ラーメシュワラムからバスに乗ってマドゥライへ【南インド(タミル)⑩】

ラーメシュワラム〜マドゥライ(ランチ)【南インド(タミル)⑩】インドと南アジアの旅

※前回の記事→インド最古の海上橋「パンバン橋」を列車が渡る光景【南インド(タミル)⑨】

 

南インド、タミル・ナードゥ(Tamil Nadu:தமிழ்நாடு)の旅、6日目。

この日は、海峡沿いにある聖地「ラーメシュワラム」からバスに乗って、紀元前から栄えていたと言われる古都「マドゥライ」へと向かいます。

スポンサーリンク

ラーメシュワラムからバスに乗ってマドゥライへ

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】宿泊していたホテル「ハイアット・プレイス・ラーメシュワラム(Hyatt Place Rameswaram)」

 

前日、ラーメシュワラムで朝の沐浴とパンバン橋を渡る列車を見た後、体調が悪化。

お昼以降、ホテルの部屋でずっと寝込んでいました。

翌日のこの日は、マドゥライへと向かう必要があり、4時間の移動をしなければならないので恐々としていました(汗)

けれども、体調はだいぶ回復した様子。取り敢えずひと安心です。

ラーメシュワラム〜マドゥライ(ランチ)【南インド(タミル)⑩】ラーメシュワラム〜マドゥライMAP

 

マドゥライまでの移動は、初めは鉄道(5:20分発)を考えていましたが、早朝早起きだと体調的にキツイので、30分置きに出ているというバスでの移動に変更しました。

ホテルをチェックアウトし、ホテルのすぐ裏手にあるバスターミナルに行くと、ちょうどマドゥライ行きのバスが出発するところで、飛び乗り!

ラーメシュワラム〜マドゥライ(ランチ)【南インド(タミル)⑩】ラーメシュワラムからマドゥライ行きのバスの車内

 

マドゥライ行きのバスは白地に青くカラーリングされたバス。

ホテルのフロントに聞いた事前情報では、青いバスはノンストップとのことでしたが、実際は4箇所ほど途中停車しました。

マドゥライまでの運賃はRs.136(208円)です。

ラーメシュワラム〜マドゥライ(ランチ)【南インド(タミル)⑩】朝の日の光が車内に差し込んできます。

ラーメシュワラム〜マドゥライ(ランチ)【南インド(タミル)⑩】バスはパンバン島を西へ

 

ローカルな感じのバスは、パンバン島を西へ。

出発した時はそこそこ席が空いていたのですが、途中、何度かお客さんを拾っていき、しばらくすると席は埋まり、立ち乗りする人も出始めました。

ラーメシュワラム〜マドゥライ(ランチ)【南インド(タミル)⑩】ラーメシュワラムと本土を結ぶ「パンバン橋」を渡ります。

ラーメシュワラム〜マドゥライ(ランチ)【南インド(タミル)⑩】パンバン橋の上から海峡を眺める。

 

バスはパンバン橋を渡ってインド本土へ。

高速道路に乗り、一路マドゥライを目指します。

途中、4回ほど高速を降りて、外国人旅行者が絶対に訪れなさそうな小さな町に停車。お客を入れ替えつつ進んでいきます。

ラーメシュワラム〜マドゥライ(ランチ)【南インド(タミル)⑩】マドゥライに到着!

 

そして、ラーメシュワラムを出発して3時間半、バスはマドゥライのバスターミナルに到着しました!

ラーメシュワラム〜マドゥライ(ランチ)【南インド(タミル)⑩】マドゥライのバスターミナル

ラーメシュワラム〜マドゥライ(ランチ)【南インド(タミル)⑩】マドゥライのバスターミナルは街の中心から離れています。

 

マドゥライにはいくつかバスターミナルがありますが、ラーメシュワラムからのバスが着いたターミナルは市内中心部から少し離れたところにあります。

そのため、リキシャを捕まえて行くことにしました。

リキシャは、バスを降りてからターミナルのトイレに行く時も、ずっと付いてきていた小太りの運ちゃんのリキシャに乗ることに。人が良さそうな風貌だったので。

中心街にある宿泊予定のホテルまで、Rs.250(381円)でした。

ラーメシュワラム〜マドゥライ(ランチ)【南インド(タミル)⑩】リキシャを捕まえてマドゥライ旧市街にあるホテルへ

 

リキシャはバスターミナルを出発し、南へ。

田舎町のカライクディやラーメシュワラムとは違って都会なので、走っている車や歩いている人の数が格段に多いです。

「マドゥライ(Madurai:மதுரை)」は、タミル・ナードゥ州南部にあるマドゥライ県の県庁所在地。

紀元前から栄えていたとされる南インドの商業の中心地で、現在の人口は約102万人。

16世紀から17世紀にかけて建造されたヒンドゥー教寺院「ミナークシ・アンマン寺院」は、町の象徴的存在で、インド中から多くの巡礼者が訪れます。

ラーメシュワラム〜マドゥライ(ランチ)【南インド(タミル)⑩】道路沿いで売られていた謎のぬいぐるみ

ラーメシュワラム〜マドゥライ(ランチ)【南インド(タミル)⑩】ヴァイハイ川を渡ります。

ラーメシュワラム〜マドゥライ(ランチ)【南インド(タミル)⑩】マドゥライは都会なので車が多いです。

 

リキシャは、町の中央を東西に流れるヴァイハイ川を渡り旧市街へ。

そして、程なくして宿泊するホテル「ロイヤル・コート(Royal Court)」に到着しました!

スポンサーリンク

ホテル「ロイヤル・コート(Royal Court)」

Royal Court 【南インド(タミル)⑩】マドゥライのホテル「ロイヤル・コート(Royal Court)」

 

ホテル「ロイヤル・コート(Royal Court)」は、マドゥライの中心であるミナークシ・アンマン寺院の西。マドゥライ鉄道駅前の大通りであるウエストヴァリ通りに面した便利な立地にあるホテルです。

予約はBooking.comで行い、宿泊費はスーペリア・ダブルルーム1泊で5,784円でした。

Royal Court 【南インド(タミル)⑩】「ロイヤル・コート(Royal Court)」のロビー

Royal Court 【南インド(タミル)⑩】「ロイヤル・コート(Royal Court)」のお部屋

 

ホテルは少し古びた感じでしたが、部屋は小綺麗でそこそこ広く、居心地は良し。

朝食ビュッフェも美味しく、スタッフも親切で、何より立地が最高!

なかなか良いホテルでした★

 

「ロイヤル・コート(Royal Court)」の詳細はこちら→中心部に位置する便利なホテル「ロイヤル・コート(Royal Court)」@南インド・マドゥライ

中心部に位置する便利なホテル「ロイヤル・コート(Royal Court)」@南インド・マドゥライ
タミルナードゥ州第3の都市マドゥライでの宿泊は、マドゥライ駅近くにある「Royal Court(ロイヤルコート)」。歴史的寺院 ”ミーナークシー・アンマン寺院” まで、徒歩5分ほどで行ける便利な場所にあります。朝食が、充実してて美味しかったです。

チェックインを済ませ、荷を解いた後、ランチを食べに街へと繰り出します。

スポンサーリンク

マドゥライで一番美味しい食堂!「シュリー・サバレーシュ(Sree Sabarees)」

Sree Sabarees【南インド(タミル)⑩】マドゥライで一番美味しいという食堂「シュリー・サバレーシュ(Sree Sabarees)」

 

マドゥライでは、行きたいと思っていたお店がありました。

それが。ここ「シュリー・サバレーシュ(Sree Sabarees)」

ネットの情報で「マドゥライで一番美味しい!」と評判が高かったお店です。

場所は、ホテルとミナークシ寺院のちょうど中間くらい。ホテルから約5分の場所にあります。

Sree Sabarees【南インド(タミル)⑩】「シュリー・サバレーシュ(Sree Sabarees)」のミールス

 

注文したのは、もちろんミールス!

バナナリーフの上にポンニライス。その上にサンバルをぶっ掛け、脇にオクラのカレー、冬瓜のクートゥ、キャベツとニンジンのポリヤルがサーブされます。

そして、パパドが置かれ、カトリ(器)に入った、ラッサム、カード、ガジャルハルワがバナナリーフの脇に添えられて、ミールスが完成!

お味は噂どおり!ミールスってこんなに美味しいんだ!と改めて思わせてくれるほど美味しいミールスでした★

 

「シュリー・サバレーシュ(Sree Sabarees)」についての詳細はこちら→シュリー・サバレーシュ(Sree Sabarees)★噂通りの美味しさ!マドゥライ一番人気のミールス@南インド・マドゥライ

シュリー・サバレーシュ(Sree Sabarees)★噂通りの美味しさ!マドゥライ一番人気のミールス@南インド・マドゥライ
南インド、タミル・ナードゥ州南部の古都「マドゥライ」の旧市街に、マドゥライで一番美味しい!と地元の人たちに大人気のレストランがあります。お店の名前は『シュリー・サバレーシュ(Sree Sabarees)』マドゥライ訪問の際、行ってみたのでご紹介します★

Sree Sabarees【南インド(タミル)⑩】ミールスを食べる地元の人たち

ラーメシュワラム〜マドゥライ(ランチ)【南インド(タミル)⑩】マドゥライ旧市街の街並み

 

美味しいミールスをいただいて満足した後、一旦ホテルに戻り、少し休んでから、次の目的である、タオル工場(サラスワティ・テキスタイル)へと向かいます。

 

※次の記事→南インドの古都マドゥライで、コットン手織り(ハンドルーム)タオル工房を見学する★