バーンチェン【秋葉原】美味しいイサーン地方のタイ料理を居酒屋風の店内でいただく!

秋葉原、バーンチェン グルメ
記事内に広告が含まれています。

JR秋葉原駅昭和通り口から徒歩5分ほど。

神田川の近く、神田佐久間町の路地の一角に、タイ料理店『バーンチェン』はあります。

2013年2月にオープンしたこのお店、タイの中でもお料理が美味しいことで知られるタイ東北部イサーン地方のお料理を出すお店です。

秋葉原にはタイ料理屋さんがあまりないので、このお店の存在は貴重です。

秋葉原、バーンチェン

スポンサーリンク

世界遺産「バーンチェン遺跡」の名前を持つ、路地裏のイサーン料理店

秋葉原、バーンチェン『バーンチェン』の看板

秋葉原、バーンチェン店頭のメニュー

お店は細い路地の一画にあるのですが、路地の入り口に看板があるのですぐわかります。

外観は居酒屋風。この日は雨風が強かったせいもあり、お店全体がビニールシートで覆われていました。

秋葉原、バーンチェン『バーンチェン』の店内

 

『バーンチェン』の店内の様子です。

平日のディナータイムに予約なしで訪問したのですが、運良く座れることができました。

後から来たお客さんは、満席で入れなかったので(結構お客さんが後から来ていた)、予約した方が無難そうです。

座席数は、店内のテーブル席とオープン席合わせて20席ほど。

今回は一番道路側のオープン席に案内されました。

お店の方は、厨房で調理している男性の方と、注文&サーブと調理補助をしているらしき女性の方2名。全員タイの方のようでした。

秋葉原、バーンチェンバーンチェン遺跡の紹介

 

このお店の名前『バーンチェン』は、タイにある「バーンチェン遺跡」から取られているようで、メニューにも遺跡の紹介が書かれていました。

「バーンチェン遺跡」とは、タイ東北部ウドンターニー県ノーンハーン郡にある古代文明の遺跡で、ユネスコの世界文化遺産にも登録されています。

紀元前3000〜2000年頃の遺跡と推測されており、文明の主である民族は不明。独特な渦巻き型の模様を持った土器が出土されているとのこと。

秋葉原、バーンチェン「チャーンビール」

 

遺跡の紹介を見ているうちに、さっそくビールが到着!

タイ国内シェアナンバーワン!安さと味の薄さが特徴の「チャーンビール」です。

お味はそこそこですが、飲みやすいです。

ぐびぐび飲みながらお料理を待ちます。

スポンサーリンク

タイ・イサーン料理の定番、ガイヤーンやソムタム、トムカーガイが美味しい★

秋葉原、バーンチェン「ガイヤーン」(タイ風焼き鳥)680円

 

お料理が来ました〜!

まず、頼んだのが、タイ風焼き鳥「ガイヤーン」

ナンプラーやにんにく、胡椒などを使ったタレに漬け込んだ鶏肉を炙り焼きした、イサーン料理の定番です。

スパイスの旨味が染み込んだ、中は柔らか外はパリッとした鶏肉が激ウマ!

さらに、ナンプラーやレモン汁、唐辛子などで出来たタレを付けて食べると、本当に美味しい★

秋葉原、バーンチェン「イサーン風ソムタム」850円

 

続いてやってきた、こちらもイサーンの定番「ソムタム」です。

『バーンチェン』には、ソムタムが2種類メニューにあり、注文した「イサーン風ソムタム」は、普通のソムタムに比べてお味が辛めなのだとか。

青パパイヤとインゲンの細切りに、唐辛子、にんにく、ライム、ナンプラー、塩、ピーナッツ、トマト、干しエビを加え、それらを叩いて作る「ソムタム」

唐辛子の辛味、青パパイヤの甘味、ライムの酸っぱさ、塩のしょっぱさがマッチングしたタイ料理を代表するお味です。

『バーンチェン』の「イサーン風ソムタム」も、4つの味のバランスがよくて、とっても美味★

ビールが進みます!

秋葉原、バーンチェン「生春巻き」一本250円

 

お料理、どんどん出てきます!

「生春巻き」です。

もともとは、ベトナム由来の料理なのですが、現在では、タイでも一般的な存在となった生春巻き。

タイに広めたのは日本人の料理研究家だという噂もあるとか。

お米で作ったもちもちの皮の中に、キャベツやサニーレタス、にんじん、エビ、唐辛子などが詰まっていて、砕いたピーナッツの入った甘辛いスイートチリソースを付けて食べると、絶品!

安定の美味しさです♪

秋葉原、バーンチェン「トムカーガイ」(鶏の酸っぱ辛いココナッツミルクスープ)900円

秋葉原、バーンチェン素焼きの鍋に入ってきます。

秋葉原、バーンチェン一緒に頼んだ「カオニャオ」(もち米)

スープは、「トムカーガイ」を選びました。もち米「カオニャオ」も一緒に★

ココナッツミルクにタイ生姜のカー、コブミカンの葉、レモングラス、唐辛子、コリアンダーをベースとしたスープに、鶏肉やフクロタケを具材とし、ライムやナンプラーで味付けしたスープ。

トムヤムクンと並ぶ、タイの二大スープのひとつです。

この「トムカーガイ」も、タイ東北部イサーン地方のお料理。

ココナッツミルクのまろやかさと、レモングラスやライムの酸味、唐辛子の辛味のマッチングがたまらない美味しさ!

専用の鍋に入って出てきた『バーンチェン』のトムカーガイ。

もち米と一緒に食べると美味しいです★

[/wc_column][/wc_row]

秋葉原、バーンチェン「スパイクラシック」

 

ビールがなくなったので、東南アジアで大人気のスパークリングワイン「スパイクラシック」を注文!

ごくごく飲みながら、さらにお料理を注文します。

秋葉原、バーンチェン「パックブン」(空芯菜炒め)780円

 

中華料理でお馴染みの空芯菜炒めのタイバージョン「パックブン」

シャキシャキの空芯菜ににんにくとオイスターソースが絡んで、これもなかなか!

秋葉原、バーンチェン「プーパッポンカリー」1,200円

 

最後に頼んだのが、「プーパッポンカリー」

渡り蟹をメインに、ピーマンやあさつき、セロリや玉ねぎなどの野菜を具材にカレーやココナッツミルク、ナムプリックパオ、オイスターソース、ナンプラーなどを加えて炒め、卵で閉じたお料理。

タイ料理の定番のひとつです。

まろやかなココナッツミルクとスパイシーなカレー、蟹の旨味が卵と絡んで、とってもGood!

ご飯と一緒にいただくとなお美味しいです★

 

秋葉原にある居酒屋風のタイ料理屋さん『バーンチェン』

お料理の辛さは控えめで、現地タイ感はちょっと抑えられた感じですが、錦糸町や小岩に行かずとも、美味しいイサーン料理をいただける秋葉原では貴重なお店。

アキバでタイ料理をいただくなら、『バーンチェン』がイチ押しです★

スポンサーリンク

◉『バーンチェン』の地図・アクセス

  • 住所:東京都千代田区神田佐久間町2-12 小林ビル 1F
  • アクセス:岩本町駅から282m
  • 営業時間:11:30~14:30 17:00~22:30
  • 定休日:日曜
  • 電話:03-3864-5366

スポンサーリンク

タイ料理店

東京都内の「タイ料理店」《おすすめ》15店舗ご紹介!
日本でも一般的なお料理になりつつある「タイ料理」。トムヤムクンやカオマンガイ、ガパオやパッタイなどは、一度は食べたことがあるはず! ハーブや香辛料を多用し、辛味・酸味・甘みの絶妙なバランスが特徴の美味しいタイ料理。東京都内にある「タイ料理店」おすすめ15店舗をご紹介します♪
タイ料理の定番スープ「トムヤムクン」東京&バンコクの《絶品》17杯ご紹介!
タイ料理と言えば、「トムヤムクン(Tom yum goong:ต้มยำกุ้ง)」(エビ入りトムヤムスープ)♪。酸味と辛味、複雑な香りがたまらない、タイ料理を食べるなら必ず頼みたいスープです★ タイ料理を代表するスープ「トムヤムクン」。東京&バンコクでいただいた美味しい「トムヤムクン」を17杯、ご紹介します★
東京都内で食べたタイの絶品料理「プーパッポンカリー」《美味な》7皿ご紹介!
「プーパッポンカリー(ปูผัดผงกะหรี่)」は、ぶつ切りにした渡り蟹などの蟹をココナッツミルク、唐辛子などを用いたカレーソースで炒め、溶き卵で卵とじにしたお料理。タイ料理の定番のひとつ。日本のタイ料理店でも人気の一品です★ 東京都内で食べた「プーパッポンカリー」、絶品!7皿をご紹介します。
東京都内・現地で食べた「海南鶏飯・カオマンガイ」《絶品》12品ご紹介!
中国南東部やタイ、シンガポール、マレーシアなどで食べられている、チキンスープで炊いたご飯に茹でた鶏を乗せた「チキンライス」。中国では「海南鶏飯」、タイでは「カオマンガイ」、マレーシアでは「ナシ・アヤム・ハイナン」と呼ばれます。東京都内・現地で食べた「海南鶏飯・カオマンガイ」、絶品!12品をご紹介します。
タイ料理の人気メニュー《28品》ご紹介★辛味・甘味・酸味のハーモニー♪
肉や魚介、バラエティに富んだ野菜を素材とし、パクチーやレモングラス、バイマックルーやカーなど様々なハーブとナンプラーで味付けされたタイ料理。定番のトムヤムやガパオから、ちょっとマイナーなお料理まで、人気のタイ料理《28品》をご紹介します★
タイ料理店
タイ料理のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地のタイ料理店のほか、本場タイのレストランもご紹介しています。実際に訪問したお店の様子やメニュー、食べたお料理を掲載。お店は下記リンク先の地図からも探せます。
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント