ボンゴバザール★とにかく楽しい♪スーパーマーケットスタイルの大型ハラル食材店

ボンゴバザールエスニックまちある記

埼玉県三郷市、JR武蔵野線新三郷駅から徒歩15分ほどの三郷団地に隣接した場所に、ハラル食材のスーパーマーケット「ボンゴバザール」があります。

2020年3月にオープンしたこの「ボンゴバザール」。言うなれば、ここは日本のスーパーマーケットスタイルの大型ハラル食材店。現代的な外観、日本のお客さんにも違和感を感じさせないわかりやすい陳列表示、そして、驚くほど充実したハラル食材やアジア食品の品揃え!

ハラル食材店の決定版とも言うべき「ボンゴバザール」はどんな品揃えなのか、新三郷まで行ってみることにしました★

スポンサーリンク

新三郷駅から徒歩15分。みさと団地の目の前にある「ボンゴバザール」

ボンゴバザール新三郷駅の駅前ロータリー(GoogleMap)

 

都内から電車で1時間ほど。新三郷に到着しました。

駅を出ると、駅前にはららぽーとやコストコ、IKEAなどの大型商業施設が建ち並び、それ以外はガラーンとだだっ広い感じの典型的な郊外の風景。

「ボンゴバザール」は、駅前ロータリーからまっすぐ伸びる新三郷駅前通りを15分ほど歩いた左手にあります。バスで向かう場合は、新三郷駅から十街区行きバスで八街区下車(駅から7分)。

ボンゴバザール界隈の風景(GoogleMap)

 

駅から「ボンゴバザール」までは意外と距離ありました。

途中の風景は、まさにサバービア。日本有数のマンモス団地と言われる「URみさと団地」の住居棟が延々と建ち並んでいます。

埼玉県最南部にある三郷市。人口は約14万人です。新三郷駅および、みさと団地は市の北部にあり、団地には約1万8,000人が居住しています。

三郷市の外国人人口は約4,600人ほど。そのうち、中国人が3割を占めているのでイスラムの人の人口は1,000人に満たないと思われますが、パキスタン人が集まる“ヤシオスタン”で有名な八潮市も隣接しているし、ハラル食材のニーズは結構ありそうです。

スポンサーリンク

「ボンゴバザール」とは?

ボンゴバザール「ボンゴバザール」の外観

ボンゴバザール大きな看板が目立ちます。

 

こちらが「ボンゴバザール」の外観です。

通りを歩いていたら、「Bongo Bazar」と書かれた巨大な目立つ看板があったので、すぐにわかりました!

外観は日本の大手のスーパーマーケットと変わらない雰囲気。知らない日本の方が見たら、ハラル食材店とは思わず、普通のスーパーのつもりで入っていくと思われます。

ボンゴバザールFRESH&HALAL MART

 

「ボンゴバザール」は、ハラル食肉・ハラル加工食品・スパイス・豆・米等の輸入販売。 ハラル食品製造加工などを行う「株式会社パドマ」が経営するスーパーマーケットです。

代表は在日バングラデシュ商工会議所会長を務めるチャクラダール・バダルさんという方。本社はこの三郷にあり、創業は1989年。30年の歴史を持つ日本を代表するハラル食品流通企業です。

日本によくあるハラル食材店というと、部外者である日本人にとってはなかなか入りづらい雰囲気だったりするのですが、お店のHPの紹介によると、「ボンゴバザール」はムスリムの人だけでなく、日本人を含めた様々な国の人が安心して買物ができる、そんな店舗を目指し、オープンさせたお店なのだとのこと。

ハラル肉、冷凍魚、スパイス、豆や米は自社直輸入のため、安定して供給ができ、お値段もかなり安めなのが売りです。

 

さてさて、さっそく店内に入っていきましょう〜♪

スポンサーリンク

「ボンゴバザール」の店内の様子

ボンゴバザール「ボンゴバザール」の店内

ボンゴバザール商品はカテゴリごとに分かれていてわかりやすい!

ボンゴバザール大手のスーパーと変わらない整然とした陳列

 

店内は日本の大手の新し目のスーパーマーケットと変わらない雰囲気。入口に青果が並び、その奥にお肉、お魚、お惣菜、飲料・デザートの売り場がぐるりと外周を囲み、整然と商品が並ぶ陳列棚はカテゴリごと、国ごとでわかりやすく分類されています。

ネットで調べた情報によると、店長は日本の方だそうで、お店の配置構成や陳列方法などは日本のスーパーのスタイルが取り入れられているのだとか。

ちなみに、レジのスタッフも日本人のパートのおばちゃん。商品には日本語の表記がされているし、ぱっと見、日本の普通のスーパーと見紛うほどですね!

なお、店内の写真撮影は自由(店内撮影可のPOPがありました!)。ハラル食材&アジア食材の魅力をイスラム教徒だけでなく日本の多くの方に伝えたいという、代表&店長の気概が感じられます★

 

さてさて、それでは商品の物色を始めましょうか〜♪

スポンサーリンク

野菜と果物コーナー:珍しいアジアの野菜・果物がずらり!

ボンゴバザールドリアン、バナナの花、青バナナ

ボンゴバザールマンゴー、グリーンマンゴー

 

まずは、青果コーナー。

のっけから、でっかいドリアンがゴロゴロ!謎の食材バナナの花や、青バナナ、グリーンマンゴーなどが並んでいます★

ボンゴバザールバナナの花はこれ!

 

バナナの花のところに、かわいいイラスト&写真付きの日本語POPがありました!

イスラムの人というより、日本人に向けたアピール。こういうPOPがあるのって革命的ですね!

ちなみに、バナナの花はタイやインドネシアなどでよく食べられていて、食べるのは中心の芯の部分。甘さはそれほどなく繊維質でシャリシャリとした食感でサラダにして食べるのが美味しいのだそう。

ボンゴバザールホムデン、ゴーヤ

ボンゴバザール青パパイヤ

ボンゴバザールゴッコラ、バジル、ミント

ボンゴバザールコリアンダー、キーライム、スターフルーツ

ボンゴバザールヤング・ココナッツ、サトウキビ

 

タイやラオス料理によく使われる紫玉ねぎホムデン、ゴーヤ、タイ料理ソムタムの素材である青パパイヤ、アーユルヴェーダで重用されるゴッコラ、お馴染みのバジルやミント。コリアンダー(パクチー)もたくさん!

ストリートでカットされて飲まれるヤング・ココナッツもストロー付きでゴロゴロ!サトウキビも長いのがズラリと並んでいます。

う〜ん、アジアン青果、よりどりみどりです★

スポンサーリンク

肉と魚コーナー:巨大なラム肉の塊にびっくり!

ボンゴバザールラムとマトン

ボンゴバザール「LAMB CARCASS」(19,840円)にびっくり!

 

こちらは、お肉コーナー。ラム、マトン、牛、チキンの塊肉やカット肉がズラリ(ハラル食材のスーパーなので豚肉は無し)!

ラム肉やマトンは様々な部位があり、その品揃えは今まで見たハラル食材店の中でも一番かも!

特にびっくりしたのは、19,840円の丸ごとラムの塊肉「LAMB CARCASS」。どういう人が買っていくのでしょうか。興味津々です♪

ボンゴバザールハラル証明書

 

ハラル食品と言えば、欠かせないのがこれ、「ハラル証明書」

ハラル作法によるお肉の加工は、三郷市内にあるパドマ本社の工場で行われている様子。もちろん、店内のお肉や加工食品などの商品や陳列棚にもハラルのマークが表示されていて、ムスリムの方はその有無で買うか買わないかを判断することができます。

ボンゴバザールブラジル産丸鶏、マレーシア産烏骨鶏

ボンゴバザール冷凍マトン肉がたくさん!

ボンゴバザールラムチョップ、ラムもも焼肉用、ラムももステーキ用

 

お肉コーナーはかなり充実していて、マレーシア産烏骨鶏や種類豊富な冷凍マトン肉、ラムチョップやラムももステーキなど、驚くべき品揃え!

ボンゴバザール巨大な魚がゴロゴロと

ボンゴバザールナマズなどアジアらしい魚がいっぱい!

ボンゴバザールイワシの水煮缶がズラリ!

ボンゴバザールスパイシーなお魚に挑戦!

 

お魚コーナーは、中国の食材店のような、生け簀に魚が泳いでいるのはありませんが、日本のスーパーでは見掛けない、冷凍の巨大な魚の塊がたくさん!ティラピアとかナマズとかタウナギとか、謎な魚がいろいろありました。

ちなみに、写真は撮らなかったですが、魚コーナーにはお刺身や鰻、たらこなど、日本の鮮魚や加工品もひと通り陳列されていて、ハラル食品orアジア食品目当てでなくても、十分満足のいくお買い物ができる感じ。

普通にお魚を買いに来たお客さんにアピールする「スパイシーなお魚に挑戦!」のPOP看板。決してブレない「ボンゴバザール」のコンセプト!

スポンサーリンク

各国の食材コーナー:トルコ、ベトナム、タイ、中国、フィリピン、韓国

「ボンゴバザール」には、国別食材がまとめられたコーナーがあります。

コーナーとなっていたのは、トルコベトナム、タイ、中国、フィリピン、韓国です。

トルコ食品のコーナー

ボンゴバザールトルコ食品のコーナー

 

トルコ食品のコーナーです。

国別のコーナーではトルコ食品のコーナーが一番充実していました。

ブルーモスクのタイルのデザインをあしらったPOPや商品表記がトルコって感じ♪

ボンゴバザールローズマリー、スマック、オールスパイスなどトルコのスパイス

ボンゴバザールスマック

 

こちらは、トルコやアラブでよく使われるスパイスのコーナー。

ミント、タイム、パセリ、ローズマリー、バジル、スマック、パプリカパウダー、オールスパイス。この中で気になったのは「スマック」。

梅干しや赤しそに近い味とのこと。インド料理では使われないスパイスなので、どんな味なのか興味津々です★

ボンゴバザールトルコ料理缶詰。ぶどうの葉ピラフ詰め

ボンゴバザールトルコのピクルスがたくさん!

ボンゴバザールブルグル

ボンゴバザールトルコのビスケット

ボンゴバザールスマックシロップ、シャルガム(黒人参)のジュース

 

トルコ料理缶詰。ぶどうの葉ピラフ詰めや瓶に入った様々な種類のピクルス、挽き割り小麦のブルグル、ビスケットやスマックシロップ、シャルガム(黒人参)のジュースなど。食べたことないもの、初めて見るものもたくさん!

日本でトルコ食材がこんなに並んでいるの、初めて見ました!

ベトナム食品のコーナー

ボンゴバザールベトナム食品コーナー

ボンゴバザールベトナムのお菓子、蓮茶、サテソース

ボンゴバザールチンス ナンプラーチリソース

ボンゴバザール定番のピーナツキャンディ

ボンゴバザールブンやフォーの乾麺

 

こちらはベトナム食品のコーナー。

日本在住人口が急速に増加しているベトナム人。三郷市も1,000人近く住んでいるそうで、ベトナム食材の需要はありありです★

ベトナムで人気のチリソース「チンス」や、蓮茶、サテソース、ベトナム土産の定番ピーナツキャンディ、ブンやフォーの乾麺など、ベトナム料理の食材が勢揃い♪

タイ食品・中国食品のコーナー

ボンゴバザールタイ食品、中華食品コーナー

ボンゴバザール乾麺とかタケノコの缶詰とか

 

こちらは、タイ食品、中華食品コーナー。

乾麺とか、タケノコの缶詰とか、トムヤムクンなどのセットとか、中国の豆板醤とか、ひと通りある感じでしたが、タイ食品、中華食品コーナーの品揃えはそんなに豊富ではなかったです。

フィリピン食品・韓国食品コーナー

ボンゴバザールフィリピン食材コーナー

ボンゴバザール韓国食材コーナー

 

フィリピン食品、韓国食品コーナーです。

こちらも、タイ食品、中華食品コーナーと同じくらいの小さめの販売スペース。

三郷はフィリピン人も多いですが、豚肉を多用する文化圏だと、ハラル食材店じゃない店に行く人が多いのかな?

スポンサーリンク

穀物・豆類のコーナー:どっさりと平積みされたお米やアタ粉

ボンゴバザールアタ粉

ボンゴバザールバスマティライス

ボンゴバザールフラッテンドライス(チウラ?)、バーミセリ

ボンゴバザールレンズ豆、ひよこ豆

 

こちらは、お米や小麦粉、アタ粉などの穀物や豆類のコーナー。

お米はタイ米や日本米、バスマティライスの袋がどっさりと平積みされています。フラッテンドライス(ライスフレーク)もありました。

チャパティの素材となるアタ粉もいろいろ。業務用のでっかい袋が売られています。

インド・中東の食卓に無くてはならない豆類も、レンズ豆、ひよこ豆をはじめ、種類豊富★

スポンサーリンク

スパイス・カレーマサラのコーナー:整然と陳列されたスパイスやカレーマサラ

ボンゴバザール各種スパイス

ボンゴバザールゴラカ

ボンゴバザールカレーマサラのバリエーションも豊富

 

こちらはスパイスやカレーマサラのコーナー。

ターメリックやチリ、コリアンダーなどのパウダー。カルダモンやクローブ、フェネグリークなどのシード。スリランカのスパイス「ゴラカ」も売ってました。

カレーマサラは、RadhuniyやNDH、Shanブランドの、チキンマサラやチキンティッカ、ニハリ、ハリーム、パヤ、ブレインマサラなど、北インド・パキスタン系のスタンダードな品揃え。

スポンサーリンク

お菓子類のコーナー:インドスナックのバリエーションも豊富!

ボンゴバザールインドのスナック

ボンゴバザールインドのお菓子

ボンゴバザールタイやインドネシアのお菓子

ボンゴバザールスイートタマリンド

 

こちらはお菓子類。スパイシーなインドのスナックや甘いソアン・パプディ、インドネシアのえびせん、スイートタマリンドなど、色々あります★

スポンサーリンク

その他いろいろ:テーマを絞った特設販売コーナーも多数

ボンゴバザール世界の紅茶・コーヒーコーナー

ボンゴバザール日本のHALAL調味料コーナー

ボンゴバザールカレーの図書館コーナー

 

「ボンゴバザール」には、各国別のコーナーだけでなく、特設販売コーナーもあります。世界の紅茶・コーヒーコーナー、日本のHALAL調味料コーナー、カレーの図書館コーナーなどなど。

テーマを絞った商品の品揃え、楽しいです♪時期や季節によって新たな特集コーナーが始まるかも。

ボンゴバザールタマリンドジュース、パッションフルーツジュース

ボンゴバザールバジルシードドリンク

ボンゴバザールトルコのチーズ、デーツ

ボンゴバザールベジタブルギー

ボンゴバザールヘアオイルなども販売

 

他にも、ジュースとか、乳製品とか、デーツとか、ギーとか、ヘアオイルなどもあり。

普通のスーパーで売られている豆腐や納豆などの一般冷蔵食品、お刺身やお寿司などの鮮魚も売られていて、お値段も安め。普通のスーパーとしての利用も◎です★

スポンサーリンク

お弁当・惣菜コーナー:ムスリムには有難い。ハラルのお惣菜の数々

ボンゴバザールお惣菜コーナー

 

こちらは、お弁当・お惣菜コーナー。

タンドゥーリチキンやマトンビリヤニなど、「ボンゴバザール」ならではのお惣菜が並んでいて、種類も豊富。お値段もリーズナブル!

ボンゴバザールチキンビリヤニ、マトンビリヤニ、ナン、バターチキン

ボンゴバザールチキンティッカ、タンドゥーリチキン

ボンゴバザールごまベーグル(スミット)

ボンゴバザールガパオライス

 

ガパオライスや日本の焼きそば、青椒肉絲弁当など、普通のスーパーで売られているようなお惣菜もたくさん売られていますが、全てハラル対応!

イスラム教徒にとっては、こういう日本のお弁当やお惣菜がハラルなのは、かなり有難いことなんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク

店内の色々な紹介パネル:日本人客にハラル食品の魅力をアピール♪

ボンゴバザールパキスタンとバングラデシュ駐日大使が来店

 

「ボンゴバザール」は、各国の大使にも注目されているようで、店内にはパキスタンとバングラデシュ駐日大使が来店した時の写真が掲げられていました。

それと、この「ボンゴバザール」、一番の特徴は店内の紹介パネルやPOPがかなり充実しているということ。特に日本人のお客さん向けのパネルやPOPがかなり工夫されていて、見ているだけで楽しいです★

そのいくつかをご紹介♪

ボンゴバザール解読不能の商品説明はGoogleの翻訳で解読だ!

ボンゴバザールカレーのスパイス黄金比率

ボンゴバザール世界にはまだ食べたことのない食べ物がいっぱい!

ボンゴバザールバナナの葉を皿にして今夜の食事は旅行気分!

 

日本の多くの人にアジア食品、ハラル食品を楽しんでほしいという「ボンゴバザール」の気概が伝わってきます!

ボンゴバザールプレーヤールームもあります。

 

店内で買い物していたお客さんは、かなりインターナショナル!

インド人っぽい家族連れがいたり、マレーやインドネシアらしきスカーフを被った女性がいたり、ベトナムやタイ人っぽい人、トルコなど中東系の人、中国の人、日本人も結構いて、普通の地元のおばちゃんらしき人も買い物してました。

もちろん、イスラムの方が多く来店されるので、プレーヤールームも完備しています。

スポンサーリンク

ボンゴファッション:カラフルなインド・中東系の女性服

ボンゴバザールボンゴファッション

 

こちらは、スーパーの隣にあった衣料品を販売している「ボンゴファッション」

プレハブの小さな建物です。

ボンゴバザールボンゴファッションの内部

ボンゴバザール色とりどりのインド・中東系の女性服

 

店内には、色とりどりのインド・中東系の女性服がズラリと並んでいました。

インドや中東の男性の服はユニクロやデパートの衣料品店でOKだけれど、こういうアジアの現地の女性の民族服って日本ではなかなか売っていないのでニーズがあるのかもしれません。子供服も売ってました。

スポンサーリンク

ボンゴカレー:ボンゴバザールの隣にあるインド料理屋さん

ボンゴバザール「ボンゴカレー」

ボンゴバザール「ボンゴカレー」のメニュー

 

こちらは、ボンゴバザールの隣にあるインド料理屋さん「ボンゴカレー」

店頭に掲げられていたメニュー内容は、チキンカレーやバターチキン、ダルカレーなどのスタンダードなラインナップ。お値段もリーズナブルです♪

スポンサーリンク

ボンゴバザールで購入したもの

ボンゴバザール「ボンゴバザール」で購入したもの

 

こちらは、今回「ボンゴバザール」で購入した食材の数々です。

珍しいものが多かったので、結構たくさん買っちゃいました★

ボンゴバザールトルコのクッキー「granada」

ボンゴバザールソアンパプディ

トルコのクッキー「granada」は、ヘーゼルナッツやチアシード、クランベリー、ラズベリーなどが入った素朴なお味のクッキー。言わずもがな美味しい♪

「ソアンパプディ」は、口の中で綿菓子のように溶ける不思議な食感のインドのお菓子。インドのお菓子の中では甘さ控えめな方。慣れるとクセになる美味しさです。

ボンゴバザールソアンパプディをいただきました!

 

こちらが「ソアンパプディ」。話によると、ストレートティーの中に入れるとインドのチャイみたいな味になるそうです。

ボンゴバザールムングダルのスナック

ボンゴバザールスマック

インドのスナックはスパイシーなものが多いですが、この「Dal Moong」は、ムング豆に植物油脂と食塩を加えただけのシンプルなスナック。パキスタン産です。クリスピーで食べ始めると止まりません!

「スマック」は、中東一帯に自生するウルシ科の植物の実を乾燥させ、粉状にしたスパイス。トルコ料理によく使われるスパイスです。店内のPOPで梅紫蘇っぽい味と紹介されてましたが、家でサラダに掛けて食べると、確かに梅紫蘇でした★

ボンゴバザールゴラカ

ボンゴバザール黒ひよこ豆(皮むき半割)

「ゴラカ」は、ガルニシアという木の実を乾燥させ燻製にしたスリランカでよく使われるスパイス。魚料理に臭み消しや酸味付けとして使われることが多いのだそう。

PADMAの「黒ひよこ豆(皮むき半割)」400gです。ちょうどいいサイズだったので購入しました!

ボンゴバザールフィリピン産青パパイヤ

ボンゴバザール沖縄県産スターフルーツ

ボンゴバザール茨城県産レモングラス

 

「フィリピン産青パパイヤ」「沖縄県産スターフルーツ」「茨城県産レモングラス」

タイ料理のソムタムとかトムヤムとか、インドのアチャールとか、アジア料理の素材として色々活躍するお野菜&フルーツです。

ボンゴバザールボンゴバザールのロゴ

 

埼玉県三郷市にあるハラル食材のスーパーマーケット「ボンゴバザール」

日本の大手のスーパーと変わらない綺麗な店内には、ハラル食品・アジア食品がズラリと陳列されていて壮観!特に、珍しいものが多い青果コーナー、ラムやマトンの部位の品揃え豊富なお肉コーナーは必見です。

随所に掲げられたわかりやすい日本語POPも面白く、アジア好き・海外好きなら、きっと楽しめる場所です★

スポンサーリンク

◉『ボンゴバザール』の地図・アクセス

  • 住所:埼玉県三郷市彦成3丁目208ー1
  • アクセス:JR武蔵野線新三郷駅から徒歩15分 新三郷駅から十街区行きバスで八街区下車(駅から7分)
  • 営業時間:10時00分~20時00分
  • 定休日:なし

新大久保「イスラム横丁」食材店巡り9店舗★スパイスの香りと異国の風情に包まれる
東京・新大久保にある「イスラム横丁」。「イスラム横丁」は、日本に居ながらにして、インドやパキスタン、バングラデシュ、ネパールなど、南アジアの風情を感じられる場所。他ではなかなか手に入らない、インドやアジアの食材を安く手に入れられる場所でもあります。
日本のリトル・インディア!インド人が多い町「西葛西」でインド巡り
インド人が多いことで有名な「西葛西」。今回の”エスニックまちある記”は、日本のリトル・インディアと呼ばれる町、江戸川区西葛西をご紹介します。インドの雰囲気を味わうため東西線に乗って、行ってきました「西葛西」に!まずは、東京メトロ東西線西葛西駅を下車して、北口からスタート!
日本のベトナム!横浜にある“ベトナムタウン“「いちょう団地」を探検する
横浜市泉区にある在留ベトナム人が数多く居住する“ベトナムタウン”「いちょう団地」。日本に居ながらにして、ベトナムの雰囲気を味わうことができる貴重なところです。ベトナムの空気を感じたくなったら、本物のベトナム料理をいただいてみたいと思ったら、ぜひ、「いちょう団地」へと足を運んでみることをオススメします★
池袋の“リアル中国”!中華フードコート「友誼食府」と中華マーケット「友誼商店」
今や新たなチャイナタウンとも言われる東京・池袋。その中心的な存在が、東京で一番の品揃えと言われる中華食材店「友誼商店」です。その「友誼商店」に、2019年11月、中国屋台料理が食べられるフードコート「友誼食府」が誕生。日本人に媚びていない、本場そのままの味を楽しめるということで、話題になっています。
外国人比率県内トップ!神奈川県北部にあるエスニックタウン「愛川町」を探検する
神奈川県北部に位置する愛甲郡愛川町。人口4万人のこの町には約2,800人の外国人が暮らしており、町の外国人比率は7.1%。神奈川県ではトップの数字です。そんな愛川町には、在住外国人御用達のレストランや食材店、礼拝をするための寺院がいくつもあるのだそう。外国人が多く住む愛川町ってどんなところなのか、気になったので行ってみることにしました。
横浜中華街とは違う本物の中国人街「西川口チャイナタウン」を探検する
日本一の在住中国人人口を数えるという川口市にあるリアル中国。通称「西川口チャイナタウン」。「西川口チャイナタウン」は、日本に居ながらにして、中国の現地の風情を感じられる場所。本場そのままの味を楽しめる中国各地の料理をいただけるお店や、他ではなかなか手に入らない中国の食材を安く手に入れられる場所でもあります。
キョウダイマーケット★日本最大級の品揃え!東京・五反田にある南米スーパーマーケット
東京・五反田の駅前の雑居ビルの6階に、ペルーやブラジルを中心とした南米食品専門のスーパーマーケットがあります。お店の名前は「南米市場 キョウダイマーケット」。日本随一の品揃えを誇る南米食材店で、ブラジルやペルー、メキシコ、チリやアルゼンチンなどの食材や酒類などを販売しているお店です。
東京ジャーミィ【代々木上原】★モスクにトルコ料理にハラールショップで異国気分!
代々木上原にある日本最大のモスク「東京ジャーミィ」。異国を感じることができる美しい礼拝堂の他、2019年にはハラル・マーケットとカフェもオープンしたということで、5年振りくらいに訪れてみました。