃの種を使った「ピピアンベルデ」、メキシコ独立記念日のお祝い料理「チレ・エンノガーダ」など、本場メキシコの伝統料理もいただくことができます。

都内のメキシコ料理店の中でも屈指のお店のひとつです★

 

お店の詳細はこちら↓

落ち着いた雰囲気の店内でいただく本物のメキシコ料理『サルシータ』@広尾
広尾にあるメキシコ料理店『サルシータ』は、本場スタイルのメキシコ料理をいただけるお店として評価の高いお店です。陽気なメキシコらしさを感じさせながらも落ち着いた雰囲気の中で、本場のお味のメキシコ料理をいただけるお店『サルシータ』。都内のメキシコ料理店の中でも屈指のお店のひとつです★
スポンサーリンク

『テピート』@下北沢

下北沢、テピート

下北沢、テピート

下北沢、テピート

『Tepito(テピート)』は、下北沢にある本場のメキシコ料理を提供するメキシコ料理店。オーナーシェフは日本人のマダム(旦那さんはメキシコ出身)でメキシコ料理のレシピ本も出版されている方です。

『テピート』のお料理は、タコスもサボテンサラダもワカモレも、なるほど本場のお味。コーンの味わい深く何枚でも頂けちゃいそうなトルティージャは、現地メキシコで食べたトルティージャよりも美味しいかも。

アットホームな雰囲気の中、“本格”のメキシコ料理を堪能できるお店です★

 

お店の詳細はこちら↓

アットホームな雰囲気のメキシコ料理のお店『Tepito(テピート)』@下北沢
最近アジア料理を食べる機会が続いたので、アジア以外のエスニック料理が食べたいなと思い、ネットで探していたところ、下北沢駅北口から5分ほどのところに評判が良さそうなメキシコ料理のお店を見つけました。お店は、ビルの3階にありました。
スポンサーリンク

現地メキシコのレストラン