カラコルムハイウェイ沿いの桃源郷、フンザの「カリマバード」と「アルチット」【パキスタン】

パキスタン フンザ カリマバードフンザ、カリマバードの風景

「パキスタン」(Pakistan:پاکستان)北西部、フンザ (Hunza:ہنزہ)。中国へと続くカラコルム・ハイウェイの途中、カリマバードの村です。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

パキスタン北部、カラコルムハイウェイ沿いにある「フンザ」の村

ギルギットから車でインダス川沿いを進んでいくと、茶色の山々の間から徐々に白い峰々が姿を見せ始めます。

辺りはとても美しい風景。川沿いには緑鮮やかな段々畑が一面に広がっているのが見え、針のように尖ったポプラの木々もそこら中に林立しています。円い帽子を被った人々が歩き、牛も畑をうろついています。

7,000m級のパミール高原の山々を望む谷。フンザ、カリマバードの村です。

写真は、カリマバードの宿、ハイダーインからの眺めです。

向こうに見えるのが7,788mのラカポシ山。真ん中を流れているのはインダス川。この辺りの標高は約2,500mほどです。

写真は9月下旬の様子です。4月は杏の白い花が谷じゅうに咲き乱れるのだそうです。秋の紅葉や冬の雪景色もきっと綺麗なんでしょうね。

パキスタン フンザ カリマバード雄大なフンザの風景

パキスタン フンザ カリマバードバルチット・フォート

カリマバードは、1974年までこの地方を治めたフンザ藩王国の首府でした。

あの山の麓に見える白い建物は、藩王国の王宮「バルチットフォート」です。

この辺の民族はパキスタン南部とはずいぶん違っています。一説によるとここの人々には、かつてインダス川西岸まで侵攻したとされるアレキサンダー大王の末裔の血が混じっていると言われていて、青い目や金髪の人も珍しくはないそうです。

宗教はイスラム教シーア派系のイスマイリ―派。言葉はブリシャスキー語という言葉が話されているのだそうです。

パキスタン フンザ カリマバードバルチット・フォート

バルチットフォートです。

白い漆喰で塗られた外壁に木製の出窓が見えます。窓にはステンドグラスが嵌め込まれています。

残念ながら修復したてで、内部を見ることができませんでした。

パキスタン フンザ カリマバードカリマバード、バグパイプの行進

パキスタン フンザ カリマバードバグパイプの行進

パキスタン フンザ カリマバードバグパイプの行進

私が訪れていた時、イスマイリ―派の指導者、アガー・ハーンが来訪するということでこの村はちょっとした騒ぎになっていました。

どうやらバルチットフォートの修復完成の式典があるようです。村には電飾や旗など様々な飾りつけがなされ、山肌にも「Welcome Our Imam」という巨大な文字が描かれていました。

メインストリートではバグパイプや太鼓の練習もしていました(写真はその様子です)。

当日の午後、通りは人っ子一人いなくなりました。道の両脇に兵士が並んでいます。

アガー・ハーンがいよいよ来るのでしょう。私は商店の椅子に座りながら通りを眺めていました。

しばらくすると、たくさんの護衛の車に先導されてアガー・ハーンらしき車の群れが通過していきました。

パキスタン フンザ カリマバードギルギットにいたまつ毛が長い牛

パキスタン フンザ カリマバードカリマバードの水牛

パキスタン フンザ カリマバードカリマバードの牛

アルチットの村

パキスタン フンザ アルチットアルチットの風景

カリマバードから徒歩30分、アルチットの村はあります。

小さな峠を越えると、目の前にポプラの木々と段々畑が広がるアルチットの村が姿を現しました。

アルチットの風景。まるで風の谷のナウシカに出てくるような光景です。

右端の中ほどに建物が見えますね。あれはアルチット・フォート、かつての藩王の居城です。

高度が高く空気が澄んでいるため、目視では近そうに見えるフォートですが、実際は結構な距離があります。

パキスタン フンザ アルチットアルチットへの道

アルチットへの道です。写真が見づらいのですが、絶壁の岩の上に細い道が走っています。

左の中ほどには木の橋がありますね。あの上をずーっと歩いていったのです。

途中、西洋人のような顔をした地元の可愛い子供たちが皆で声を掛けてきてくれたのですが、彼らは一緒にいた大人たちにそれを窘められていました。

外国人と話すことはあまり良しとはされていないのでしょうか。

とにかく、この道をしばらく下っていき、私はアルチット・フォートへと向かいました。

パキスタン フンザ アルチット川とポプラの木々

アルチット・フォートの上から眺めた川とポプラの木々です。

アルチット・フォートは1974年までフンザの王が住んでいたという城だそうです。

城の上からは、雄大なフンザの風景を眺めることができます。

パキスタン フンザ アルチットアルチット・フォートにいた少年たち

城の中にいた少年たち。

城はあまり整備されておらず、少年たちのまったりスポットになっていました。

彼らとしばらく駄弁りながら、風景を眺めます。

旅行時期:1996年9月

※次の記事→ジープに乗って12時間。シャンドゥール峠のパンダール湖へと向かう【パキスタン】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)

フォローする

スポンサーリンク