インド・コヴァーラム「Hotel Turtle On The Beach」@アラビア海を望める素敵なお部屋

Hotel Turtle On The Beach(南インド・ケララ州8) エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

南インド・ケララ州のリゾート地「コヴァーラム」は、ケララ州の州都ティルヴァナンタプラム(トリヴァンドラム)から南へ16kmのところに位置しています。

宿泊したホテルは、『ホテル・タートル・オン・ザ・ビーチ(Hotel Turtle On The Beach)』

お部屋は広々と開放感があり、お部屋からはアラビア海とアラビア海に沈む夕陽を見ることができる、リゾート感満点のホテルです♪

スポンサーリンク

コヴァーラムの停留所から2分くらい歩いたところにあるリゾート感満点のホテル♪

コヴァーラムへは、トリヴァンドラムからエアコン付きの快適なバスで30分ほどで到着します。

バスでコヴァーラムへ(南インド・ケララ州7)

あー快適、快適♪

バスでコヴァーラムへ(南インド・ケララ州7)

30分ほどで到着!

終点コヴァーラムの停留所は、コヴァーラムで最高クラスのホテル『THE LEELA(リーラ)』に隣接したところにありました。

リキシャもたくさん止まっています。

コヴァーラムでの宿泊は、『ホテル・タートル・オン・ザ・ビーチ(Hotel Turtle On The Beach)』。ここから2分くらい歩いたところです。

Hotel Turtle On The Beach(南インド・ケララ州8)

『ホテル・タートル・オン・ザ・ビーチ(Hotel Turtle On The Beach)』に到着です。

「タートル」というだけあって、至るところにカメのマークやオブジェが。

今回、ホテルは Expedia で予約しました。

お部屋は、せっかく素敵なホテルなので、アラビア海の見える「Arabian sea view room」にしました!

1泊16,500ルピー(約31,000円)です。ルームチャージなので、一人1泊約15,500円。

どんなお部屋か楽しみです♪

Hotel Turtle On The Beach(南インド・ケララ州8)

入口入って右手にフロントがあり(写真には写っていませんが)、ロビーはそれほど広くはありませんが、綺麗で高級感があります。

Hotel Turtle On The Beach(南インド・ケララ州8)

Hotel Turtle On The Beach(南インド・ケララ州8)

チェックイン時のウェルカムドリンクと、貝殻のレイ。

ドエインクは、ほんのり甘みあるココナッツウォーター(多分・・・)でした。

チェックインを済ませたら、お部屋へ。

スポンサーリンク

アラビア海の見える「Arabian sea view room」!

Hotel Turtle On The Beach(南インド・ケララ州8)

わー♪ 素敵なお部屋!

広々としたお部屋に大きなキングサイズベッド。

白い壁に木の梁が落ち着いていて、ベッドの両脇にあるカメの照明がカワイイ☆

そして、天井には木のファンが回っていて、リゾート感バッチリです♪

テンション上がりますね!

Hotel Turtle On The Beach(南インド・ケララ州8)

そして、まずは海です!!

お部屋のバルコニーから見えるのは、アラビア海。

目の前に屋根があってちょっと邪魔でしたが、まさに「Arabian sea view room」です♪

Hotel Turtle On The Beach(南インド・ケララ州8)

右手を見ると、プール。

Hotel Turtle On The Beach(南インド・ケララ州8)

左手を見ると、南国ヤシの木がモリモリです。カメやヒトデのオブジェも見えます。

うーん、最高の眺めですね♪

Hotel Turtle On The Beach(南インド・ケララ州8)

バルコニーには、テーブルと椅子があって、ゆっくりと寛ぐこともできます。

さて、お部屋の中をチェックしてみましょう~。

Hotel Turtle On The Beach(南インド・ケララ州8)

ベッドの向かいには、テレビとデスク。

Hotel Turtle On The Beach(南インド・ケララ州8)

冷蔵庫の上の棚に、コーヒーセットと、毎日補充のミネラルウォーターと有料のスナック。お水は、もう1本はバスルームにありました。

Hotel Turtle On The Beach(南インド・ケララ州8)

明るくてキレイなバスルーム。

アメニティは、シャンプーとシャワージェル、石鹸くらい。

Hotel Turtle On The Beach(南インド・ケララ州8)

バスタブに、シャワーは取り外し可能なものと、天井についているオーバーヘッドシャワーがありました。

水圧も温度も問題なし!

Hotel Turtle On The Beach(南インド・ケララ州8)

Hotel Turtle On The Beach(南インド・ケララ州8)

ベッド周りが、やっぱりステキです☆

フットスローやクッションの色柄、カメのランプシェードなど落ち着いていてとても好み。

 

綺麗で落ち着いた、リゾート感のあるお部屋で、満喫できそうです♪

Hotel Turtle On The Beach(南インド・ケララ州10)

Hotel Turtle On The Beach(南インド・ケララ州10)

ロビーの奥のテラス。至る所に色々なオブジェがあります。

Hotel Turtle On The Beach(南インド・ケララ州10)

Hotel Turtle On The Beach(南インド・ケララ州10)

ビリヤードや読書やお茶ができる部屋。

昼間行った時は、誰もいず静かだったのですが、夜は賑わうのでしょうか。。

スポンサーリンク

ホテルのギフトショップ「janc GIFT SHOP」

Hotel Turtle On The Beach コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州10)

夜行った、ホテルのギフトショップ「janc GIFT SHOP」。

Hotel Turtle On The Beach コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州10)

小さいお店ですが、色々売られていて充実していました。

Hotel Turtle On The Beach コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州10)

象やハートの飾り。

このハートの飾りがとても可愛くて、お土産にもいいかなーと思い、いくつか購入。

南インドお土産(南インド・ケララ州)

南インドお土産(南インド・ケララ州)

6個も買っちゃいました! 色んな色や柄があって、どれもカワイくてかなり悩みました。

布の部分はシルクです。

南インドお土産(南インド・ケララ州)

お土産の定番のマグネット。色がきれい★

スポンサーリンク

軽快なタブラとギターの演奏を聴きながらのディナー

Hotel Turtle On The Beach コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州10)

Hotel Turtle On The Beach コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州10)

夜のホテル。

Turtle On The Beach(夕食)コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州10)

最後の夜の夕食は、ホテルのレストランでいただきました。

お部屋から見えた、プールのところにあるメインレストランです。

Turtle On The Beach(夕食)コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州10)

ちょうど、タブラとギターの演奏も始まりました♪

軽快なタブラとギターの演奏を聴きながらの食事は、なんとも心地良くて贅沢です。

Turtle On The Beach(夕食)コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州10)

ケララ州では、全面的に禁酒の方向へ向かっているそうですが、このホテルのレストランでもお酒の提供はなく、ソフトドリンクのみ。

何を飲んだか忘れちゃいましたが、トロピカルなソフトドリンクをオーダーしました。

Turtle On The Beach(夕食)コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州10)

お通しのパパド。パリパリでとても美味しく、スナックのように食べたら止まらない!

Turtle On The Beach(夕食)コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州10)

南インドといえば、ラッサム。結構辛かったです。量もたっぷり。

Turtle On The Beach(夕食)コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州10)

「カリフラワー65」。チキン65のカリフラワー版。

スパイスを使ったカリフラワーの揚げ物。これがスパイスが効いていて美味しいんです。

Turtle On The Beach(夕食)コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州10)

ココナッツベースのカニカレー。

ココナッツのまろやかさとカニの出汁で、深い味わい。

Turtle On The Beach(夕食)コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州10)

Turtle On The Beach(夕食)コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州10)

パロタとライス。

Turtle On The Beach(夕食)コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州10)

南インド料理とは違ったものも食べたくて、チキンをオーダー。

チキンの下のマッシュポテトも結構な量で、かなり満腹。。

Turtle On The Beach(夕食)コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州10)

夜のプールは、幻想的です。

スポンサーリンク

爽やかな朝の朝食

そして、翌朝もこのレストランで。

Turtle On The Beach(朝食)コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州11)

朝食は、宿泊代金に含まれていたので、最後の朝食はホテルでいただきました。

爽やかな朝です。

Turtle On The Beach(朝食)コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州11)

ドーサとサンバルとチャツネ(ココナッツ、トマト、ミント&コリアンダー)。

Turtle On The Beach(朝食)コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州11)

こちらは、パンとポテトやトマト。

Turtle On The Beach(朝食)コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州11)

具材全部入れのオムレツ。

基本ブッフェですが、ドーサやオムレツは注文して作ってくれます。

Turtle On The Beach(朝食)コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州11)

食後のコーヒーも、セルフではなく、注文して持ってきていただけます。

爽やかな優雅な朝食でしたが、一つ難点が・・・

なんとプールサイドにカラスがいて、食べ物を持って行こうと狙っているのです!

そして、席をちょっと外した隙に、パンを持っていかれました。。汗

日本のカラスより小ぶりだったのですが、ちょっと。。。

 

チェックアウトはお昼12:00だったので、ゆっくりパッキングをしてお部屋で寛いだりして過ごしました。

Hotel Turtle On The Beach コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州11)

チェックインの時に支払いをした際の領収書が、この新聞で作られた封筒に入って渡されました。いいアイデアですね☆

 

『ホテル・タートル・オン・ザ・ビーチ(Hotel Turtle On The Beach)』、ビーチまでも歩いて行けて、ホテルもお部屋も素敵で、アラビア海ビュー。

Wi-Fi がお部屋ではほとんどつながらず、ちょっと残念でしたが(ロビーではつながりました)、それ以外はとても満足できるホテルでした♪

Hotel Turtle On The Beach コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州11)

スポンサーリンク

ホテル・タートル・オン・ザ・ビーチ(Hotel Turtle On The Beach)の地図

『ホテル・タートル・オン・ザ・ビーチ(Hotel Turtle On The Beach)』

  • TC 63, 512 TO 523, Beach Rd, Kovalam, Kerala 695527 インド
  • +91 471 251 4000

スポンサーリンク

インドのホテル

インド・コーチン「No.18 ホテル」@フォートコーチンの便利な場所にあるホテル
南インド・ケララ州のコーチン(コチ)で宿泊した『No.18 ホテル』は、欧米人の観光客も多く見られる「フォートコーチン」地区にあるホテルです。豪華さはありませんが、シンプルで立地も良い、便利なホテルです。
インド・コヴァーラム「Hotel Turtle On The Beach」@アラビア海を望める素敵なお部屋
南インド・ケララ州のリゾート地「コヴァーラム」は、ケララ州の州都ティルヴァナンタプラム(トリヴァンドラム)から南へ16kmのところに位置しています。お部屋は広々と開放感があり、お部屋からはアラビア海とアラビア海に沈む夕陽を見ることができる、リゾート感満点のホテルです♪
インド・デリーのホテル「The Prime Balaji Deluxe」@ニューデリー駅近くの便利なホテル
デリーで宿泊したホテルは、ニューデリー駅の近くの「The Prime Balaji Deluxe @ New Delhi Railway Station」。ニューデリー駅の近くではありますが、路地に入ったところなので、とっても静かです。スタッフの方たちは、とても親切でフレンドリー。お手頃価格で、便利なホテルです。
「Crossway Parklane Airport Hotel Chennai」チェンナイ空港近くのリーズナブルホテル
インドのタミル・ナードゥ州の州都チェンナイの空港近くにあるホテル『Crossway Parklane Airport Hotel Chennai』。空港から車で10分ちょっとくらいの距離にあるので、夜遅くの到着や、朝早い出発の時に便利なホテルです。
インド・カライクディのホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」楽園のような素敵な場所
マドゥライから車で約2時間。タミルナードゥ州南部に位置するチェティナード地方の中心都市「カライクディ」にあるヘリテージホテル「The Bangala」に宿泊しました。そこは、流れている空気や時間が他とは違うような、とても素敵な空間で、リラックスして過ごせる楽園のような場所でした。
「ハイアット プレイス ラーメシュワラム」@間違いなく快適に過ごせるホテル
南インドの東岸から細長く延びた半島の先端にあるラーメシュワラムでの宿泊は、ハイアット プレイス ラーメシュワラム(Hyatt Place Rameswaram)。言わずと知れたハイアットホテルなので、綺麗で洗練された施設で、快適に過ごすことができました。
「ロイヤル・コート(Royal Court)」@マドゥライ中心部に位置する便利なホテル
タミルナードゥ州第3の都市マドゥライでの宿泊は、マドゥライ駅近くにある「Royal Court(ロイヤルコート)」。歴史的寺院 ”ミーナークシー・アンマン寺院” まで、徒歩5分ほどで行ける便利な場所にあります。朝食が、充実してて美味しかったです。
「The Belstead(ザ ベルステッド)」@ホテル内のイラストが可愛いチェンナイのホテル
旅の最後の都市は、ベンガル湾を望む南インドのゲートウェイ都市 ”チェンナイ”です。チェンナイでの宿泊は、Nunbambakka 地区にあるホテル「The Belstead(ザ ベルステッド)」。 とても綺麗でオシャレな感じの快適なホテルでした
スポンサーリンク

関連記事

コメント