インド・ラーメシュワラムのホテル「ハイアット プレイス ラーメシュワラム」@間違いなく快適に過ごせるホテル

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】 旅ホテル
記事内に広告が含まれています。

南インドの東岸から細長く延びた半島の先端にあるラーメシュワラムでの宿泊は、

ハイアット プレイス ラーメシュワラム(Hyatt Place Rameswaram)

言わずと知れたハイアットホテルなので、綺麗で洗練された施設で、快適に過ごすことができました。

スポンサーリンク

ハイアット プレイス ラーメシュワラム(Hyatt Place Rameswaram)

カライクディから、列車でラーメシュワラムの駅に到着。

駅前でリキシャを捕まえてホテルへ向かいます。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

約10分で「ハイアット プレイス ラーメシュワラム(Hyatt Place Rameswaram)」に到着(100Rs.)。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】

ホテルの前は、広めの通りがまっすぐ走っていて、お店などはあまりなく、のんびりとしています。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

広々として素敵なロビー。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

さすがハイアット!と言う感じ。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

ロビーの真ん中辺りにフロントがあります。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

フロントの奥には、またリラックススペースが。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

このソファーに置いてあったクッションがとてもカワイイ♪

特に右のクッションの色と柄がツボです。

スポンサーリンク

Hyatt Place Rameswaram のお部屋

チェックインをして、お部屋へ。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

シンプルで清潔なお部屋です。

快適に過ごせそうで嬉しい。

ベッドの手前には、大きめのソファがあって、寛ぐことができます。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

このテレビも、リモコンが二つあって、なんだか使い方が良く分からなく、結局滞在中テレビはつけなかった気がします。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

シャワールームも清潔で気持ちよく使用できます。

ただ、シャワーは最初は熱いお湯が出るのですが、しばらく使っていると急にぬるくなってしまいます。

インドでは、仕方ないですね。

シャワーのお湯以外は、とても快適でストレスなく過ごせるお部屋でした。

スポンサーリンク

Hyatt Place Rameswaram のレストラン

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

到着したのがお昼も過ぎていたので、ホテルのレストランでランチをいただくことにしました。

天井が高く広々としています。

綺麗なレストランなのですが、冷房がガンガン効いていて、具合いが悪くなりそうなくらいの寒さでした。。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

メニューは、インド料理だけでなく、イタリアンや中華など色々あります。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

レストラン内が寒いので、温まりたいと思い、「SWEET CORN SOUP(275Rs.)」。

普通の黄色いコーンスープを想像していたら、中華のコーンスープでした。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

「GREEK SALAD(295Rs.)」

フェタチーズの入った、ギリシャサラダ。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

「PENNE arrabbiata(395Rs.)」

普通にパスタが食べたくなり、メインはパスタに。

ペンネアラビアータ、パスタがちょっと柔らかかったけど(想像はしてましたが)、お味はまずまず。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

「PENNE pesto(395Rs.)」

ペンネジェノベーゼ、こちらもまずまずのお味。

スポンサーリンク

Hyatt Place Rameswaram のルームサービス

ラーメシュワラムには2泊しましたが、なんと相方の下痢・腹痛による体調不良のため、1日目の夕食、2日目の昼食・夕食と、ルームサービスをお願いしました。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

1日目の夕食。

ルームサービスのメニューは、レストランのメニューと同じで、どれでも注文できます。

お腹にやさしいスープを。

左が「ROASTED TOMATO SOUP(275Rs.)」、右が「VEGETABLE MANCHOW SOUP(275Rs.)」。

トマトスープの方は、美味しかったけど、ニンニクと生クリームが入っているので、ややこってり系な感じ。

マンチョウスープは、初めて食べましたが、これが美味しかったんです。

インドで人気のあるインド風中華料理のスープで、”マンチョウ”は、中国の満州から名づけられたとのこと。

酢とショウガが効いていて、身体に良さそうでとても温まる!

体調不良のときには、ピッタリです。

とても気に入ったので、翌日の夕食にもマンチョウスープをオーダーしました。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】

それと、ヌードル。

何の麺料理だったか、失念してしまいましたが、これも美味しかったです♪

 

2日目は、早朝から外出し、一度ホテルに戻ったりしながらもお昼まで観光をしましたが、相方の腹痛がひどくなってきたため、ホテルで休むことにしました。

体調不良の時に、快適なホテルで良かった。

写真はありませんが、ランチは、ルームサービスで私だけサンドイッチをオーダー。量が多くて、半分しか食べられませんでした。

相方は、バナナのみ。。

スポンサーリンク

インドでお腹を壊したら

前日から、正露丸を飲んでいるもののいっこうに良くならないので、ネットで色々調べたら、「インドの腹痛に日本の薬は効かない。インドの腹痛にはインドの薬!」ということで、薬を買いに行きました。

ホテルのフロントで薬局の場所を聞いたところ、歩いて2分のところにあるというので、歩いて行ったら、なんとクローズ。

で、そこからリキシャを捕まえて、薬局に行きたいと伝え、そんなときでも値段交渉は忘れず(笑)、薬局まで連れていってもらいました。

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】

そこでゲットしたのが、ポカリスエット代わりのドリンク。

お腹を壊したときの水分補給に良いとネットで見つけたので、写真を見せて買ってみました。

パックの方は、リンゴ味で普通に美味しかったとのこと。

緑の方は、粉末で水に溶かして飲むタイプで、ネット情報によると、とてもマズいとのことでしたが、こちらは結局飲みませんでした。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

そして、英語とジェスチャーを交えながら購入したお腹の薬。

インドの薬なんてちょっと怖いけど、日本の薬が効かないので。。

すると、飲んで1,2時間したら、腹痛がちょっと治まってきたとのこと。

おー、すごい! やはり、インドの腹痛には、インドの薬でした。

その後もずっと寝て、夕食にまたルームサービスでスープとバナナを注文し、薬を飲んで寝たところ、翌日はほぼ治り、無事にチェックアウトをして、次の目的地マドゥライに向かうことができました。

一時は、病院に行った方がいいのかとか、ラーメシュワラムにもう1泊することになるのかとか考えていましたが、無事良くなって本当に良かったです。

インドでは、気を付けていてもお腹を壊したりするので、次回からは、薬のほかポカリスエットの粉末も必ず持って行こうと思いました。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

これは、「プディンハラ」という、ミントのカプセル。

カライクディの薬局で買いました。

インド料理教室の先生に教えてもらったのですが、胃もたれや食べ過ぎたときに飲むと、胃腸がスッキリするというカプセルです。

腹痛に効くという訳ではないと思いますが、インド旅行には持っていると安心かもしれないですね。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑨】

スポンサーリンク

ハイアット プレイス ラーメシュワラム(Hyatt Place Rameswaram)の地図

  • 住所:Madurai-Dhanushkodi NH Road, Rameswaram, Tamil Nadu 623526 インド
  • TEL:+91 4573 231 234

スポンサーリンク

インドのホテル

インド・コーチン「No.18 ホテル」@フォートコーチンの便利な場所にあるホテル
南インド・ケララ州のコーチン(コチ)で宿泊した『No.18 ホテル』は、欧米人の観光客も多く見られる「フォートコーチン」地区にあるホテルです。豪華さはありませんが、シンプルで立地も良い、便利なホテルです。
インド・コヴァーラム「タートル オン ザ ビーチ(Turtle On The Beach)」@アラビア海を望める素敵なお部屋
南インド・ケララ州のリゾート地「コヴァーラム」は、ケララ州の州都ティルヴァナンタプラム(トリヴァンドラム)から南へ16kmのところに位置しています。お部屋は広々と開放感があり、お部屋からはアラビア海とアラビア海に沈む夕陽を見ることができる、リゾート感満点のホテルです♪
インド・デリーのホテル「The Prime Balaji Deluxe」@ニューデリー駅近くの便利なホテル
デリーで宿泊したホテルは、ニューデリー駅の近くの「The Prime Balaji Deluxe @ New Delhi Railway Station」。ニューデリー駅の近くではありますが、路地に入ったところなので、とっても静かです。スタッフの方たちは、とても親切でフレンドリー。お手頃価格で、便利なホテルです。
インド・チェンナイのホテル「Crossway Parklane Airport Hotel Chennai」@空港近くのリーズナブルなホテル
インドのタミル・ナードゥ州の州都チェンナイの空港近くにあるホテル『Crossway Parklane Airport Hotel Chennai』。空港から車で10分ちょっとくらいの距離にあるので、夜遅くの到着や、朝早い出発の時に便利なホテルです。
インド・カライクディのホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」@楽園のような素敵な場所
マドゥライから車で約2時間。タミルナードゥ州南部に位置するチェティナード地方の中心都市「カライクディ」にあるヘリテージホテル「The Bangala」に宿泊しました。そこは、流れている空気や時間が他とは違うような、とても素敵な空間で、リラックスして過ごせる楽園のような場所でした。
インド・ラーメシュワラムのホテル「ハイアット プレイス ラーメシュワラム」@間違いなく快適に過ごせるホテル
南インドの東岸から細長く延びた半島の先端にあるラーメシュワラムでの宿泊は、ハイアット プレイス ラーメシュワラム(Hyatt Place Rameswaram)。言わずと知れたハイアットホテルなので、綺麗で洗練された施設で、快適に過ごすことができました。
インド・マドゥライのホテル「ロイヤル・コート(Royal Court)」@中心部に位置する便利なホテル
タミルナードゥ州第3の都市マドゥライでの宿泊は、マドゥライ駅近くにある「Royal Court(ロイヤルコート)」。歴史的寺院 ”ミーナークシー・アンマン寺院” まで、徒歩5分ほどで行ける便利な場所にあります。朝食が、充実してて美味しかったです。
インド・チェンナイのホテル「The Belstead(ザ ベルステッド)」@清潔で快適!ホテル内のイラストが可愛い
旅の最後の都市は、ベンガル湾を望む南インドのゲートウェイ都市 ”チェンナイ”です。チェンナイでの宿泊は、Nunbambakka 地区にあるホテル「The Belstead(ザ ベルステッド)」。 とても綺麗でオシャレな感じの快適なホテルでした
スポンサーリンク

関連記事

コメント