ライカノ【北千住】★孤独のグルメで紹介!イサーン地方出身のシェフが腕を奮う人気タイ料理店

北千住、ライカノタイ料理

北千住駅西口から徒歩3分。北千住駅西口交差点から南へ50mほど進んだ左手に、タイ料理店『ライカノ』はあります。

テレビ東京の人気ドラマ「孤独のグルメ Season2」で紹介され、かなりの人気店となったこのお店。創業は1993年とかなりの老舗です。

タイ東北部イサーン地方出身のシェフが腕を奮う、タイ国政府認定の証「タイセレクト」にも認定された、本場の味を味わえるタイ料理店です。

スポンサーリンク

人気ドラマ「孤独のグルメ」で紹介された人気タイ料理店

北千住、ライカノ『ライカノ』の外観

北千住、ライカノ燦然と輝く『ライカノ』の看板

 

こちらが『ライカノ』の外観です。

お店は、駅前通りからすぐ近くの飲食店街のただ中。アクセスの良い立地です。

「孤独のグルメ」で紹介された2012年当時は店頭に行列ができるほどの人気ぶりだったそうですが、現在は以前に比べると落ち着いてきた様子。

店名の「ライカノ(Lai Kanok)」とは、タイの彫刻や絵画で伝統的に用いられる独特のデザインパターンのこと。店頭の看板にもそのモチーフが描かれています。

北千住、ライカノ『ライカノ』の店内

北千住、ライカノ祭壇があったり、メディア取材の写真が飾られていたり。

 

『ライカノ』の店内です。

昔ながらのタイ料理屋さんという雰囲気の店内。祭壇があったり、壁や棚にはタイの置物などが飾られています。

店内空間はそれほど広くはなく、座席数はテーブル席のみの30席。土曜日の18時半くらいに予約なしで訪問しましたが、ぎりぎりで1テーブル空いている状況でした。

客層は年齢層が結構高めな感じ。地元の人メインでかなり賑わっていました。お客さんは日本の方が大半の印象。

孤独のグルメブームが去った現在でもかなりの人気店。予約はしていった方が良さそうです。

スポンサーリンク

ヤムウンセン、ラープガイ、プーニム・パッ・プリック・タイ・ダム、トムカーガイ♪

北千住、ライカノタイの青白陶器のお皿

 

座席に座って、さっそくメニューを見てお料理を選びます。メニューの撮影は不可とのこと。

お料理の品数はかなり多くて100種類以上。あまり日本ではメジャーじゃないお料理も揃っていますが、料理名は全て日本名表記で、日本のお客さんをターゲットとしている様子。

いろいろ迷った挙句、チョイスしたお料理は↓です。

  • 春雨魚介類のサラダ
  • ソフトシェルクラブの黒胡椒炒め
  • 鶏肉のタイバジル炒め
  • 鶏肉のココナッツミルクスープ
  • 餅米

スタンダードなラインナップです。

北千住、ライカノ「シンハービール」650円

 

お飲み物は、定番の「シンハービール」を注文。

「シンハービール」は、タイ王室に認められた唯一のビールとしても知られ、王室の象徴でもある神鳥ガルーダの印章が刻まれています。

アルコール度数は5%。爽やかでバランスの取れた味は、スパイシーなタイ料理によく合います。

う〜ん、旨い★

安定の美味しさです!

北千住、ライカノ「春雨魚介類のサラダ」1,200円

 

ビールを飲んでいるとさっそくお料理登場!

「春雨魚介類のサラダ」、ヤムウンセンです★

「ヤムウンセン(ยำวุ้นเส้น)」は、茹でた春雨をイカ、エビ、豚の挽肉と、玉ねぎ、セロリ、トマトやキクラゲ、ピーナッツなどで和え、ナンプラーやライム、唐辛子、砂糖などで味付けし、パクチーを載せたサラダ。

北千住、ライカノかなりの辛さ!

 

『ライカノ』のヤムウンセンは、イカやエビの量が若干少ない気もしましたが、お味はGood!酸味と辛味、春雨の食感が美味です♪

かなりの辛さでした(汗)

北千住、ライカノ「餅米」450円

 

続いて、「餅米」(カオニャオ)が運ばれてきました。

タイ東北部イサーン地方の主食です。定番の編み籠の入れ物に入って出てきました♪

ラープやソムタムなど、イサーンのスパイシーなお料理と相性が抜群です。

北千住、ライカノ「ソフトシェルクラブの黒胡椒炒め」1,300円

 

「ソフトシェルクラブの黒胡椒炒め」(プーニム・パッ・プリック・タイ・ダム)です。

殻ごと食べられる柔らかいカニは歯ごたえがあり、黒胡椒の香ばしい辛味との相性も最高!

ビールにとっても合います★

北千住、ライカノ「鶏肉のタイバジル炒め」1,200円

 

「鶏肉のタイバジル炒め」(ラープガイ)です。

「ラープ(ลาบ)」は、鶏や豚、牛などの挽肉をミントやこぶみかんの葉などのハーブや野菜、煎り米粉と和え、ナンプラーやライム、唐辛子で味付けしたサラダ。イサーンを代表するお料理です。

酸味と辛味、ハーブの香りのマッチングが最高です♪ビールが進む一品。

北千住、ライカノ「鶏肉のココナッツミルクスープ」1,450円

 

「鶏肉のココナッツミルクスープ」(トムカーガイです。

「トムカーガイ(ต้มข่าไก่)」は、ココナッツミルクにタイ生姜のカー、コブミカンの葉、レモングラス、唐辛子、コリアンダーをベースとしたスープに、鶏肉やフクロタケを具材とし、ライムやナンプラーで味付けしたスープ。

トムヤムクンと並ぶ、タイの二大スープのひとつです。

この「トムカーガイ」も、タイ東北部イサーン地方のお料理。

『ライカノ』のトムカーガイは、結構濃厚なお味でスープの飲みごたえあり。餅米に掛けて食べると美味しい♪

北千住、ライカノ銀のグラスに入ったお水

 

ヤムウンセンやラープが結構辛かったのでヒーヒー言っていると(注文の時、辛いけど大丈夫?と念を押されましたが)、お店の方が銀のグラスに入ったお水を持ってきてくれました★

冷んやりしたお水が、辛さで火照ったお口をクールダウンしてくれました。

スポンサーリンク

デザートは、「ココナッツの焼きプリン」と「ブアロイブアック」

北千住、ライカノ「ココナッツの焼きプリン」450円

 

食後は、デザートを注文。

こちらは「ココナッツの焼きプリン」

濃厚なココナッツ感と程よい甘さ、素朴な食感がなんとも美味です♪

北千住、ライカノ「ブアロイブアック」450円

 

こちらは「ブアロイブアック」

ココナッツミルクの中にタロイモとカラフルなお餅が入った温かいデザート。

お餅とタロイモの食感と、甘くて温かいココナッツミルクのマッチングが癖になる美味しさ★

 

お食事からデザートまで美味しくいただきました〜♪

北千住、ライカノ『タイ国料理ライカノ』

 

北千住にあるタイ料理店『ライカノ』

孤独のグルメにも紹介された人気店タイ料理は、その人気も頷ける美味しさ♪

ヤムウンセンもラープガイもトムカーガイも、満足のいくお味でした!

北千住でタイ料理を食べたい時は、『ライカノ』が第一候補です★

スポンサーリンク

◉『ライカノ』の地図・アクセス

  • 住所:東京都足立区千住2-62 ラ・フェットビル 1F
  • アクセス:北千住駅西口徒歩3分
  • 営業時間:11:00~15:00 17:00~23:00
  • 定休日:月曜日

※記載しているお店・施設・イベントの情報は投稿時点での情報です。現在の詳細情報はお店や施設のHP等でご確認ください。
エスニック料理グルメタイ料理
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エスニック見ーつけた!