【メキシコ・グアナファト】『ラ・カレータ』@店頭でぐるぐる焼かれているチキンが美味しい♪

ラ・カレータ(グアナファト④昼)【メキシコ】 グルメ
記事内に広告が含まれています。

メキシコ中央高原北西部にある「グアナファト」の町。

そのメインストリート「フアレス通り」をラパス広場から西に進み、イダルゴ市場に向かう途中の左手に、チキンがぐるぐると回転して焼かれているのが目を引く大衆食堂があります。

創業40年以上を誇るという、グアナファトで人気の鶏肉料理のお店『ラ・カレータ(La Carreta)』です。

ラ・カレータ(グアナファト③午前)【メキシコ】

スポンサーリンク

創業40年以上を誇るという、グアナファトで人気の鶏肉料理のお店

ラ・カレータ(グアナファト③午前)【メキシコ】ぐるぐると回転しているチキン

 

薪がくべられた煉瓦造りの窯の中に、美味しそうな焼き色の付いたチキンがたくさん、ぐるぐると焼かれています。

辺りに漂う香ばしい匂い!これは惹かれますね★

さっそく、お店に入りましょう〜!

ラ・カレータ(グアナファト④昼)【メキシコ】店頭の窯を後ろから見たところ

 

店頭の窯を後ろから見たところ。

手前はキャッシャーになっています。

ラ・カレータ(グアナファト④昼)【メキシコ】『ラ・カレータ』の店内

 

『ラ・カレータ』の店内の様子です。

シンプルで素っ気ない食堂風の店内。壁には昔のお店やグアナファトの街の写真でしょうか。モノクロの写真がたくさん飾られていました。

お店はそこそこの広さで、4人掛けテーブルが10卓ほど。座席はほぼ埋まっていました。

お客さんはメキシコ人がほとんどで、地元ではかなり人気店であるみたいです。

また、このお店は、「地球の歩き方」にも掲載されているので、途中で日本人の観光客も入ってきました。

ラ・カレータ(グアナファト④昼)【メキシコ】『ラ・カレータ』のメニュー

ラ・カレータ(グアナファト④昼)【メキシコ】メインメニューのチキン

『ラ・カレータ』のメニューです。

メインメニューは、もちろんチキンの丸焼き!

「1/4 de Pollo(Chicken1/4)」「Medio Pollo(Chicken Midle)」「1Pollo entero(1 Whole Chicken)」と3つの大きさがあって、それぞれ、70ペソ(560円)、100ペソ(800円)、135ペソ(1,080円)

今回は、「Medio Pollo(Chicken Midle)」をチョイスすることにしました。

ラ・カレータ(グアナファト④昼)【メキシコ】コカ・コーラ

 

まず、お飲物として注文した「コカ・コーラ」が出てきました!

お馴染みのビンに、ストローを差した、そのままの提供。

食堂って感じですね★

実は、メキシコの「コカ・コーラ」は、世界で一番美味しいコカ・コーラだと言われています。

なんでも、アメリカ本国のコカ・コーラは、甘味として、コーンシロップが使われているのですが、メキシコのコカ・コーラは、サトウキビから取った自然の砂糖が使われているのだとか。

普段、コーラをあまり飲んでいないので、味の違いはわからなかったですが、美味しいコーラではありました★

スポンサーリンク

素材そのものが美味しい!シンプルでボリューム満点のチキン丸焼き

ラ・カレータ(グアナファト④昼)【メキシコ】「Chicken Midle」(100ペソ: 800円)

 

注文したチキンが来ました〜!

メニューの名前はそのまま「チキン」

ご飯とキャベツのサラダも付いて、100ペソ(800円)

Midleをチョイスしましたが、それでもかなりのボリュームです★

ひとりで食べるなら、Midleでもかなり多いので、1/4でも十分だと思います。

 

スパイスなどは使っていないようで、シンプルなお味でしたが、お肉が柔らかくジューシーで、たまらない美味しさ!

ご飯やキャベツとのマッチングも良くて、お腹いっぱい食べたいランチにぴったりです。

また、トルティージャも、テーブルに無料で置かれるので、トルティージャの中にチキンやライス、キャベツなどを巻いて食べるのもなかなか美味しいです。

ラ・カレータ(グアナファト④昼)【メキシコ】サルサソースとハラペーニョ

 

さらに、テーブルに置かれたサルサソースやハラペーニョを付けて食べると、味にパンチが出て、これまたGood!

満足のいくランチとなりました★

 

だけど、ちょっと残念だったことが…。

お料理をサーブしてくれるお姉さんが、コーラの瓶を倒してしまい、自分の服がコーラで汚れてしまったのです!!

けれども、お姉さん、別に謝ることもせず、そのことを指摘しても、反応ナシな感じ(汗)

でも、海外ではこういう対応はよくあることなので、しょうがないかもしれません。

 

『ラ・カレータ』では、他にもモーレ料理(チョコレートソースのかかった料理)やポソレなどがメニューにあるそう。

また、チキンはテイクアウトも出来るとのこと。

いただいたチキンは、メキシコ料理というよりは、チキンをそのまま焼いただけって感じですが、そんなの関係ありません。十分満足できました★

グアナファトでランチをいただくなら、『ラ・カレータ(La Carreta)』がイチオシです。

スポンサーリンク

◉『ラ・カレータ』の地図・アクセス

  • 住所:Av. Benito Juárez 96, Zona Centro, 36000 Guanajuato, Gto
  • 電話:+52 7341726
  • 営業時間:9時00分~21時00分

スポンサーリンク

「中南米」現地のレストラン・カフェ

メキシコのグルメ

サロン・コロナ【メキシコシティ】ここでしか飲めない!コロナビールの生が飲めるお店
メキシコのビールと言えば、「コロナビール」。この「コロナビール」ですが、実は生ビールがあるんです♪コロナの生ビールを飲むことができるお店が、本場メキシコシティにある『サロン・コロナ(Salón Corona)』その『サロン・コロナ』の本店に行ってまいりましたのでご紹介します★
メキシコシティの老舗有名店『カフェ・デ・タクバ』で伝統料理「チレスエンノガダ」をいただく!
メキシコシティでもっとも有名なレストランの一つ『カフェ・デ・タクバ(Café de Tacuba)』。メキシコの女流画家「フリーダ・カーロ」の結婚披露宴が行われたことでも、有名なんだそうです。ステンドグラスやタイルの素敵な店内で、メキシコの伝統料理をいただきました☆
メキシコシティの代官山「コンデサ」地区のおしゃれメキシコ料理店『アズール コンデサ(Azul Condesa)』
メキシコの代官山と言われる「ローマ&コンデサ地区」のコンデサ地区に、おしゃれメキシコ料理のお店『Azul Condesa(アズール コンデサ)』はあります。人気のカフェやブティック、ナイトスポットが並ぶ地区で、ちょっとオシャレをして行きたいような高級感のあるお店。でも、気軽に入れる素敵なお店です♪
【メキシコ・グアナファト】バー・トラディショナル・ルナ@マリアッチの演奏が楽しめる賑やかな酒場
グアナファトの旧市街の目抜き通り「フアレス通り」に面した市民の憩いの場「ラウニオン公園」の一角に、老舗カンティーナ(酒場)『バー・トラディショナル・ルナ(Bar Tradicional Luna)』はあります。メキシコ料理とテキーラをはじめとしたお酒、そして、マリアッチの演奏を楽しめるメキシコらしいカンティーナです★
【メキシコ・グアナファト】『ラ・カレータ』@店頭でぐるぐる焼かれているチキンが美味しい♪
メキシコ中央高原北西部にある「グアナファト」のメインストリート「フアレス通り」をラパス広場から西に進み、イダルゴ市場に向かう途中の左手に、チキンがぐるぐると回転して焼かれているのが目を引く大衆食堂があります。グアナファトで人気の鶏肉料理のお店『ラ・カレータ(La Carreta)』です。
【メキシコ・グアナファト】『ラオレハ・デ・バン・ゴッホ』@生演奏を楽しめる落ち着いた雰囲気のバー♪
メキシコ中央高原北西部にある「グアナファト」の町。サン・フェルナンド広場の一画にあるレストラン&バー『ラオレハ・デ・バン・ゴッホ』は、その名の通り、ゴッホの絵のレプリカが至る所に飾られています。20:00頃からはライブ演奏が行われ、落ち着いた雰囲気の中、音楽を聴きながらお酒とお食事を楽しむことができます。
メキシコシティのレストラン『Sanborns(サンボーンズ)』@「青いタイルの家」でいただく名物のシナモンロール
メキシコシティの歴史地区、ベジャス・アルテス宮殿の近くに、「青いタイルの家」はあります。青や白のタイルで装飾された美しいこの建物は、その昔オリサバ公爵の家として建設されたそうです。現在は、ショッピングゾーンとレストランとなっていて、2日目の朝食をこちら『Sanborns(サンボーンズ)』でいただきました♪

グアテマラのグルメ

コロンビアのグルメ

コメント