ボーヂョーアウンサン・マーケット(ミャンマー・ヤンゴン)【市場・バザール】

その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!

市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。

今回の市場は、ミャンマー、ヤンゴンにある「ボーヂョーアウンサン・マーケット」

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

お土産物がたくさん!植民地時代から続くヤンゴン最大のマーケット

ボーヂョーアウンサンマーケット 【ヤンゴン】

ヤンゴンのダウンタウンの目抜き通り、ボーヂョーアウンサン通り沿い、サクラタワーを西に進んだ右手にあるピンク色の大きな建物が「ボーヂョーアウンサン・マーケット」。

ヤンゴンで最も大きく、賑わいを見せるマーケットです。

ボーヂョーアウンサンマーケット 【ヤンゴン】

ボーヂョーアウンサン通りの陸橋から左手に見える「ボーヂョーアウンサン・マーケット」。

右手の向こうには、トレーダーズホテルと、その奥にサクラタワーが見えます。

ボーヂョーアウンサンマーケット 【ヤンゴン】

「ボーヂョーアウンサン・マーケット」は、イギリス植民地時代の1926年に建てられました。

この市場には生鮮食料品は売られておらず、雑貨、宝石、衣類、日常品、ヒスイ、漆器、籐製品、ロンヂー、シャンバックなどが売られています。

値段は他の市場よりは若干高いですが、品質の良いものが揃っているとのことで、外国人の観光客も多く訪れます。

ボーヂョーアウンサンマーケット 【ヤンゴン】

ボーヂョーアウンサンマーケット 【ヤンゴン】

布地やさんです。

ロンヂーをはじめとしたミャンマーの服や布を売るお店も多いです。

彩り鮮やかです!

「ボーヂョーアウンサン・マーケット」の営業時間は朝10時から夕方5時まで。月曜、祝日はお休みです。

「ボーヂョーアウンサン・マーケット」の通りを挟んだ向かい側には、生鮮食料品を扱う「ニュー・ボーヂョー・マーケット」があります。

雨期のヤンゴン、ダウンタウン界隈 【ヤンゴン】

雨期のヤンゴン、ダウンタウン界隈 【ヤンゴン】

雨期のヤンゴン、ダウンタウン界隈 【ヤンゴン】

こちらは、「ボーヂョーアウンサン・マーケット」の前の歩道に展開されていた野菜や果物の露店。

パパイヤやりんご、ドラゴンフルーツやライチなど、ミャンマーの豊富な食材が並んでいます。

ダウンタウン界隈の風景 【ヤンゴン】

ダウンタウン界隈の風景 【ヤンゴン】

こちらは、ダウンタウンの別の場所の路上屋台。

大きな市場ではなくても、こういった小規模な露店の並びは無数にあります。

ミャンマー、カチン族のハンドバッグ

ミャンマー、カチン族のハンドバッグ

「ボーヂョーアウンサン・マーケット」では、お土産を買いました。

ミャンマーの山岳民族「カチン族」のハンドバッグ。紫色をベースとしたものと、茶色系のものの2つです。

色とりどりのボンボンが可愛いですね♪

上のバッグの渦巻き模様は、水の流れを表しているのだそうですよ。

「カチン族」は、ミャンマーと中国雲南省に居住する少数民族。

ミャンマーには約90万人おり、北東部のカチン州やシャン州に暮らしています。

祖先崇拝や精霊信仰などアニミズムを信仰しています。

マーケットで買った土産物屋の女の子たち 【ヤンゴン】

カチン族ハンドバッグを購入した「ボーヂョーアウンサン・マーケット」の土産物屋の女の子たち。

このハンドバッグを買うため、お店に2、3回訪問し、値引き交渉しました!

結局、2つで40000K(4000円)くらいしたのを20000K(2000円)くらいにまで負けさせました。でも、それでも相場より高いのかもしれません。

世界の市場・バザール

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク