【閉店】メラプティカフェ【新大久保】イスラム横丁にある隠れ家的インドネシア・パダン料理店

新大久保、メラプティカフェ グルメ
記事内に広告が含まれています。

東京・新大久保。

大久保通りから「イスラム横丁(百人町文化通り)」に入ってすぐの左手。食材店「バラヒ・フーズ・アンド・スパイスセンター」のある建物(新大久保イニシャルハウス)の3階に、インドネシア料理のお店『メラプティカフェ』はあります。

お店は、2009年12月のオープン。インドネシア西スマトラ州パダン出身の女性店主さんによる、本場さながらのパダン料理をいただけるお店です。

スポンサーリンク

インドネシア・パダン出身のママさんが営む在日インドネシア人憩いの場

イスラム横丁「イスラム横丁(百人町文化通り)」

 

こちらが、「イスラム横丁」。通りの奥から正面に大久保通り(新大久保駅方向)を見たところです。

餃子の王将の手前に、『メラプティカフェ』の入ったビルの入り口があります。

新大久保、メラプティカフェお店はビル(新大久保イニシャルハウス)の3階。

 

こちらが、ビルの脇にある『メラプティカフェ』の看板。

看板が設置されている場所も目立たない場所だし、日本語表記もなし。

完全に在日インドネシア人をターゲットとしている感じです。

ちなみに、看板の背景の写真は、西スマトラ高地の民族「ミナンカバウ人」の伝統的住宅「ルマ・ガダン」

新大久保、メラプティカフェ通路の奥の右手に階段があり、3階まで上がります。

 

こちらが、お店のある「新大久保イニシャルハウス」の入り口です。

餃子の王将と、食材店「バラヒ・フーズ・アンド・スパイスセンター」の間にあります。

この通路を進んで奥の右手に階段があり、3階まで上がったところがお店です。

新大久保、メラプティカフェ1階の通路に掲げられていたお店の案内

 

1階の通路の左手には、日本語で書かれたお店の案内表示もありました。

お店の存在が確認できて、ちょっと安心♪

新大久保、メラプティカフェ『メラプティカフェ』の入り口

 

階段を3階まで上がって、右手に『メラプティカフェ』の入り口があります。

インドネシア国旗色をベースに「Merah Putih」と書かれていますが、日本語表記は無く、入り口の扉も中が見えずにクローズドな感じ。

入るのにちょっと躊躇してしまいますが、店内の灯りは点いていそうなので、中に入ってみることにします。

新大久保、メラプティカフェ入り口の扉にはこんな張り紙が!

 

こちらは、入り口のドアに貼られていた張り紙。

デヴィ夫人がお電話待ってます。「デヴィ・スカルノにデンワ・カカルノ」

2/27限定で、「TV TOKYO」のロゴ。何かの番組で紹介されたのでしょうか?

新大久保、メラプティカフェ『メラプティカフェ』の店内

 

こちらが、『メラプティカフェ』の店内です。

ドアを開けると、「いらっしゃいませ〜!」とインドネシア人らしき、元気の良い女性の声が! 店主のママさんです。

空いている席に座ってとのことなので、とりあえず着席。

店内空間は雑然としていて、結構狭いです。食べログなどには、座席は25席と書かれていますが、そんなに入れそうもない感じ。

訪問したのは、土曜の18時頃。お客さんは、在日インドネシア人の若者2人組と、インドネシア人の夫婦が来店していました。夫婦の方は大きなスーツケースを持っていたので、旅行か、もしくは来日したばかりなのかもしれません。

お店の雰囲気は、まさに、在日インドネシア人の憩いの場といった感じ。

新大久保、メラプティカフェカウンターの様子

新大久保、メラプティカフェインドネシア国旗、テレビからインドネシアのPV

 

店内には、インドネシア国旗などの飾り付けが天井から吊り下げられていたり、メニューが手書きだったり、花や植物が所々に置かれていたり、手作り感たっぷりな感じ。

店内のテレビでは、インドネシア音楽のPVが流されていました。

新大久保、メラプティカフェ棚に並べられたおかずの数々

新大久保、メラプティカフェインドネシアの食材も販売されています。

新大久保、メラプティカフェインドネシア食材の数々

 

店内の棚には、インドネシアらしい、作り置きのおかずが並べられたショーケースがありました。

雑然とした感じではありますが、インドネシア食材も色々置かれていました。

 

ところで、このお店『メラプティカフェ』が提供する「パダン料理」ってどんなお料理なのでしょうか。

ちょこっと調べてみました。

スポンサーリンク

パダン料理とは?

「パダン料理」とは、インドネシア西スマトラ州で食べられているお料理。インドネシアでは、「ナシパダン」と呼ばれます(「ナシ」は、ご飯。「パダン」は、西スマトラ州最大の都市の名前)

ちなみに、パダン料理は、この地域の民族である「ミナンカバウ人」の名をとって、「ミナン料理」とも呼ばれます。

地域的にインドに近く、インド、中近東、イスラム文化の影響を受けているスマトラ島のパダン。そのお料理は、他のインドネシア料理とは異なり、香辛料(特に唐辛子)を多用した辛い味付けが特徴です。

また、ほとんどのお料理にはココナッツミルクが使われ、長時間煮込んで作られるカレー的なお料理が多いのも特徴。

お料理の素材としては、お肉は牛肉や鶏肉、ラム、ダックなど。イスラムの地域であるため、豚肉は使われません。お魚はフナやタウナギなどの淡水魚が用いられ、野菜は、キャッサバの葉、若いジャックフルーツなどが多用されます。

代表的なお料理としては、牛肉などの塊肉をココナッツミルクと香辛料で長時間煮込んだ肉料理「ルンダン」。朝食として食べられる牛肉(水牛)のスープ「ソトパダン」などがあります。

もともとは、西スマトラで生まれた「パダン料理」ですが、インドネシア全土で食べられる料理となり、現在ではインドネシアのみならず、マレーシアやシンガポールでも人気の料理となっているのだとのこと。

 

さてさて、「パダン料理」の説明はこのくらいにして、さっそくメニューを見てお料理を選びましょうか〜♪

スポンサーリンク

『メラプティカフェ』のメニュー

新大久保、メラプティカフェ手書きの日本語メニュー

新大久保、メラプティカフェ手書きのインドネシア語メニュー

 

こちらが、『メラプティカフェ』のメニューです。

メニューは、「黄色のごはん盛り合わせ(ナシクニン)」や「パダン風ごはんの盛り合わせ(ナシパダン)」といったセットメニュー。

そして、「焼き飯(ナシゴレン)」「焼きそば(ミーゴレン)」「フライドチキン(アヤムゴレン)」「チキンカレー(グライアヤム)」「エビカレー(グライウダン)」「ピーナッツソースサラダ(ガドガド)」「焼き鳥(サテアヤム)」「チキンスープ(ソトアヤム)」「肉団子スープ(バッソ)」など、インドネシア料理の定番が勢揃い!

日本語メニューには書かれていませんが、「テンペ(インドネシア納豆)」や「ルンダン(牛肉のスパイス&ココナッツミルク煮込み)」などもあります。

「ルンダン」や「ソトアヤム」もかなり気になるところでしたが、今回は、初めてということで、セットメニューの「パダン風ごはんの盛り合わせ(ナシパダン)」を注文することに。

お飲み物は、ママさんに「パダンらしいものを」とリクエストしたところ、「エス・チンチャウ」というものをおススメされたので、それをチョイス!

注文を済ませ、お料理が運ばれてくるのを待ちます。

スポンサーリンク

「パダン風のごはん盛り合わせ(ナシパダン)」と「エス・チンチャウ(Es Cincau)」

新大久保、メラプティカフェ「パダン風のごはん盛り合わせ」1,280円

 

ほどなくして、お料理が運ばれてきました!

「パダン風のごはん盛り合わせ(ナシパダン)」です。

バナナリーフの上に、ローストチキン、サンバルの掛かったゆで卵、ビーフルンダン、えびせん、生野菜、ライスが載ったパダン料理の定食。

カラフルなビジュアルが食欲をそそります。

さっそくいただきましょう〜♪

新大久保、メラプティカフェローストチキン、サンバルの掛かったゆで卵、ビーフルンダン、えびせん、生野菜、ライス

 

肉厚で食べ応えのあるローストチキン。サンバルの掛かったゆで卵は辛さがかなりありましたが、旨味たっぷり!

ビーフルンダンは、深みのあるビターなお味でライスに合います♪

クリスピーな食感のエビセンや、フレッシュな生野菜サラダも、プレートトータルでバランスが良い感じ。

シンプルですが、美味しいパダン定食でした★

新大久保、メラプティカフェ「エス・チンチャウ」(Es Cincau)650円

 

お飲み物は、ママさんにおススメされた「エス・チンチャウ(Es Cincau)」

「チンチャウ(Cincau)」とは、シソ科の植物である「仙草」の茎や葉を煮出した汁をゼリー状に固めたものだそうで、暑い夏の疲労回復や、解熱剤として食される食材なのだとか。

インドネシアでは、ココナッツミルクや椰子砂糖、氷を入れたデザート的なドリンクとして供されることが多いのだそう。

実は、こちら、お料理が運ばれてくる前にサーブされたのですが、かなり甘々なお味だったので、お食事の後にいただくことにしました。

最初は、ちょっと甘過ぎと思ったのですが、ピリ辛のお食事の後にいただくと、この甘さがちょうどいい感じ。椰子砂糖の深みのある甘さとゼリー状のチンチャウのマッチングがいい感じ♪

 

ところで、『メラプティカフェ』のママさんですが、かなりの話好きです!

お食事をいただいている間、インドネシア人夫婦とずっとマシンガントークを繰り広げておりました(会話中の単語から、都内のインドネシア人コミュニティやモスク、インドネシア料理レストランや食材店などの情報を教えてあげていた様子)。

食後、お会計時に、ママさんにパダンについて聞いてみたところ、パダンの魅力や見どころ、パダンへの行き方やおすすめのホテルまで、スマホのサイトや動画を見せながら、延々とレクチャーしてくれました!

 

東京・新大久保。イスラム横丁にあるインドネシア料理のお店『メラプティカフェ』

話好きのパダン出身のママさんの作る「パダン料理」をいただけるお店。

ほぼ、インドネシア人しか来店しないであろうディープな雰囲気と、親切なママさんのマシンガントークが魅力♪

ママさんのおかげで、俄然、パダンという土地とパダン料理に興味津々となりました!

近いうちに再訪し、今度は、アラカルトの「ルンダン」や「ソトアヤム」をいただいてみたいと思います。

スポンサーリンク

◉『メラプティカフェ』の地図・アクセス

  • 住所:東京都新宿区百人町2-10-9 新大久保イニシャルハウス304
  • アクセス:新大久保駅から徒歩1分
  • 営業時間:11:30~23:00
  • 定休日:月曜日

スポンサーリンク

インドネシア料理店

東京都内の「インドネシア料理店」《おすすめ》8店舗ご紹介!
日本では「ナシゴレン」(インドネシア風炒飯)が有名ですが、その他の料理はあまり知られていない「インドネシア料理」。お店の数も多くはありませんが、最近は現地そのままのお料理を味わえるインドネシア料理店も増えてきています。東京都内にある「インドネシア料理店」おすすめ8店舗をご紹介します。
東京都内・近郊・現地で食べた「ルンダン」《絶品》11品ご紹介!
「ルンダン(レンダン)」は、インドネシアやマレーシアでよく食べられている肉を使ったスパイシーで濃厚な煮込み料理。2017年にアメリカのCNNが発表したランキングで1位に選ばれたこともある世界的に注目を集めている料理のひとつです。東京都内・近郊・現地で食べた「ルンダン」、絶品!11品をご紹介します。
インドネシアの美味しいグルメ【ジャワ島の料理】
インドネシアは約1万3000もの島々からなり、300を超す民族、700以上の地方語を話す2億4000万人の人口を抱える国なので、食文化も多種多様です。特に代表的とされるのは、スマトラ島の「パダン料理」と、ジャワ島の「ジャワ料理」、「スンダ料理」です。ここでは、本場ジャワで食べたジャワ島の料理をご紹介します。
インドネシア・西スマトラの「パダン料理」★名物の「ルンダン」を本場ブキティンギで賞味♪
インドネシア・スマトラ島の西スマトラ州のお料理「パダン料理」。パダン料理はスパイシーな料理として知られ、現在ではインドネシア全土で食べられる人気料理となっています。パダン料理の代表とも呼べる料理が「ルンダン」です。このルンダンをパダン料理の本場「ブキティンギ」で食べてきたのでご紹介します★
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント