チャラカラ【群馬総社】★現地の味を思い出させる♪珠玉のミールスをいただける南インド料理店

群馬総社、チャラカラエスニック料理

群馬県前橋市、上越線の群馬総社駅から南へ15分ほど歩いた大通り沿いのマンションの1階に、南インド料理店『チャラカラ』はあります。

2015年6月にオープンしたこのお店、オーナーシェフは日本人の方ですが、本場南インドさながらの本格的なミールスを味わえるということで、かねてから評判のお店です。

かなり前から行ってみたいと思っていたものの、場所が群馬ということもあり、なかなか行く機会がなかったのですが、今回、ようやく訪問することができました★

スポンサーリンク

群馬にある南インド料理の珠玉の名店

群馬総社、チャラカラ『チャラカラ』はこのマンションの1階

群馬総社、チャラカラポップなお店の看板と極彩色の絵が目印

 

『チャラカラ』は、このマンション(大山マンション)の1階にあります。

群馬の、しかも、こんな町外れの場所に、南インド料理店があるということに、まずびっくり!

群馬総社、チャラカラ『チャラカラ』の店名看板

群馬総社、チャラカラ南インド料理ユニット「マサラワーラー」の武田尋善氏が描いた絵だそう

群馬総社、チャラカラ Meals Ready『チャラカラ』

 

お店の外観はポップでカラフル!

店頭には、南インド料理ユニット「マサラワーラー」の武田尋善氏が描いたという極彩色の絵が飾られています。

群馬総社、チャラカラ『チャラカラ』の店内

 

こちらが、『チャラカラ』の店内です。

店内は昭和の時代のスナックを改装したような感じで、座席はテーブル席とカウンター席合わせて16席。

土曜日のランチタイムの11時過ぎに訪問しましたが、先客がひと組。お料理を頂いている間にもうひと組来店。いずれも地元のお客さんである様子。

群馬総社、チャラカラインドの食器やグッズが並ぶカウンター

群馬総社、チャラカラ店内に飾られた武田尋善氏の絵

群馬総社、チャラカラポップなデザインが魅力的

 

店内はインドの雰囲気満点!

店頭にあった武田尋善氏の絵が大量に飾られているほか、カウンターにはインドの食器がたくさん並べられていたり、「MEALS READY」の看板があったり、神様の人形があったり、いろいろ★

群馬総社、チャラカラお水はセルフサービス

群馬総社、チャラカラスパイスやカレンダーも販売中

 

お水はセルフサービス。

お店では、スパイスや武田尋善氏のカレンダーも販売している様子。

群馬総社、チャラカラベジミールスのメニュー

 

取り敢えず、案内された座席に座り、メニューを見て注文するお料理を選びます。

しかしながら、注文するお料理は「ベジミールス」一択!

メニューを見ると、「ミールスやVegの料理はカレーではありません。あっさりしていて、好みが分かれる味です。」との記載がありました。

まだまだ南インド料理の認知が低いであろう群馬。いわゆる“カレー”とは全く違う南インド料理を食べ慣れていない人が多い様子が窺えます。

群馬総社、チャラカラノンベジのサイドメニューやビリヤニもあり

 

兎にも角にも「ベジミールス」を注文したのですが、ベジミールスにノンベジのおかずを追加注文できるということを食後に気づきました。。。

ウップチキンとかエッグマサラとか、食べてみたかった(涙)

スポンサーリンク

南インドの食堂を思い出すお味。『チャラカラ』の「ベジミールス」

群馬総社、チャラカラ「ベジミールス」1,300円

群馬総社、チャラカラパパドがでっかいです!

 

注文後、ほどなくして待ちに待った「ベジミールス」が運ばれて来ました〜♪

丸いシルバーのプレートの上に、バナナリーフが敷かれ、バスマティライス、サンバル、ラッサム、ダール、さつまいものコロンブ、ひよこ豆のポリヤル、ヨーグルトなどのカトリが並べられ、キャベツやビーツ、青菜のポリヤル、アチャール、でっかいパパドが載った豪華で色鮮やかなミールス★

カレーリーフの香りがほのかに漂ってきます。いかにも美味しそうです♪

さあ、さっそくいただきましょう〜!

群馬総社、チャラカラ野菜の付け合わせは日替わり

群馬総社、チャラカラサンバルとラッサムが美味しい!

群馬総社、チャラカラダールとさつまいものコロンブ、ひよこ豆のポリヤル

 

まずは、ラッサムを啜り、サンバルを味わいます。

このラッサムとサンバルが、もう抜群に美味しい!

あっさりとしていながら、カレーリーフの香りやスパイスと豆の風味のバランスが絶妙な感じ。マドゥライやチェンナイの食堂で食べたラッサムやサンバルを思い出させる、あのお味なんです★

ダールやコロンブ、ポリヤルも美味しかったけど、とにかくラッサムとサンバルのお味に感動しました♪

群馬総社、チャラカラ全体的に優しいお味

 

サンバルやラッサムに限らず、『チャラカラ』のミールスは、全体的に優しいお味。

ちなみに、南インドのミールスについて書かれたレアな本「MEALS READY」(阿佐ヶ谷書院)の『チャラカラ』の紹介によると、オーナーシェフの岡田氏は、ケララ料理をメインにインド料理を学んできたのだそうですが、親交のあるタミル出身のマハリンガムさん(経堂の『スリマンガラム』の店主)の影響から、最近は提供するお料理のタミル色が強くなってきているのだそう。

確かに、いただいた「ベジミールス」、タミルっぽい感じがしました★

 

最後は、全部のおかずをライスに掛け、混ぜ混ぜしながらいただきます♪

混ぜていただくと、様々なおかずの味と香りと食感がブレンドされて、さらに美味しく感じられます。

これぞ、ミールスの醍醐味です★

群馬総社、チャラカラ食後のチャイ

 

食後は、チャイをいただきます。

甘いチャイのお味でホッとひと息。癒されます♪

 

群馬県前橋市にある南インド料理店『チャラカラ』

マドゥライやチェンナイの食堂で食べた味を思い出させる、本格的な「ベジミールス」をいただけるお店。

南インド料理店が林立する都内でも、ここまで現地の味に近いミールスを提供しているお店はなかなかありません。

このミールスを食べるためだけに、わざわざ群馬まで足を運ぶ価値はあります!

スポンサーリンク

◉『チャラカラ』の地図・アクセス

  • 住所:群馬県前橋市総社町総社2014-5 大山マンション 104
  • アクセス:JR群馬総社駅から1,243m
  • 営業時間:11:00~15:00 18:00~21:00
  • 定休日:水曜日・火曜日の夜