シーガーデン(鶯谷)|ミャンマー・ラカイン料理の真髄、激辛魚介料理を堪能

鶯谷、シーガーデン グルメ
記事内に広告が含まれています。

JR山手線・京浜東北線鶯谷駅南口から徒歩2分。JRの線路を渡り、階段を降りたすぐ左手のビルの2階に、ミャンマー南西部にあるラカイン州の料理を提供するお店『シーガーデン(SEA GARDEN)』は、あります。

お店のオープンは2022年。オープン当初は『令和酒場』という店名で、お寿司や天ぷら、焼き鳥などを提供する本格的な和食プラス、ミャンマー・ラカイン料理というスタイルでしたが、2023年に現在の店名に変更。お料理もラカイン料理一本に絞った様子。

「ラカイン料理」は、ミャンマーの中でも、海鮮をメインにし、激辛で油の使用が控えめだというお料理です★

スポンサーリンク

引っ切り無しにミャンマー女子たちが来店する「ラカイン料理」の人気店

鶯谷、シーガーデンお店は、JR陸橋すぐ脇のこの黄色のビルの2階

鶯谷、シーガーデン『シーガーデン(SEA GARDEN)』の入り口

 

こちらが、『シーガーデン(SEA GARDEN)』の入り口。

JRの陸橋を渡って、階段を降りたすぐ左手にあります。

鶯谷、シーガーデンアジアンダイニング『SEA GARDEN』

鶯谷、シーガーデン知らない人は、ここがミャンマー・ラカイン料理のお店とはわかりません。

 

扉のところにミャンマーの文字が書かれていますが、日本語ではミャンマー料理とも、ラカイン料理とも書かれていないので、知らない人にとっては謎なお店だと思われます。

入り口の扉を開けると、来店を知らせる音楽が鳴るのでちょっとびっくり!

すぐに2階へと向かう階段があるので、登っていきます。

鶯谷、シーガーデン『シーガーデン(SEA GARDEN)』の店内

 

こちらが、『シーガーデン(SEA GARDEN)』の店内です。

写真は2階で、2階には厨房とカウンター席(4席)、テーブル席(8席)があります。3階にも座席がある様子で、お店の方が何度もお料理を運んでいっていました。

お店へは遅めのディナータイムにネットで事前予約して訪問。店内には、ミャンマー人のお客さんが入れ替わり立ち替わり来店していて、かなり繁盛している様子。

ミャンマー人のお客さんは、若い女性が多めでした。日本人客は皆無です。

お店のスタッフは、調理や会計を担当しているミャンマー・ラカイン出身の店主さんと、奥様でしょうか?お料理をサーブする女性の方(店内に小さい子供もいた)、お店の制服を着たバイトさんらしきミャンマー人の若い男女1名ずつ(お料理のサーブ担当)

店主さんは、日本語がそこそこ堪能。奥様や若いスタッフたちは、日本語はちょっと厳しめ。

鶯谷、シーガーデン壁に掲げられたラカイン?の絵

 

さて、ここで、このお店『シーガーデン(SEA GARDEN)』が提供する「ラカイン料理」と、店主さんの出身地である「ラカイン州」について、ご説明します。

スポンサーリンク

ラカイン州とは?ラカイン州の料理とは?

ラカイン州

ラカイン州は、ミャンマー南西部のベンガル湾に面した細長い州。西端でバングラデシュと国境を接しています。

州都はシットウェ。住民の多数派は仏教徒であるラカイン族。州内にはイスラム教徒であるロヒンギャ族もおり、彼らへの迫害や、難民化が問題になっています。

ラカイン族は、紀元前から18世紀にビルマ族に征服されるまで独自の王国「アラカン王国」を持ち、ビルマ族とは異なる文化があります(ビルマ族の文化よりも、インドの影響を強く受けているとのこと)。

ラカイン料理は、ラカインがベンガル湾に面した地域であるせいか、海産物を使った料理が豊富。また、ミャンマーの他の地域と比べて油の使用量が控えめで、強烈に辛い料理が多いのが特徴。

店主さんの話によると、ラカイン料理は、油控えめでヘルシーだということで、ミャンマーでは女性の人気が高いのだそう。

確かに、来店しているお客さんは、ほぼ女性でした。

 

さて、ラカインの説明はこのくらいにして、そろそろメニューを見て、注文するお料理を選びましょうか〜♪

スポンサーリンク

『シーガーデン(SEA GARDEN)』のメニュー

『シーガーデン(SEA GARDEN)』のお料理の注文の仕方は、テーブルの上のポップに記載されたQRコードから注文用のWEBサイトにアクセスし、掲載された料理を選ぶスタイル。

さっそく、WEBサイトにアクセスし、お料理の物色開始です!

鶯谷、シーガーデンサラダ(和え物)系のお料理が豊富

鶯谷、シーガーデンメインの鍋料理

お料理の品数はかなり豊富!

特に、エビやイカ、貝やカニ、小魚などを使った和え物系はかなりの種類があります。また、魚介や肉を使った鍋料理、名物の麺料理「ラカインモンティ」、焼き魚やスペアリブなどの焼き物や揚げ物もいろいろ。

しかしながら、ミャンマー名しか書かれておらず、どんな素材を使った料理なのかわからないものも多数あり。

かなり迷った挙句、チョイスしたのは↓のお料理。

鶯谷、シーガーデン「タコ トウ(タコ辛口和え)」(880円)

鶯谷、シーガーデン「豚スペアリブ揚げ」(880円)

鶯谷、シーガーデン「シーフード鍋(KO TA NGA HINN)」(2,728円)

鶯谷、シーガーデン普通辛口、半辛口、辛さ多めから選べます。

鶯谷、シーガーデン「ラカイン ムウテイ アトウ(ムンティ辛口と甘口スープ)」(583円)

鶯谷、シーガーデン辛さや玉ねぎ、パクチー有無を選べます。

  • タコ トウ(タコ辛口和え)(880円)
  • シーフード鍋(KO TA NGA HINN)(2,728円)
  • 豚スペアリブ揚げ(880円)
  • ラカイン ムウテイ アトウ(ムンティ辛口と甘口スープ)(583円)

和え物系は、タコを使った「タコ トウ(タコ辛口和え)」。メインの鍋は「シーフード鍋(KO TA NGA HINN)」をチョイス。鍋の辛さが(普通辛口/半辛口/辛さ多め)の3つから選べるので、「半辛口」にしました。

つまみ系のもう一品は「豚スペアリブ揚げ」、締めの麺は「ラカイン ムウテイ アトウ(ムンティ辛口と甘口スープ)」で、こちらも辛さを選べたので「普通辛口」を選択。

注文を済ませ、お料理が運ばれてくるのを待ちます。

スポンサーリンク

激辛のタコの和え物、爽やかなシーフード鍋、和の風味を感じさせるラカイン名物麺

鶯谷、シーガーデン瓶ビール(中瓶)(650円)

 

まずは、ビールから。

サッポロラガービールの中瓶です。

そういえば、ミャンマーと言ったら「ミャンマービール」ですが、最近ミャンマー料理店でミャンマービールを見掛けないなと思っていたので、ちょっと調べてみたところ、ミャンマービールは、ミャンマーの軍事政権が販売しているビールなので、ミャンマー本国でも、日本でもミャンマービールの不買・不売運動が起こっているのだとのこと。

「ミャンマービール」は美味しいので、飲みたいなと思っていたのですが、ミャンマーの人たちの気持ちもよくわかるので、サッポロラガービールで我慢です。

サッポロラガービールも充分美味しい♪

ビールをぐびぐび飲んでいると、ほどなくしてお料理が運ばれてきました!

鶯谷、シーガーデン「タコ トウ(タコ辛口和え)」(880円)

 

「タコ トウ(タコ辛口和え)」です。

ラカイン料理定番の魚介の和え物料理のひとつ。ぶつ切りのタコに玉ねぎを和えたシンプルなサラダで、ミャンマーの発酵調味料「ンガピ」の風味と青唐辛子の辛さが特徴。

鶯谷、シーガーデン美味いけどめちゃくちゃ辛い!

 

この「タコ トウ(タコ辛口和え)」、パッと見は、辛そうには見えませんが、めちゃくちゃ辛いです! はじめはそうでもないのですが、後から辛さが追いかけて来る感じ。

しかしながら、辛いけど本当に美味しい! 箸を口に運ぶ手が止まりません。

もちろん、ビールとの相性抜群♪

今回はご飯は注文しませんでしたが、ご飯とも合いそう★

鶯谷、シーガーデン「シーフード鍋(KO TA NGA HINN)」(2,728円)

 

続いて、メインのお料理が到着!

「シーフード鍋(KO TA NGA HINN)」です。

魚の形をした大きな鍋がインパクトあり!

鍋の中には、鯛が一匹どーんと入っていて、シーフードは他に、カットされたカニ、エビ×2、ムール貝×2。たけのこやしめじも入っています。

スープは黄色い色をしていて、この黄色はターメリックの色だそう。

お店の方がコンロに火を点けてくれますが、もう食べられるので食べてもよいとのこと。

さっそく、いただいてみましょう〜♪

鶯谷、シーガーデン酸っぱ辛くて美味なスープ

 

まず、スープを啜ってみます。

スープは、レモンの酸味、青唐辛子の辛味、ンガピの旨味が沁み込んでいて、酸っぱ辛く魚介の旨味たっぷり♪

タイのトムヤムクン(クリアーなタイプ)にレモンの爽やかさを加え、魚介の旨味をさらに増した感じのお味。

これはすごい!抜群の美味しさです★

鶯谷、シーガーデンまるごとの鯛とカニ、エビ、ムール貝、たけのこ、しめじ

 

もちろん、具材も美味♪

カニはあまり食べられるところはありませんでしたが、鯛の白身、プリプリのエビ、ムール貝、それぞれにレモンの爽やかな酸味の効いたスープが沁み込んでいて、食べ飽きない感じ♪ タケノコも地味に美味しいです★

ちなみに、スープ自体には辛さはそれほどないですが、青唐辛子の細切れが入っているので注意が必要です。

鶯谷、シーガーデン「豚スペアリブ揚げ」(880円)

 

こちらは、「豚スペアリブ揚げ」

魚介以外のおつまみ系として注文しました。

シンプルなスペアリブですが、スパイスの効いたタレを付けていただくと美味しい♪

鶯谷、シーガーデン「ラカイン ムウテイ アトウ(ムンティ辛口と甘口スープ)」(583円)

 

そして、締めの麺料理。

「ラカイン ムウテイ アトウ(ムンティ辛口と甘口スープ)」です。

ラカイン州名物の魚だしの辛い麺料理「ラカインモンティ」。はじめていただきましたが、他では食べたことのないタイプの麺料理でした。

鶯谷、シーガーデン激辛のラカインムウテイ(ラカインモンティ)

 

スープは、発酵調味料「ンガピ」の風味が感じられるあっさりとしたスープ。和食にも通じるお味のスープです。

そして、青唐辛子の種が塗された米麺は、かなりの激辛!

しかしながら、この米麺を魚だしのスープに付けていただくと、日本のそうめんを食べているような感じ。

ラカインの人が毎日のように食べているという「ラカインモンティ」。ちょっと辛いけど、これなら毎日食べても飽きなそうです。

ちなみに、「ラカインモンティ」には、汁麺タイプのものもあります。

鶯谷、シーガーデン「ガ ピヤウ パウン」(480円)

 

食後のデザートは、「ガ ピヤウ パウン」というスイーツをいただきました。

黒っぽい独特なビジュアルの温かいスイーツ。ココナッツミルクベースで黒砂糖や胡麻が入っていて、店員さんに聞いたところ、中に入っている具材はバナナであるとのこと。

お味は、ベトナムやカンボジア、タイなどのスイーツによく似た感じ。美味しいです♪

鶯谷、シーガーデンフレッシュスイカジュース

 

スイーツと一緒にいただいたお飲み物は、フレッシュスイカジュース

スイカをそのままジュースにしているので、種がそのままたくさん入っていて、ストローで吸うと吸い込んでしまうのがちょっと困りもの。

お味は、スイカそのままのジュースなので、もちろん美味です♪

鶯谷、シーガーデンJR陸橋の階段から見た店内

 

鶯谷にあるミャンマー・ラカイン州の料理を提供するお店『シーガーデン(SEA GARDEN)』

魚介をふんだんに使った「ラカイン料理」は、ミャンマー北部の料理に比べて油の使用が控えめで日本人好みのお味。

お料理は結構激辛ですが、発酵調味料の旨味やレモンの酸味が効いた「シーフード鍋」は絶品♪ 激辛のタコの和え物や、そうめんに似た魚だしの麺料理「ラカインモンティ」も、新鮮な美味しさでした★

ミャンマー・ラカイン料理をとことん堪能できるお店です。

『シーガーデン(SEA GARDEN)』は、ネット予約出来ます!
『シーガーデン(SEA GARDEN)』のネット予約はこちら(食べログ)
スポンサーリンク

◉『シーガーデン(SEA GARDEN)』の地図・アクセス

スポンサーリンク

東南アジア料理店

東南アジア料理店
東南アジア料理(ミャンマー料理・ラオス料理・フィリピン料理.etc)のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地の東南アジア料理店のほか、本場東南アジアのレストランもご紹介しています。実際に訪問したお店の様子やメニュー、食べたお料理を掲載。お店は下記リンク先の地図からも探せます。
ミャンマーの料理ってどんなの?【ミャンマーグルメをご紹介】
ミャンマーの位置は、インドとタイの中間にあります。つまり!スパイスのインド料理とハーブのタイ料理の両方の要素がある!だけど、それだけではなく、ミャンマーの料理はちょっと独特。ひとことで言うと「油っぽい」です。
東京都内のミャンマー人が集う雑居ビル「タックイレブン高田馬場」を探検する
ミャンマー人が多く住むことで知られる街、高田馬場。その駅前にある雑居ビル「タックイレブン高田馬場」には、ミャンマーの食材や衣料品、雑貨などを売るお店が何店か入っており、ミャンマーの方も多く住んでいるのだとか。ちょっと、ミャンマーの風を感じに、行ってみました「タックイレブン高田馬場」!
東京都内の「タイ料理店」《おすすめ》15店舗ご紹介!
日本でも一般的なお料理になりつつある「タイ料理」。トムヤムクンやカオマンガイ、ガパオやパッタイなどは、一度は食べたことがあるはず! ハーブや香辛料を多用し、辛味・酸味・甘みの絶妙なバランスが特徴の美味しいタイ料理。東京都内にある「タイ料理店」おすすめ15店舗をご紹介します♪
東京都内の「ベトナム料理店」《おすすめ》13店舗ご紹介!
フォーや生春巻きなど、日本でも一般的に食べられるようになってきた「ベトナム料理」。今やベトナム料理店は、全国にたくさんあり、都内にも数え切れないくらいの店舗があります。今回は、東京都内にある「ベトナム料理店」おすすめ13店舗をご紹介します。
東京都内の「インドネシア料理店」《おすすめ》8店舗ご紹介!
日本では「ナシゴレン」(インドネシア風炒飯)が有名ですが、その他の料理はあまり知られていない「インドネシア料理」。お店の数も多くはありませんが、最近は現地そのままのお料理を味わえるインドネシア料理店も増えてきています。東京都内にある「インドネシア料理店」おすすめ8店舗をご紹介します。
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント