♪フェラ・クティ/ベスト・オブ・フェラ・クティ(Fela Anikulapo Kuti)

フェラ・クティ エスニック音楽
♪フェラ・クティ/ベスト・オブ・フェラ・クティ(Fela Anikulapo Kuti)
記事内に広告が含まれています。

ナイジェリアのブラック・プレジデント、闘うアフロビート、「フェラ・アニクラポ・クティ」

「アニクラポ」とは、「死をコントロールする者」という意味だそうです。

ナイジェリアには、イボ族、ハウサ・フラニ族、ヨルバ族という三大民族がおりますが、フェラ・クティはその最大勢力であるヨルバ族の出身です。

スポンサーリンク

存在感がすごい!闘うアフロビート「フェラ・クティ」

フェラ・クティは1938年、ナイジェリア最大の都市、ラゴス北部にあるアベオクタに生まれました。

小さい頃から音楽に親しんでいたフェラ・クティは、1958年にロンドンのトリニティ音楽大学に留学。

卒業後、本格的に音楽活動を始めます。

 

フェラ・クティがその音楽活動、また、人生においても転機を迎えたのが1969年のアメリカツアーです。

それまで彼らは当時流行していたハイライフ・ジャズを演奏していたのですが、アメリカにおいてジェームズ・ブラウンのファンクと出会い、彼は衝撃を受けます。

また、黒人差別の経験や、マルコムXやブラックパンサー党に関心を持ち始めたことも彼が変わる大きな要因でした。

 

そして、彼の音楽はアフリカ色を強め、政治的なメッセージが強いものへと変貌していくこととなります。

彼は自らの音楽を「アフロビート」と称しました。

1970年、ナイジェリアに帰国したフェラ・クティは、黒人の解放、アフリカの統一を唱え、キリスト教やイスラムとの決別を訴え始めます。

政治的メッセージを強めるフェラ・クティの音楽は人々の支持を集めました。

彼の存在はナイジェリアにおいて次第に大きなものとなっていったのです。

 

そんな中、1974年にフェラ・クティは当局によって逮捕されてしまいます。

大麻所持容疑と未成年者誘拐という謂れのない罪による逮捕でした。

 

2週間後、釈放された彼は政府への反発を強化。

自宅の周囲に有刺鉄線を張り巡らせ、「カラクタ共和国」というコミューンを設立し、政府に反抗する態度を露わにしました。

 

1975年に彼は再び逮捕されます。

以後、彼は計12回も逮捕されることとなります(全て証拠不十分で釈放)。

1977年には1000人の軍隊がカラクタ共和国を襲撃しています。

建物は焼かれ、彼の母も負傷しました。彼の母はその後、この時の怪我が元で亡くなってしまいました。

 

その間も彼は新しいアルバム、それも政府を批判する内容の曲を多く発表し続け、ナイジェリア国内でその存在は伝説的なものとなっていきました。

フェラ・クティとナイジェリア政府との闘いは以後も果てしなく続きました。

1984年には為替管理違反で懲役10年の実刑判決を受けますが、国際的な支援運動により1986年に釈放されています。

フェラ・クティが亡くなったのは1997年。死因はエイズによる合併症だったそうです。

黒人の解放、アフリカの統一を訴え、腐敗したナイジェリア政府と戦い続けたフェラ・クティ。

彼は音楽によって権力と戦い続けた闘士です。

彼の政府への怒り、不正や腐敗に対する憤りは、彼の強烈な声と激しい政治的メッセージによって国民の心を揺さぶり、その声は世界にも届きました。

 

フェラ・クティの音楽を聴くと、音楽というものの「力」を感じさせられます。

音楽は詩や文章よりも人々に直接的に喚起する力があるものだと思います。

フェラ・クティの音楽の喚起力は圧倒的です!

 

フェラ・クティの楽曲はどれも10分以上の長い曲が多く、アルバムにはたいてい2、3曲しか収録されていません。

また、一度音源として収録した楽曲はライブでは二度と演奏することはなかったそうです。

 

フェラ・クティは亡くなってしまいましたが、その音楽は息子のフェミ・クティ(Femi Kuti)シェウン・クティ(Seun Kuti)に受け継がれています。

スポンサーリンク

♪アフリカ音楽

♪フェラ・クティ/ベスト・オブ・フェラ・クティ(Fela Anikulapo Kuti)
ナイジェリアのブラック・プレジデント、闘うアフロビート、「フェラ・アニクラポ・クティ」! 彼は音楽によって黒人の解放、アフリカの統一を訴え、腐敗したナイジェリア政府と戦い続けた闘士です。
♪オーケストラ・バオバブ/スペシャリスト・イン・オール・スタイルズ(Orchestra Baobab)
70年代のセネガルをリードしたアフロ・キューバンバンドが2001年に復活。オーケストラ・バオバブ/スペシャリスト・イン・オール・スタイルズ。オーケストラ・バオバブは、70年代から80年代にかけて西アフリカのセネガルで活躍したアフロ・キューバン・サウンドのバンドです。
♪コノノNo.1/墜落時体勢を取れ!!(Konono No.1)
キンシャサのストリート発!電気親指ピアノによる人力テクノ。コノノNo.1のアルバム「墜落時体勢を取れ!!」です。コノノNo.1は、アフリカ中央部の国、コンゴの首都キンシャサのストリートで生まれた、電気リケンベ(親指ピアノ)をメインとしたグループです。
♪トーマス・マプフーモ/ザ・シングル・コレクション(Thomas Mapfumo)
ジンバブエを代表するミュージシャン、トーマス・マプフーモのベスト盤「ザ・シングル・コレクション」。トーマス・マプフーモの音楽は「チムレンガ・ミュージック」といわれます。「チムレンガ」とはショナ語で「闘争」という意味です。
♪シェイク・ロー/バルバロウ Balbalou(Cheikh Lo)
遅咲きのすごい歌手、シェイク・ロー。「シェイク・ロー」は、1955年、セネガルの隣国ブルキナファソ第二の都市「ボボ・ディウラッソ」に生まれました。両親はセネガル人です。シェイク・ローの音楽は、ハイブリッドでバラエティーに富んでいるのが特徴です。
♪ランゴ/ザールの花嫁(rango/Bride of the Zar)
スーダン・コミュニティーの伝統楽器「ランゴ」が現代に復活!「ランゴ」は、エジプトの首都カイロで活動するスーダン伝統音楽のグループ。グループ名の「ランゴ」とは、スーダンの伝統鍵盤打楽器「ランゴ」からとられています。
♪サリフ・ケイタ/モフー Moffou(Salif Keita)
西アフリカ、マリ出身のミュージシャン「サリフ・ケイタ」のアルバム「モフー」(Moffou )。インターナショナル向けとしては、サリフの6作目の作品。2002年に各国のワールドミュージックの賞を総ナメにし、彼のアルバムの中でも最高傑作の呼び声も高い、名作中の名作です。
♪密林のポリフォニー/イトゥリの森ピグミーの音楽
アフリカ大陸の最深部「イトゥリの森」に住むピグミー族。ピグミー族は即興による複雑なポリフォニーによる高度な声楽で知られています。この「密林のポリフォニー」は、現地の「イトゥリの森」で彼らのリアルなチャントを録音したアルバム。人類学的に見ても貴重なレコードです。
♪現代のグリオ、ユッスー・ンドゥールの傑作「ナッシングス・イン・ヴェイン」
「ユッスー・ンドゥール」(Youssou N'Dour)は、西アフリカ、セネガルの国民的歌手であり、現代アフリカのポップミュージックを代表するミュージシャンです。2002年にリリースされたアルバム「ナッシングス・イン・ヴェイン」は、アフリカン楽器を前面に出した原点回帰とも言える作品となっています。
♪ショナ族のムビラ2(500年の伝統を持つジンバブエのミニマル・ミュージック)
アフリカ南東部の国ジンバブエに住む民族「ショナ族」の伝統民族楽器「ムビラ(Mbira)」の演奏を録音したアルバム「ショナ族のムビラ2 アフリカン・ミュージックの真髄2」。500年もの長い伝統を持ちながら、現代音楽的なモダンさを感じさせる「ムビラ」の音楽。とても魅力的です★
♪ジャン・ジャン(Djan Djan)【コラ、タブラ、スライドギター】
西アフリカのコラとインドのタブラ、そして、スライドギターの融合!西アフリカとインド、オーストラリア。異なるルーツを持った3人のミュージシャンによるコラボレート。アルバムのコピーに「美しきワールド・ミュージックの桃源郷」とありますが、本当に美しい音楽です。
「ユッスー・ンドゥール」の歌を現地で聴く! - ダカールの「クラブ・チョサン」で観た白熱のライブ♪
西アフリカの国「セネガル」。その首都「ダカール」ダカールにあるライブハウス「クラブ・チョサン」で、セネガルのスーパースター「ユッスー・ンドゥール(Youssou N'Dour)」のライブコンサートを鑑賞しました♪ ユッスー・ンドゥールは、世界で最も知られたアフリカのミュージシャンのひとりです。
セネガルの才人、「シェイク・ロー」来日公演♪(in 渋谷WWW)
西アフリカ、セネガルの才人「シェイク・ロー」。セネガル生まれのポップス「ンバラ」をベースとしつつ、独自の音楽世界を作り続けてきたワールドミュージック界のカリスマのひとりです。そんな彼が初来日!渋谷WWWで行われた「シェイク・ロー」来日公演の模様をお伝えします♪
タンザニア・ザンジバルで音楽ライブ鑑賞♪(タアラブとンゴマを聴く)
タンザニアの沖合に浮かぶザンジバル島でライブコンサートを鑑賞しました♪コンサートが行われたのは、旧市街「ストーンタウン」にある音楽学校「ダウ・カントリーズ・ミュージック・アカデミー」。鑑賞したのは、アフリカンドラム「ンゴマ」のグループと、アラブ音楽の影響を感じさせる「タアラブ」のグループの2つです★
♪現代アフロビート最高峰!シェウン・クティ&エジプト80公演を鑑賞 in ブルーノート東京
アフロビートの創始者であり、ナイジェリアの伝説的なカリスマ「フェラ・クティ」。その息子で現代アフロビートの最高峰と言われる存在が「シェウン・クティ」です。先日、ブルーノート東京でシェウン・クティとそのバックバンドであるエジプト80の公演が行われたので観てきました♪

コメント